混合育児 卒乳。 混合育児!やっぱり母乳をメインがいい?授乳におけるたった1つの結論

【助産師監修】母乳とミルクの混合授乳-量や方法について-│AMOMA

混合育児 卒乳

この記事の目次• 混合育児とは? 赤ちゃんへの授乳で、母乳を与えたあとにミルクを与える方法を「 混合育児」や「 混合授乳」と呼びます。 どんな授乳でも悩みは出てくるもの。 そして、この「 混合育児」も悩ましいんです。 何を隠そう筆者自身が、混合育児に自信を持てなかった1人でした。 ミルクを足せば「母乳が足りないのかねぇ…」と心配されて、プレッシャーに。 ミルクを足さなければ(栄養は足りているのか!? )と悩んでしまう始末。 今となっては産後特有のナーバスな感覚だったとも思いますが、そんな時期だからこそ安心できる情報を知りたいものです。 そこで今回は書籍・育児雑誌・体験談を通して「混合育児」について調査しました。 混合育児に自信が持てないママの参考になったら幸いです。 授乳が楽に? 混合育児のメリット 今まさに混合育児に悩んでいる際は「母乳 or ミルクどちらかに切り替えたほうがいいんじゃないか…」と考えがちです。 しかし、混合育児には混合育児にしかないメリットがあります。 栄養不足への心配が軽くなる 2. 夜、よく眠ってくれる場合がある 3. 母乳育児と同じスキンシップを取り入れられる 4. 赤ちゃんを楽に預けやすい 5. ママが疲れたときや風邪をひいたときに、授乳をミルクだけにできる こうしてみると、 混合育児は「 完全母乳と完全ミルクのいいとこどり」のように感じられますね。 ミルクを飲まない!? 混合育児のデメリット ほかの育児法と同様に混合育児にもデメリットはあります。 ミルクを足す量がわかりにくい 2. 赤ちゃんが突然ミルクを飲まない・母乳を飲まないことがある 3. ミルクの用意や哺乳瓶の洗浄・消毒などに手間がかかる 4. ミルク代がかかる 5. 外出時に哺乳瓶などの持ちものが増える 6. カフェインやお酒など、ママの飲食物に気をつけないといけない このなかで、混合育児特有のデメリットは1と2です。 3~5は完全ミルクと同様の悩みですし、6は完全母乳のママにも言えることですね。 育児を始めたばかりのころは、特に「ミルクを足す量がわかりにくい」と悩むママが多くいます。 おっぱい不足が心配…ミルクを足す目安 授乳中のママにとって最大の心配事ともいえるのが「 おっぱい不足」です。 おっぱい不足を解決するためにミルクを足す混合育児ですが、少ないと栄養が心配ですし、足しすぎたら太らないかどうか気になってしまいますね。 おっぱい・ミルクが足りているかどうかの目安は「赤ちゃんの体重」を確認することが重要です。 「体重の増加」と「赤ちゃんの様子」をチェック 主婦の友社から刊行されている「母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本」によると、赤ちゃんの体重が下記の目安で増えていれば、おっぱい不足の不安はありません。 生後0~3ヶ月ごろまで 1日30g (1ヶ月で900g) 生後4~6ヶ月ごろ 1日20g (1ヶ月で600g) 生後7ヶ月以降 1日10g (1ヶ月で300g) 授乳ごとに赤ちゃんの体重を測る必要はありません。 授乳単位・1日単位で観察すると、赤ちゃんによってはよく飲むときと飲まないときがあります。 あまり神経質にならないようにするためにも、1週間から10日に1度確認するのがおすすめです。 おっぱい不足をチェックするときは、体重と一緒に赤ちゃんの様子も見るようにしましょう。 とはいえ、自分で判断するのは難しい…と感じるママもいますよね。 そんな方は、 母乳外来や 1か月検診・3ヶ月検診などで専門家に相談してから判断しましょう。 ミルクの足しすぎにも気をつけるべき? 赤ちゃんの体重の増え方によっては「 ミルクを足しすぎ」とされることもあります。 こんな風に突然「ミルクを減らして」と言われて、戸惑うママもいることでしょう。 新生児訪問や健診で見てもらう方によっては、赤ちゃんの体重増加に細かい先生とおおらかな先生がいるようですね。 もちろん、成長曲線から大きく外れるほど赤ちゃんの体重が増えているようであれば、ミルクを減らして完全母乳に移行するのも1つの手段です。 保健師さん・助産師さん・小児科の先生からアドバイスされた場合、一旦スパッとミルクを止めて様子を見るか、少しずつ減らしてみて様子を見る方法があります。 