コロナ 海外渡航歴。 〈新型コロナ〉岡山県で8日連続の感染判明 岡山市の飲食店でアルバイトをしている20代男性の感染確認

渡航歴なし検査拒否、なぜオリックスや電通にコロナ感染者判明?

コロナ 海外渡航歴

感染症レベル2以上の国への不要不急な渡航を行わない。 感染症レベル1以下の国でも急速に状況が変化し、国境封鎖等が行われ帰国できない可能性があることを認識する。 現地大使館・領事館の発信する安全情報を確認し、その地域で活動するために適切な安全対策を講ずる。 現地のニュースや国際報道に積極的にアクセスし、常に最新の治安情報等を入手する。 不測の事態に備え、予定や交通手段など変更を柔軟にできるようにしておく。 海外旅行保険に必ず加入し、に必ず渡航期間・場所・連絡先を登録する。 OSSMA LOCATER利用者は留学先を離れる場合には、OSSMAに旅程を記載する。 OSSMA LOCATOR• 自分の居所や連絡先を家族、友人と共有し、連絡が確実に取れる方法を確認しておく。 感染症をはじめ体調管理に留意し、健康管理を怠らず、出発時・海外渡航時・帰国後まで健康であるよう努力する。

次の

新型コロナウイルス感染症について(提出書類あり)

コロナ 海外渡航歴

出張先の危険度や規制状況を把握する 海外出張が決まったら、まずは渡航先が安全かどうか確認しておきましょう。 特に新型コロナウイルス感染症が世界中で流行している時期は、自分が訪れる国の危険度や規制状況を把握しておく必要があります。 外務省の「海外安全ホームページ()」では、海外安全情報を確認できます。 感染症に関する安全情報はもちろん、治安に関わる危険情報や広域情報などを網羅しています。 トップページで渡航先を入力すると、感染症危険情報および危険情報が表示され、その国に関する海外安全情報を確認できるようになっています。 特に、2020年5月現在の新型コロナウイルス感染症に関する情報では、入国制限や、入国後の行動制限処置などの詳細な規制情報を把握できます。 規制のレベル 渡航規制にもレベルがあり、高くなるほど、危険度も上がります。 渡航先にどのレベルの規制が出されているかによって、対策を考えましょう。 2-1. 一般的な規制レベルについて 感染症危険情報のほか、治安などの総合的な安全情報は4段階のレベルに分けられます。 外務省が危険度の高い感染症に対して発信している感染症危険情報では、以下のようなレベル・内容に分類されています。 レベル1:十分注意してください レベル2:不要不急の渡航はやめてください レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告) レベル4:退避してください。 渡航は止めてください(退避勧告) 2-2. 新型コロナウイルス感染症における現在のレベルと対応 現在新型コロナウイルス感染症に関しては、全世界に向け不要不急の渡航自粛を求めるレベル2もしくは、渡航中止勧告であるレベル3が発令されています。 また、各国の対応の一つとして、外国人や危険地域に滞在歴がある人などに入国拒否の規制を設けることもあります。 他にも、今回の感染症に対する措置としては、入国後14日間の自宅待機を求めるなど、その時々で各国の規制も異なります。 規制の種類と理由 各国に出される規制には、いくつかの種類があります。 また、規制対象となる国には、それぞれ理由があります。 日本が渡航規制を設ける国には、どのような特徴があるのでしょうか。 3-1. 現地で疫病が流行中 新型コロナウイルスに関しては、現在全世界に向けて規制がかけられています。 一方、一部の地域で流行している疫病によって規制がかけられることは比較的よく見られます。 例えば、アフリカのエボラウイルス病、アジアにおける鳥インフルエンザ、アフリカや南米における黄熱など、疫病が流行した地域では、対象国における入国が制限されたり、予防接種を受けるなどの条件が付けられたりしました。 参考:厚生労働省検疫所HP「海外感染症発生情報」 3-2. 紛争・戦争による治安悪化 紛争や戦争、頻発するテロなどにより、治安が悪化している地域も規制の対象となります。 シリア・アフガニスタン・リビア・ソマリアなどは、退避勧告が出されており、トルコやイランなどの一部地域でも地区によってレベルの異なる勧告が出されています。 また、2019年から続く香港の大規模デモに関しても、日本の外務省は危険レベルを引き上げており、突然治安が悪化した地域も対象となっています。 3-3. 日本と正式な国交がない 例えば北朝鮮など、日本と正式な国交がない国も規制の対象となることがあります。 北朝鮮に関しては、全土で渡航の自粛要請が出されています。 日本大使館や領事館が置かれていないことから、いざというときに日本人を助けてくれる機関がなく、何かあったら自己責任が問われる国と考えておいた方がいいでしょう。 3-4. 特別許可があれば出張できる? 