トイレグリーン。 「空飛ぶトイレ」「グリーントイレ」って何だ?

グリーンイグアナ夢の放し飼い…でも夢だけあってトイレの躾大変です

トイレグリーン

グリーン車にトイレはある? グリーン車にトイレはあります。 どの車両にトイレがあるかは路線によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。 ホームページで「座席配置・車内設備 — 車両のご案内」というようなページがありますので、 そこを見ればいいでしょう。 もし事前にチェックできなくても、座席や通路に案内があるので安心です。 字が読めない子供や外国人にもわかるように絵や記号で案内されています。 急にもよおしてしまって切羽詰まって焦る前に、きちんとトイレの位置は確認しておきたいですね。 トイレのために席を立つ注意点 トイレのために席を立つ時の注意点です。 まず、席を離れることになるので貴重品などは持っておきましょう。 日本は比較的治安が良い国ですが、トイレに行っている間に財布やスマホを盗まれて盗まれてしまうかもしれません。 荷物の中で、貴重品ではないもの(上着や飲み物など)を座席に置いて、 「この席、使ってますよ!」 というのをわかりやすく示すといいでしょう。 自由席であり、何も置いていかなかった場合、 トイレに行っている間に他の誰かに席を取られてしまうかもしれません。 席を替わった場合、料金は2倍かかる? もし、トイレに行っている間に誰かに席を取られてしまったらどうしましょう? 「すみません、その席、私が使っているんですが……」 と声をかけて替わってもらえればいいのですけど、 外国人の方で日本語が通じるか怪しかったり、怖い雰囲気の人で話しかけづらかったり、 どうしても声がかけられずにその席を諦めることがあるかもしれません。 そういった時に、空いている別の座席に座った場合、 料金は元の席+新しく座る席の2つぶんかかるのでしょうか? 路線によってまたシステムが少し変わってくるのですが、 首都圏のJRではグリーン車Suicaシステムというのを導入しており、 座席にSuicaをかざすことで席の確保ができるようになっています。 このグリーン車Suicaシステムを使えば座席の移動が可能です。 グリーン車Suicaシステムは空席を示す赤いランプの席にSuicaをかざすことで、使用中の緑ランプにするのですが、 空いている赤いランプの席にSuicaをかざせば緑のランプになり、元の席の緑のランプは消えます。 こうすることで席の移動ができます。 (ついでに、赤いランプの席に座っているということはグリーン券を買わずにグリーン車に乗っている人なので、車掌や乗務員が注意してくれます) グリーン車Suicaシステムでこうやって座席を移動しても料金は1座席ぶんで大丈夫です。 2座席分かかるということはありません。 グリーン車Suicaシステムのない路線であっても、 車掌や乗務員に言えば、自分に代わって横取りしている人に注意してもらえますし、席の移動もできます。 席を移動したからといって2座席分の料金がかかるということはないようです。

次の

風水に良いトイレの色の決め方と方角別おすすめカラー【完全版】

トイレグリーン

「お掃除リフトアップ」 いちばん驚いたのは、「お掃除リフトアップ」という機能だ。 リモコン操作で、便座が自動で上に上がる。 便座と便器の透き間を奥までしっかり拭けるようにだ。 それだけ透き間の汚れをきれいにしたい、楽に便座を外したいというニーズがあるのだろう。 同社のトイレ・洗面商品部企画1グループのチームリーダー、曽我部伸雄さんが説明する。 「便座が上がる高さは5センチです。 男性の厚い手でぞうきんを持ってもふけるというのが、こだわりです」。 これは男性もトイレ掃除をしたい、いや、しなさいという消費者の声なのだろうか。 リモコンで下に下げるときには万が一、手がはさまっても、安全装置がついており、感知して上がる。 スマートフォンでシャワートイレを自分好みに設定 にも対応。 専用アプリをダウンロードすると、洗浄位置や水量の強弱など、シャワートイレを自分好みの使い心地に設定できる。 しかし、トイレの中に設置されているリモコンで操作できるなら、スマホは不要ではないか。 「行きすぎという声もあるのですが(笑)、家族でトイレを使う場合、お尻を洗う強さが各自で違ったりします。 スマホを持ったままトイレに入る方も多いので、あらかじめ設定しておけば、操作がより簡単になります」 これらの機能は、高齢化社会も見据えている。 年を取ると中腰になって便座を取り外したり、体をひねってリモコンの設定を切り替えたりするのが難儀になってくるからだ。 だが、スマホには抵抗がない高齢者が増えている。 今後の進化の方向は「自分好み」「高齢化対策」と、より消費者に優しくなっていくのだろう。 ケニアで「水と電気を使わないトイレ」を開発中 トイレのハイテク化に力を注ぐ一方で、LIXILでは「水と電気を使わないトイレ」をケニアで開発中という。 そのプロジェクトを進める山上遊さんが、ちょうどケニアから帰国していたので話を聞いてみた。 「トイレ愛が強い」(広報)女性らしい。

次の

「空飛ぶトイレ」「グリーントイレ」って何だ?

トイレグリーン

「お掃除リフトアップ」 いちばん驚いたのは、「お掃除リフトアップ」という機能だ。 リモコン操作で、便座が自動で上に上がる。 便座と便器の透き間を奥までしっかり拭けるようにだ。 それだけ透き間の汚れをきれいにしたい、楽に便座を外したいというニーズがあるのだろう。 同社のトイレ・洗面商品部企画1グループのチームリーダー、曽我部伸雄さんが説明する。 「便座が上がる高さは5センチです。 男性の厚い手でぞうきんを持ってもふけるというのが、こだわりです」。 これは男性もトイレ掃除をしたい、いや、しなさいという消費者の声なのだろうか。 リモコンで下に下げるときには万が一、手がはさまっても、安全装置がついており、感知して上がる。 スマートフォンでシャワートイレを自分好みに設定 にも対応。 専用アプリをダウンロードすると、洗浄位置や水量の強弱など、シャワートイレを自分好みの使い心地に設定できる。 しかし、トイレの中に設置されているリモコンで操作できるなら、スマホは不要ではないか。 「行きすぎという声もあるのですが(笑)、家族でトイレを使う場合、お尻を洗う強さが各自で違ったりします。 スマホを持ったままトイレに入る方も多いので、あらかじめ設定しておけば、操作がより簡単になります」 これらの機能は、高齢化社会も見据えている。 年を取ると中腰になって便座を取り外したり、体をひねってリモコンの設定を切り替えたりするのが難儀になってくるからだ。 だが、スマホには抵抗がない高齢者が増えている。 今後の進化の方向は「自分好み」「高齢化対策」と、より消費者に優しくなっていくのだろう。 ケニアで「水と電気を使わないトイレ」を開発中 トイレのハイテク化に力を注ぐ一方で、LIXILでは「水と電気を使わないトイレ」をケニアで開発中という。 そのプロジェクトを進める山上遊さんが、ちょうどケニアから帰国していたので話を聞いてみた。 「トイレ愛が強い」(広報)女性らしい。

次の