平野レミ。 平野レミ、おうちゴハンも豪快すぎる ノーメイク料理動画で元気になる人続出「お腹よじれる」

平野レミのすっぴん姿が別人すぎるうえ予想外のお笑い演出にメッチャ吹いた

平野レミ

平野悠のwiki学歴 高校大学 は? 出典:toyokeizai. net ・名前:平野悠(ひらのゆう) ・生年月日:1944年8月10日 ・出身地:東京都 ・ 出身高校:詳細不明でした。 ・ 出身大学:中央大学(大学運動のため中退・・・、というか、ほとんど行っていなかったようです。 ) 「株式会社ロフトプロジェクト」代表取締役でまたの名を「ロフト席亭」。 1971年:ジャズ喫茶「烏山ロフト」をオープン以降、東京になくなってしまったロック・フォーク系のライブハウスを開業。 1973年:「西荻窪ロフト」 1974年:「荻窪ロフト」 1975年:「下北沢ロフト」 1976年:「新宿ロフト」 1980年:「自由ヶ丘ロフト」(ロック居酒屋) を次々にオープンさせました。 ちなみに雑貨店のロフトとの関連ないそうです。 過去にはサザンオールスターズのメンバーも、当時存在した「下北ロフト」でアルバイトをしながら出演していたそうです! 平野悠は平野レミと上野樹里が親族!? 出典:rooftop. cc 平野悠さんがライブハウス稼業を始めてから40年経って、いつもライブの客入りに一喜一憂してきたが、 「もうこの歳になったら、毎日の売り上げとか気にしないで、気楽に好き勝手なことを喋りたい!」 とある日突然思い立ち、なぜかネットラジオを開局したのが、 「ロフトラジオ」。 com 平野悠さんの叔父に平野威馬雄(ひらのいまお)というフランス文学者がいて、ある世代の人には「UFO研究家」として知られています! 平野威馬雄さんの、 ・弟は翻訳家の平野武雄 ・息子は画家の平野琳人(よしと) ・長女は料理愛好家・シャンソン歌手の平野レミ ・甥はロフトプラスワン席亭の平野悠 ・孫にミュージシャンの和田唱(TRICERATOPS)とエッセイストの今村三菜 という凄い親族です。 平野威馬雄さん自身も、幼時より混血児として差別を受け、その憤りから日ノ出町通りの町道場「養義館」に通って柔道を習い、幼年組の一方の主将となっています。 さらに大学在学中の1922年秋、風邪による鼻詰りの臨時治療薬として級友Sからヤバい薬を教えられたことがきっかけで、重度の中毒で15年間薬物漬けの日々を過ごした人です。 おわりに 平野悠のwiki学歴 高校大学 は? 平野レミと上野樹里が親族!? と題して記事を書きました。 「ライブハウスは、今は市民権を得ていますよ。 僕が西荻ロフトを作った時は、東京には一件もライブハウスがなかったのに、今はちっちゃな街にもある」 と、平野悠さんがライブハウス文化が成熟してきたと思っていたタイミングで、新型コロナウイルスの感染拡大は起きました。 現在、新宿ロフトが展開している存続プロジェクト「Forever Shinjuku Loft」には、布袋寅泰さんやBUCK-TICKもコメントを寄せていて、ロフトは、ミュージシャンや音楽ファンに長年愛され続けてきました。 新型コロナの感染者が判明、葛藤の末に店名を公表して会長職を辞した平野悠さん。 休業後の赤字は毎月5000万円にも上ったが、50人の雇用を1年間は死守すると誓い、2億円を借金しました。 コロナが終焉を迎え、ロフトのライブハウスが活気を取り戻せる日が来ることを願っています。 スポンサードリンク.

