幻影 戦争 サンク レッド。 武具のクラフトと+(プラス)を作る際の妥協点【FFBE幻影戦争】

【FFBE幻影戦争】最新リセマラランキングを紹介。URキャラ狙うなら・・・。

幻影 戦争 サンク レッド

「FF14コラボイベント」お疲れさまでした。 現在、武器クラフトイベントの「憧れの王子様」がすでに始まっていますが、私はまだFF14コラボの戦後処理中です。 現時点ではどうせ、大剣や斧を装備するキャラを育てていないので・・というのも大きいですが、FF14コラボで頑張って周回して育てたサンクレッドがモントより弱い感じがしたため、早速サンクレッドにエクスカリバーを・・と思いましたが、ライオンハート・イミテイトしか装備できません。 これは、ライオンハート・イミテイトを強くするしかないということで、武器育成について試したことをこの記事で紹介します。 必要な秘伝書のかずをレア度別にまとめた記事を書きました。 良かったら参考にしてください。 クラフトには大量の素材が必要 とにかく強い武器をクラフトしようと考えたときには、素材が大量に必要になります。 まずは普通にクラフトします。 「ライオンハート・イミテイトのレシピ」と「濁った樹液塊」が10個必要です。 タイプとは? 武器には個性があるようで、その個性によりクラフト時に表示される最大ステータスが増減されます。 個性はクラフトのたびにランダムに抽選されます とは言っても武器によってできやすいもの、できにくいものがありそうです。 今回のライオンハート・イミテイトは、エイムとマジックが良くできました。 作成した武器のスクショを貼っておきます。 それぞれ、ステータスの最大値が違います。 マジックだと攻撃の最大が標準より低く育ってしまいます。 この武器の場合は、エイムかアサルトがうれしいですね。 これは次のイベント走って取り返すしかありません・・・。 レベルが1だからでしょうか。 40にして比べてみたいところですが、アダマンタイトが全然足りません。 ステータスがカンストしない? 私の手元では未確認の情報ですが、 武器LvをMAXにしても、ステータスがカンストしないようです。 確かに、検証過程でも武器のステータス成長がランダムっぽく、以下のようにエイムとマジックでもなぜか、マジックの方が攻撃が育っていたりと不思議な状態になりました。 20 追記 公式のHPのヘルプに、以下のような記述を見つけました。 さらに、同じ武具とレシピを素材にすることで、通常よりも成長しやすい「+武具」を作成することができます。 素材となる武器が3つ以上 複数 ある場合 ちなみに素材となる対象の武器が3つ以上存在している場合、タイプにより素材とする武器を選ぶことができました。 勝手に素材として利用されることはないので、 アサルトができたら残して、エイムとマジックだけでプラスを作っていくということもできます。

次の

【FFBE幻影戦争】最新リセマラランキングを紹介。URキャラ狙うなら・・・。

幻影 戦争 サンク レッド

・トラストマスター報酬のために低レア育成を視野に入れるのはアリ ・兵舎は偉大。 ・ソシアはかわいい。 意外と基礎ステータスの差はそこまで感じない まず気になるステータスの問題。 同レベルでのステータスは圧倒的にURやSSRのほうが高いが、限界突破を重ねレベルを上げることができればそのステータスの差は埋めることができる。 大体限界突破1回分(Lv10 の差でSSRと、2回分(Lv20)の差でURと並ぶイメージだ。 ほかのユニットでも似たような差異となるかは要検証。 その為、「URが豊富だから俺は戦闘ではURしか使わん!」という人でも、限界突破を重ねられて、かつURで育てていない属性の低レアリティのユニットを育成するのは大いにアリ。 とくに付与効果のついているものや、攻撃力の高いものは有用なため、これらの入手だけを狙っての育成も視野にいれよう。 高レアリティのユニットを使ってる際には、「気づいたらJP溜まってたし、そこまで急いで使うものもないな・・・」ということになりがちだが、低レアリティでは低いステータスを補うために大量のJPが必要になる。 タップでアクションもしてくれるので、お気に入りの子がいたら、じっくり眺めてみよう。 こうやって見ると、確かにヒールがついている…! 今回育てて思ったことは、同レベル同覚醒状況であれば、高レアリティのほうが便利だが、圧倒的に限界突破しやすい低レアリティにも十二分に使い道があるということ。 また、低レアリティのほうが数が多く個性豊かなため、使い方によっては輝く、自分好みユニットを見つけることができそうだ。 まずはURを所持していない覚醒素材が余っている属性のユニットから順にアビリティを眺めてみて、面白そうなユニットを育てる、というのもこのゲームの楽しみ方としてアリだ。 ただし、一つ注意点を上げておくとすると、覚醒素材が足りない現状では、突破回数を重ねたSSRはともかく、少なくともSRやRには手を出すべきではない…。

次の

【FFBE幻影戦争】FF14コラボ、サンクレッド復刻らしいが今更いる!?本音ライブ【WAR OF THE VISIONS 実況】

幻影 戦争 サンク レッド

・トラストマスター報酬のために低レア育成を視野に入れるのはアリ ・兵舎は偉大。 ・ソシアはかわいい。 意外と基礎ステータスの差はそこまで感じない まず気になるステータスの問題。 同レベルでのステータスは圧倒的にURやSSRのほうが高いが、限界突破を重ねレベルを上げることができればそのステータスの差は埋めることができる。 大体限界突破1回分(Lv10 の差でSSRと、2回分(Lv20)の差でURと並ぶイメージだ。 ほかのユニットでも似たような差異となるかは要検証。 その為、「URが豊富だから俺は戦闘ではURしか使わん!」という人でも、限界突破を重ねられて、かつURで育てていない属性の低レアリティのユニットを育成するのは大いにアリ。 とくに付与効果のついているものや、攻撃力の高いものは有用なため、これらの入手だけを狙っての育成も視野にいれよう。 高レアリティのユニットを使ってる際には、「気づいたらJP溜まってたし、そこまで急いで使うものもないな・・・」ということになりがちだが、低レアリティでは低いステータスを補うために大量のJPが必要になる。 タップでアクションもしてくれるので、お気に入りの子がいたら、じっくり眺めてみよう。 こうやって見ると、確かにヒールがついている…! 今回育てて思ったことは、同レベル同覚醒状況であれば、高レアリティのほうが便利だが、圧倒的に限界突破しやすい低レアリティにも十二分に使い道があるということ。 また、低レアリティのほうが数が多く個性豊かなため、使い方によっては輝く、自分好みユニットを見つけることができそうだ。 まずはURを所持していない覚醒素材が余っている属性のユニットから順にアビリティを眺めてみて、面白そうなユニットを育てる、というのもこのゲームの楽しみ方としてアリだ。 ただし、一つ注意点を上げておくとすると、覚醒素材が足りない現状では、突破回数を重ねたSSRはともかく、少なくともSRやRには手を出すべきではない…。

次の