モスコミュール。 「モスコミュール」は日本名?!

「モスコミュール」は日本名?!

モスコミュール

4大スピリッツのひとつとも言えるウォッカ。 基本的なカクテルのベースとなることも多く、スクリュードライバー、ソルティドッグ、ブラッディメアリーなど、世界中で愛されています。 そんなウォッカをベースとしたカクテルの中でも、モスコミュールを飲んだことがある人も多いのではないでしょうか。 お酒が飲めるお店では大抵注文することができるモスコミュール。 しかしながら、モスコミュールがどのようなカクテルなのかを知らない人も少なくありません。 本記事では、お店におけるモスコミュールの作り方、おすすめウォッカ銘柄など、モスコミュールに関するノウハウをご紹介します。 レモンやライムの香りにさっぱりした味わい モスコミュールはウォッカをジンジャーエールで割っていて、さっぱりした味わいを感じることができます。 どんなカクテル? いままでにモスコミュールを飲んだことはありますか?頻繁にお酒を飲まない人でも、きっと一度くらいは耳にしたことがあると思います。 比較的アルコール度数の高いお酒ですが、その飲みやすさから女性にも人気のカクテル。 その名前には「モスクワのラバ」という意味があります。 なぜそのような名前になったのか、モスコミュールに関する基本的な情報を探っていきましょう。 モスコミュールとは? モスコミュールは1946年代のハリウッド・サンセット大通りに店を構えたレストラン・コックンプルにてその口当たりの良さからラバに蹴飛ばされたように効いてくるということから「モスクワのラバ Moscow Mule 」という意味として、モスコミュールという名前が付けられたそうです。 ただこれは諸説のひとつに過ぎず、ハリウッドのジャック・モーガンというバーテンダーが、大量に余ったジンジャービール在庫処分と捨て考案された説、スミノフ製ウォッカの販売促進として、スミノフで手軽に作れるカクテルを製造元であるヒューブライン社が紹介した説などがあります。 カクテル言葉 花言葉や宝石言葉のように、カクテルにも酒言葉があることをご存知ですか?あなたが何気なく飲んでいるカクテルですが、実は意外な言葉が秘められているかもしれません。 気になる人とバーで飲むとき、オーダーで秘密のメッセージを込める…なんていうのも素敵です。 ちなみに、モスコミュールの酒言葉は「その日のうちに仲直り」。 多くの時間をともにしてきたパートナーや友人たち。 時にはケンカをしてしまうことがあるでしょうが、モスコミュールを飲んで諍いはお互い潔く水に流してみてはいかがでしょうか。 味 詳しい作り方は後述しますが、クセのあるウォッカをジンジャーエールで割り、アクセントにライムの香りを添えたカクテルです。 前述した通り、モスコミュールは「モスクワのラバ」を意味するほどアルコール度数が高く刺激的です。 とは言っても、レモンやライムの爽やかな香りに炭酸飲料のすっきりとした味わいがプラスされるため、さっぱりとした味を感じられます。 ただし、口にすると体全体に熱が入り込むような感覚がし、人によっては少しだけ辛いと感じてしまうかもしれません。 アルコール度数 ベースとして使用するウォッカにもよりますが、モスコミュールのアルコール度数は、大体10~16%ほどです。 混ぜ合わせる分量によっても変わりますが、飲みすぎると酔いやすくなるため注意が必要です。 ちなみに、ビールのアルコール度数は平均4~5. 5%程度です。 このことを考慮しても、モスコミュールのアルコール度数の高さが分かるのではないでしょうか。 カロリー・糖質 近年、健康志向を意識する人も増えてきており、お酒に配合されている糖質やカロリーの数値を気にしている人も少なくありません。 「ビールは太る」「焼酎は低カロリーだからおすすめ」という話はよく耳にしますが、カクテルであるモスコミュールはどうなのでしょうか。 結論から申し上げると、モスコミュールのカロリーは少し高めです。 タンブラーで作った場合だと180mlほどの量ですが、1杯でおよそ158kcalになります。 生ビールの中ジョッキ1杯が202kcalと比べると低い数値かもしれませんが、低カロリーと言うことはできません。 特に糖質は14gですので、ビールよりも高くなっています。 作り方 それでは、いよいよモスコミュールの作り方を確認していきましょう。 