ドクター コトー 最終 回。 Dr.コトー診療所(ドラマ)11話の感想ネタバレ!泣ける!感動の最終回

「Drコトー診療所」最終回、後半見られませんでした!

ドクター コトー 最終 回

「東帝大学病院」に幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏)が入院。 ニコラス丹下(市村正親)の支援を受けジュリアード音楽院に進んだ和十は、現在重病に侵されており、ピアノが弾けなくなるかもしれない危機に瀕していた。 手術を拒む和十は、大門未知子(米倉涼子)の「必ずまたピアノが弾けるようにする。 私、失敗しないので」という言葉を信じ、手術を承諾。 そうして臨んだ手術だったが、未知子はその最中に突然術式変更をする! 未知子の勝手な判断にぶ然とする原守(鈴木浩介)。 さらに和十の術後の経過も芳しくないのを見た原は、「手術は失敗だった」と未知子を責め立て…? 一方、修正大血管転位症、という先天性の心疾患があることが判明した丹下は手術を拒否し、「心臓に爆弾を抱えるあなたを放っておくわけにはいかない」と手術を勧める未知子の言葉にも耳を貸さずにいた。 以前に未知子に命を救われた岩田一子(松坂慶子)は、丹下を説得するため拘置所を訪問。 するとその目の前で、丹下は意識を失い倒れてしまう! 「東帝大学病院」に緊急搬送された丹下を、決死の処置で蘇生させた未知子。 目を覚ました丹下は、昔、未知子に会ったことがあると未知子に語り始める。 蛭間重勝病院長(西田敏行)をはじめとした上層部は「手術は不可能」と判断し、未知子の動きを阻止しようと…?もし、蛭間院長と検察の許可を得ずにオペをすれば、ドクター生命を絶たれ、犯罪者になってしまうかもしれないという禁断のオペを未知子は敢行することができるのだろうか!?.

次の

Dr.コトー診療所 (テレビドラマ)

ドクター コトー 最終 回

そんなドラマ「ドクターコトー診療所」でたけひろという登場人物がいましたね。 このたけひろという人物は原作漫画では「原健裕」、ドラマでは「原剛洋」というように漢字が違いそうですね。 そしてこのたけひろという登場人物はこのような役でした。 五島に憧れる少年。 小学生の時、急性虫垂炎で死にかかったところを五島が船上で手術して一命を取りとめる(五島の島民手術第1号)。 中学生になってから心臓病の持病があることが判明したが、五島の手術(ロス手術)により回復。 五島に憧れており、将来の夢は医師。 当初の学業成績は良くなかったが、医師を志すことにより、現在は全国模試で18位をとるなど成績優秀。 その甲斐あって、九州の難関校である私立皆洋高校に合格した。 富岡涼のプロフィール生年月日:1993年9月21日 出生地:北海道 血液型:O型 職業:元俳優 ジャンル:映画、テレビドラマ、CM 富岡涼さんは北海道出身で、小学2年生の時に、テアトルアカデミーの新聞広告を見て自ら応募したそうですね。 テアトルアカデミーに合格し、2005年にOffice Bowという『Dr. コトー診療所』で主演を務めた吉岡秀隆さんと同じ事務所に所属していました。 ただ、2009年には日本タレント名鑑から情報がなくなっているそうなので、この時に俳優業を辞めたようです。

次の

『images.djdownload.com(ドクターストーン)24話』レコードと石神百夜、そして最終回からアニメ2期への感想・考察 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

