エアコン ドレンホース 掃除。 エアコンクリーニングでドレンホースは掃除可能?悪臭も解消?!

エアコン水漏れ原因16個!修理方法2個と業者料金・放置は?【プロ監修】

エアコン ドレンホース 掃除

なぜドレンホースの掃除が必要? 『ドレンホース』とはエアコンの排出ホースのことで、エアコンの室内機で発生したドレン水を室外に排出するホースです。 エアコンの水漏れの原因はドレンホースにゴミが詰まってしまう場合が多いようです。 ドレンホースは非常に細く詰まりやすいです。 エアコンの内部のホコリやゴミ、虫がホースの途中で引っかかってしまい、外からもゴミが入ることが詰まる主な原因です。 ドレンホースが詰まってしまうと、水が排出されないため逆流してしまい大量に水が垂れてきます。 それを防ぐためにドレンホースの掃除が必要です。 ドレンホースの掃除道具 ・掃除機 ドレンホースの掃除に必要なものは、家庭用の掃除機です。 たいていの家庭にあるので、お金をかけずに掃除ができます。 ・ドレンホースクリーナー 市販されているドレンホースクリーナーも便利です。 形は大きな注射器のようで、真空ポンプとも呼ばれ、自転車のタイヤの空気入れのように出し入れを繰り返し使用します。 ドレンホースの掃除手順 ドレンホースの掃除道具が準備できましたら、以下の手順でドレンホースを掃除していきましょう。 掃除しているときにエアコンが動いてしまったら困るので、しっかりコンセントを抜いておきましょう。 ドレンホースを掃除している最中にホースから水が逆流して、送風口から漏れてしまうことがあります。 ガムテープを使ってしっかり塞ぎましょう。 掃除機は室外のドレンホースの先端部分で使用します。 ドレンホースの先端が上向きになるように持ったら、掃除機の吸い込み口とドレンホースの先端部分を押し当て、つなぐように持ちます。 長く吸い込むと掃除機に水が入り故障の原因になってしまうので注意しましょう。 部屋に汚水が流れてしまうのを防止するためです。 クリーナーのハンドルを押したり引いたりして、ドレンホースの中に詰まったゴミを取り除きましょう。 ハンドルを押すときは、ドレンホースからクリーナーを取り外しましょう。 基本的にドレンホースを繋いでいるときは引く動作だけ行います。 ドレンホースクリーナーを使用した方が掃除機よりも簡単にゴミを取り除くことができます。 1,000~2,000円ほどで購入できるので、万が一のために一つ購入してもよいでしょう。 掃除をしても水漏れする場合は… ドレンホースを掃除しても水漏れが解消しない場合、他の原因が考えられます。 送風口が結露している 湿度が高い日にエアコンを使用すると、内部で結露している水が漏れてくることがあります。 部屋の中を乾燥することで解消できる場合もあります。 ドレンパンが詰まっている 『ドレンパン』とは、フィン(熱交換器)で発生した結露を受け止める皿状のパーツのことです。 この部分にホコリやゴミが溜まって水が排出されず、室内に流れてしまう場合があります。 ドレンパンのゴミを取り除かないと解消されないので掃除が必要です。 ドレンホースの破損、折れ、亀裂 屋外のドレンホースは長い間使用していると直射日光や風にさらされますし、ねずみにかじられる可能性もあるので、それらが原因で劣化が起こります。 大きな原因は紫外線といわれていますが、ドレンホースにひびや折れ曲がることがあります。 自分でドレンホースを交換することもできます。 不安であれば、ホース全体にビニールテープを巻きつけておくと紫外線から守られ劣化を防ぐことができます。 あまりにも破損や劣化がひどい場合は、業者に交換を依頼するのもいいと思います。 室内機の傾き 例外として、エアコンの室内機の傾きでも水漏れが発生します。 傾きの方向は手前に倒れてくる形になっており、通常の状態よりも吹き出し口が下に傾いている状態です。 傾きにより、結露した水がドレンパンにうまく溜まらず室内に垂れてきて水漏れになります。 まとめ 水漏れのほとんどの原因がドレンホースの詰まりということがわかりました。 エアコンのドレン水が外に出しきれずに溜まっていき、水が逆流してしまうのはおそろしいことです。 自宅で掃除機やドレンホースクリーナーを使ってきれいにできるので、ぜひ試してみてください。 ドレンホースの汚れがあまりにもひどい場合や、掃除しても解消しない場合は、エアコンクリーニングのプロに相談してみましょう。 もちろん、ドレンホース以外のお掃除もまかせられます。 エアコンクリーニングを依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

エアコンクリーニングでドレンホースは掃除可能?悪臭も解消?!