「海外安全ホームページ」上で、日本を入国拒否の対象国としている国には原則、渡航することができません。 しかし「入国拒否対象国国民」に対し、例外的に入国許可を行っている国があります。 国家プロジェクトに関わっている労働者や、各国の定住・一時滞在許可を所持しているなど、緊急・必要な理由がある渡航希望者のみに入国許可が与えられるようになっています。 したがって、単なる出張など不要不急の渡航理由で入国許可を得るのはまず不可能と考えてよいでしょう。 参考:在インドネシア日本国大使館HP 「新型コロナウイルス対策に係るインドネシア政府の入国規制」 日本橋夢屋HP「マダガスカル 入国できなかった事案が発生してます」 駐日本国大韓民国大使館 「4月5日以前に発給された短期ビザの効力停止及びビザ審査強化の案内」 4. 出張中に規制がかけられたらどうする? 今回の新型コロナウイルス感染症のように、短期間で爆発的に感染者が増えて、情勢が一気に変わるケースもあります。 渡航前は規制がなく、危険度も高くなかったのに、出張中に事態が急変してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。 4-1. 現地の情報を把握する まずは、事態の把握と今後の対応を考えるためにも、現地の新聞社のホームページなど、現地の情報を発信しているメディアのウェブサイトを確認してみましょう。 また、行き帰りのフライトが予定通り運行するかどうか、航空会社のホームページを随時チェックしておくのも忘れずに。 飛行機が突然欠航になることもあるので、航空券があるからと油断しないようにしましょう。 4-2. 日本の情報を把握する 続いて、日本の外務省が発信している情報と、渡航先の国にある日本大使館が出している情報を確認してください。 加えて会社員の方は、会社に連絡し、どのように対処するか話し合いましょう。 【出張前に登録・ダウンロードしておくと便利なアプリ】 ・たびレジ 外務省も推奨している海外安全情報配信サービス「たびレジ()」に登録しておくと、最新の海外安全情報、緊急事態発生時の連絡メールが届きます。 出張前に登録しておくことをおすすめします。 ・外務省の海外安全アプリ 「外務省の海外安全アプリ()」では、携帯電話のGPS機能をもとに、滞在国や周辺国の渡航情報をプッシュ通知でお知らせしてくれたり、現地の日本大使館や総領事館の連絡先を確認できたりするので、ダウンロードしておくと、いざというときに役立ちます。 規制が解除されるまでの動き 規制が解除されるには、事態がある程度落ち着く必要があります。 例えば、新型コロナウイルス感染症の規制が解除されるまでどれくらいかかるか、現時点(2020年5月現在)で明言することはできない状況です。 5-1. 感染症流行による規制の動き 過去の例を見てみると、SARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した際は、2002年11月に症例が報告されてから、WHOによる警告が全世界に出され、対象国の出入国などに規制がかけられていました。 翌2003年の6月から対象地域への渡航延期勧告などを解除し始め、WHOが制圧宣言をしたのが2003年7月です。 段階を踏みながら、事態が落ち着いてからこれらの規制を解除していることがわかります。 5-2. 治安レベルの悪化による規制の動き また、感染症以外にも、国際テロが頻発している地域や、紛争が勃発している地域への規制は、事態が落ち着くまで規制レベルは下がらないでしょう。 さらに、これらの規制は短期間で厳しくなることも十分あり得ます。 渡航先でこのような事態になり状況を甘く見ると、帰国できなくなってしまう可能性もあるので、楽観視せず危機感を持って過ごすように心がけることが必要です。 参考:東京海上リスクコンサルティング(株) 「重症急性呼吸器症候群(SARS)流行の教訓と今後の対応 〜香港・シンガポール・台北・中国大陸に学ぶ〜」 6. 海外出張がキャンセルに!そんなときに役立つダンドリ3つ 規制により、海外出張が延期・中止された場合、気になるのはそれに伴うキャンセル料などの対応です。 自然災害や感染症の拡大など、やむを得ない事情で予約をキャンセルせざるを得ないときはどう対処すればよいのでしょうか。 6-1. 規制による各手配のキャンセル対応をチェックする 大規模な渡航規制が行われ渡航が困難になった場合は、航空会社側、ホテル側もキャンセルについてそれぞれの対応をしています。 例えば購入済みの航空券を今後運行予定の同一区間のフライトに振り替えることができたり、購入した航空券の金額相当のバウチャー(有効期限付き)を発行したりして対処している航空会社などもあります。 まずはキャンセル対応について、航空会社、旅行会社やホテルなど、各会社が出す対応を確認しましょう。 