一般的にタンブラーグラスを用いることが多いですが、本場では銅のマグカップに入れて提供されます。 ここでは、モスコミュールの作り方だけでなく、本格的に味わうためのポイントもいくつかご紹介していきます。 材料 まずは、材料を用意しましょう。 とは言っても、どれも簡単に手に入れられるものばかり。 分量は比率となっていますので、作るモスコミュールの総量で考えてみてください。 ライムかレモンの輪切り:1つ• 氷:適量 タンブラーで180mlのモスコミュールを作るとします。 タンブラー またはグラス• 計量スプーン• バースプーン なければマドラーやスプーンなど つくる手順 それでは、作り方の手順も確認していきましょう。 モスコミュールはビルドという製法で作られます。 これは、氷やお酒、ジュースなどの材料をグラスの中で混ぜ合わせてカクテルを作ることです。 特別なカクテルの道具を必要としないため、自宅でも簡単に作ることができます。 タンブラーに氷を入れる• グラスの底の氷を2〜3回持ち上げるように混ぜる• 最後にライム orレモン の輪切りを添える ポイント モスコミュールはカクテル作りの中でも簡単とされるビルド製法を用いますが、美味しく作るためにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。 プロのバーテンダーと素人では、以下のようなところに違いが出てきます。 材料を混ぜすぎない• 炭酸を飛ばさない• 氷にあてないで静かに注ぐ• 材料を冷やす 特に混ぜる際は、ぐるぐると力任せに回すのではなく、グラスに沈んだウォッカとジンジャーエールがよく混ざり合うよう、氷を持ち上げるようにして混ぜましょう。 氷が解けてしまうと水っぽくなりやすいため、カクテルの味に影響が出てきてしまいます。 ジンジャーエールとジンジャービール モスコミュールの材料にジンジャーエールは欠かせませんよね。 しかし、最初からジンジャーエールが使われていたのかと言えば、そうではありません。 モスコミュールが開発された当時、ジンジャーエールは発売されていましたが、その代わりに使用されていたのがジンジャービール。 ジンジャービールとは、生姜を柑橘類、水、砂糖とともに発酵させて作られたものです。 同じく炭酸が含まれていますが、発酵によって生まれた天然の炭酸です。 また、糖分がアルコールに変わるため、アルコール度数も2~3%ほどになるのが特徴として挙げられます。 味はジンジャーエールと比べると甘みが少なめで、生姜の風味が強くなります。 そのため、ジンジャービールを使ったモスコミュールは、少しドライな印象を受けます。 現在でも、ジンジャービールの販売を行っているメーカーがあるため、気になる人は試してみてはいかがでしょうか。 モスコミュールマグ モスコミュールを銅製マグカップで飲むという人は、かなりのカクテル通です。 オーセンティックなバーでは常備されていることが多い道具ですが、その昔はバーでモスコミュールが提供される際には銅製のマグカップが良く使われていました。 その理由は、アメリカの禁酒法時代にまで遡ります。 モスコミュールは労働者の飲み物として親しまれていたのですが、禁酒法によって飲めなくなってしまいます。 そこで、お酒を飲んでいることをカモフラージュするために、銅製のマグカップが使われたという説が残っています。 モスコミュール作りに最適なおすすめウォッカ銘柄 出典: 「存在しない」という意味を持つアブサンは、ヨモギを中心に複数のハーブやスパイスを原料としている薬草系リキュールです。 当初は医薬品として発表され、アルコール度数が70度前後とかなり高いのが特徴的。 そんなアブサンをベースにしたのが、ワイルド・ミュールです。 ボヘミアンミュールとも呼ばれています。 アブサン:45ml• ライムジュース:15ml• ジンジャーエール:適量• ライム・スライス:1枚• 作り方• 材料をグラスに入れ軽く混ぜ、ライムを飾ったら完成。 まとめ 基本的なカクテルながらも、奥が深いモスコミュール。 一般的に広く知られている材料や作り方でも十分に美味しく飲むことは可能ですが、少しアレンジを加えることで、飲んだ人の印象に強く残る素晴らしい味のカクテルになります。 手軽に作って気軽に味わうだけでなく、少しこだわりを持ったモスコミュールをお客様に提供してみてはいかがでしょうか。 関連記事.

