摩 訶 般若 波羅蜜 多 心 経 観 自在 菩薩 行。 般若心行 仏説摩訶般若波羅蜜多心経

般若心行 仏説摩訶般若波羅蜜多心経

摩 訶 般若 波羅蜜 多 心 経 観 自在 菩薩 行

仏説 ぶっせつ 摩 ま 訶 訶 般若 はんにゃ 波羅蜜 はらみつ 多 た 心 こころ 経 けい 诃는 마치 마호처럼 보살에 있는 것처럼 보살에 마음을 두고 있다. 심오한 것은 마치 발트가 많은 때와 같다. 오묘한 것을 그대로 보면 모두 공허하다. 모든 고생을 참고 견디다. 색은 색다르지 않다. 색즉시공이다. 제법공상이다. 태어나지 않으면 없어지지 않는다. 불구불구. 시들지 않아. 고공이야. 무색 무상행식. 눈과 귀와 혀가 없어. 무색성 향의 터치. 무안계, 나아가 무의식계. 무명도, 무명도. 観 かん 自在 じざい 菩薩 ぼさつ。 行 くだり 深 ふか 般若 はんにゃ 波羅蜜 はらみつ 多 おお 時 とき。 照 あきら 見 み 五蘊 ごうん 皆 かい 空 そら。 더 나아가서 무로사하다. 늙고 죽는 것도 없고, 고생이 없으면 멸도가 모이고, 지혜가 없으면 얻는 것도 없다. 度 ど 一切 いっさい 苦 く 厄 わざわい。 舎利 しゃり 子 こ。 色 いろ 不 ふ 異 い 空 そら。 空 そら 不 ふ 異色 いしょく。 色即是空 しきそくぜくう。 무소득으로. 보리사. 공포는 없다. 모든 것을 멀리하고 꿈을 뒤바꾼다. 도대체 열반이다. 삼세 제仏. 어찌 보면 발트와 꿀이 많은지라그러므로 아는 바는 마치 발랄하고 꿀이 많은 것과 같다. 대신呪이다. 대명呪이다. 무상의 상. 그러므로 말하는 것은 마치 발랄하고 꿀이 많은 것과 같다. 즉 呪日을 말한다. 자세한 것은 자세히 살펴보아라. 발트마차. 空即是色 くうそくぜしき。 受 受 想 そう 行 くだり 識 識 亦 また 復 ふく 如是 にょぜ。 舎利 しゃり 子 こ。 是 ぜ 諸法 しょほう 空 そら 相 しょう。 不 ふ 生 なま 不滅 ふめつ。 不 ふ 垢 あか 不浄 ふじょう。 不 ふ 増 ぞう 不 ふ 減 げん。 是 ぜ 故 こ 空中 くうちゅう。 無色 むしょく 無 む 受 受 想 そう 行 くだり 識 識。 無 む 眼 め 耳鼻 じび 舌 した 身 み 意 い。 無色 むしょく 声 ごえ 香味 こうみ 触法 しょくほう。 無 む 眼界 がんかい 乃至 ないし 無 む 意識 いしき 界 かい。 無 む 無明 むみょう 亦 また 無 む 無明 むみょう 尽 尽。 乃至 ないし 無 む 老死 ろうし 亦 また 無 む 老死 ろうし 尽 尽。 無 む 苦 く 集 しゅう 滅 めつ 道 どう。 無 む 智 さとし 亦 また 無 む 得 とく。 以 以 無 む 所得 しょとく 故 こ。 菩提 ぼだい 薩 薩。 依 よ 般若 はんにゃ 波羅蜜 はらみつ 多 おお 故 ゆえ。 心 こころ 無礙 むげ 無礙 むげ 故 こ。 無 む 有 ゆう 恐怖 きょうふ。 遠 とお 離 はなれ 一切 いっさい 顛倒 てんとう 夢想 むそう。 究竟 くっきょう 涅槃 ねはん。 三 さん 世 せい 諸仏 しょぶつ。 依 よ 般若 はんにゃ 波羅蜜 はらみつ 多 おお 故 ゆえ。 得 え 阿 おもね 耨 耨 多 た 羅 ら 三 さん 藐 藐 三 さん 菩提 ぼだい。 故知 こち 般若 はんにゃ 波羅蜜 はらみつ 多 た。 是 ぜ 大神 だいじん 呪 のろい。 是 ぜ 大明 だいめい 呪 のろい。 是 ぜ 無上 むじょう 呪 のろい。 是 ぜ 無 む 等 とう 等 とう 呪 のろい。 能 のう 除 じょ 一切 いっさい 苦 く。 真実 しんじつ 不 ふ 虚 うろ。 故 こ 説 せつ 般若 はんにゃ 波羅蜜 はらみつ 多 た 呪 のろい。 即 そく 説 せつ 呪 のろい 日 び。 羯 羯 諦 たい 羯 羯 諦 たい。 波 なみ 羅 ら 羯 羯 諦 たい。 波 なみ 羅 ら 僧 そう 羯 羯 諦 たい。 菩提 ぼだい 薩 薩 婆 ばば 訶 訶。 般若心経 はんにゃしんきょう。 일본 뉴스 매일 1시간에 한번씩 업데이트 되는 일본의 4대 메인 뉴스인 일본 TV NNN , 아사히 ANN , TBS JNN , 후지 TV FNN 의 기사를 후리가나와 함께 읽을 수 있습니다. 그림과 획수 음독 훈독을 보면서 배워봅시다. 일본 트위터 좋아하는 일본 연예인 또는 친구의 트위터계정을 조회해보세요. 한자가 포함된 트윗을 후리가나로 보실 수 있습니다. images-amazon. jpg.