次の

【平野レミ・レシピ】簡単角煮やほっぽり焼きそばなどの作り方まとめ!(モニタリング)

平野レミ

平野 威馬雄 (ひらの いまお) 松戸 淳 (まつど じゅん) 誕生 ・青山北町 死没 1986-11-11 (86歳没) ・上本郷 職業 言語 国籍 最終学歴 ドイツ哲学科 活動期間 - 主題 混血児救済運動 文学活動 自由詩運動 代表作 『レミは生きている』 主な受賞歴 第6回(『レミは生きている』) デビュー作 『モーパッサン選集』翻訳 子供 (息子、画家) (娘、料理愛好家・歌手) 親族 (甥、席亭) (孫、ミュージシャン) (孫嫁、女優) (孫、) 平野 威馬雄(ひらの いまお、(33年) - (61年))は、出身の・。 「青宋」主宰。 創設会員。 との交流の縁から、平野の父とも個人的に交友関係のあった関係の著作の翻訳をいくつか手がけたことでも知られている。 松戸 淳(まつど じゅん)という変名で好色文学の翻訳も手がけた。 2度の結婚で9人の子を持つ。 来歴・人物 [ ] 生い立ち [ ] 青山北町(現在の)の邸に生まれ 、に育つ。 父は事務所勤務から富豪の未亡人の3番目の夫となったことで財を成し、美術好きの日本通としてサンフランシスコ日米協会The Japan Society of San Francisco(The Japan Society of Northern Californiaの前身)の初代会長を務めた(Henry Pike Bowie)で、その妻の死後1893年に来日し日米を行き来していた。 威馬雄は「ブイはフランス系アメリカ人であったが、遡ればの貴族の家系で、の最初の皇后の近い親族の子孫にも当たる」としているが、アメリカの資料では、18世紀にスコットランドからアメリカのメリーランドに移民したブイ一族の子孫である。 母の平野駒は夫同様を信仰する日本人での教授だったが、近所ではという蔑称で呼ばれ、差別に苦しんでいた。 威馬雄は父から『』の登場人物に因み、レミと呼ばれて育つ。 父親は日米を行き来していたが、威馬雄が7歳のときに来日して2年間ともに暮らし、再びアメリカに帰国。 その間に弟・武雄が生まれる。 幼時より混血児として差別を受け、その憤りから日ノ出町通りの町道場「養義館」に通ってを習い、幼年組の一方の主将となる。 に通学していたが、ハーフとして肩身の狭い思いをせぬようにとの両親の配慮により、同じハーフが多く通学していたカトリック系ミッションスクールのに3年生から編入学、寄宿生となる。 ここでも学校のやり方に馴染めず、教師たちの陰険さや保護者の俗悪ぶりをのちに激しく批判している。 文学との出会い [ ] 同校からに進んだが、権威主義的な校風に反撥。 同校では国語教師から文才を認められ、『』『』など日本の古典からの原書までを読みこなす早熟ぶりを示したが、鼻が巨大だったためハーフでない生徒からをもじってヒラノ・ド・ベルジュラックと呼ばれ、またの的演説がきっかけで扱いされるなどの差別待遇を受ける(在米中の父がこのことを手紙で大隈に訴えたところ、威馬雄はの大隈邸に招かれ、大隈から直々に謝罪と励ましを受けた)。 当時からでもあり、旧制暁星中学校5年の初夏にはの最中に手で卑猥な(いわゆる)を示したことが理由で諭旨退学処分を受ける。 の堀内海岸に一家の別荘があったことからの4年次に編入されたが、ここでもハーフとして差別を受け、部員たちからを受けそうになり、反撃で相撲部員の一人の片目を抉り出してしまう。 同校在学中もに傾倒し、(のち)や清水長一(のちの芸名でとなる)や近藤重輔(詩人の兄)と共に『エトワル』を創刊し、の短篇小説『野蛮な母』の翻訳を発表する。 『文章倶楽部』『中央文学』などの投稿誌に詩や短文を発表して賞を受け、・・・から激励の葉書を貰う。 傍ら詩作に熱中し、から詩作品を賞賛されたこともある。 18歳のとき、父が9年ぶりにから来日する。 これに伴い、一家で荒木山(現在の渋谷区)に転居した。 父の友人の紹介で詩人と知り合い、正富の紹介で詩誌『新進詩人』に参加すると共に、正富が国語教諭を務める私立名教中学校(現在の)に逗子開成中学5年から編入 、同校を卒業する。 