駿台 市谷。 コメント/駿台市ヶ谷校

駿台市谷SC組スレ

駿台 市谷

はじめに• は、在籍人数の多いコースにおいて、前期開講時と後期開講時に1度ずつ行われる。 期間中の変動はないので注意。 開講前に行われるプレースメントテストの成績によって決定される。 自分のの通達があるのは教材交付日。 同時に時間割も通達される。 プレースメントテストとは• 入学手続を完了した全員を対象とした開講後の学習指導及び前期 編成上の資料となる試験。 たとえのないコースでも必須受験なので忘れないように。 全教科マークセンス方式で実施される。 問題のレベルはセンター、もしくはそれ以下。 普通に高校生活を過ごした人なら得点できるような問題ばかりである。 そのため、上位コースの生徒は特にケアレスミスやマークミスに注意。 3月末と4月の上旬に1回ずつ実施されるが、入学手続完了日に応じて受験日は指定されるので注意。 公式発表はされていないが、手続きを完了した時期によってはどちらか選べるらしい。 各回とも同一問題で、問題用紙・解答用紙は回収される。 また、成績も公開されない。 受験が終わったばかりでがっかりした顔をした人たちもちらほら。 無受験の場合、無条件で一番下のに割り振られる。 発音・アクセント、語彙・文法、長文読解など• 理文共通 、 文系のみ• では作者と作品の関係を問われることもあるので、理系の生徒は特に要注意。 S東大理系 S東工大 英数国理2 800点 英数理2 600点 800点 600点 800点 600点 英数国理2社 950点 英数国理2社 950点 前期総合得点 3350点 2750点• 理系の場合、の有無によって大体上記2つのいずれかと同じ点数内訳になる。 上述の通り対象模試のほとんどは5月までに終わるので、学力に自信のない人は入学前から少しずつ学習を進めていくべき。 プレースメントテストはかなり易しい問題かつマーク式であるのに対し、対象模試はほとんど記述式のため、マークは得意だが、記述は苦手という人は苦労する傾向にある。 前期で運良く上のに入れた人は努力が必要だろう。 逆に言えば、プレースメントテストで失敗し下位になったとしても、記述が得意であったりや社会が抜群に出来たりする場合は上げも夢ではない。 ある校舎の はとある講師に「前期の試験の成績は受験時の成績とほとんど変わらないので、それでしてもあんまり意味がないですから、夏の終わりあたりに一発勝負で分けたほうがいいと思いますね」とぶっちゃけていた。 にはこれと同様の考えを持っている講師が多い。 実際問題…• 例年の行われるコースに在籍する人以外にとってはあまり縁のない話である。 むしろ、複数コースが合同で1を成していることの方が多いくらいである。 もちろんこれは確定していることではない。 年度によって異なるので油断は禁物。 が例年ある校舎は、・の全コースと、、の一部くらいなもの。 と肩を並べるでさえ、文系は東大コースと京大コースが合併1 になっている。

