となり の ヤング。 ヤングジャンプ40周年記念 賞金総額最大1億円40漫画賞

バトゥーキやっと打ち切りか?となりのヤングジャンプに移籍の理由は?

となり の ヤング

人気の漫画• アーカイブ• 176• 344• 323• 257• 103• 2 カテゴリー• 234• 288• 465• 102• 135•

次の

バトゥーキやっと打ち切りか?となりのヤングジャンプに移籍の理由は?

となり の ヤング

こちらの記事では ワンパンマン最新話153話のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 ワンパンマンの最新話153話のネタバレ 再突入 今号は、激闘を終えて 無事にワガンマ君を救出した童帝が 地上班と合流し、 救出作成が成功したことを小型無線機で、 突入中の別のS級の仲間達に知らせるシーンから始まります。 地上班は童帝の手際の良さに感心しきりですが、 当の本人は 「 現場を見てないからそう言えるんですよ。 かなりギリギリだったんだから・・・」 と控えめの様子。 無線にはしばらく反応がなく、 不安になり始めたところに、 まずはゾンビマンから 「よくやった。 」との返答、 次にアマイマスクから 「 作戦成功を了解した。 引き続き、正義を執行する。 」との返答、 次に豚神からは 「 特に異常なし。 いま消化中。 」との返答があります。 最後に返答のあったアトミック侍は 上手く無線を使えない様子で 「 ヒマができたら、この留守電を聞いといてくれ。 子どもを発見した。 」 と返答したと同時に、 無線が切れてしまいます。 (アトミック侍は留守電に向けてメッセージを残していると勘違いしている様子)。 そこで、童帝が子ども(ワガンマ君)を救出したはずなのに どういうことか、 他にも子どもがいるのかと、 ワガンマ君を問い詰めます。 「僕だって助かりたかったし!」 と泣きながら謝るワガンマ君の様子から 別の救出対象がいることを知った彼は、 ワガンマ君を怒るでもなく、 冷静に再突入すると宣言します。 そのやり取りを見ていた地上班の一人は、 消耗した様子の童帝に対して、 ワガンマ君の救出は達成したため、 撤収することを提案しますが、 童帝の救出に向かうという意思は固い様子。 救出に賛同した地上班の多くは加勢を申し出ますが、 童帝は「お互いの役割を全うしましょう。 」と、 加勢を断って一人で再突入します。 激闘 シーンが切り替わり、 アトミック侍が黒い精子と対峙しています。 前回急にアトミック侍が切りつけたところで終わったので、 黒い精子は「お前もしかしてオレにケンカ売ってる?」 と言う相手に対して、 アトミック侍が名乗りながら、 あらためて剣を構えます。 当初は「ギョロギョロの言っていたアトミック侍はお前か。 大したことなさそうだが、ずっと暇だったので楽しませてくれよ。 」 と余裕の黒い精子でしたが、 同じく甘く見てくるアトミック侍に対して 「なめてるだろ、俺を。 」 と突然怒りの表情になり、 腕を変形、巨大化させながらアトミック侍を襲います。 しかし、次の瞬間、 アトミック侍は難なく 巨大化して襲ってきた腕を切断し、 「お前のような変形・巨大化野郎は何十匹も切ってきた。 もう慣れている。 」 と余裕の対応。 しかし、すぐに切断した腕が分裂して 黒い精子が2体になってしまいます。 それを見ながらも 「分裂する野郎だったか。 一番面倒なタイプだな。 」と、 まだまだ余裕のアトミック侍に対して、 黒い精子は「まだ勝てる気でいるのか、自分はどんなに切られても増え続ける」 と言いながら、更に分裂します。 それに対して、 アトミック侍は「無数のお前に無数の斬撃を浴びせて勝つ!!」 と更に斬撃を重ねながら、 「やってみろ。 泣かすよ、お前。 」 と挑発する 黒い精子を細切れにします。 それでも更に細切れになった破片から黒い精子は、 多数に分裂していきます。 更にアトミック斬で小間切れにするアトミック侍と、 更なる分裂を続けていく黒い精子。 アトミック侍にも全く焦った様子はありませんが、 黒い精子も同様です。 最後は 数千まで増えた無数の黒い精子に囲まれます。 最後は、怒りの表情をした黒い精子が 「終わりだよ、お前ご臨終。 」 と言ったシーンで今話は終了です。 ワンパンマンの最新話153話や最新刊を無料で読む方法って? 以上がのネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 ワンパンマンの最新話153話の感想と考察 今号は前回の戦いでボロボロになりながらも、 別の子どもを助けに行く童帝の姿、 そして、その姿を見る成人したヒーロー達が感嘆し、 一目置く姿が印象的でした。 また、危険な地域に一緒に加勢にいこうとする多くのヒーロー達と、 恐らく彼らを気遣って一人で向かう童帝とどちらも素晴らしいですね。 ただ、 童帝の悲壮感のある後姿が 何かのフラグにならないことを祈るばかりです。 また、どんなに切られても動じずに 余裕たっぷりで分裂を続ける黒い精子は不気味ですが、 S級のアトミック侍はまったく動じずに いつものペースで相変わらず渋カッコいいです。 しかし、前回の紹介では黒い精子は 災害レベル竜の強者であり、 まだまだ底が知れません。 どちらも依然として余裕の様子で先が全く読めませんが、 どちらも 奥の手を隠しているでしょうし、 今後の展開が本当に楽しみです。 一方で、2週続けて登場していない サイタマサイドの動きも そろそろ描かれるでしょうか。 色々な動きが同時並行で進んでおり、手に汗握る展開が続きます。 まとめ ここまでワンパンマンの最新話153話のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダでワンパンマンの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の

バトゥーキやっと打ち切りか?となりのヤングジャンプに移籍の理由は?