参考:ジェットスター・ジャパン 購入済み航空券の特別対応について 6-2. キャンセル料負担について会社とすり合わせておく 本来なら、海外出張に伴う航空券やホテル代などの旅費は、領収書をもとに経費として精算されます。 しかし、出張を中止するときにかかるキャンセル料の負担は、各会社によって対応が異なることも。 キャンセル料が発生した際には、証拠としてレシートやメールなどを保管しておき、上司や会社の経理担当者としっかりと話し合っておきましょう。 6-3. 保険でキャンセル料をカバーできるか確認する また、海外旅行保険や海外出張・駐在保険などに加入していた場合、フライトが欠航したり、渡航中止勧告が発令されたりしたことによって発生したキャンセル料は、保険がおりる可能性があります。 しかし、海外渡航中に日本政府が渡航中止勧告を出していない段階で自己判断によって帰国した場合は保険料が支払われないことも。 保険会社によって補償内容が異なるため、加入する保険がどのような条件を課しているか、確認しておくようにしましょう。 規制中の国に行く必要があるときの注意点 紛争地域を取材するジャーナリストや、疫病が流行している地域で医療行為をする医療関係者など、渡航規制が敷かれている国にも行かなくてはならない人もいるでしょう。 入国拒否をされない限り、渡航することは可能ですが、その分細心の注意を図る必要があります。 7-1. 行き帰りの交通手段を確保する 行き帰りの交通手段をおさえ、現地に着いてからの移動方法も必ず計画しておきましょう。 渡航先によっては、タクシーやバスを使った移動が危険な場合もあります。 また、移動手段を確保できなかった場合のために、何種類か交通手段を考えておくようにしましょう。 7-2. 最新情報を仕入れる 日本の外務省が発信している情報以外にも、海外メディアからの情報、滞在国の政府が発信する情報、渡航先の治安や事情に精通した人物からの情報を確保することも必要になってきます。 また、テロや誘拐などを想定した訓練を受けておくことも検討しましょう。 7-3. できる限り予防接種を受けておく 感染症のリスクがある国に渡航する際は、できる限り予防接種を受けておくことをおすすめします。 もしものときに、渡航先で満足な治療が受けられるとは限りません。 また、国によっては渡航前に予防接種を受け、予防接種証明書を求められる国もあります。 予防接種が必須ではなくても、感染症などのリスクのある国に行く際は、なるべく予防接種を受けておきましょう。 まとめ 新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっている昨今、次々に海外への渡航制限が敷かれたのは記憶に新しいところです。 生活や行動にまで規制が及ぶ国もある中で、海外渡航における判断は、とても重要です。 身の安全を第一に考え、正しい情報をもとに行動しましょう。 文:佐々木 希 編集:山崎 梨恵(リベルタ) こちらの記事もチェック!• Advertisement 関連する記事• 2019. 27 ヨーロッパの主要な空港の一つであるフランクフルト空港。 この空港は、巨大な空港であるだけでなく、設備が充実していることでも知られています。 他の空港では見[…]• 2018. 26 1994年の開港以来、日本初の24時間発着可能な空港として日々発展を遂げている関西国際空港。 開港20周年となる2014年度には、お客様のニーズに合わせ[…]• 2018. 26 国内にある空港の中でも比較的新しく、施設や設備が充実している中部国際空港セントレア。 空港内が広いため、愛煙家の場合は喫煙スペースやタバコを販売している[…]• 2018. 03 中部地方の空の玄関口である「中部国際空港セントレア」のトイレは清潔感があります。 さらに、さまざまな目的で利用できるので事前にどのような設備があるか知っ[…]• 2019. 02 アメリカで海外レンタカーを利用するための基本的情報や、レンタカーの利用方法・注意点をご紹介します。 […]• 2019. 13 海外出張する際、心配な点のひとつに現地のトイレ事情があります。 国によって、さまざまなトイレがあるため戸惑ってしまうこともあるかもしれません。 特に中[…]• 2018. 28 関西国際空港で担当のお客様と過ごすことになったとき、できるだけ時間を有効に使いたいですよね。 空港内の施設について知っておけば、スムーズな案内が可能です[…]• 2019. 15 慣れない土地での買い物は、言葉や習慣が異なるため、少々不安に感じる人も多いかもしれませんが、現地の人と交流するチャンスでもあります。 今回は、そんな海外[…]• 2019. 11 移動時間が長いうえ、環境も変わる海外出張には疲労がたまりやすい傾向があります。 しかし、いつもと違う場所ではぐっすり眠れないビジネスパーソンも多いでしょ[…]• 2018. 10 日本の玄関口ともいえる成田空港では、充実した設備と機能性を備えたトイレをたくさん導入しています。 日本のトイレは世界でもトップクラスの快適さを誇っていま[…].

