大腸 ポリープ 切除 後 食事。 大腸ポリープ切除後の食事メニュー!

大腸ポリープの切除後の食事いつから乳製品はOK?

大腸 ポリープ 切除 後 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープを切除してから、 しばらくは食事に細心の注意をする必要があります。 体の状態に問題がないといっても、傷口がしっかりと治るまでにはしばらく時間がかかるため、いつ傷口が開いて大出血するかわかりません。 そうならないためにも、何を注意しなければならないかを理解しましょう。 大腸ポリープ切除後の食事の基本 食事の基本は消化に良いものを、ゆっくりよく噛んで食べることです。 今まで仕事が忙しいからとささっと急いで食べたり、夜はほぼ毎日晩酌しているというような人は要注意です。 これを機に生活習慣を改めましょう。 まず、 切除後は外食は避けましょう。 もしも外食となってしまう場合には食べ物を選ぶ必要があります。 脂っこいものや極端に味つけの濃いもの、特に辛いものは厳禁です。 また、アルコールやタバコ、炭酸飲料も良くありません。 その他肉、繊維質の多い海藻類、キノコ類、根菜などの野菜、豆類も避けます。 食べられないものが結構たくさんありますので、外食での調整はかなり難しいでしょう。 自宅では、米やうどん、食パンを主食に選びましょう。 素麺は体調不良時に良く食べがちで、喉越しもよく基本的に悪いイメージはないと思いますが、麺には油がコーティングされているので大腸ポリープの場合には禁止ではありませんがあまり推奨されていません。 スポンサーリンク 大腸ポリープ切除後のコーヒーや牛乳は? 刺激物は禁止という中には飲料も含まれますので、 コーヒーなどのカフェインが多く含まれているものも禁止となります。 コーヒー以外にもカフェインを多く含む飲み物はたくさんあり、紅茶や緑茶にも含まれていますので、注意が必要です。 また 冷たすぎる、熱すぎる飲み物もよくありません。 牛乳は一見刺激がないようにも感じますが、大腸ポリープ切除後には良くないと言われています。 消化に時間がかかるためです。 また、体質にもよりますが、 牛乳など乳製品を摂取することで下痢になりやすい人もいますので、それを防ぐためにも牛乳は控えた方が良いと考えられています。 スポンサーリンク -.

次の

大腸ポリペクトミーの看護(手術後の観察項目と食事制限)

大腸 ポリープ 切除 後 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープは、ある程度以上の大きさになると、がんを含む可能性が高くなります。 「がんの芽」と呼ばれる所以です。 大腸ポリープを切除することによって、がんの発生を防ぐことができます。 大腸ポリープを切除した後は、それまでと同じ食生活を送っていると、身体に負担がかかってしまいます。 身体に負担がかからないような食事制限が、必要になります。 大腸ポリープ切除後の食事では、どのような点に注意が必要でしょうか? 切除後10日間は出血と胃腸の負担に注意 大腸ポリープ切除後の10日間の食事メニューで、最も注意しなくてはならないのは、大腸の血行を促してしまうことです。 大腸の血行を促してしまうと、傷口から出血する可能性があるためです。 血流を良くする、アルコールや刺激物は、避けましょう。 ちなみに、刺激物には、コーヒーも含まれます。 最低でも、大腸ポリープを切除した1週間後までは、アルコールやコーヒーなどは、飲まないようにするのが、無難です。 メニューは、糖質やタンパク質を中心に考えましょう。 糖質としては、お粥やうどんが好ましい食べ物です。 お粥は、白米で作りましょう。 健康ブームで玄米を食べつけている人も、 大腸ポリープ切除後の10日間は、白米にしましょう。 玄米は、消化があまり良くないためです。 お蕎麦も、食物繊維が多いので、うどんの方が、好ましいと言えます。 タンパク質を摂る時は、食物繊維が少ないもの、脂っこくないもの、消化に負担がかからないものを選びましょう。 好ましい食べ物は、豆腐、卵、ササミ、白身魚などです。 控えたい食べ物は、イカ、タコ、貝類、おからなどです。 調理法としては、蒸す・茹でる・煮るが基本。 脂っこい食事を避けるため、焼く・揚げるという調理法は、控えるようにしたいものです。 味付けは、薄味が基本。 素材の味がしっかり感じられる程度に、調味料の使用量は抑えましょう。 スポンサーリンク 切除後10日以降は再発のリスクを減らすように注意 大腸ポリープ切除後の食事は、切除後10日を過ぎると、注意点が変わってきます。 ポイントは、大腸ポリープの再発リスクを減らすこと。 大腸ポリープは、刺激物や脂肪分が多い食事を摂っている人、野菜の摂取量が少ない人に出来やすいと言われています。 香辛料の使用は、控えましょう。 ラード・バター・チーズ・ロース肉などの動物性脂肪分は、摂りすぎると、良くありません。 胆のうから胆汁が大量に分泌されます。 胆汁が大腸内に大量にあると、大腸ポリープができやすくなるとされています。 ただし、脂肪の摂取量が少なすぎても、大腸ポリープは増えます。 脂肪が適度に摂れるメニューとしては、和食が推奨されています。 大腸ポリープは、便秘がちの人に出来やすいとされています。 毎日の食事メニューに野菜を積極的に取り入れ、食物繊維を摂るようにしましょう。 オススメの食材は、キノコ類です。 キノコ類は、食物繊維を豊富に含むだけでなく、免疫力アップやがん予防の効果も期待できます。 煮物やお吸い物に使いましょう。 今回のまとめ 大腸ポリープ切除後の食事は、切除後10日を目安として、それ以前とそれ以降では、注意点が異なります。 共通するのは、脂っこいものや刺激物を控える点ですが、目的が違います。 切除後10日間は、大腸の血行を促すことを避け、消化の負担を軽くするのが、目的です。 そのため、 アルコールの摂取も控える必要があります。 調理法では、焼く・揚げるを控えることが大切です。 切除後10日以降は、大腸ポリープの再発リスクを抑えるのが、目的です。 そのため、脂肪をいたずらに控えるのではなく、適度に摂るのが、好ましいとされています。 また、野菜を積極的に摂り、便秘を防ぐことも大切です。 スポンサーリンク -.