父親は2年間日本に滞在後、帰国してほどなくアメリカで死亡した。 威馬雄が父親と会ったのは、これが二度目であり、最後となった。 卒業後ただちに東京外国語学校(現在の)フランス語科へ入学したが、ドイツ語専門のから入学した学生たちと同じ扱いを受け、「獨協出身者たちのフランス語の力がお前と同じ程度に進むまでお前は学校へ行かずに待っていろ」と命じられ、1年間を無駄にされたため中退した。 当時、に関するの論文を訳していたため、乳酸菌について学ぶため聴講生として植物学科に入学したが、京都の橋下の淫売を買って重症のに感染し、入院を余儀なくされたために学業を廃して東京へ戻った。 文壇デビュー [ ] 正富の紹介で知り合った・・・・たちの口添えにより、、から『モーパッサン選集』を刊行する。 により「早熟の天才少年」と賞賛された。 金子光晴やや林髞()、たちと共に詩の『楽園』を発行する。 また、福士幸次郎の下で自由詩運動を行う。 続けて、の主宰する『詩と音楽』『近代風景』に拠って大木篤夫(のちの)や、たちと詩作に没頭する。 、1年生のとき、哲学者の紹介でに会う。 、上智大学文学部ドイツ哲学科を卒業する。 薬物中毒時代 [ ] この間、大学在学中の秋、による鼻詰りの臨時治療薬として級友S(文芸評論家ならびに歌人の弟)からを教えられたことがきっかけで、重度のコカイン中毒となり、次いでにも手を出し、15年間薬物漬けの日々を過ごす。 頃には、の閉鎖病棟に自主入院 、このとき入院患者の一人である「葦原天皇」ことにも会っている。 やがて病院の薬局からを盗んで脱走し、全国手配を受ける。 逃走中は3人の若い女と同時併行で同棲し 、ドラッグを常用し、万引と無銭飲食を繰り返す。 女性の白い手に対する性的なからの待合室で見知らぬ女性の手を握り、にされたこともある。 当時は秘密出版のグループに加わり、閨房記事の翻訳で生計を立てていた。 文壇への復帰 [ ] 最初の妻と6人の子供を捨て、2度目の妻(たちの母)と所帯を持った後、義兄の経営する薬局から盗み出したコカインを大量に吸引して人事不省に陥る。 この事件を契機として、薬物中毒の治療に成功する。 文筆業を廃業し、土方や汲取屋を経験したこともあるが、のルグロ著『ファブルの生涯』上下()の成功によって文士に復帰する。 同じ頃、東京の自宅で詩人集団「青宋の会」を主宰し、詩誌『青宋』を発行する。 青宋とは清掃のもじりで、三河島の近所に清掃会社があったことから命名した。 太平洋戦争前後 [ ] 反戦思想の持主であり日米混血であるため、中は扱いを受け、から取調べを受けたこともある。 しかし敗戦後は一転して憲兵や関係者から食糧や家具の貢物を受け、「先生のお口ききで、の手から、われわれを守っていただきたい」と懇願された。 で焼け出され、の厚意によって三河島のドン・ボスコ教会の2階に仮寓していたが、や、、といった反カトリック作家の作品を翻訳刊行していたことが判明したために同教会から追い立てを受け、6月から上本郷に住む。 松戸の自宅(青宋居)には自画のがある。 、の古典的好色小説『』の翻訳を、松戸淳名義でむらさき書房から刊行する。 この本は増刷を重ねたが、猥褻文書として取締りを受け、出版主と共に起訴されて10万円の罰金刑を受けた。 レミの会 [ ] 戦後、占領時代に多数生まれた混血児が貧困と差別の中にあるのを見て、自身がハーフとして差別を受けた経験から、同じくハーフである・・・と共に、に混血児を救済支援する「一九五三年会」(通称五三会、)を組織する。 計7人の父なき混血児を自らの子として認知し 、また多数の混血児を自宅に引き取って面倒を見る などの行動により、混血児救済運動に尽力した。 、自伝的作品『レミは生きている』で第6回を受賞する。 には混血をテーマにした『』(監督のデビュー作)でやデビイ・シエス()たちと共演する。 全国各地で講演会をするほか、マスメディアでも差別の実態や救済を訴え話題になったことから、中には、混血と詐称して悲劇の主人公としてに登場する者まで現れる騒動も起こった。 晩年と没後 [ ] 混血児救済活動の一方、にも関心を持ち「」世話人頭を務めた。 UFOにも興味をもち、、(CBA)の会員であった。 