次の

モスコミュールの作り方。簡単だけどプロの味を出すコツとは? │ カキダス!

モスコミュール

由来 [ ] 初頭、のジャック・モーガンというがのである「 NO. 1」を使ったカクテルのために大量に仕入れた()の在庫を処分するために考案したとされている説と、にブランドのウォッカの販売促進のため、スミノフを使った手軽に作れるカクテルを製造元のヒューブライン社が紹介したため広がったという説、あるいはジャック・モーガンとヒューブライン社が組んで広めた、とされる説が有名。 また、本式ではのに入れて提供されるものである。 今日でも本格的なバーではそのようにして出されているのは、ジャック・モーガンの友人が器を銅のマグカップにすることを提案し、それが広まったとされているからである。 バリエーション [ ] ウォッカをに替えると メキシカン・ミュールに、またに替えると ジャマイカン・ミュール(スージー・テーラー)に、に替えると マミー・テーラーに 、に替えると マミーズ・シスターに 、に替えると ワイルド・ミュールとなる。 その他、ウォッカを他の酒類で置き換えたバリエーションと呼称に次のようなものがある。 ベース 名前 ケンタッキー・ミュール または ホースファーザー バーボン・ウイスキーと ニュー・オーリンズ・ミュール ジン・ミュール、 ロンドン・ミュール、 ミュンヘン・ミュール または フォッグホーン バンダバーグ・ラム() オージー・ミュール アイリッシュ・ミュール ブレンデッド・スコッチ・ウイスキーとサンジェルマン() グラスゴー・ミュール ボヘミアン・ミュール アブサンと・ デッドマンズ・ミュール とアンゴスチュラ・ フレンチ・ミュール リキュールとポワール・ウィリアム() プリッキー・ペア・ミュール サザン・ミュール トゥアカ() トスカーナ・ミュール オスロ・ミュール 付け合せにと ミスルトウ・ミュール 他のバリエーションとして、ジンジャー・ビアの代わりにジンジャー・シロップやジンジャー・エールを用いるものがある。 副材料としてのジュースやアンゴスチュラ・ビターズを追加するアレンジもある。 シロップまたはを加えるとモスコー・ミュールからフロラドラ([[:en:]])になる。 ジンジャー・ビアの代わりにを使うとモスコー・モールになる。 標準的なレシピ [ ]• 45ml• ・ジュース 10ml• 120ml• ライム・スライス 1枚 ジンジャー・エールを用いたレシピ [ ] など、ジンジャー・ビアが一般的に流通していない地域ではジンジャー・エールを用いる。 この場合、等の辛口のジンジャー・エールを使う場合もある。 次のレシピは日本における標準的なレシピである。 ウォッカ 45ml• ライム・ジュース 15ml• ライム・スライス 1枚 飲み口はやや甘くアルコール度数も高くないカクテルになっている。 日本ではジンジャー・ビアの入手が難しいため代用としてジンジャー・エールを使用したレシピが広まったと言われている。 作り方 [ ]• 材料をグラス(本来は銅のマグカップだが、でも可)に入れ、軽くする。 ライム・スライスを飾り完成。 関連項目 [ ]• - ライム・ジュースとジンジャーエールを使った。 脚注 [ ]• 桑名伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p. 135 発行• 桑名伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p. 136 日本文芸社 2006年2月25日発行• 山本祥一朗 監修 『カラー図解 カクテル』 成美堂出版• 北村聡 著『定番から人気の焼酎カクテルまで 基本のカクテル』(、発行、)によるとマミー・テーラーのレシピはスコッチ・ウイスキー45ml、ライム・ジュース15ml、ジンジャーエール適量となっており、モスコー・ミュールのベースをスコッチ・ウイスキーに替えてつくられるカクテルと考えられる。 北村聡 著『定番から人気の焼酎カクテルまで 基本のカクテル』世界文化社 2005年12月1日発行• Graham, Colleen 2019年5月24日. The Spruce Eats. 2020年6月22日閲覧。 2020年6月22日閲覧。 Hines, recipe: Nick. VinePair. 2020年6月22日閲覧。

次の

【カクテル】モスコミュールの作り方(レシピ)!意味・度数・味は?

モスコミュール

ウォッカ「スミノフ」をベースにした瓶入りアルコール飲料「スミノフアイス モスコミュール」がキリンビールから発売される。 6月30日より全国での取扱い。 1本275ml入り、価格はオープン。 スミノフアイスとは 「スミノフアイス」は 1999 年にイギリスで誕生したRTD(Ready to Drink の略。 栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料)ブランド。 現在世界90か国以上で幅広く販売されており、日本国内でも瓶入りRTDとしてはシェアNo. 1を誇っている。 スミノフアイス モスコミュール 今回発売される「スミノフアイス モスコミュール」は、人気カクテル「モスコミュール」を日本向けに独自開発したフレーバー(スミノフアイスのモスコミュールフレーバー自体は海外でも販売されている)。 ミントやライム、ジンジャービアなどのフレーバーやアルコール度数を調整し、日本人好みの味に仕上げられている。 アルコール度数は9%。 バーで飲むような本格的な飲みごたえ、爽快な味わいが楽しめるとする。

次の