次の

大腸内視鏡検査後の注意点まとめ!食事は?下痢や便秘は?

大腸 ポリープ 切除 後 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープは、40歳代から増え始め,加齢とともに出来やすくなるとされています。 60歳代では、2人に1人が大腸ポリープを持っていると言われています。 大腸ポリープ切除後は、食事制限があります。 大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、どのような点に注意したら良いでしょうか? 大腸ポリープ切除後の最も悩ましい主食 大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、主食が、シンプルなだけに、悩ましいものになります。 推奨されるのは、お粥。 大腸ポリープ切除後の、2日目の朝食から全粥が出される病院もあります。 七分粥や八部粥でなく、全粥を用意して大丈夫です。 味付けは、薄味に。 塩分は、控えめにしましょう。 それだけに、味が素っ気ないと、食欲が湧かない人も、少なくないようです。 お粥が口に合わないようなら、うどんでも大丈夫です。 ただし、ネギを添えることは、控えましょう。 ネギは食物繊維が多いためです。 素うどんが寂しいようなら、半熟卵を添えると、ボリュームが出ます。 朝食はパンを食べるのが習慣になっているという人は、パンも大丈夫です。 ただし、 胚芽パンやライ麦パンは、避けましょう。 食物繊維が含まれているためです。 菓子パンやデニッシュ生地も控えましょう。 脂質が多く、消化が良くありません。 パンの時は、コーヒーや紅茶を飲む人が、少なくありませんが、 大腸ポリープ切除後の食事レシピからは、コーヒーや紅茶は外しましょう。 カフェインを多く含む飲み物は、血行を良くしてしまいます。 大腸ポリープ切除後は、出血を促すことを避ける必要があります。 野菜ジュースが良いでしょう。 スポンサーリンク 副菜では野菜の調理法に工夫 主菜は、脂身の少ない鶏肉や魚を使った料理にしましょう。 魚は、術後、間もない頃は、白身魚の方が無難です。 蒸す、茹でる、煮るが基本。 焼いたり揚げたりするのは、大腸ポリープ切除後、2週間くらい経ってからにしましょう。 白身魚の煮付けを作り、豆腐や高野豆腐を一緒に煮ると、胃腸に優しいメニューになります。 ボリュームをアップさせたい時には、卵でとじると良いでしょう。 副菜で使う野菜は、調理法に工夫が必要です。 ゴボウやレンコンのような、硬い食物繊維の野菜は、使用を控えます。 白菜やキャベツ、玉ねぎ、ニンジン、カリフラワー、ダイコンなどは、お腹に優しい野菜です。 ただし、皮はむきましょう。 キャベツのような、普段は生で食べる機会がある野菜も、加熱して食べます。 温野菜にしたり、圧力鍋で茹でたりするのが、オススメです。 主菜も副菜も、極力柔らかく調理します。 目安は、一度で噛み切れる程度。 一度歯を立てて、噛み切れないものは、大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、避けるのが基本です。 今回のまとめ 大腸ポリープ切除後の食事では、消化吸収の良いものを摂ることが欠かせません。 主菜は、お粥が良く作られますが、うどんや食パンでも大丈夫です。 うどんに添えるのは、ネギではなく半熟卵、パンを食べる時に飲むのは、コーヒーや紅茶ではなく、野菜ジュースというように、一緒に摂るものを変えることが、必要です。 主菜では、タンパク質をきちんと摂りましょう。 鶏肉や白身魚がオススメ。 調理法は、蒸す、茹でる、煮る。 焼いたり揚げたりするのは、控えましょう。 特に調理法に注意したいのが、副菜の野菜です。 食物繊維が硬い野菜は、使用を避け、皮は必ずむきます。 温野菜にしたり、圧力鍋で茹でたりするのが、オススメです。 一度で噛み切れる柔らかさを目安にしましょう。 スポンサーリンク -.

次の