となり の ヤング

『嘘喰い』の迫稔雄が描く、異類の青春少女大河。 引用元: 個人的には嘘喰いの作者の作品ということでめちゃくちゃ期待していただけに、作者の格闘技趣味全開のマイナー格闘技カポエイラ漫画は見事に駄作だった。 無駄に壮大な物語にしようと1巻丸々主人公のカポエラとの出会いを全く魅力的描く事ができず読者の共感を得る事ができず 肝心の格闘シーンもリアル志向にしたために嘘喰いのようなあり得ないが凄くて面白いシーンが一切ない。 画力が上がっているのに面白くない。 魅せるシーンがつまらない。 物語も脚本家が変わったのか?レベルで嘘喰いの足元にも及ばないクソかったるい幼少期編で何巻も消費した時点で見限っていました。 もちろんバトゥーキファンもいるのでしょうが、2chなどの大手掲示板では カポエイラにハマった作者自慰作品。 なんでこんなに駄作なんだ? 嘘喰いの作者の作品なのか? 嘘喰いの脚本家に頭下げて脚本書いてもらえ! 主人公が可愛くなくて、リアル志向の戦いにしちゃったから何にも面白くないね。 ボロクソに言われていました。 常に「もうすぐ打ち切りだ」と言われていただけに今回のWEB媒体のとなりのヤングジャンプ移籍はほとんど打ち切りと同じ扱いと思って良さそうです。 「今後もバトゥーキの連載は継続しつつ、嘘喰いのスピンオフを書いたりします。 」 と発言したことでファンはさらに バトゥーキはもういいので嘘喰いの続編もしくはスピンオフお願いします。 というリアルな返答もある始末。 もちろんコメント欄にはバトゥーキ大好きです!と言う声が多いのですが、個人的には好きな人しかコメントに書かないと思うので私のように 「嘘喰いは面白かったのに」 と思っている人も多いはずですね。 となりのヤングジャンプかぁ。 と思ってため息をつくのはまだ早い。 実はヤンジャン本誌にも引けを取らない面白い作品が結構あるんですよ? バトゥーキは打ち切りのために移籍でしょうが しっかりと看板作品があるので紹介します。 少なくとも私はこの作品を読むためにとなりのヤングジャンプはブクマしているほどです。 となりのヤングジャンプで面白い作品は? 明日ちゃんのセーラー服 高校生になり憧れのセーラー服を着て明日(あけび)ちゃんと共に学校生活を楽しむ仲間とのさりげない日常を写真のように切り取った描写力の数々に漫画の可能性を教えてくれた作品。 この作品はWEBコミックだからこそ魅せることに成功した稀有な作品。 もちろん女の子たちは全員可愛く魅力的だが、なんといっても漫画の魅せ方が一番の特筆すべき点。 紙媒体では魅せれない絵画のように「一枚絵」の構図で描かれたキャラクターの描写。 これが見事。 DINER(ダイナー) このドグラマグラの平山夢明原作の漫画ダイナーは明日ちゃんのセーラー服とは違う意味でWEB漫画だからこそ魅力が最大限に引き出された作品。 とにかく「リアルな破壊描写」を追求した作画は人によっては吐き気を催すほど。 そこに平山夢明の陰鬱なだけではない見事なストーリー展開が組み合わされると・・ 殺し屋ギャングぶっ殺しエンターテイメントグロ漫画になっている。 グロいジョン・ウィック?いやいやあれよりも酷いぜ(良い意味) これは誌面じゃ無理。 この記事でも魅せれない。 PR バトゥーキ打ち切り間近?となりのヤングジャンプに移籍の理由は?まとめ あまりに面白すぎた「嘘喰い」作者の二作品目があまりにマイナー格闘技カポエイラを題材にしたこと、 壮大な物語にしようと主人公の幼少期から物語を始めたせいで読者を引き付けるための貴重な第一話・第1巻が致命的に面白くなく、結局そのまま誰の支持も得ることができずとなりのヤングジャンプへ移籍。 唯一嬉しかったのは嘘喰いのスピンオフとか描こうとしていることぐらい。 しかしとなりのヤングジャンプはただの島流しだけではなく、本誌では魅力を描ききれない見事な看板作品があったので2作品を紹介しました。 まだまだ漫画の可能性を広げてくれるweb漫画も捨てたものじゃないですよ。 お楽しみに。

次の