エアコン ドレンホース 掃除

エアコンで冷たい風を浴び気持ちよく涼んでると、何やら「黒い小さな物体」が動いているような・・・・ 目を細めジーっと目を凝らすと、なんと「ゴキブリ」がエアコンの中から出たり入ったり。。。 エアコンクリーングを依頼してくださる方から、「エアコンの中にゴキブリや虫が巣をつくっているのでは?」と言われることがときどきあります。 ゴキブリや虫が外から侵入して、エアコンの中に現れるケースも経験してきました。 ゴキブリや虫が外から侵入する経路は3つあります。 1.ドレンホースから侵入するケース 2.貫通穴から侵入するケース 3.壁の中から侵入するケース それぞれについて、詳しく説明していきます。 ドレンホースからゴキブリや虫が侵入してくる エアコン室内機で発生した結露水(ドレン)を室外に排出させるための排出ホースのことを「ドレンホース」と呼びます。 ドレンホースは直径14mm-16mmなので、それより小さい虫であればホースをつたわり室内に侵入できます。 「じゃあドレンホースの先端を何かで埋めてしまえばいいじゃん」と思われる方がいるかもしれません。 しかしドレンホースの中は水が流れるので、先端を埋めてしまうと水が流れなくなり、行き場を失った水がドンドンたまり限界を超えるとエアコン室内機からあふれて水漏れを起こしてしまいます。 室内機から水がちゃんと流れるようにしつつ、ドレンホースの先端から虫が入ってこないようにすればいいのです。 そんな時には、こちらのグッズを使いましょう。 ドレンホースの先端に、この「ドレンキャップ」を取り付けるのです。 ホース先端にこのキャップをギュッと差し込むだけです。 誰でも簡単に取り付けられます。 写真を見て分かるように、先端の面が細かく区切られています。 スキマが狭くなっているので、虫が入ってこれないのです。 仕組みはいたって簡単です(笑) この仕組みが分かればドレンキャップでなくても、ドレンホースの先端に網戸の網をひもで上手く固定してしまえば代用できます。 これで、虫やゴキブリはドレンホースから侵入してくることはありません。 防虫ドレンキャップ+屋外用ブラックキャップでさらなる安全を! ドレンキャップによるドレンホース侵入対策と同時に、エアコン室外機脇に屋外用ブラックキャップを設置することをおすすめします。 ブラックキャップとは、屋外からのゴキブリ侵入を防ぐ、ゴキブリ駆除剤です。 ゴキブリはドレンホースからだけで家の中に侵入するのではなく、いろんな場所から侵入してきます。 エアコン室外機脇だけでなく、玄関口付近、ベランダの窓際などにも設置するようにしましょう。 注意事項・補足説明 ・アリくらい小さな虫だと、ドレンキャップのすき間から侵入してくる可能性があります。 ・ドレンホース先端は地面から 5センチ以上 間を開けるようにして下さい。 先端を地面と平行にして横たえると、虫が侵入しやすくなります。 離すことによって、虫は入りにくくなります。 ・ときどき、ドレンキャップを掃除すること。 ドレンキャップをつけると目が細かいので、ゴミが詰まりやすくなります。 ゴミが詰まってしまうと、水漏れの原因となります。 クリップでフィルターをとめるだけなので、取付もいたって簡単にできます。 エアコン貫通穴からゴキブリや虫が侵入してくる エアコンを設置する際には、壁に穴を開けます。 その穴に冷媒配管やドレンホースを通します。 配管を通すだけですと、貫通穴と配管にはスキマが出来ています。 スキマがあるということは、室外からゴキブリや虫などが入ってくる可能性があります。 このスキマを埋めるには「エアコンパテ」を使います。 粘土のようなものです。 みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。 エアコンパテは、「害虫の侵入」を防ぐ以外にも「雨水の侵入」「外気の侵入」を防ぐ効果があります。 最初はスキマなくびっしりと埋められたエアコンパテですが、何年も経つと固くなりスキマが出ることがあります。 そのスキマから害虫が外から入ってくるケースがあるんです。 スキマが開いていれば新しいエアコンパテを購入し、しっかりとシキマがでないよう埋め込んでみてください。 子供の時にした粘土遊びのように、コネコネして柔らかくしてからカタチを整えていくのがコツです。 注意事項 パテは必ずエアコン用パテを使ってください。 エアコン用は油性なので、当面の間は固くなりません。 普通のパテは油分が入っていないので、すぐに乾燥して硬化してしまいます。 内壁と外壁のスキマからゴキブリや虫が侵入してくる エアコン配管用として壁に穴を開けたままの状態だと、外壁と内壁のスキマから湿気が室内に入って来たり(エアコン本体裏側にカビが発生)、害虫なども入って来る場合があります(ネズミやゴキブリなども)。 この場合、施工上問題ありと思われますので、施工業者に相談してみてください。 外壁と内壁の間に、配線や断熱材が見えます。 本来であれば、開けた穴に配管用パイプ(貫通スリーブ)を挿入することより、壁の中の湿気や害虫などを防止します。 通常見えない部分です。 最近は安い料金で施工する業者も沢山あり、手抜きをするケースも多いと聞きます。 目に見えない部分ですので、事前に確認することが大切です。 ゴキブリが原因でエアコンから火災が!? ペットや小動物、虫による火災が2012~16年度の5年間で56件あったことが、(NITE)のまとめでわかった。 ペットや小動物、虫が原因となった発火、ショートなどの事故は5年間で78件あり、うち約7割の56件(ペット20件、小動物や虫36件)が火災につながった。 ネズミが冷蔵庫のコードをかじってショートしたり、エアコン内にゴキブリが入って漏電したりしたことが火災の原因とみられるという。 出典:朝日新聞(2017年8月25日) ゴキブリや虫は不快感を与えるだけでなく、実害をあたえることもあるようですね。 エアコンの電子基盤は通電していて多少の熱を発しているので、「暗い」「ジメジメ」「狭い」「暖かい」を好むゴキブリにとっては快適な場所のようです。