ドクター コトー 最終 回

志木那島診療所のロケ地() ジャンル 原作 脚本 演出 平井秀樹 (第1期) 高木健太郎(第2期) 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 第1期 プロデューサー エンディング 「」 放送期間 - 放送時間 木曜日22:00 - 22:54 放送枠 木曜劇場 放送分 54分 回数 11 特別編 プロデューサー 放送期間 - 放送時間 金・土曜日21:00 - 22:52 放送分 112分 回数 2 Dr. コトー診療所2004 プロデューサー 放送期間 - 放送時間 金・土曜日21:00 - 22:52 放送分 112分 回数 2 第2期 プロデューサー 中江功 塚田洋子 出演者 エンディング 中島みゆき「銀の龍の背に乗って」 放送期間 - 放送時間 木曜日22:00 - 22:54 放送枠 木曜劇場 放送分 54分 回数 11 『 Dr. コトー診療所』(ドクターコトーしんりょうじょ)は、で放送されていた日本の。 主演は。 によるを原作とする。 第1期は、よりまで毎週木曜日22:00 - 22:54に、「」枠で放送。 に『特別編』と『Dr. コトー診療所2004』が放送。 第2期は、よりまで毎週木曜日22:00 - 22:54に、「木曜劇場」枠で放送。 概要 [ ] 第1期 にあるとされる架空の島 志木那島(しきなじま) を主な舞台とするドラマ版『Dr.コトー診療所』は、2003年に連続ドラマとして第1期が制作された。 ロケ地となったの自然が美しく、での過酷な医療状況とともに、島でのゆったりとした時間の流れや人間関係が情緒豊かに描かれている。 また、都会から島にやってきた人の視点と島の人が外来者を見た視点が対照的に描かれ、時には誤解が生じたり、お互いを傷つけることもあるが、忘れてしまっていた大切なコトにお互いに気付きはじめ、相互に影響しあいながら少しずつ信頼関係を築いてゆく姿が描き込まれている。 出身である脚本家のと、主人公のコトー役の吉岡秀隆をはじめとする役者陣の演技や、演出家のをはじめとするスタッフ陣、の主題歌やのなど、それまでの医療ドラマの視点とは異なる作品になっている。 ハイビジョン撮影作品であるが、本放送時はは行われておらず(2003年12月1日放送開始)、において4:3サイドカットで放送されている。 特別編 、の2夜連続でフジテレビ系列の新春ドラマスペシャルとして放送された。 志木那島での新撮場面にはコトーと和田、島の少年たちの他にはレギュラー出演者は登場しないが、Dr. コトー診療所2004、2006年第2期に繋がる貴重な新録内容となっている。 この作品はDVD化はされておらず地上波での再放送もされていなかったが、、の2週連続で放送された。 で配信されている。 コトー診療所2004 2004年、に2夜連続のドラマスペシャルとして放送された。 2003年第1期の続編として完全新撮されたもので、コトーの身近な人たちを襲う悲劇や苦渋の選択をする姿が描かれている。 尚、当初の放送予定は10月であったが、相次ぐのため収録に手間取り、放送が遅れる経緯があった。 この作品も長らく地上波での再放送がされていなかったが、よりまで『特別編』として毎週木曜日22:00 - 22:54に、「」枠で再放送される。 第2期 『Dr. コトー診療所2004』の続編。 また近年では珍しく、同じタイトルバック(1話のみ映像の上にタイトル)、同じエンドバックが使用されていた。 なお、前シリーズでは、夏のシーンが夏に放送されただけだったが、このシリーズではドラマ中で、春から冬(12月)までの四季の移り変わりが描かれていた。 あらすじ [ ] 第1期 東京ので外科医をしていた五島健助が星野正一とともにに乗り込み、()から6時間かかる志木那島をめざして洋上を行くところからドラマは始まる。 それは島のに常駐してくれる医師を長年さがし続けている、志木那村役場の民生課長星野 の要請だった。 星野の娘での彩佳や役場の職員で診療所事務長の和田 をスタッフとして張り切る五島だったが、それまでの経緯から島の医師を信用しない島民らは全く診療所に寄りつかない。 最初の患者となった島の少年から感謝のしるしとして贈られた診療所の旗に「 ドクターコトー診療所」と記されていたため、以来五島は島民からコトーと呼ばれることになる。 