その他、競輪廃止運動や麻薬追放運動にも参加した。 のため、入院先ので1986年11月11日に死去した。 86歳没。 遺骨は横浜市山手町の外国人墓地に葬られており、威馬雄の墓前では毎年11月11日(現在では5月5日)に墓前祭「青宋忌」がおこなわれている。 係累 [ ] 弟は翻訳家の平野武雄。 画家の(よしと)は息子。 料理愛好家・歌手のは長女。 席亭のは甥。 孫にミュージシャンの()やのがいる。 著書 [ ] フランス文学関係 [ ]• フランス象徴詩の研究 (、1979年) 伝記 [ ]• (、1942年)• (、1952年)• (ポプラ社、1976年) 日本研究 [ ]• クララと平助 (わせだ書房新社、1969年)• くまくす外伝 (濤書房、1972年/誠文図書、1982年/()、1991年)• 伝円了 (草風社、1974年)• 南蛮幻想(との共著、濤書房、1975年)• 小さな巨人の肖像 (橋本ユキ・絵、クイックフォックス社、1978年)• 『学講義』 (編著、リブロポート、1983年) 詩集 [ ]• これが空飛ぶ円盤だ! (編著、高文社、1960年)• アポロと空飛ぶ円盤 (との共著、高文社、1969年)• 円盤についてのマジメな話 、1973年• 悪魔の本 (、1974年)• お化けについてのマジメな話 (、1974年)• 宇宙人についてのマジメな話 (平安書店、1974年)• オカルトについてのマジメな話 (平安書店、1974年)• ヒューマノイド(円盤人)についてのマジメな話 (平安書店、1974年)• 日本怪奇名所案内 (二見書房、1976年・1979年)• 幽霊を見た 海外篇 (二見書房、1976年)• UFO事典 (、1979年)• 死後の世界の不思議 (日本文芸社、1979年)• 日本怪奇物語 (日本文芸社、1981年・1986年)• お化け博物館 1-6 (・絵、、1984年 - 1985年)• 幽霊・悪霊ものがたり事典 (平野琳人との共著、国土社、1997年) レミの会関係 [ ]• レミは生きている (、1959年・1967年/講談社、1977年・1979年(講談社文庫)/筑摩書房(ちくま文庫)、1993年)• レミよおもてに出ておいで (、1962年)• のこされたレミたち (、1964年)• レミの母たち (、1967年)• ふるさとがない (、1969年) エッセイ [ ]• 混血人生記 (、1954年)• おとなを寝かせるお伽噺 (、1955年)• おとなを寝かせるお伽噺・続 (、1955年)• ロマンスグレー (編著、、1956年)• 女の匂いのする兵隊 (、1959年)• 京都の詩情 1-3 (白川書院、1964年 - 1966年)• 銀座の詩情 1-2 (白川書院、1966年)• ゴスペルソング (、1968年)• ともだちという名の我楽多箱 (濤書房、1975年)• 癊者の告白 (、1976年)/陰者の告白 (改題、筑摩書房(ちくま文庫)、1994年)• すぐやる町の大まじめなはなし (、1976年)• 懐かしの銀座・浅草 (・画、、1977年)• 枠外の人々 (、1978年)• アウトロウ半歴史 (話の特集、1978年)• 平野威馬雄二十世紀 (、1980年)• 貴人のティータイム (との共著、リブロポート、1982年)• 『赤ちやん』 (、1918年)• 『花の知性』 (、1922年)• 『』 (、1924年)• メーテルリンク『蜜蜂の生活』(鶴書房、1942年)• ファブル『ファブルの自然科学』1-3 (、1941年 - 1943年)• 『ロッテ帰りぬ』上下 (、1941年)• アンドレ・ベルジユ『異国情趣』 (、1943年)• 『アメリカの三つの亡霊』 (牧書房、1947年)• モーパッサン『 美貌の友(上)ベラミー』 (、1947年)• 『乙女は森で殺された』 (、1948年)• 『死の如く強し』上下 ((再版版)、1949年)• 『花嫁の父親』 (牧書房翻訳室、1950年)• 『恋愛家系』 (、1950年)• ジョン・クリーランド『情婦ヒル』 (松戸淳名義、紫書房、1951年)• ウイルヘルム・マルテル『バルカン戦争』 (松戸淳名義、紫書房、1951年/論創社、2004年)• A・C・スウィバーン『ふろっしい』 (松戸淳名義、紫書房、1951年)• 『変態性欲心理学』 (松戸淳、紫書房、1951年/、1956年)• 『黒ミサ異聞』 (松戸淳名義、紫書房、1952年/北宋社、1992年・2001年)• 『動物会社』 (、1955年/白夜書房、1978年)• 『三百六十五夜』 (近代社、1955年)• 『西洋風流小咄集』 (編集、、1959年)• モーパツサン『ジュールおじさん』 ((旺文社文庫)、1968年)• モーパツサン『くび飾り・メニュエット』 (旺文社(旺文社文庫)、1968年)• 『不完全なる結婚』 (学芸書林、1969年)• ヘンリー・P・ブイ『日本画の描法』 (濤書房、1972年)• ルグロ『ファーブルの生涯』 (、1978年/筑摩書房(ちくま文庫)、1988年)• ノーマン・J・ブリアザック、『UFOガイドブック』 (、1979年)• Semmel Family Forest• 威馬雄の母はに仕えていたが、28歳のとき暇が出て柳原邸に下り、行儀見習いをしていた。 威馬雄の母は明治天皇に手をつけられそうになったため、そのことを知った愛子によって急遽宮中から自邸に引き取られ、そこでブイと結ばれたという言い伝えもある。 その一方でブイと愛子は密通していたという説もあり、こうした経緯から威馬雄の実母を柳原愛子に擬する向きもある。 記者の(のち詩人となる)が満州でに威馬雄の安否を気遣ったところ、甘粕は「ああ、あの人(威馬雄)のことなら心配はありません。 も憲兵も、手をつけることができないのです」「平野という人の出生にからまる問題でしてね。 このことは、事いやしくもに関係があることなので、極秘なのです。 恐らく当人もそのことを知っているかどうか……それも疑問ですが……」と発言したという。 緒方は威馬雄に対して「しもじもの者には知り得べくもないのですが、戦争中、あなたが幾度もつかまりながら、危いところで無事に帰ってこられたり、あなたの知らぬ間に、あなたは守られていたということだけは確かなようです」とも語っており、それに対して(やはり元毎日新聞記者で詩人)が「前に、 [ ]にいた三ツ林滋だの、他の古手の記者が、内密裡に、その間のいきさつを調べているということだ」「古手の宮中記者の間では衆知の事らしい」と相槌を打っている。 『アウトロウ半歴史』pp. 340-350(話の特集、1978年)を参照。 Washington, Press of Cromwell Bros. 1899, p156-• 『レミは生きている』pp. 45-48(、)• 『ALLAN No. 6』、みのり書房、1984年4月、PP9-16。 『レミは生きている』p. 69(講談社、1977年)にて、平野は同校を「とんでもない学校だった。 この学校は、いまでも、いわゆるの子どもが、親のくだらない虚栄心の満足のために、さかんに入れられている」と評している。 『レミは生きている』pp. 85-89(講談社、1977年)• 『レミは生きている』pp. 113-120(講談社、1977年)• 『アウトロウ半歴史』pp. 147-151(、)。 ただし同書p. 162によると、同級のたちの尽力により、卒業扱いで七星会の会員に加えられたという。 『レミは生きている』pp. 127-130(講談社、1977年)• 相撲部員の片目を抉り出した件はだったため処分を受けなかったが、沖におけるボート部員遭難事故の記念品のボートを破壊して焚火をした件では校長を激怒させ、無期停学処分を受ける。 のち、「」の作詞者のとりなしによって停学2週間に減軽された。 なお、『アウトロウ半歴史』p. 172(話の特集、1978年)にて平野はこの作詞者をと記しているが、正しくはである。 『レミは生きている』pp. 139-144(講談社、1977年)• 『アウトロウ半歴史』pp. 163-164(話の特集、1978年)• 『レミは生きている』p. 158(講談社、1977年)• 名教中学校では修身の教師に反撥して集団サボタージュ事件を起こし、その首謀者として1週間の停学処分を受けた。 『アウトロウ半歴史』pp. 184-188(話の特集、1978年)を参照。 