次の

エアコン水漏れの原因。ドレンホースの掃除方法と修理代金。

エアコン ドレンホース 掃除

ドレンホースはエアコンから発生した水を室外に出す役割があるの!エアコンを使う中で重要な役割のある箇所なのよ。 ドレンホースとは何か ドレンホースとは、 エアコンから発生する水を室外へと出すための管です。 何故エアコンから水が発生するかというと、空気には温度が下がると、含むことのできる水分量が少なくなってしまいます。 エアコンの冷房で室内の空気を冷やすと、 空気中から排出された水分がエアコン内に溜まってしまうのです。 そのため、この水を外部に出さなくてはいけないので、 ドレンホースを通じて外部に排出される仕組みになってます。 ドレンホースの接続がきちんとできていない、ホースのつまりなどのトラブルが発生すると、室内機からうまく排水されず、エアコンからの 水漏れやカビ、 故障の原因にもなるため、 確実な設置と定期的な確認が大切です。 夏の冷房時には室内機から、冬の暖房時には室外機から排出されます。 エアコンを稼働すると普通の事ですので 故障を疑うなど心配する必要はありません。 ドレンホースを放置すると? ドレンホースを放置するとエアコン本体の故障や水漏れの原因になって家具家電の故障にも繋がるから放置は危険なの。 こまめにお手入れは必須よ! 水漏れの原因になる エアコンの水漏れの多くの原因は ドレンホースの詰まりによるものだと言われています。 ドレンホースが詰まったまま放置してるとエアコンの室内機から 水漏れが発生します。 室内が水浸しになり、エアコンの下に家具家電があると 故障の原因にもなって、 エアコンの故障にも繋がります。 又、放置していると水漏れだけでなく ゴキブリなどの 虫の原因にもなります。 虫が悪さをしてエアコンが 漏電したり、虫のフンが原因で エアコンが故障したりするケースもあります。 室内機から水が漏れてくるようなことがあれば、 ドレンホースから水が排出されているかどうか確認して途中で何か詰まっていないか確認してみて下さい。 それらがドレンホースのどこかでたまって詰まってしまうことがあります。 そうすると水の流れがせき止められ、エアコン室内機まで逆流し 水漏れを起こしてしまうのです。 その他にも外からのゴミが入って詰まったりなど詰まりの理由は様々ですが、こうしてドレンホースが詰まると水が排出されなくなってしまい、 水漏れの原因となってしまいますので 水漏れが起こった場合にはまずはドレンホースを確認するようにして下さい。 ドレンホースが劣化している可能性も 掃除もして何か詰まってる様子もないのに水漏れが直らないって場合は、 ドレンホースの劣化や たるみが原因だと考えられます。 劣化やたるみによってその箇所に水が溜まり、水の流れが止められてしまっている状態で、その水が外に排出されずに蓄積すると水が本体側に逆流してきて 水漏れになってしまうのです。 ドレンホースは、一般的には 3〜5年くらいで劣化し、 定期的に交換する必要があるそうです。 劣化したドレンホースは、自分で取り替えるのは難しいので業者に依頼して取り換えてもらうのが良いでしょう。 ドレンホースの掃除はどんな風にするの? ドレンホースはサンクションポンプを使うだけで簡単に掃除できるのよ!同時にドレンホースの周りも綺麗に整理すると尚良しだわ。 ドレンホースの詰まりは自分でも行えます。 次はドレンホースの掃除についてお話していきたいと思います。 自分で出来る掃除方法 専用のサンクションポンプで掃除 自分でできる掃除方法としては、ドレンホース内のゴミを取り除くドレンホース用のサクションポンプというもので吸引する掃除方法です。 サクションポンプは 1,000円から3,000円くらいと安価で買えるみたいで、これならば気楽に購入できて掃除ができそうです。 