熊本 老人 ホーム 虐待。 大阪市東住吉区の虐待老人ホームどこ?職員の名前は?隠しカメラ映像!|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

大阪市東住吉区の虐待老人ホームどこ?職員の名前は?隠しカメラ映像!|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

熊本 老人 ホーム 虐待

7月19日、熊本県菊池市は、有料老人ホーム「ケアホームともづな」において明らかな虐待行為があったことを発表した。 高齢者虐待防止法に基づき調査が行われた際に、入所者が高熱を出したり床ずれが見つかったりしても放置するなどの行為が認定されていたという。 <事件があった介護施設> ・名称:ケアホームともづな ・住所:熊本県菊池市西寺1581 ・入所定員:55名 ・経営主体:株式会社ともづなリハサービス 菊池市によると、2019年1月に同施設に勤務する職員から通報を受け、2月から5月にかけて立ち入り調査を実施。 その際、40度近い熱が出ていた入所者男性に対し、治療を受けさせずに放置しているところを確認し、さらには当時の入所者46人のうち約20人はベッドの柵で四方を囲まれており、身体拘束と認められる状態であったことが明らかになった。 施設側が家族に同意を得ていないにもかかわらず拘束していたこと、加えて緊急性が認められる状況でもなかったことから、身体的虐待と認定した。 また、職員に聞き取り調査を行った際、これまでも入所者が高熱を出した時や、床ずれが見つかった時にも受診させておらず、放置していたことが判明。 処方薬を本人以外に投与するなどのずさんな管理に加え、入所者に対する職員の暴言なども発覚し、総合的に調査した結果、日常的に虐待が行われていたとの判断に至った。 市は、2019年6月21日付けで虐待を認定、同年7月末までに改善計画書を提出するように求めている。 施設のコメント 「ケアホームともづな」は取材に対し「詳しいことをお話しすることはできず申し訳ありません。 入居者の方に対しましては主治医とも連携をとり観察しておりました。 職員の指導も行っておりますが、今後の対応については新たに検討中です」とコメントしている。 コメント[ 24].

次の

深さ5センチの床ずれを「放置」熊本の老人ホームで虐待:朝日新聞デジタル

熊本 老人 ホーム 虐待

「痛い痛い」複数の職員が虐待 老人ホームで90代の女性を… 熊本の老人ホームで撮影された映像。 入居者が職員に虐待されているようにも見える。 設置したカメラには、一部始終が映っていた。 それはまさに、目を疑う光景だった。 職員「寝らなんたい! 」 女性「おしっこします」 職員「何回すればわかるとね」 介護すべき90代の女性を突き飛ばすようにベッドに寝かせたのは、老人ホームの職員。 職員「うるさい、うるさい、うるさい、うるさい」 女性「足をひねられた。 誰か来てください」 カメラがとらえた高齢者虐待とみられる行為の一部始終。 2019年12月、熊本市内の有料老人ホームで撮影された映像。 女性「痛い、痛い、痛い、痛い、痛い! 」 B職員「なんで? わたし何もしとらんよ。 ひっかかった? あらそうですか、ごめんなさい」 映っているのは、ホームの職員と入所する90代の女性。 女性は、要介護度が最も重い「5」で、自分の力で立つことができない。 A職員「はい立ってくださーい。 立ってください、おしっこなら」 女性「立てない」 A職員「いや立てます。 立ってください」 それにもかかわらず、職員は、女性を無理やり立たせようとしたうえ、 立てないと見るや、力まかせに車いすに座らせた。 さらに暴言は、ほかの職員からも。 B職員「あんたの召使いじゃなかとよ」 C職員「ご飯も食べれんばい。 ぎゃあぎゃあ言ってるから」 D職員「邪魔だから寝とって」 女性「邪魔ですか? 」 D職員「はい」 この映像を撮影したのは、女性の息子。 母親の体に、けがが絶えないことを不審に思い、室内にカメラを設置した。 被害女性の息子「おかしい、絶対におかしいと隠しカメラを置いた。 カメラを 持って帰るごとに、虐待のシーンが入っている。 一番びっくりしたのは、 虐待していたのが 1人じゃなくて6人ぐらい」 男性は、一連の行為が、複数の職員によって繰り返されていることを映像で確認。 1月下旬に、母親を別の施設に移したという。 被害女性の息子「おふくろは、まだけがが治っていない。 全治1カ月くらい。 施設側は 『謝罪させてください』と言ったが、何もそのあと連絡もない」 老人ホームの職員による信じがたい行為の数々。 E職員「当たり前たい! 」 映像を見た施設の代表は、「虐待にあたると、わたし自身も思います。 全員『謝罪させてもらえれば』と言っています」、 「ほかの入所者に、不適切な行為はなかったか確認するとともに、職員に対して指導や研修を行っていきたい」と話している。 この事態を受け、行政も動いた。 熊本市は、「家族からの申し入れを受け調査に入った。 今後も調査を続ける」としている。 テレビ熊本 FNN PRIME.

