現在地 コンビニ。 証明写真|サービス|ファミリーマート

北海道のコンビニを探す

現在地 コンビニ

参加登録料のお支払い方法に「コンビニ決済」を選択されてお支払いに進んだ場合は、下記のメールが届きます。 ここでは、ローソン、ミニストップでのお支払い方法を例に説明します。 下記をご参考に、参加登録料のお支払い手続きを行ってください。 (手数料はかかりません。 ) ローソン、ミニストップでのお支払い方法は2通りありまして、(1)メール本文を印刷して受付番号を利用してのお支払い。 (2)メール本文に記載されている「お支払い案内URL」をクリックすると表示されるQRコードを利用してのお支払い。 の2通りがあります。 2通りの方法とも、ローソン、ミニストップの店内に設置されている を使用します。 ここでは、(2)QRコードを利用したお支払い方法をご紹介します。 1.「コンビニ決済の受付を完了しました」メールが届きます。 このメールを受け取ってから一定期間が経過すると、記載してある確認番号等が失効しますのでご注意ください。 その場合、土木学会事務局までご連絡ください。 2.メール本文の 【お支払い案内URL】 をクリックして、QRコードの入った下記画面を印刷します。 3.ローソン、ミニストップの店内に設置されているを操作して上記のQRコードをかざすと、下記のモバライ申込券が出てきます。 4.上記のモバライ申込券をレジに持っていき、参加登録料をお支払い頂くと、下記の領収書がもらえます。 5.お支払い後、約1時間程度で「コンビニ決済が完了しました」メールが届きます。 以上です。 よろしくお願いいたします。

次の

証明写真|サービス|ファミリーマート

現在地 コンビニ

便利過ぎるAmazonだが、注文した商品を自宅で受け取れない、配送業者に家に来てほしくないなどの何かしらの理由で自宅で受け取れない場合はコンビニやヤマト宅配所などの店頭受取を指定することも可能だ。 そのやり方をちょいと紹介。 関連 シェアする• コンビニ受け取り利用時の注意点 店頭受取利用時の注意点として以下があるので注意しておきたい。 代引きは手数料が掛かる 支払い方法として店頭で代引きも可能だが、現金でのみの支払いとなり、 代引きの場合にはさらに発送ごとに代引手数料324円 税込 がかかる。 なので、手数料が掛からないクレジットカード、あるいはAmazonギフト券の利用がお薦め。 参考記事: ATMなど一部の支払いの場合、代金の支払い完了後に発送 コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払いを選択している場合、支払い完了後に商品が発送される。 クレジットカードでの支払いが楽だね。 店頭受取できない商品がある 下記の商品は店頭受取ができない。 Amazonマーケットプレイス出品者が発送する商品• Amazon定期おトク便• 日時指定便で配送される商品• 30万円以上の商品• 3辺合計が80cmを超える商品、または重量が10kgを超える商品• 危険物(火気厳禁)• Amazonパントリー 受取期限がある 当たり前と言えば当たり前だが、コンビニに届いた商品をいつまでも店が預かるわけにもいかない。 コンビニの場合商品到着のEメールを受信した日を含む11日間が期限となっている。 コンビニでの受け取り手順 コンビニでの受け取りの流れは以下の通り。 近くのコンビニ名をチェック• Amazonで商品を購入• 支払い方法の選択• 届け先住所を店頭受取に指定• 受け取るコンビニを設定• 支払い方法の確定• 注文の確認・購入の確定• 商品がコンビニに届いたら通知が来る• コンビニのレジでAmazonの受け取りを伝える• バーコードを読み取ってもらって商品を受け取る コンビニ名をチェックしておく 店頭受取の手順だが、まずはなどで自分が受取りやすいコンビニ(ローソン、ファミマ、ミニストップ)の名前をチェックしておくといいだろう。 