サクションポンプの使い方は簡単で、 ドレンホースに直接差し込んで吸引するだけです。 吸引後、室内の水漏れが治まって外のドレンホースから水が出てくれば掃除完了です。 ドレンホースまわりをキレイにする 稀に雨の日にエアコンから水漏れがするって話を聞きますが、こういう場合は ドレンホースの周りに異常がある場合が多いです。 ドレンホースが途中で鉢植えなどで潰されていたり、先端が水に浸かっていたりすると 水がうまく排出されずに水漏れが起こってしまうことがあるのです。 異物によって押しつぶされている場合は原因となっているものをどかして、水に浸かっている場合は先端を移動させることで 水漏れが解消されるはずですので、心当たりがあればドレンホースまわりをキレイにされて下さい。 クリーニング業者に依頼する ドレンホースの掃除を自分でするのに抵抗がある場合は、エアコンのクリーニング業者に依頼するのも有りでしょう。 エアコン内部クリーニングの際にドレンホースの中につまりがあれば、 エアコン掃除の際にドレンホース内のつまりも解消してくれるそうです。 ドレンホースだけの掃除を行ってくれるかどうかはクリーニング業者によると思いますので、ドレンホースの掃除を検討の際に 一度業者に問い合わせてみるのが良さそうです。 フィルターを掃除する理由としては、 エアコンを清潔に保つのはもちろんの事、 エアコンに汚れを溜めない為です。 フィルターの掃除は 2週間に1回を目安にやるのが理想的と言われています。 エアコン内の埃と水分が混ざると、プルプルのスライムのような液体となって ドレンホースを詰まらせる事があります。 スライム状の液体になるのは余程、エアコンの掃除を劣らない限りなることはありませんが、 こういった事例もある事を覚えておいた方がいいでしょう。 夏のエアコンは多くの水を集めて常時排出されているため、栄養素と反応する水には事欠きません。 エアコン内で反応する栄養素となるものは、フィルター掃除を怠ったためにフィルターに付着した埃がドレン皿に落ち水と反応することが考えられます。 ドレンに集まってくる水と何かしらの栄養素と反応して、プルプルのスライム状の物体となり、エアコンのドレンホースを詰まらします。 又、ドレンホースは ホコリや虫が入り込んで詰まりやすい所です。 酷い場合には 故障の原因にもなりますから、季節の変わり目には 針金や割り箸などを使用して、詰まりを取り除いておきましょう。 細心の注意を払い清掃すると、エアコンの冷暖房効率がグッと上がって 電気代の節約になります。 ドレンホースを掃除することでメリットだらけ ドレンホースもエアコンの室内機と同様に定期的な掃除を行う事で清潔に保つ事ができ、 エアコンの効率や電気代の節約にも繋がります。 又、 2~3年を目安に交換する必要もありますので、きちんと 使用年数を守って使う事をオススメします。 エアコンを使うにあたって 重要な役割を果たしてる場所ですので、掃除にドレンホース周りは清潔に保つように心がけましょう。 実際に利用したエアコンクリーニング業者の口コミや体験談を随時募集中。 利用を迷っている方にとって役立つ情報提供の為、より具体的に口コミをお聞かせ頂けたら幸いです。 頂いた口コミや体験談は当サイト記事内で利用させて頂く場合がございますが、その際、個人情報に関わる内容は掲載致しませんのでご安心下さい。 留意事項 頂いた口コミ情報は、当サイトで事前確認した後の掲載いたします。 また、採用・不採用のお問い合せにはお答えできません。 頂いた口コミ情報は、掲載の際に誌面等の都合で一部省略したり、加筆させていただく場合があります。 頂いた口コミ情報で、虚偽又は事実とかけ離れた内容やエアコンクリーニングと関係のない内容と当サイトが判断した場合は、WEBサイトへの掲載は行いません。

次の