コトーの医師としての技量の確かさと誠実な人がらはしだいに島民らに受け入れられ、交流を深めていった。 そんななかコトーが大学病院を辞めるきっかけとなった医療事故の関係者が来島し、最終話に向けて島民を巻きこむ大波乱となる。 特別編 志木那島で新年を迎えたコトーのもとに三上医師からの手紙が届く。 大学病院を辞した三上はコトーと同じように僻地医療を担うべく、にある礼別島(れべつとう:架空の島)診療所に赴任していた。 島の医師は自分1人という責任の重さと、島民に信頼されない焦りとの苦悩をつづった文面から、コトーは自分が初めて志木那島に赴任して来た頃を思い出していた。 ここから2003年第1期の主要エピソードを再編集した内容が回想される。 東京へ研修中の彩佳からお土産を貰う。 それは「週刊アクセス」という。 離島医療に携わるコトーと島の現状が掲載されている。 もちろんこの記事は巽謙司が書いたものである。 そしてコトーは三上に励ましの手紙を書く。 三上は患者となった1人暮らしの老女との交流を通して島の医師としての手応えを掴んで行く。 コトー診療所2004 島を挙げての祭りのさなか星野昌代が家で倒れているのを、診療所から戻った娘の彩佳が発見した。 コトーの緊急手術により一命を取り留めたものの、のが残り、右半身が不自由になってしまう。 昌代の異変に気付かなかったことで、夫の正一や彩佳は後々まで自分を責め続けることになる。 一方、コトーに憧れ医師を目指す島の少年、原剛洋は島を出て東京の私立中学受験を決意する。 漁師では充分な学資が得られないと考えた父の剛利は、漁船を手放し本土(沖縄本島)に出稼ぎに行く決断をする。 キャスト [ ] 登場人物についてはを参照。 志木那島診療所• 五島健助(医師) -• 星野彩佳(看護師・星野正一の娘) -• 和田一範(村役場の職員・志木那島診療所の事務員) -• 仲依ミナ - (第2期) 原家• 原剛利(漁師) -• 原剛洋 (息子) - 星野家• 星野正一(村役場の民生課課長) -• 星野昌代 (正一の妻) - 山下家(明夫)• 山下明夫(農業) - (第1期)• 山下一夫(明夫の息子・村役場の職員) -• 山下道子(一夫の妻) -• 山下邦夫 (一夫の息子) - 山下家(努)• 山下努(漁師) -• 山下春江(努の妻) -• 山下信一(努の息子) - (第2期:)• 山下桃子(努の娘) - 坂野家• 坂野ゆかり -• 坂野孝(村役場の職員・ゆかりの夫) -• 坂野千賀 - (第2期) 宮野家• 宮野純平(剛洋の友達) -• 宮野真由美 -• 宮野真人(純平の兄) - (第2期) 小沢家• 小沢信二 - (2004、第2期)• 小沢小百合 - (2004、第2期)• 小沢ひな - (現:)(2004、第2期) その他• 西山茉莉子 (スナック経営) -• 中村三郎(志木那村村長) -• 中村悠子(剛洋の同級生) - (第1期)• 川畑夏美(剛洋の同級生) - (第1期)• 山下巌 - (第1期)• 山下茂 - (第1期)• 元木渡(漁師) -• 橋口俊(漁師) - (第1期)• 熊木圭介(漁師) -• 脇田実(漁師) -• 南佑介(漁師) -• 洋平(漁師) - (第2期)• 剛洋の叔父 - (第2期)• 原和子 - (第2期)• 原沢咲(五島の元同僚・昭英大学附属病院産婦人科医) - (第1期)• 内つる子(村の長老・産婆) - (第1期)• 鳴海慧(医師) - (第2期)• 安藤重雄 (漁業協同組合漁労長) - ゲスト [ ] 第1期(2003年) [ ] 第1話 「美しい南の島から、心温まる感動の物語(そこに、人が生きている)」• 笠井ミツエ - 第2話 「故郷で暮らす母へ」• 内誠(本土在住・内つる子の息子) - 第3話 「赤ちゃんを助けて」• 坂野ゆかり(妊婦・孝の妻) -• 坂野達郎(ゆかりの義父) -• 坂野和枝(ゆかりの義母) -• 高村 - 第4話 「病気を診るな、人を診ろ」• 芦田ゆき(原沢咲の高校時代の後輩・医師) - (第5話も)• 芦田雄一郎(ゆきの父・代議士) - (第5話も)• 安部純一(芦田の秘書) - (第5話も)• 安部広子(安部純一の母) - (第5話も)• 杉本竜一(西山茉莉子の東京に住む息子) - (第5・6・7話も) 