個人的には、ローソンがお薦め。 コンビニ受け取りはLoppi端末などでの入力作業がいるが、ローソンならバーコードを読み取ってもらうだけで受け取れるので楽だ。 商品の購入 いつものように 商品を検索。 もチェックしておくとお得に買物ができる。 商品のページに移動したら内容を確認し、画面スクロールして 今すぐ買うをタップ。 支払い方法の選択 支払い方法を登録していない場合は「新しいお支払い方法を追加」を選択して追加。 代引きの場合もここで指定だが、商品によっては代引き指定できな場合もあるので、その場合には他の支払い方法を選択。 今回は予め登録しているクレジットカードによる支払い方法を選択して「次に進む」を選択。 クレジットカードを使いたくない人はがお薦め。 届け先住所を店頭受取に指定 次は商品の届け先住所を店頭受取に指定するために お届け先住所をタップ。 ここでは 店頭受取先を新しく検索するを選択。 位置情報取得のアイコンをタップして現在地周辺のコンビニを検索。 受取りたいコンビニが現在地周辺ではない場合は住所や郵便番号を入力して探すといいだろう。 初めての場合位置情報の利用許可を求められるので 許可を出す。 同様の案内が出るので OKを選択。 受取りたいコンビニ名を確認して チェックマークを入れて この住所を使うを選択。 これで受取り店頭の指定は完了。 支払い方法が「今すぐ買う(1-Click)」の場合 支払い方法が「今すぐ買う(1-Click)」に設定されている場合は、下記のように右スワイプをするだけで購入できるようになっているが、コンビニでの店頭受取をするために お届け先をタップ。 「今すぐ買う(1-Click)」に設定していない人はへ。 次は その他の発送オプションを選択。 続いては 店頭受取先を新しく検索するを選択。 最後は 位置情報取得のアイコンをタップして近くのコンビニを選択すればOK。 配送オプションの指定 配送オプションの指定として通常配送か、お急ぎ便を指定して 次に進むをタップ。 初めての場合再度支払い方法の入力 店頭受取に指定したのでここで再度、支払い方法を選択する必要がある。 代金引換は冒頭でも紹介したように手数料が掛かる。 今回はクレジットカードを利用。 すると案内にある通り、指定した場所に初めて届ける場合などに再度クレジットカードの入力が必要になるので、クレジットカードの再入力をして「カードを確認」をタップ。 カードの確認が完了したら「次に進む」。 注文の確定確認 注文の確定画面だが、受け取る人の名前を確認しておこう。 もし、自分以外の家族に頼む場合には変更すればいいが、商品を受け取る際にはメールに送信される認証キー(認証番号とお問い合わせ番号)と免許証などの身分証明が必要になる。 内容を確認して問題がなければ「注文を確定する」をタップで完了。 発送通知設定 注文確定後の画面だが、発送通知をしていない場合はプッシュ通知をオンにすると便利なので設定しておくといいだろう。 「発送通知をオンにする」をタップ。 配送お知らせサービスをオンにする。 店頭での受取り方法 実際にコンビニでの受取り方法だが、荷物がコンビニに届くと下記のような案内メールが届く。 メール記載のURLにアクセスしてバーコードをレジで見せて受け取るか、2つの認証キーでLoppiを使って受け取るという案内だが、Loppi操作が面倒なので、バーコードを見せる方が楽だ(ローソンの場合)。 メール記載のURLにアクセスするとこんな感じのバーコードが表示されるので、レジで店員さんにAmazonの荷物を受け取りに来たと伝え、下記のバーコードを読み取ってもらって荷物を受け取ればOK。 関連記事•