次の

新型コロナウイルス拡散に伴う海外渡航歴の確認|ニュース|日本大学経済学部

コロナ 海外渡航歴

2020. 21 新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年7月21日09:00時点)• 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で 入国時の検疫の強化 健康申告書等の提出、隔離措置 や 入国、ビザ発給の制限を行っています。 渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。 各国の対応は流動的なため、予告なしに入国制限が実施されることも予想されますので、都度最新情報の確認に努めてください。 最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認ください。 日本にご帰国される方 日本にご帰国される方は,日本入国時にPCR検査、結果判明までの指定施設での待機、空港からの公共交通機関(国内航空便を含む)の不使用、指定場所(自宅又は自ら確保した宿泊施設等)での14日間の待機等の措置の対象になります。 「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」 マスク等の着用義務 航空便を利用する際、空港内の待機場所や航空機内は密閉空間・密集場所・密接場面となりやすいため、 マスク等の着用を各国政府や航空会社により義務付けられていることがありますのでご注意ください。 マスク等がない場合、航空機の搭乗を拒否されたり、現地の法律で罰則を受けることがあります。 詳しくは各航空会社ホームページにて運航状況をご確認ください。 当Webサイトは、コンテンツの正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。 本ホームページ掲載情報の利用によって利用者に何らかの損害が発生したとしても、かかる損害については当社は一切その責任を負いません。 日本でPCR検査が受診可能な医療機関 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により,現在複数の国が入国者に対して渡航前の遺伝子検査(PCR検査)の実施と,それに関する結果証明書の提出を求めています。 〇「ビジネス渡航者へのPCR検査の検体採取及び検査証明の発行が可能な医療機関リスト 2020. 7」(日本渡航医学会) 〇協力医療機関向けのマニュアルも公開されています。 ビジネス渡航者のための新型コロナウイルス感染症のPCR検査と証明書発行 マニュアル(暫定版)(2020. 感染状況 WHOホームページ|Coronavirus disease COVID-2019 situation reports 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(1,118,043) 死亡者(27,497) 【ビザ】 ・ ・ ・ ・オンラインビザは一時的に申請受付停止 ・ ・ 【航空機】 ・ 感染者(86,521) 死亡者(4,143) 【ビザ】 ・ ・ 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ ・ 感染者(13,771) 死亡者(296) 【 入国拒否 】 ・14日以内に湖北省を訪問した方は入国、乗継不可(韓国籍は対象外) ・湖北省で発行された中国パスポートの方は入国不可 ・中国籍の方はビザ無しでの乗継が不可 ・入国にビザが必要な国籍の方はビザ無しでの乗継が不可 【 ビザ 】 ・ ・ ・ ・ ・ 【 検疫 】 ・ ・ ・ 感染者(171) 死亡者(0) 【 入国拒否 】 ・ ・ 【 ビザ 】 ・ 【 検疫 】 ・ ・ 感染者(47,913) 死亡者(27) 【 入国制限 】 ・ ・シンガポール・中国ファストレーン対象者を除く全ての長期滞在ビザ保持者は、入国に当たり政府機関からの事前承認が必要 ・ 【 検疫 】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【 航空機 】 感染者(2,724) 死亡者(11) ・ ・ 感染者(3,250) 死亡者(58) ・ ・ (1)タイ国籍を保持する者 (2)首相により規制が免除された者,もしくは非常事態状況の解決の責任者により定められ,許可され,もしくは招待された者。 この場合,条件および期間が別途定められる場合がある。 (3)外交使節団,領事団,国際機関もしくはタイ国内で活動する外国政府ないしは政府機関の代表またはその他の国際機関に所属する個人でタイ外務省が必要性に応じて許可を与えた者,またこれらの配偶者,両親,子息。 (4)必要な商品の運送業者。 但し,用務の終了後は速やかに出国せしめる。 (5)王国への出入国の期日が明確に定まった乗務員及び運行従事者。 (6)タイ国籍を保持しない者で,タイ国籍を有する者の配偶者,両親もしくは子息。 (7)タイ国籍を保持しない者で,有効な王国の居住証明書もしくは王国に居住する許可を得ている者。 (8)タイ国籍を保持しない者で,有効な労働許可を保持している,または法令によって王国での労働が許可されている者,またこれらの配偶者や子息。 (9)タイ当局から認定されているタイ国内の教育機関に通学する,タイ国籍を保持しない生徒および学生,またこれらの両親もしくは保護者。 但し、私立学校に関する法律に基づく非公式学校、もしくは同様な形態の私立の教育機関を除く。 (10)タイ国籍を保持しない者で,タイ国内で医療を受ける必要のある者および付き添いの者。 ただし,これにはCOVID-19の治療は該当しない。 (11)タイ国籍を保持しない者で,外国との特別な合意事項(special arrangement)に則して王国へ入国することが許可された者。 ・タイ民間航空局ホームページ ・タイ保健省|Department of Disease|Corona Virus Disease COVID-19 【日本でのビザ申請】 ・ ・ 感染者(451) 死亡者(7) ・ ・ ・ ・ 1)中国からのフライト便ではないこと 2)特定の航空会社(チャイナエアライン,エバー航空,キャセイパシフィック航空のみで今後の状況で見直しの可能性あり)が運航する便を利用し、同一航空会社同士の乗り継ぎ 3)停留時間は8時間以内で、乗客の活動エリア、ルート、空港内での人との分離などの措置が実施されます。 原則,特段の事情のある方は,上陸拒否対象地域からであっても入国が許可されます。 また、 ご自宅等へは公共交通機関を使わず、ご家族やお勤めの会社等による送迎でのお帰りをお願いすることとなります。 加えて、 入国した日の過去14日以内に入管法に基づく『入国制限対象地域』に滞在歴のある方については、全員にPCR 検査が実施されます。 隔離期間は14日間又はマレーシア保健省が別途定めた期間です ・ 感染者(341) 死亡者(6) 【 検疫 】 ・ 【 入国制限 】 ・ ・ 【 ビザ 】 ・ ・ 感染者(2,966) 死亡者(15) ・ ・ ・ ・ 感染者(287) 死亡者(0) ・ ・ ・ 感染者(19) 死亡者(0) ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(35,475) 死亡者(1,181) ・ 貨物便を除く全ての国際線の乗り入れを停止(2020年4月4日~) 感染者(56,922) 死亡者(339) ・ ・ 1)ドバイ到着から96時間前までに発行されたPCR検査の陰性証明(英語)を取得する、またはドバイ空港到着時にPCR検査を受検し、陰性の結果が出るまでホテルや当局が指定する施設で待機すること(費用自己負担)検査結果が陽性となった場合は、無症状でも14日間の隔離が求められる。 2)有効な海外旅行保険に加入していること 3)出発地の飛行機搭乗前に健康申告書(Health Declaration Form)に記入すること 4)専用アプリ「COVID-19 DXB」を私用スマートフォンにインストールし、登録手続きをすること ・ ・ 感染者(1,610) 死亡者(445) ・ 貨物等を除き、陸海空全ての出入国地点を閉鎖(2020年3月17日~) 感染者(49,481) 死亡者(403) ・ 全ての外国人は原則入国不可(2020年3月18日~) 感染者(92,530) 死亡者(3,781) ・ 感染者(273,788) 死亡者(14,188) ・ ・ 感染者(66,661) 死亡者(318) ・ ・ ・ ・ 感染者(106,648) 死亡者(157) ・ 感染者(59,204) 死亡者(408) ・ ・ ・ 感染者(250,920) 死亡者(2,486) ・ 感染者(496) 死亡者(25) ・ 日本を含む25か国から渡航する外国人は居住資格・ビザの有無にかかわらず入国不可 感染者(219,641) 死亡者(5,491) ・ 感染者(36,422) 死亡者(126) ・ ・ ・ 感染者(10,052) 死亡者(65) ・ ・ 感染者(1,218) 死亡者(11) ・ 感染者(2,859) 死亡者(40) ・ ・ ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(23,084) 死亡者(1,078) ・ 全ての航空便、船便を停止、全ての陸路国境を封鎖(2020年3月17日~) 感染者(705) 死亡者(29) ・ ・ ・ 感染者(1,065) 死亡者(0) ・ 感染者(87,775) 死亡者(4,302) ・ ・ 感染者(1,793) 死亡者(21) ・2週間以内に日本を含む感染国に渡航した方は、体調が優れない場合保険機関へ報告することを推奨。 