次の

駿台市谷校舎

駿台 市谷

小学校・中学校と自分の力と地元の小規模の塾や通信学習教材だけでこなせてきた人も、大学受験になると駿台のような 大手の予備校を利用する人が増えてきます。 どうしても 受験にはテクニックの要素があるので、小さな学習塾よりも、受験専門の駿台のような大手予備校が評判が良い傾向にあります。 とはいえ、駿台予備校の様な大手の予備校に通っても、目標の大学どころかすべり止めの学校に落ちてしまう人もたくさんいます。 大学受験に対して、駿台予備校や代ゼミの様な大手の予備校は必要なのか(特に現役時に通う必要があるのか)、予備校選びはどのような点をみて選ぶべきなのかを、駿台予備校に1年間通った受験生を持つ親御さんの体験談をもとに考えていきましょう。 駿台予備校に通って筑波大学に現役合格した親御さんとお子様 駿台予備校大宮校を利用している投稿者様とお子様 【親御さん】 専業主婦の50代女性 【お子様】 県立高校3年生の女子(4月から筑波大学) 高校3年春から一年間駿台予備校を利用。 体験談 大学受験に向けて大手の駿台予備校大宮校を選択 地元の小さい塾だけでは大学受験に不安なので、高校三年の最初から駿台予備校に通いました。 二年までの模試の結果から、数学、理科科目は駿台のスーパーアルファクラス(偏差値60~62以上)、英語がスーパークラス(偏差値50~58以上)の評価でしたので、大宮校に申し込みました。 筑波大学を志望していましたが、授業内容が東大や東工大、医学部受験に合わせているので、駿台で筑波大学には必要ない高いレベルまで勉強することになりました。 駿台予備校大宮校のハイレベルなコースと厳しい先生に疲弊 また、駿台予備校には高い志望の受験生ばかりなので、すこし居心地が悪かったようです。 通っている駿台予備校の英語の先生は、有名な口の悪い方で、毎時間あてられては間違え、怒られ続けたので、一時は表情が暗くなり、精神的に心配しましたが、夏休みに単語を頑張り、秋頃になると質問にも答えられることが増えて、最終的にはほめていただいたようです。 厳しさのおかげもあり、英語も伸び合格へ 駿台予備校大宮校での厳しい英語の授業のおかげもあり、筑波大学の公募推薦の試験でも苦手だったはずの英語を「すごくよくできていた」と評価されて、無事に(予定外に早く)12月には合格して受験を終えることができました。 通常の受験をすすめている駿台予備校大宮校ですが、個別には推薦などにも対応してくれて、親の私が電話で相談するときも、娘が自分で相談するときも、さすがに大手の駿台。 受験のプロらしい対応をしてもらい、心強かったです。 駿台予備校大宮校は先生だけでなく、大学生アルバイトのサポートも良い 駿台の先生方は授業しかしないので、授業に大学生のアルバイトが助手についているので、その人がアドバイスをくれたり、進路アドバイザーという社員さんらしい人たちがいて、模試のあともすかさず、ほめてくれたり、声をかけてくれて、面接指導なども何度もやってもらいました。 合格が決まったあと、すでに申し込んでいた駿台の直前講習などもキャンセルして、返金してくれましたし、3月末までは自習室も使っていいとのことでした。 我が家も、合格までは金額は考えずに支払いましたが、他の方も同様なのか、とても景気がいいようで、大学に進学した人にバイトのお誘いも盛んにあり、仕事内容は軽いのに、すごく支払いはいいらしいです。 投稿を受けての当サイトの見解 もともとの偏差値も高く、筑波大学を志望していた今回の投稿者様。 もともと学力があったことは言うまでもありませんが、現役ながら駿台予備校で厳しい授業を受けて、それを乗り越えるために 自分で学習の努力を怠らなかったという事が合格の要因といえるのではないでしょうか。 今回の体験談は駿台予備校大宮校でしたが、どの予備校にも厳しい指導で学力を伸ばすタイプの講師がいます。 厳しく指導される事には向き不向きがあるので、 必要以上にストレスになるようならクラスを変えてもらったり、講師を変えてもらうなどの対応をしてもらう必要もあるでしょう。 ですが基本的にはやはり多少のプレッシャーがあった方が、力を発揮することが多いです。 受験で重要になるのは講義よりも、自学の時間です。 そしてどうしても 苦手な科目を自分で学習するのは、得意教科を学習するよりも難しいものです。 人間は得意な事に対するモチベーションを維持するのは簡単ですが、苦手分野に高い意識で臨み続けるのはそう簡単なことではありません。 特につまずいた時、試行錯誤して出した答えが、全く的外れだった時などに、受験生のモチベーションは一気に低下します。 そこで有効な手段が、ここまでやらないと怒られてしまうというノルマや授業で当てられるという一種の「プレッシャー」です。 苦手分野に対しては、厳しく指導してくれる先生がいた方が今回の投稿者様のように急速に伸びるケースがあります。 もちろんプレッシャーなしでも、つきっきりで誰かに指導してもらえれば学力を伸ばすことが出来ますが、駿台予備校の様な大手の予備校では一人の生徒に一人の講師がつきっきりという状況はほぼあり得ません。 苦手分野を伸ばす方法として厳しい環境で自学するモチベーションを維持する、もしくはマンツーマンで指導してくれるような塾を探すという選択肢があります。

