今年のげし。 2019年の夏至(げし)はいつ?どんなことをするの?

二十四節気(にじゅうしせっき)

今年のげし

二十四節気(にじゅうしせっき) 二十四節気(にじゅうしせっき)は、今でも立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。 1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節(せつ)または節気(せっき)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。 太陰太陽暦(旧暦)の閏月を設ける基準となっており、中気のない月を閏月としていました。 二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。 二十四節気 季節 二十四節気名 月 新暦の日付 春 立春(りっしゅん) 1月節 2月4日頃 雨水(うすい) 1月中 2月19日頃 啓蟄(けいちつ) 2月節 3月5日頃 春分(しゅんぶん) 2月中 3月21日頃 清明(せいめい) 3月節 4月5日頃 穀雨(こくう) 3月中 4月20日頃 夏 立夏(りっか) 4月節 5月5日頃 小満(しょうまん) 4月中 5月21日頃 芒種(ぼうしゅ) 5月節 6月6日頃 夏至(げし) 5月中 6月21日頃 小暑(しょうしょ) 6月節 7月7日頃 大暑(たいしょ) 6月中 7月23日頃 秋 立秋(りっしゅう) 7月節 8月8日頃 処暑(しょしょ) 7月中 8月23日頃 白露(はくろ) 8月節 9月8日頃 秋分(しゅうぶん) 8月中 9月23日頃 寒露(かんろ) 9月節 10月8日頃 霜降(そうこう) 9月中 10月24日頃 冬 立冬(りっとう) 10月節 11月7日頃 小雪(しょうせつ) 10月中 11月22日頃 大雪(たいせつ) 11月節 12月7日頃 冬至(とうじ) 11月中 12月21日頃 小寒(しょうかん) 12月節 1月5日頃 大寒(だいかん) 12月中 1月21日頃 また、二十四節気と同様に季節の移り変わりの目安となるものに雑節(ざっせつ)と呼ばれるものがあり、今でも行事などが行われています。 雑節 雑節 解説 社日 (しゃにち) 春分、秋分に最も近い戊(つちのえ)の日で、1年に2回ある。 春には豊年を祈り、秋には成熟を祝う行事をそれぞれ行う。 節分 (せつぶん) 元は四季にあったが、後に春だけについていわれるようになった。 立春の前日のことで、邪気を払う行事がなされる。 彼岸 (ひがん) 春分と秋分の前後の3日ずつの計7日のこと。 初日を彼岸の入り、当日を中日(ちゅうにち)、終日を明けと呼ぶ。 土用 (どよう) 立春、立夏、立秋、立冬の前18日間。 この期間は、土公神 どくじん が支配するといわれ、土を犯すことは忌むべきこととされた。 八十八夜 (はちじゅうはちや) 立春から数えて88日目をいい、種まきの目安の日。 入梅 (にゅうばい) 二十四節気のうち、芒種の後の壬(みずのえ)の日。 梅雨はそれから31日間とされる。 半夏生 (はんげしょう) 天より毒気を下す日という。 夏至より10日後とされる。 二百十日 (にひゃくとおか) 立春から数えて210日目の日。 必ず暴風雨があるとされる。 二百ニ十日 (にひゃくはつか) 立春から数えて220日目の日。 二百十日と同じ意味を持つ。

次の

半夏生2020年はいつ?たこ以外にもこんなものを食べる風習が!