体調が良好な場合は14日間の自宅隔離を推奨。 滞在情報を提供しない者に対しては100ポンドの罰金が科せられ,また,英国籍者あるいは英国居住者でない場合には入国が拒否される可能性がある 2)入国後、事前に申告した滞在先(自宅,友人宅,ホテルなど)において14日間の自己隔離 ・ 感染者(2,021) 死亡者(69) ・ EU、シェンゲン協定加盟国、英国から到着した症状のない方を除き、 在留許可を持たない外国人は入国不可(2020年3月17日~) ・ 過去2週間の感染者の合計が人口10万人あたり16人を超えた場合,または,感染者数が10万人あたり16人を越えた国を経由して入国した場合は,入国後14日の隔離措置が必要。 隔離措置の要件は毎週金曜日に更新。 エストニア外務省ホームページ 感染者(51,670) 死亡者(6,129) ・ ・ ・ 感染者(19,571) 死亡者(711) ・ ・ ・ 感染者(71,838) 死亡者(585) ・ ・ 感染者(252) 死亡者(13) 感染者(108) 死亡者(4) ・ 感染者(1,038) 死亡者(19) ・ 感染者(4,007) 死亡者(194) 【入国制限】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【検疫】 ・ ・ ・ 感染者(27,143) 死亡者(1,037) ・ ・ 感染者(4,354) 死亡者(120) ・ 感染者(13) 死亡者(0) ・ 感染者(5,692) 死亡者(125) ・ ・ ・ 感染者(716) 死亡者(42) 感染者(180) 死亡者(0) ・ 感染者(1,039) 死亡者(15) ・ ・ 感染者(329) 死亡者(31) 感染者(33,504) 死亡者(1,687) ・ ・ ・ 感染者(77,281) 死亡者(5,619) ・ ・ 感染者(260,255) 死亡者(28,420) ・ ・ ・ ア EU,シェンゲン協定加盟国,アンドラ,モナコ,バチカン又はサンマリノの日常的な(habituales)居住者であって,居住国に向け移動中であるとともに,居住国を文書で証明することのできるもの イ EU加盟国又はシェンゲン協定加盟国により発給された長期査証を有する者であって,当該査証発給国に向け移動中であるもの ウ 医療従事者(衛生関係の研究者を含む)又は高齢者の介護者で,当該活動に従事するため,又は当該活動から帰宅するために入域する者 エ 運送関係者,船舶の乗員,航空輸送に携わる航空機の乗員 オ 外交団,領事団,国際機関,軍,市民保護従事者,人道機関の構成員で,当該団体の任務に従事する者 カ EU加盟国又はシェンゲン協定加盟国における留学生で,必要な許可,査証又は医療保険を有するもの。 ただし,留学先国に向けて移動中であるとともに,スペインへの入国は,学期中又は学期開始の15日前以内でなければならない。 キ 高度な技能を有する労働者で,その業務が必要とされ,又は,その業務が延期されるべきでないか,若しくは,その業務が遠隔で実施され得ない者(スペインで開催される高度なスポーツ競技の参加者を含む)(文書により証明する必要あり) ク 必要不可欠な家族の事情(然るべく証明できることを要する)により渡航する者 ケ やむを得ない事情を文書により証明できる者又は人道目的により入域を認めるべき者 ・ ・ 感染者(1,979) 死亡者(28) ・ 感染者(1,946) 死亡者(111) ・ ・ ・ ・ 感染者(20,894) 死亡者(472) ・ ・ 感染者(6,878) 死亡者(57) ・ (2020年3月19日~) 感染者(13,945) 死亡者(359) ・ ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ 感染者(13,173) 死亡者(611) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・入国後は原則14日間の自主隔離が求められる。 