第5話 「手術で治せない病」• 柏木秀一 - 第7話 「巣立ち」• 安藤リカ(安藤重雄の東京に住む娘) -• 古川徹 - 第9話 「暴かれた過去」• 巽謙司(週刊アクセスの記者) - (第10話も)• 巽久美子 - (第10話も) 第10話 「この島を出て行け」• 三上新一(五島の元同僚・昭英大学附属病院消化器外科医) - (最終話も) 最終話 「新たな旅立ち」• 奥村史朗(昭英大学附属病院消化器外科教授) -• 熊谷英夫 - 特別編(2004年) [ ]• 三上新一 -• 奥村史朗 -• 熊谷英夫 -• 北見康代 -• 荻野ツネ - Dr. コトー診療所2004(2004年) [ ]• 小沢信二(教師) -• 小沢小百合(信二の妻) -• 小沢ひな(信二の娘) - 第2期(2006年) [ ] 第1話 「二人の約束」• 剛利の元同僚 - (第3・4話も) 第2話 「最後の言葉」• 島民 - (第2話のモブで特別出演) 第4話 「父のあやまち」• 宮野博(投資顧問会社勤務) - 第7話 「命の期限」• 坂野和枝 - (第8話も) 第9話 「愛を乞う者」• 仲依知明(ミナの夫) - 第10話 「失われた信頼」• 三上新一 - (最終話も) 最終話 「逃れられぬ、医師の宿命」• 五島沙知子 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 原作 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」(作詞・作曲:中島みゆき、「」に収録)• 挿入歌 - 柴咲コウ「」(作詞・作曲:中島みゆき、アルバム「」に収録)• 原案協力 - 上阪泰幸、宇都宮紀子、山川恵一(小学館「週刊ヤングサンデー」編集部)• 取材協力 - 下甑村立(現:)手打診療所• 協力 - 、、、、、ほか• 撮影 - 星谷健司• 美術プロデュース - 関口保幸(第1期)、木村達昭• 演出補• 第1期 - 高木健太郎、松山博昭、西坂瑞城、、• 第2期 - 緒方敬大、戸崎隆司• プロデュース補• 第1期 - 柴田圭子、玉田祐美子、久野貴子• 第2期 - 玉田祐美子• プロデュース助手(第1期) - 池田匡夫、三竿玲子• 協力プロデュース(第1期) - 東海林秀文• 企画(第1期) -• 制作統括(第1期) -• プロデュース• 第1期 -• 第2期 - 中江功、、塚田洋子• 第1期 - 、、平井秀樹• 第2期 - 中江功、平井秀樹、高木健太郎• 放送日程 [ ] 第1期 [ ]• 初回は30分拡大(22:00 - 23:24)。 最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。 などのスポーツ中継によって放送時間が繰り下げの場合もあり。 (「 」)内はDVD-BOXで改題されたタイトル。 第1期は平均・最高視聴率ともに2003年7月期の連続ドラマで1位となった。 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2003年7月 03日 美しい南の島から、心温まる感動の物語 (「そこに、人が生きている」) 中江功 19. コトー診療所2004 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 前編 2004年11月12日 待望の最新作! 親子愛・夫婦愛・家族の絆・コトーを襲う新たな試練 中江功 22. 初回と最終回は30分拡大(22:00 - 23:24)。 (「 」)内はDVD-BOXで改題されたタイトル。 第2期の初回視聴率は木曜劇場初回視聴率の歴代最高記録となり、最終回視聴率は2006年の連続ドラマ最終回視聴率1位となった。 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2006年10月12日 二人の約束 中江功 23. 第12回• 第38回ドラマアカデミー賞• 最優秀作品賞• 主演男優賞• 主題歌賞• 監督賞• 脚本賞• 劇中音楽賞• キャスティング賞 第2期• 第15回() シリーズ• 第44回 特別賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の