今年のげし

なぜ日にちが変わるの? この二十四節気は、1年の太陽が通る道(黄道:こうどう)を元に決められています。 黄道と赤道が北から南へ交わる点を春分点といい、この春分点を起点として黄道を360等分にしたものを黄経(こうけい)と言います。 ちなみに立春は黄経315度、立秋は黄経135度、立冬は黄経225度と定められております。 2019年の立夏はいつ? 2019年の立夏は 5月6日です! 立夏の瞬間は、5月5日午前4時09分になります。 蛙の鳴き声が聞こえてくると夏が近づいてきたなぁと思う事はありませんか? 昔の日本は農業が中心だったので今よりも田んぼが多く、蛙の鳴き声もよく耳にしたのではないでしょうか。 蚯蚓出(きゅういんいずる) 「蚯蚓が地上に這い出る頃」 蚯蚓とは、ミミズのことです。 竹笋生(ちくかんしょうず) 「筍が生えてくる頃」 竹笋とは中国語で筍(たけのこ)です。 食材としての旬ではなく、筍か大きく成長しぐんぐん空に向かって竹になるために成長遂げていく時期です。 また普段私たちが食べているのは「孟宗竹(もうそうちく)」というもので、ここでの竹笋は「真竹」を指しています。 竹にも色々種類があるんですね... 現在の新暦に移行された際、月日だけが移し変えられたのです。 例えば、七夕と言えば7月7日ですが有名な仙台の七夕祭りは8月に行われます。 これは旧暦に合わせて行なっているのですね! 他の行事でも旧暦で行う地域もあります。 立夏も5月で夏?と思いますが旧暦では6月の初めを指します。 代表的な御田植神事は、 大阪:住吉大社 御田植神事 三重:伊雑宮(いざわのみや) 御田植祭り 広島:壬生 花田植え です。 今では機械が行ってくれる田植えですが、昔は女性の仕事だったんです! 大変な田植えの作業を少しでも楽しくしようと田植えの歌を歌いながら行う風習が生まれました。

次の

今年の「夏至(げし)」は何時ですか??

今年のげし

半夏生(はんげしょう)とは?意味や由来は 半夏生(はんげしょう)とは、 雑節(ざっせつ)の1つです。 半夏至と調べる方も多いようですが、半夏生です。 言葉の意味としては、半夏(烏柄杓=カラスビシャク)という薬草が生える頃という、わりとそのまんまの由来です。 半夏雨(はんげあめ)という言葉もありますが、これは字からも想像できる通りこの時期に降る雨を指し、地域によっては半夏水(はんげみず)とも言うそうです。 また、半夏雨は大雨になることも多いので気をつけましょう。 半夏生の 行事 半夏生が農家にとって大事な日になり、 「畑仕事を終える」「田植えを終える」ことの目安としていたようで、この日から5日間を休みにする地方もあるそうです。 この日には空から毒気が降るため前の晩から井戸や泉に蓋をして備えたということです。 また、地面も陰毒を含んで毒草が生えるといった言い伝えがあり、この時季に筍やワラビを食べること、種を撒くこと、この日に収穫した野菜を食べることを避けていたようです。 そのため、この日までに田植えを済ませ、気候が不順であっても半夏生以降は田植えをしないという習慣がありました。 半夏生の食べ物 半夏生に食べる行事食というのはどんなものがあるのでしょうか。 これは調べてみると、地方によっていろいろ出てきました。 近畿地方の一部地域ではタコを食べるそうです。 これには「稲の根が蛸の足のように四方八方にしっかりと根付くように」というような願いが込められていたということです。 また 、香川の農村ではうどんを食べる習慣があるそうです。 香川でうどんを食べることが行事食といえるのかどうかかなりあやしいのですが、麦の刈り入れや田植えが終わる半夏生の頃、その年に収穫された麦を使ってうどんを打ち、作業を手伝ってくれた人に振る舞って労をねぎらったという説に由来しているのだそうです。 実際に、香川県製麺事業協同組合が7月2日をわざわざ「うどんの日」に制定しているほどですので、おそらく古くから伝わる風習だったのでしょう。 福井県大野市では、江戸時代に当時の藩主が農民に焼きサバを振る舞ったというエピソードがあり、現在も大野市周辺では半夏生に焼きサバを食べるそうです。 長野県小川村では芋汁を食べるそうです。 地方によって食べるものが全く違いますが、大野市のように特異なエピソードに由来する例もあれば、地方によって半夏生の時期に手に入る食材が違うということもあったのかもしれませんね。 半夏生という植物 「半夏生」「半化粧(はんげしょう)」 「片白草(かたしろぐさ)」という花があり、半夏生の時期に咲く花からこの名前があるそうです。

次の