例外的に、国外からのビジネス出張者(日本からの出張者含む)やドイツ,アイスランド,ノルウェーから帰国した場合は、14日間の自主隔離は不要 感染者(201,823) 死亡者(9,086) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(9,015) 死亡者(255) ・ ・ 感染者(12) 死亡者(0) 感染者(4,333) 死亡者(596) ・ ・ ・ ・ 感染者(7,338) 死亡者(328) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)業務のための移動,その他必要な移動(通勤、外交官,国際機関職員,業務のため移動する軍関係者・援助機関関係者等) ・ (ア)フィンランドへの帰国(フィンランドに在留許可のある外国人を含む) (イ)他のEU・シェンゲン域内の国への帰国,もしくはそれらの国を経由しての帰国(EU市民またはEU・シェンゲン域内に居住している者) (ウ)外国人(EU市民・シェンゲン加盟国民以外)の出国 (エ)必要な移動(保健,救急,高齢者ケア関連業務に従事する者、貨物輸送関係者、フィンランドの在留許可を得て入国する者等) ・ 感染者(188) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(164,247) 死亡者(30,046) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(8,733) 死亡者(300) ・ ア)ブルガリア国民,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む),セルビア,ボスニア・ヘルツェゴビナ及びモンテネグロの国民,並びにブルガリア国民の家族及び実質的にブルガリア国民と共同生活を行っている者,ブルガリアでの永住,定住あるいは長期滞在資格を有する者及びその家族,EU加盟国,英国,シェンゲン領域加盟国(サンマリノ,アンドラ,モナコ,バチカンを含む)の長期滞在資格を有する者及びその家族 イ)職務遂行のために移動の必要のある医療・福祉関係者及びその指導者 ウ)医薬品,医療機器,個人用保護具の供給(それらの設置及び維持管理業務を含む)に携わる労働者 エ)国際的な旅客・貨物運送に従事する交通機関職員,商業旅客機乗務員,船舶乗務員等 オ)職務遂行中の外国政府要人(国家元首,閣僚他)及びその同行者,外交官,国際機関職員,軍人,公安関係機関職員,人道支援関係者,及びその家族 カ)人道的理由により移動する者 キ)次の活動に直接携わる,貿易経済・投資活動の関係者及び他の者で,経済大臣または他の主管大臣による書面による証明を有する者及びその家族; ・ブルガリア共和国の戦略的・基幹インフラの建設・維持・開発・安全確保 ・投資促進法に基づくプロジェクト遂行 ・ブルガリアの経済にとって重要な潜在的投資等に関するプロジェクトの分析 ク)季節労働者及び観光分野における労働者 ケ)国境勤務従事者 ・ ・ ・ 感染者(66,095) 死亡者(499) ・新型コロナウイルスの感染者が確認された国からの渡航者に14日間の自宅隔離を義務付け(2020年3月26日~) 感染者(63,893) 死亡者(9,800) ・ 感染者(8,452) 死亡者(250) ・ ・ 感染者(48,636) 死亡者(1,689) ・ 感染者(40,104) 死亡者(1,64) ・ ・ ・ 感染者(9,153) 死亡者(422) ・ 全ての国境を閉鎖(2020年3月16日~) ・スコピエ国際空港を閉鎖(2020年3月18日~) 感染者(674) 死亡者(9) ・ ・ 感染者(336) 死亡者(24) 感染者(99) 死亡者(1) ・日本を含む危険地域からの入国者に対して,自宅待機を推奨 感染者(20,980) 死亡者(688) ・ ・ 感染者(1,771) 死亡者(32) ・ ・ 感染者(1,192) 死亡者(31) ・ ・ ラトビア疾病管理予防センター(毎週金曜更新) 感染者(1,932) 死亡者(80) ・ ・ 感染者(86) 死亡者(1) ・ スイスを除くすべての国に対して入国制限を適用(2020年3月25日~) 感染者(5,483) 死亡者(111) ・ ・ 感染者(37,458) 死亡者(2,009) ・ ・ 感染者(777,486) 死亡者(12,427) ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(3,685,460) 