今のやり方に自信が無い方は、こちらで確認してみてくださいね。 混合育児の基本 基本的に混合育児は、1回の授乳で、母乳を与えたあとにミルクを足します。 新生児期は30~40ml以上ミルクを足す必要がないと言われていますが、その後は赤ちゃんの様子を見ながらミルクを足していかなければなりません。 赤ちゃんの様子を見るときは、前述の「おっぱい不足?チェックリスト」や「こんなときはミルクを減らしてみましょう」を参考にしてくださいね。 母乳外来や 健診で相談して、定期的にアドバイスをもらうものオススメです。 新生児(生後0~1ヶ月) 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計5分 ミルクの量:1回につき、30~40ml 1日の授乳回数:8~9回 授乳間隔の目安:2~3時間おき 生後1~2ヶ月 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計10分 ミルクの量:1回につき、足りない分だけ 1日の授乳回数:8回 授乳間隔の目安:3時間おき 生後3~5ヶ月 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計10分 ミルクの量:1回につき、足りない分だけ 1日の授乳回数:6~8回 授乳間隔の目安:3~4時間おき 離乳食を始めたら 母乳の授乳時間:1回につき、左右合計10~15分 ミルクの量:1回につき、足りない分だけ 1日の授乳回数:5~8回 授乳間隔の目安:3~5時間おき 離乳食後の母乳は、 赤ちゃんが飲みたいだけ与えるのがポイントです。 離乳食の段階が進むにつれて、ミルクや母乳の量は減らすようにします。 【注意】ミルクに頼りすぎると母乳が出なくなるかも 混合育児であまりに ミルクに頼りすぎると、授乳時間が極端に空いてしまい、 母乳が止まってしまう場合があります。 「 長く母乳を与えたい」と思うのであれば、ミルクを足すときは「 必要最低限の量」を見極めるように気をつけましょう。 毎日赤ちゃんの様子を見て、定期的に赤ちゃんの成長具合をチェックし、不安があれば母乳外来などの専門家へ相談してくださいね。 参考:「ひよこクラブ 2018年10月号」ベネッセコーポレーション 参考:「最強母乳外来 ママをたすける実践編!」(SOLANIN著)朝日新聞出版 参考: 厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」 私が混合育児を選んだワケ!ママたちの体験談 最後に、混合育児を選んだママの体験談を紹介します。 あなたの不安に役立つ体験談もあるかもしれません! ぜひ読んでみてくださいね。 状況に合わせてミルクを選べるのが便利 産後すぐ、赤ちゃんがNICUへ入院し、母乳量が増えずに混合育児となりました。 退院後、夫や家族にミルクを与える喜びを味わわせてあげられたのも嬉しかったです。 自分自身「完全母乳のママが羨ましい」と感じることもありました。 また、赤ちゃんが食欲旺盛だったので、ミルク代がかなりかかりましたし、出掛ける際に哺乳瓶やお湯を持ち歩くのは大変でしたね。 混合育児のデメリットを感じた 自営業で人手不足もあり、産後すぐに働けるように混合育児を選びました。 忙しさによる母乳不足のせいもあります。 寝かしつけにミルクを与えるなど、ミルクを与えることで安心感を強く感じていたんです。 振り返れば、ミルクには時間とお金をかなりかけてしまったなぁ…と感じます。 それぞれのペースでOK! 混合育児に自信を持とう 「 混合育児」について紹介しましたがいかがでしたか? …混合では赤ちゃんがすこやかに育たないんじゃないか? …完全母乳の赤ちゃんより、愛情不足になってしまうんじゃないか? こんな風に思う必要はまったくありません! ミルクに含まれる栄養には心から安心できますし、よく言われる「母乳不足=愛情不足」なんてことも科学的に証明されているわけではないんです。 母乳育児のよさと ミルク育児のよさ、どちらもゲットできるのが「 混合育児」だと筆者は思います。 ミルクを足したり減らしたり…その都度赤ちゃんを観察して向き合う時間が、親子関係を深めていくのではないでしょうか。 混合育児の進め方は、家族それぞれのペースでいいんです。 ぜひ自信を持って混合育児に取り組んでほしいと願っています。 母乳に関する記事はこちら。