『貴人のティータイム』p. 『貴人のティータイム』pp. 39-40• ただし『貴人のティータイム』p. 145では、メチニコフの翻訳を始めたのは上智でドイツ語ばかりやらされてフランス語が懐かしくなったためであると述べている。 平野は『アウトロウ半歴史』pp. 192-193(話の特集、1978年)にてこの選集を大正10年の刊行と述べているが、正確には大正9年。 同じ箇所で「当時20歳で『地上』という小説を出したと一つに評判され、18歳の訳者という変なセンセーションをともないよく売れた」とも記しているが、計算が合わない。 当時、熊楠は南方植物研究所の設立資金を集めるため上京中だった。 このとき平野は片足の不自由な南方のためにの空濠で新種のの採集を手伝っている(『貴人のティータイム』pp. 149-152)。 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 5-15(ちくま文庫、1994年)• このときの入院期間につき、『陰者の告白』p. 80では「松沢病院での生活は3ヵ月だった」と述べているが、同書p. 138では「もう、かれこれ半年近く経っているんじゃないですか……あなたがここにはいられてから」という医局員の言葉を記しており、どちらが正しいのかは不明である。 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 111-118(ちくま文庫、1994年)• 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 148-155(ちくま文庫、1994年)• 蒲田の家を飛び出して最後の女との同棲を終えた時期について『陰者の告白』p. 235には「昭和2年のある秋の一日」とあるが、その一方で同書p. 63では松沢病院入院の時期を「昭和5年頃」と述べており、時系列に矛盾がある。 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 198-213(ちくま文庫、1994年)• 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 55-60(ちくま文庫、1994年)• 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 213-216(ちくま文庫、1994年)• 平野威馬雄『陰者の告白』p. 217(ちくま文庫、1994年)• 平野威馬雄『陰者の告白』pp. 267-280(ちくま文庫、1994年)を参照。 ただし『貴人のティータイム』p. 264では「当時、戦争がだんだんひどくなってコカインが不純なものになって効かなくなっちゃった。 とうとう、がコカインを買い占めて、やくざがうちへくるようになったんですよ。 それで怕(こわ)くなってやめちゃったけどね」と別の説明をしている。 『アウトロウ半歴史』p. 227(話の特集、1978年)• 『レミは生きている』pp. 202-207(講談社、1977年)• 平野威馬雄『陰者の告白』p. 218(ちくま文庫、1994年)• ただしこの行為は(に関する虚偽申告)にあたるためから警告を受け、辛うじてになったことがあると『アウトロウ半歴史』pp. 78-81(話の特集、1978年)に記している。 このとき平野家に引き取られた子供たちの中には、、、そして後の夫人展子(ひろこ)などがいた。 平野レミ『ド・レミの歌』(、)の巻末に収録された「レミちゃんのこと」p. 217を参照。 平野は合計2000人ほどの混血児を救ったが、レミの会は頃に解散した。 戦争が終わって三十数年が経ち、米軍占領下で生まれた子供が22歳になったので救いを必要としなくなり、平野家が混血児男女の逢引の宿のようになってしまったことが理由であるという。 『貴人のティータイム』p. 44を参照。 火葬の後、は名残惜しさのあまり威馬雄の遺灰の一部を食べてしまったという。 今村三菜『お嬢さんはつらいよ! 』pp. 221-222(PHP研究所、1997年)を参照。

次の