次の

ゆうパックはコンビニからも発送できる!取り扱い店や出し方・受取・割引なども紹介

現在地 コンビニ

学生も主婦もフリーターも、希望に合う働き方が可能な24時間シフト制 コンビニのアルバイトは、シフト制をとりいていることが多いため自分の好きな時間に働けることが大きなメリットです。 学生から主婦まで働きやすいのも魅力の1つと言えるでしょう。 週末の日中に長時間仕事をしたい人や、時給が高くなる深夜にシフトに入れて働きたい人など、個人の希望に合う働き方が可能です。 自分の生活スタイルを基本として稼ぐことができるのが魅力です。 多岐にわたる業務内容ですが、すべてマニュアルがあるので、安心してアルバイト未経験者でもはじめることができ、時間帯によっては高校生でも働けます。 勤務態度や勤務日数次第で店長になれるケースもあるので、コンビニは学生や主婦、フリーターだけでなく、長期で勤めたい人に適したアルバイトといえます。 私は学生の頃にコンビニエンスストアで夕方アルバイトを経験しました。 業務内容は品出しと検品、レジ打ちなどですが、夕方は混雑しオーダーも多くなるので、要領が一番大切でした。 スタッフの数にも限りがあるので、いかに早くお客様を回すかが鍵です。 アルバイトをするまではコンビニエンスストア店員は簡単にできると思っていたのですが、時間によっては手一杯の状況です。 見た目以上に仕事内容が多いです。 ただ、何を一番に優先すべきか、時間がかかるか、後回しにできるかを常に考えてプランをたててやらないと、お客様を待たせてしまう結果になるので効率よく仕事することが大事でした。 このバイトを経験して要領がかなりよくなったと思います。 普段の生活でもプランをたてて効率よくできるようになり時間にも余裕を持てるようになったので、とてもためになりました。 私は夏休みの間、コンビニエンスストアでバイトをしました。 そのコンビニエンスストアは予備校の近くにあり、お昼の時間になるとお店が一杯になる程お客さんが来ました。 その中で私は、無駄のない動きをしようと心掛けていました。 チンしている間に他の商品を袋に詰めたり、自分のレジのお客様にチキンをとるついでに隣のレジのチキンも用意したりと、とにかくたくさんのお客様を迅速に対応する事を心掛けました。 また、常に笑顔でいることも心掛けました。 コンビニエンスストアはどこか無機質な感じがしますが、その中でも笑顔で接客することによって、お客様に少しでも良い気分になってもらおうとしました。 そのおかげか、ある日よくコンビニエンスストアに来ていた方に言われた「このコンビニエンスストアに来ると元気になるよ」という言葉は忘れられません。 面接のコツ 明るく元気よく、やる気を伝えよう! コンビニエンスストアの仕事は接客が第一です。 お客様への対応一つでそのお店の評価が決まってしまうといっても過言ではありません。 それだけに面接では、いかに気持ちの良い対応ができる人かを重要視されます。 また、24時間営業のコンビニエンスストアでは、店長がいつもお店にいるとは限りません。 大切なお店を任せるだけの責任感を持って仕事ができるかを確認されます。 相手が安心できるような話し方をしましょう。 「明るく元気よく」を心がけながら面接に臨んでください。 身近な目線からアピールしてみよう いつも利用しているコンビニエンスストアの良いところはどこかを考えて「こんなお店にしていきたい」と具体的に伝えるようにすると良いです。 理想とするお店のイメージを持って働けることをアピールすれば、「お客様目線で働いてくれる人だな」という採用側の期待値も高まります。 また、実際に働く店舗を利用したことがあるか、というのも大切なポイントとなってきます。 数あるコンビニエンスストアの中から、何故その店舗で働きたいのかを伝えることができれば採用の可能性は高まります。 仕事・職場になじむコツ とにかく先輩の行動を見て優先順位を覚えよう コンビニエンスストアの仕事内容は予想以上に多いです。 レジ打ち・接客のお仕事はもちろん、パンやお惣菜の納品作業・商品陳列やドリンク類の補充作業、店内の清掃など仕事内容は多岐に渡ります。 一度に多くの仕事を覚えるのは大変ですが、困ったときには先輩スタッフの行動を見習いながら、また先輩に教えてもらいながら仕事を身につけていきましょう。 お客様をお待たせしないようにレジ対応することが最優先ですが、それ以外の作業は時と場合によって優先順位が異なります。 今何を求められているかを即時に判断することが大切です。 店長や先輩スタッフへの気配りを心がけて コンビニエンスストアでアルバイトを始めたら、まずは店長や先輩スタッフの方々と積極的にコミュニケーションをとるように心がけましょう。 仕事はチームワークが大切です。 気軽に話せる雰囲気を作っておくことで、わからないことをすぐに聞けたり、困ったことを何でも相談しやすくなります。 また、初めはどの仕事をすればいいのか判断がつかない場合があります。 手が空いたら周囲に何をすればいいのか確認して、一番必要とされている作業を効率よくこなせるようしましょう。 どんなやりがいがある? 一見事務的に見える作業ですが、実はとても奥が深く、人とのふれあいが重要なことを肌で知ることができた時に大きなやりがいを感じます。 小売業界でもIT化は進み、特にコンビニ業界はその先頭を走っています。 しかし基本となるのは接客です。 お客様が気持ちよく買い物ができるような環境を提供することで、固定客ができたり、お客様の方から声を掛けてくれたりすることもあります。 単なる接客アルバイトに留まらない喜びを感じることができるでしょう。 どんな大変さがある? コンビニのアルバイトは限られた人数でお客様の対応をする必要があるため、混み合う時間帯には、とても忙しくなります。 レジ業務だけでなくお弁当の温めや宅配便の受付、商品の入荷検品なども同時にこなす必要があるため、効率よく仕事を進めていく必要があります。 時には大変なこともありますが、仲間と協力し合って一つひとつ仕事を進めることで、働く側にとって働きやすく、買い物をする側にとっても気持ちの良いコンビニを作り上げていくことができます。 どんなスキルが身に付く? 基本的な接客のスキルを身に付けることができます。 コンビニのアルバイトはレジ打ちから宅配サービスまで、訪れるお客様によって臨機応変に対応しなければいけません。 そこで培った接客力はどの接客業にも活かせますし、臨機応変に対応できる力は普段の生活でも活かせるでしょう。 細かいところまで気を配ることがお客様の満足に直結する仕事ですので、先回りして行動できるようになります。

次の