次の

「卒乳」いつする?ケアの仕方は?しこり、夜泣きなど助産師に聞いたトラブル回避法

混合育児 卒乳

完全母乳での育児では、頻繁に授乳をしなければならないため、ママの身体が休まらないことがあります。 母乳が出づらい場合や赤ちゃんに乳首を吸わせづらい場合には、授乳自体がママのストレスになってしまうこともあるでしょう。 ママが病気で薬を飲まなければならないときにも、赤ちゃんへの薬の影響が気になるかもしれません。 母乳育児にミルクを取り入れると、パパやほかの家族がママに替わって赤ちゃんに授乳をすることができます。 ママの負担を軽くすることができるだけでなく、ママに用事があるときには、赤ちゃんを預けて出かけやすくなるというメリットもあります。 いったんママの乳首に慣れると哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんも多いため、比較的早期に仕事復帰したいママが混合栄養を選択する、というケースが多いようです。 また、ミルクは母乳に比べて腹持ちが良いため、夜だけミルクを取り入れることで赤ちゃんがよく寝てくれるという場合もあるでしょう。 ミルクであれば人前でもすぐに赤ちゃんに授乳できるため、おでかけのときにミルクを取り入れるのもひとつの方法です。 混合育児から完全母乳育児(完母)に移行したい場合は、頻回の授乳によって母乳の分泌量を増やし、赤ちゃんが上手におっぱいを飲めるようにしましょう。 1~3時間ごとに1日8回以上、頻繁に赤ちゃんに母乳を与えます。 ミルクを与える間隔を徐々に広げていきましょう。 体重が順調に増えていて、おしっこが1日6~7回しっかりと出ていれば、母乳だけで栄養が足りています。 不安な場合には、赤ちゃん用のスケールをレンタルするなどして、授乳前と授乳後の赤ちゃんの体重を測るのも良いでしょう。 赤ちゃんがおっぱいから上手に母乳を飲めないときは、慣れるまで搾乳した母乳を哺乳瓶で与えるのも良い方法ですが、あまりにも哺乳瓶からの授乳が続くと直接母乳を吸わなくなってしまう可能性があります。 心配なときは助産師に相談しましょう。

次の

新生児のミルクの量で混合割合は?生後1週間・2週間・3週間の目安

混合育児 卒乳

混合での卒乳、断乳について 8ヶ月の男の子を混合で育てています。 母乳の出はよくないと思います。 基本的には母乳とミルク100を飲みます。 預ける時や外出中はミルク160のみでも大丈夫です。 夜中や早朝目を覚ましたときは母乳のみで寝てくれます。 まだ卒乳、断乳には少し時間がありますが、混合の方の場合 どうやってやめていかれるのかなあと思って質問しました。 まずおっぱいだけやめるのでしょうか? 両方同時にやめるのでしょうか? 今から完母にするのは無理だと思います 最初は母乳で育てたい!と色々努力しましたが 今は特に「ずっとおっぱいをあげ続けたい!」というようなこだわりはありません。 友人が卒乳にとても苦労しているので 添い乳じゃないと寝なくて大泣きするそうで すんなりやめれるのが母子ともによいのではと思っています。 少し寝るのが遅くなりますが、寝かしつけにも授乳せず、添い寝で寝かせています。 また、哺乳瓶の卒業時期はどのくらいでしょうか? ストロー飲みは練習中ですが、あまり上手でなく すぐ離すしこぼすので、まとまった量のミルクを飲めそうにありません。 コップの練習をした方がよいのでしょうか? 3人の子供を母乳で育てました。 どの子も8~9ヶ月の時に育児休暇を終えて職場復帰したので、ミルクも与えていました。 一人目の時は9ヶ月で哺乳瓶を嫌がるようになり、家に帰った時と夜中に目が覚めた時、 母乳を与えていたのですが、1歳になっても夜泣きをして母乳をあげないと泣き止まない状況が 続き、結局2日間祖母に預かってもらい、卒乳しました。 卒乳してからは夜中に起きることもなく 育児がとても楽になりました。 この経験を踏まえて、二人目は7ヶ月の時、自然に卒乳させました。 母乳の回数を少なくして 哺乳瓶でミルクをあげてました。 哺乳瓶も自然に10ヶ月のときに止めれましたよ。 3人目は、「母乳をあげるのもこれが最後かも・・・」という思いから母乳をやり続け・・・ 結果1歳6ヶ月になっても卒乳出来ず、夜中も2~3回起きて母乳を吸う生活が続き、 ゴールデンウィークに夫にたのんで(夜中に泣いたとき抱っこしてあやしてもらって)やっと卒乳 出来ました。 結論としては、母乳に執着してない7~8ヶ月の頃に回数を減らしていって自然にやめるのが ベストだと思います。 9ヶ月になると3回食になるので、栄養的にもあまり問題ありません。 夜中に起きなくなるので親も楽になりますよ。 哺乳瓶は上手にコップ、ストローが使えるようになる1歳くらいまでなら 使ってもいいと思いますよ。

次の