アルロイド g。 Q11.薬を服用するときの水の量は、薬の効果に影響がありますか?

Q11.薬を服用するときの水の量は、薬の効果に影響がありますか?

アルロイド g

A : 薬を服用する際,飲む水の量により,薬の効果に影響をおよぼす場合があります。 内服薬の多くは、適当量 コップ半分くらい の水と一緒に服用することが望ましいのです。 中には、十分量 コップ 1杯以上 の水と一緒に服用することが効果的な場合と水と一緒に服用すると十分な効果が得られない場合があります。 まず、十分量の水と一緒に服用することが効果的な薬の中には、下剤があげられます。 膨張性下剤 バルコーゼなど は、消化管内で多量の水分を吸収して腸に刺激を与え、反射的運動元進をもたらします。 また、塩類下剤 酸化マグネシウムなど は、腸管内では吸収されずに生体の水分を引き出す作用があります。 このように作用するため服用時に水が少ないと狭窄部で閉塞を起こしたり、脱水症を起こすことも考えられます。 水と一緒に服用すると十分な効果が得られない薬の1つに、消化性潰瘍治療薬であるアルロイドGがあります。 この薬は,出血性潰瘍に対する止血ならびに粘膜保護作用のある粘調性の水溶液です。 内服した際に粘調度が高くなり、胃・食道粘膜に持続的に付着して作用するために水を飲んでしまうと粘調性が下がって効果が半減してしまいます。 内服薬の多くは、水を多く飲むことにより、胃腸管に接触する薬の表面積が大きくなるために吸収が促進されます。 また、胃での溶解・吸収が水の服用が多いほど速やかに起こります。 したがって薬は少なくともコップ半分以上の水で服用する必要があります。 今回は、薬と水の量の関係を取り上げてみました。 水の量が治療効呆に影響をおよぽしていることがおわかりいただけたと思います。

次の

アルロイドG内用液の効果ー開封後の使用期限は?

アルロイド g

Contents• 【薬剤師が味見してみた】アルロイドGもなかなかの強敵! 今日の味見は カイゲンファーマのアルロイドG内用液5%です。 『 緑のドロっとしたやつ』ということで、実際に味見をしたことがある 薬剤師さんも多いのではないでしょうか? 以前に、 Twitterで呟いた時にも多くの人から『 味見したことがある〜』等と反応があったお薬です。 製剤写真はpdfではなく、jpgかpng形式で公開してほしいです) 見た目は強烈なインパクト アルロイドG内用液といえば緑のどろっとした液体ですよね〜? 新規で処方された患者さんには、「これ飲むんですか?」って聞かれることもあります。 包装は 200mLと 600mLの2つのボトルで販売されています。 水に溶解すると『粘稠な液』となるそうです。 顆粒は3gの分包品のみの販売で、 1包にアルギン酸ナトリウムを2g含みます( 内用液だと40mLに相当します) 分包品のみだと用量の調整ができないですがどうなんだろう??? 実際に味見してみた 匂いを嗅いでみると、他の方も言っているように『 メロンのような甘い香り』 ただ、計量カップに移す時の どろ〜〜〜っとした感じが何とも不気味です。 実際に味見をしてみると、『 甘みのある、薄〜〜いメロン風味』 で・す・が!!! 何とも、 飲み心地が最悪ですね。 一言で言うと 液体のり 用法・用量(添付文書より) 胃・十二指腸潰瘍及びびらん性胃炎における止血及び自覚症状の改善並びに逆流性食道炎における自覚症状の改善には、アルギン酸ナトリウムとして、 通常1回1〜3g(本剤20〜60mL)を1日3〜4回、空腹時に経口投与する。 経口投与が不可能な場合には、ゾンデで経鼻的に投与する。 胃生検の出血時の止血には、アルギン酸ナトリウムとして、通常1回0. 5〜1. 5g(本剤10〜30mL)を経内視鏡的に投与するか、1回1. 5g(本剤30mL)を経口投与する。 なお、いずれの場合も、年齢、症状により適宜増減する。 味自体は苦味とかはなくて飲みやすいのですが 服用感が最悪に近いですね〜 しかも1回に20〜60mLを1日3〜4回とか結構きついと思います。 スポンサードリンク 味見ページのまとめ 味見のまとめページを作ってみたのでよかったら見てね~ 薬剤師ときどき父(やくちち)• 『現場で役だつ! 医学・薬学用語インデックス』 臨床現場や薬局で頻繁に使われる用語や略語を厳選して掲載したポケットサイズの用語辞典 「聞いたままの音」で引けるよう、日本語読みで50音順に掲載。 どんな単語が載ってるのだろう?• やくちちブログの過去記事紹介 よかったら見てね~ 【「武田テバファーマがおかしい・・・」って思っている人いませんか?】• 2018年発売の1冊 『抗菌薬の考え方,使い方 ver. 「使える抗菌薬」「使わなくてもよい抗菌薬」まで詳しくレビューしています。

次の

【薬剤師が味見してみた】アルロイドGもなかなかの強敵!

アルロイド g

アルロイドGとは? まずは名前の由来から。 Gastric Sodium Alginate Colloidal Solution。 これって実はアルロイドGそのものを指します。 この中から『G』、『Al』、『loid』を抜き出し組み合わせて Alloid G Oral Solution (アルロイドG内用液)と命名。 一般名は アルギン酸ナトリウムです。 アルロイドGの作用を短く説明すると 『傷ついた胃粘液を保護し、また止血作用も 併せ持つ』となります。 それではもう少し詳しく見て行きましょう。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは? 胃酸は消化管内に入ってきた細菌やウイルスなどの病原体などを退治する役割を担っています。 つまり 胃酸があるから多少の有害物質が入ってきても症状がある程度軽く済むわけです。 胃酸はpH1~2と非常に強い酸なのですが、通常胃や十二指腸の粘膜は胃酸に耐える事ができます。 それは胃の粘膜から粘液やプロスタグランジンと呼ばれる物質等が分泌されており、胃全体を保護しているからです。 だから食物だけ消化され、胃は守られるんですね。 しかしNSAIDS(非ステロイド性抗炎症薬)を服用したりヘリコバクター・ピロリ菌の感染、ストレスなどが原因で胃酸の分泌が活発になったり、粘膜の防御機能が弱くなると粘膜が胃酸に耐えられなくなり、ただれてえぐられたような状態になってしまいます。 これがいわゆる 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍です。 症状としては上腹部、みぞおちの痛みを基本に食欲不振や腹部膨満感(お腹の張り)、胸焼けなどがあります。 ひどくなると吐血(口から血を吐く)、下血(便に血が混じる)、更には消化管穿孔という胃や十二指腸に穴が開いてしまうこともあります。 消化管穿孔になると胃の内容物が、通常は無菌な腹腔内(横隔膜より下の空間)に入り込み炎症を起こしてしまう 腹膜炎を起こす事があります。 非常に危険で手術が必要になります。

次の