【みんなが作ってる】 平野レミのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

平野レミ

来週金曜日の あさイチプレミアムトークに、 料理家平野レミさんが出ます。 平野レミさんは同じく料理家、 和田明日香さんの義母です。 和田さんは平野さんの次男と 学生結婚し現在に至ります。 はじめは歌手としてデビューし、 あるラジオ番組で久米宏さんとコンビを組み、 いろんな意味で人気を得ました。 久米さん曰く、平野さんの自由奔放さ、 度重なる放送事故発言にてんてこまいし、 大変困ったとのこと。 ラジオ番組のリスナーだった和田誠さんが、 一方的に平野さんへほれ込み、 久米さんらを通じて、即結婚。 久米さんもスタッフも、 「平野と結婚はやめたほうがいい」と、 述べていたとのこと。 一時期芸能界から離れ子育てに集中していましたが、 ある時期から料理愛好家として再デビュー、 現在に至っております。 さてあるところで平野レミさんが、 すっぴん姿をさらしたところ、 別人だと話題になっています。 自宅で撮った「ふわふわのニラ玉」です。 平野レミさんもその一人。 youtube. ここまで違うとは。 女性はこれがあるから怖い。 同時に 「僕の母と大した変わらないんだ」妙な安心感を抱きました。 すっぴん姿だろうと平野さんは料理を振舞い、 途中化粧した顔写真を使ってすっぴんを隠すなど、 エンターテインメント要素も満載で素晴らしい! すっぴん姿をさらす一方で すっぴんをむしろ遊び道具にして、 いや、平野レミさんしかできないアピールを行って、 単なる料理愛好家だけでなく、エンタメ要素もある! 自粛期間であっても一部 かなり重要な部分 自粛しない姿勢に、 テレビとして大変使いたい人材だなと思いました。 芸能人にとってすっぴんは基本、デメリットです。 しかしデメリットもうまくやればメリットに変わる。 平野レミさんのやり方はある意味大きなギャップを与える一方で、 「ああ、顔が変わっても心はちっとも変わってない」 僕は 「いつもの平野レミで安心した」と思い、 すっぴんといつもの変わらない振舞いにギャップを感じ、腹を抱えてみていました。 html チコミというサイトのインタビューによりますと、 若い頃の平野レミさんは旦那の和田誠さんと知り合ってから、 1週間 1972年:当時25歳 で結婚しました。 学生結婚した和田明日香さんより3年遅れて結ばれたのですね。 結婚後平野レミさんは芸能界にとどまる選択もあったのですが、 「結婚のほうが楽しそう」と思ったから、家庭に専念したとのこと。 インタビューでは 「一人より夫婦で悩んだ方が楽しい」と書いてあり、 悩むのが楽しいという発言にびっくりしました。 もちろん家事に専念していると、だんだん窮屈を感じた。 外に出ても働きたいと思ったところ、 近くの喫茶店から歌手としての仕事が舞い込んだのです。 instagram. レトルトを使うと自分以外の人が作った料理であり、 母親としての存在がなくなるのでは? レトルト一つでこんな考えを抱くの、平野さんは強いこだわりを感じますね。 独身時代、久米さんと一緒に仕事をしていた時、まかない食を出されて食べたとき…… 美味しい時は作った料理人を紹介してもらい賞賛する一方、 まずい時は素直に「まずい」と口に出し、久米さんを困らせたとのこと。 自由かつ正直かつ舌が肥えており、 平野さんの両親がどんな人でどんな育て方をしたのか。 子育ての参考として、とっても気になってしまうのです。 business-plus. net 平野レミさんがレトルト食品を使わず手料理にこだわったのはわかった。 どんな形で平野さんは歌手だけでなく料理人の仕事を得たのか? Bプラスのインタビューを読みますと、 和田誠さんは仕事柄、いろんな人を家に招いた。 例えば編集者、同じイラストレーター、歌手…… 彼らに対しても手料理をふるまったところ、 グルメ愛好家のジャズピアニストが賞賛しました。 グルメ愛好家を経由して平野さんの料理仕事が始まったとのこと。 youtube. クレームをいただこうとも折れない楽しい姿勢が平野さんの強さだと思っています。

次の