次の

摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 ...

摩 訶 般若 波羅蜜 多 心 経 観 自在 菩薩 行

般若心行 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 般若心経…真実の理法、すべての人がいかなる所でもいかなる時でも守るべききまり三世十方に通じる理法、のり、真、法則、ことわり、ことわりの力(倶舎論) 観自在菩薩 観…真理を観ずる。 心静かな境地で世界のありのままを正しく眺めること。 観念する観察する心静かな感想。 瞑想、数息観の第四段階において知恵をもって観察すること。 知恵をもって物事の道理を感知すること。 自…自ら、自己、自体。 在…含まれてあること。 行深般若波羅蜜多時…深般若波羅蜜多時を行じたまいし時。 深…教えの深遠なこと。 般若心…中道の理を照らす無分別智。 般…悟りを知る真実の知恵、真実を見る知恵の眼。 波羅蜜…「度」と解釈する。 度とは渡った。 到彼岸とは、彼岸に到ったの意。 悟りの修行。 悟りの道。 悟りに到るための菩薩の修行。 波羅蜜にしては施、戒、忍、進、定、慧、の六波羅蜜、またはこれに方便、願、力、智を加えての十波羅蜜をたてる。 多…経典はこの字を含む、「如来」の意味を持って解釈する。 多いこと。 充実していること。 特優れていること。 または過度に多いこと。 不垢不浄…不垢にして不浄 垢…けがれ、煩悩の異名。 煩悩はその性質が不浄で心を染めけがれるゆえにいう。 (倶舎論)根本煩悩がでて、その想いが特にけがれているものをいう。 悩、害、六苦という。 般若心経の不垢不浄とはどのような意味かというと、今我々が住んでいるこの世には、きれいなものも、濁っているものも、すべては有りはしないと説かれている。 それはずうっと先に戻っていくと苦という強い問題にぶつかってくる。 この世にはきれいなものも濁っているものも無いというのが不垢不浄ということである。 要するに、この世を眺めてみれば… 黄光龍説法 心に訴える般若心経(日常生活の生き方)より 遠光山 浄教宗 本山 天神寺 無断で複写・複製・転載することを禁じます。 このホームページの文章・写真等の著作権は天神寺にあります。 All Rights Reserved.

次の

[mixi]世界の般若心経ご紹介コーナー

摩 訶 般若 波羅蜜 多 心 経 観 自在 菩薩 行

般若心経とは 般若心経 はんにゃしんぎょう とは、「空 くう 」の思想を説いた仏教の経典の1つです。 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 ぶっせつまかはんにゃはらみったしんぎょう 、 摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみったしんぎょう 、 般若波羅蜜多心経 はんにゃはらみったしんぎょう とも言います。 1~3世紀頃のインドで生まれ、玄奘三蔵が漢訳したとされていますが、 諸説があって定かではないようです。 日本では仏教の宗派を問わず広く唱えられているだけでなく、 日本神道でも唱えられる場合があります。 口に出して唱える読経のほかに、文字を書き写す写経としても使われています。 般若心経 その一 漢文を見てみる 摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舍利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舍利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 般若心経 その二 よみかなで読んでみる まかはんにゃはらみたしんぎょう かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみたじ しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう くうそくぜしき じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう むげんかい ないしむいしきかい むむみょう やくむむみょうじん ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく いむしょとくこ ぼだいさった えはんにゃはらみたこ しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう くきょうねはん さんぜしょうぶつ えはんにゃはらみたこ とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみた ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみたしゅ そくせつしゅわつ ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか はんにゃしんぎょう 般若心経 その三 漢文を見ながら読んで読み方を覚える 摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舍利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舍利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 まかはんにゃはらみたしんぎょう かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみたじ しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう くうそくぜしき じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう むげんかい ないしむいしきかい むむみょう やくむむみょうじん ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく いむしょとくこ ぼだいさった えはんにゃはらみたこ しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう くきょうねはん さんぜしょうぶつ えはんにゃはらみたこ とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみた ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみたしゅ そくせつしゅわつ ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか はんにゃしんぎょう 摩訶般若波羅蜜多心経 悟りを得た菩薩は、 深く真理を求めた時、 全てはみな空 くう であると見極め、 一切の苦厄を克服なされた。 舍利子よ、 存在は空と異ならず、空は存在と異ならない。 存在は即ち空であり、空は即ち存在である。 感じ想い行い知ることもかくの如し。 舍利子よ、 これら諸法は全て空であり、生ぜず滅せず、 けがれず清まらず、増えも減りもしない。 これゆえ空の中には、何もなく、 感覚・想念・行動・知識もない。 眼も耳も鼻も舌も身も意もなく、 色も声も香も味も触も法もない。 目に見える世界も、意識の世界もない。 無知もなく、無知の尽きることもない。 また老いも死もなく、それが尽きることもない。 四つの真理 苦・集・滅・道 もなく、 智もなくまた徳もない。 得るところもないゆえに。 菩薩は、 真理 般若波羅蜜多 に従うゆえに、 心に曇りがなく、曇りがないゆえに、 恐れもない。 一切の迷いから遠く離れ、 涅槃の境地に達する。 三世 過去・現在・未来 におられる諸仏も 真理 般若波羅蜜多 に従うゆえに、 阿耨多羅三藐三菩提という仏の悟りを得た。 ゆえに真理 般若波羅蜜多 を知るべし。 これは神の真言であり、知の真言である。 これは無上で、無比の真言である。 一切の苦をよく除き、 真実であり虚にあらず。 ゆえに説く、真理 般若波羅蜜多 の真言を。 すなわち真言を説いて曰く、 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舍利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舍利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経.

次の