死亡者(139,468) ・ ・ ・ ・ 【日本でのビザ申請】 ・ (ハワイ) ・ 感染者(108) 死亡者(3) ・居住者を含め全ての渡航者は入国不可、出国は可能 感染者(3) 死亡者(0) ・すべての空港を閉鎖(~2020年4月20日) 感染者(76) 死亡者(3) ・ ・ ・ ・ ・ 感染者(283) 死亡者(6) 感染者(8) 死亡者(1) 感染者(11,846) 死亡者(335) ・ ・ 感染者(109,999) 死亡者(8,848) ・ ・ ・ 感染者(28) 死亡者(1) 感染者(2,446) 死亡者(87) ・ 感染者(38,042) 死亡者(1,449) ・ ・ 感染者(23) 死亡者(0) ・ 感染者(203) 死亡者(1) 感染者(10,551) 死亡者(54) ・ 感染者(1) 死亡者(0) 感染者(774) 死亡者(10) ・ ・ 感染者(79) 死亡者(15) ・ 感染者(2) 死亡者(0) 感染者(17) 死亡者(0) ・ ・ ・ 感染者(35) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(23) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ 感染者(75) 死亡者(2) 感染者(137) 死亡者(8) ・ 感染者(18) 死亡者(0) ・ 感染者(52,855) 死亡者(981) ・ 感染者(2,712) 死亡者(99) ・ ・ 感染者(7,053) 死亡者(146) ・ 感染者(138) 死亡者(11) ・ ・ ・ 感染者(105) 死亡者(7) ・入国する全ての渡航者は、政府施設において14日間の義務的隔離 感染者(52,261) 死亡者(1,071) ・ 感染者(153) 死亡者(9) プエルトリコ 感染者(12,063) 死亡者(178) ・入国後14日間の隔離措置 感染者(40) 死亡者(2) ・14日以内に中国渡航歴がある方は入国不可(ベリーズ国籍、居住者は対象外) 感染者(32,793) 死亡者(891) ・ 感染者(338,913) 死亡者(38,888) ・ 感染者(12) 死亡者(1) 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(122,524) 死亡者(2,246) ・ 感染者(1,044) 死亡者(33) ・ 感染者(74,013) 死亡者(5,313) ・ ・ 感染者(320) 死亡者(19) ・ 感染者(190,700) 死亡者(6,516) ・ ・ ・ ・ 感染者(1,001) 死亡者(20) ・ 感染者(328,846) 死亡者(8,445) ・ 感染者(3,629) 死亡者(29) ・ ・ 英国領フォークランド諸島 感染者(13) 死亡者(0) 感染者(2,074,860) 死亡者(78,772) ・ ) 感染者 (11,483) 死亡者(110) ・ ・ 感染者(349,500) 死亡者(12,998) ・ ・ 感染者(58,138) 死亡者(2,106) ・ ・ 国または地域 (確認された感染者数) 入国制限の詳細 感染者(11,802) 死亡者(122) ・ ・クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した方は入国不可(オーストラリア国籍と入国前に14日間隔離された方は対象外) ・ ・ ・州および準州は、境界線の閉鎖や追加の検疫要件など、独自の制限を設けていることがあります Australian Capital Territory() New South Wales() Northern Territory() Queensland() South Australia() Tasmania() Victoria() Western Australia() Norfolk Island() Indian Ocean Territories() 感染者(37) 死亡者(2) ・ ・ ・ 感染者(311) 死亡者(5) ・ ・ ・ ・ 感染者(62) 死亡者(0) ・ 全ての非居住者は入域不可(2020年3月19日~) ・ ・ ・ ・ ニウエ ・ ・ 感染者(22) 死亡者(0) ・ ・ 感染者(1,203) 死亡者(22) ・ ・ ・ ・ 感染者(15) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ 感染者(26) 死亡者(0) ・ ・ ・ ・ ・ ・2020年1月6日以降に中国に滞在した方は入国不可 ・.

次の