次の

老人ホームで虐待高齢者の高熱、床ずれ放置【熊本県】|ケアマネタイムスbyケアマネドットコム

熊本 老人 ホーム 虐待

「痛い痛い」複数の職員が虐待 老人ホームで90代の女性を… 2020年2月21日 金曜 午後6:45 熊本の老人ホームで撮影された映像。 入居者が職員に虐待されているようにも見える。 設置したカメラには、一部始終が映っていた。 それはまさに、目を疑う光景だった。 職員「寝らなんたい! 」 女性「おしっこします」 職員「何回すればわかるとね」 介護すべき90代の女性を突き飛ばすようにベッドに寝かせたのは、老人ホームの職員。 職員「うるさい、うるさい、うるさい、うるさい」 女性「足をひねられた。 誰か来てください」 カメラがとらえた高齢者虐待とみられる行為の一部始終。 2019年12月、熊本市内の有料老人ホームで撮影された映像。 女性「痛い、痛い、痛い、痛い、痛い! 」 B職員「なんで? わたし何もしとらんよ。 ひっかかった? あらそうですか、ごめんなさい」 映っているのは、ホームの職員と入所する90代の女性。 女性は、要介護度が最も重い「5」で、自分の力で立つことができない。 A職員「はい立ってくださーい。 立ってください、おしっこなら」 女性「立てない」 A職員「いや立てます。 立ってください」 それにもかかわらず、職員は、女性を無理やり立たせようとしたうえ、 立てないと見るや、力まかせに車いすに座らせた。 さらに暴言は、ほかの職員からも。 B職員「あんたの召使いじゃなかとよ」 C職員「ご飯も食べれんばい。 ぎゃあぎゃあ言ってるから」 D職員「邪魔だから寝とって」 女性「邪魔ですか? 」 D職員「はい」 この映像を撮影したのは、女性の息子。 母親の体に、けがが絶えないことを不審に思い、室内にカメラを設置した。 被害女性の息子「おかしい、絶対におかしいと隠しカメラを置いた。 カメラを 持って帰るごとに、虐待のシーンが入っている。 一番びっくりしたのは、 虐待していたのが 1人じゃなくて6人ぐらい」 男性は、一連の行為が、複数の職員によって繰り返されていることを映像で確認。 1月下旬に、母親を別の施設に移したという。 被害女性の息子「おふくろは、まだけがが治っていない。 全治1カ月くらい。 施設側は 『謝罪させてください』と言ったが、何もそのあと連絡もない」 老人ホームの職員による信じがたい行為の数々。 E職員「当たり前たい! 」 映像を見た施設の代表は、「虐待にあたると、わたし自身も思います。 全員『謝罪させてもらえれば』と言っています」、 「ほかの入所者に、不適切な行為はなかったか確認するとともに、職員に対して指導や研修を行っていきたい」と話している。 この事態を受け、行政も動いた。 熊本市は、「家族からの申し入れを受け調査に入った。 今後も調査を続ける」としている。 テレビ熊本 FNN PRIME (ソースに動画あり).

次の