次の

市谷校舎

駿台 市谷

ただ、推奨の夏期講習や冬期講習を取ると年間で120-130万円程度となり、最も安い医学部専門予備校の価格帯よりも高くなる。 年間学費:82万5,000円(私立大医系総合コース) 学費詳細 ・高卒生 入学金10万 授業料はレベルと併設コースの有無により異なるが、75万~240万位 首都圏の場合)。 *コース例 EX国公立大医系演習 78万5,000円 スーパー国公立大医系総合 76万5,000円 国公立大医系総合 75万円 国公立大医系サポート 80万円 EX私立大医系演習 82万円 スーパー私立大医系総合 72万5,000円 私立大医系総合 72万5,000円 私立大医系数理強化(特別指導200時間つき) 240万円 私立大医系徹底サポート 77万5,000円 ・高校生 レベル別科目別のコースを組み合わせる。 入学金3万+1コース(1科目)年額 13~40万位 首都圏の場合)。 *上記は税込の金額。 駿台市ヶ谷校の指導方法 従来型の集団講義形式であり効率は良くない。 演習時間が不足する、講義についていけなくなると個別のサポートがないため脱落してしまうという経験も多い。 評判からもわかるように、講義によっては無駄に感じる生徒も多く、質問対応も充実はしていない。 駿台市ヶ谷校の特色 ・1授業は50分。 医学部受験専門の講師陣が作成したオリジナルテキストを使用し、指導にを行う。 ・受験指導を担うクラス担任・副担任、個別対話形式の学習指導を行うティーチングアドバイザーが連携してサポート。 また、「保護者会」・「個別面談」などを通して保護者との密接なコミュニケーションを図る。 ・医学部受験生が多いという市谷校の特徴を生かし、独自の医学部受験情報で受験傾向の変化に対応。 ・英文の題材として「ゲノム」「微生物学」「死の定義」を扱うなど医学部受験に特化した授業内容。 ・駿台出身の現役医学部生が、クラスリーダーとして受講生のサポート、指導にあたる。 ・意欲溢れる『仲間=学生』。 やる気に満ちた真面目なライバルの存在、最高の仲間と切磋琢磨できる「刺激のある環境」。 駿台市ヶ谷校のコース ・高卒生 スーパー国公立大医系コース ハイレベル国公立大医系コース ベーシック国公立大医系コース スーパー私立大医系コース ハイレベル私立大医系コース ベーシック私立大医系コース ・高校生、中学生 レベル別講座受講 個別指導コース(マンツーマン個別指導) 映像授業コース([高3生対象]個別視聴授業) 駿台市ヶ谷校の評判 駿台に通っていたから合格できたという医学生の回答は思っているよりも少ない。 成績上位の人ほど、ほとんど講義は取らず駿台の自習室で自分で勉強していたという回答が多い。 駿台に通っていて不合格になった方の口コミで多いのは、自分にあった勉強がわからないまま講義を聞くだけで時間が過ぎてしまい、演習量も不足していたという声が圧倒的に多い。 また、校舎、講師による質の差は大きく、東京の市ヶ谷校舎が最も評判が高い。 夏期講習や冬期講習は 1講座2万円の講座を10講座ずつ取ることを強く推奨されるとの声が多い。 駿台市ヶ谷校の総評 最大規模の大手予備校だけあって合格実績は高い。 しかし、評判からは、もともと成績の良い人が合格したという声が多く、駿台予備校に通って成績がぐんぐん伸びたという声は少ない。 講義型の指導形式であり効率自体は良くないことが予想される。 医学部専門予備校で同じ価格帯の予備校も出てきているため、そちらと比較し検討する必要がある。 駿台市谷or河合麹町はどちらがおすすめか どちらも大手予備校の医学部校舎として真っ先に名前が挙がる予備校。 迷っている方はご一読ください。 大手予備校で医学部に合格できなかった理由 大手予備校の医学部コースに3年間通ったものの医学部に合格できなかった実体験を基に、大手予備校で合格できなかった理由を考察しました。 大手予備校に向いている人・向いていない人についても記載しています。

次の