三井住友ゴールドカード メリット。 三井住友カード ゴールドをマスターカードで作るメリットは?総まとめ

三井住友カードゴールド会員が教えるメリット・デメリット

三井住友ゴールドカード メリット

三井住友カードのデメリット 三井住友カードのデメリット クレジットカードを作るときに気になるのがカードのデメリット。 クレジットカードを使ってみて 「ポイントが全然貯まらない!」「インターネットで不正利用された!」ということがあるとクレジットカードを使う気がなくなってしまいますよね。 このページでは三井住友カード(旧:三井住友VISAカード)のデメリットについて解説して、そのデメリットの深刻さと解決方法について解説します。 年会費1,250円(税抜)がかかる 最近では楽天カードやイオンカードなどのように年会費無料で使えるクレジットカードも多いですが、 三井住友カードは年会費1,250円がかかるのがデメリットと言えるでしょう。 インターネット申し込みの新規入会キャンペーンで初年度年会費無料になりますが、2年目以降は年会費がかかります。 ただし、 利用明細をweb明細に設定することで年会費が500円割引になるので、申し込み画面で設定するだけで年会費750円に抑えることができます。 マイ・ペイすリボはリボ払いなので通常は分割支払いの手数料がかかりますが、 一括払いになるように支払い金額を登録しておくと当月に支払いが完了するので、リボ払い手数料がかかりません。 登録する手間が少しかかりますが、どうしても年会費無料にしたい方は上記の設定をすると良いでしょう。 web明細は申し込みのときに選択するだけで500円割引になるのでおすすめです。 改定後は、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあることが条件となります。 ポイント還元率が低い 三井住友カードは毎月のカード利用合計金額200円で1ポイントが付き、1ポイント=1円の価値があるので ポイント還元率は0. 5%です。 楽天カードは100円で1ポイント(1円相当)が付くのでポイント還元率は1%、三井住友カードは他社が発行しているポイント高還元率カードと比較すると還元率が低いと言えます。 ただし、上記のポイント還元率は普通のVISA加盟店で支払いをした場合のポイント還元率です。 三井住友カード会員専用サイト 「ポイントアップモール」を経由してネットショッピングをするとポイント最大20倍になるため、使い方次第では楽天カードよりもポイントを貯めやすいです。 三井住友カードには 年間利用金額に応じたポイントボーナスがあり、獲得ポイントが最大60%アップします。 たとえば年間50万円以上の利用で300ポイント(1,500円相当)のボーナスポイントが貰えるので、ボーナスポイントが貰える利用金額であれば実質ポイント還元率は更に上がります。 ボーナスポイントの獲得条件については下記の表をご覧ください。 前年度の年間利用金額 一般カード会員のボーナスポイント ゴールドカード・プラチナカード会員のボーナスポイント 300万円以上利用 50万円で150ポイント付与、以降10万円ごとに30ポイント付与 50万円で300ポイント付与、以降10万円ごとに60ポイント付与 100万円以上利用 50万円で75ポイント付与、以降10万円ごとに15ポイント付与 50万円で150ポイント付与、以降10万円ごとに30ポイント付与 50万円以上利用 50万円で50ポイント付与、以降10万円ごとに10ポイント付与 50万円で100ポイント付与、以降10万円ごとに20ポイント付与 18歳~25歳限定のクレジットカード 「三井住友カード デビュープラス」であれば、常にポイント還元率が2倍になるため、ポイント還元率が低いというデメリットはありません。 18歳~25歳の方であれば、三井住友カード デビュープラスがおすすめです。 今なら最大8,000円分キャッシュバック! 即日発行できない すぐにクレジットカードが必要なとき、即日発行できないというデメリットがあります。 しっかり入会審査を行っているので審査に時間がかかるという意味では信頼できるのですが、やはり申し込みをしたらできるだけ早く手元にカードがほしいですよね。 即日発行ができないと言っても、三井住友カードは最短翌営業日発行なので十分発行が早いです。 土日を挟んでしまった場合はその分カード発行に時間がかかりますが、月曜日に申し込んだ場合は最短で火曜日にカードが到着します。 申込日から到着日まで最短翌日に到着するのであれば十分です。 当日にどうしてもカードがほしい!という人でなければデメリットというほどでもありません。 入会審査が少し厳しい 三井住友カードは三井住友銀行で有名な「株式会社三井住友フィナンシャルグループ」に属する「三井住友カード株式会社」が発行しているクレジットカードです。 銀行が発行しているクレジットカードなので、 銀行系クレジットカードと呼ばれていて、クレジットカードの入会審査が少し厳しいという特徴があります。 カード申込者が過去に料金滞納や延滞がないか三井住友カード株式会社は信用情報をしっかりと調べます。 もしも過去に支払いに関して問題があったとしたら審査に落ちる可能性があります。 銀行系クレジットカードはお金を運用する関係上、カード利用料金をきちんと返済してもらわなければいけないからです。 もしかすると入会審査で審査落ちとなってしまうかもしれませんが、一度審査に通ってしまえばデメリットでも何でもありません。 また審査が厳しいというデメリットだけを話しましたが、 銀行系クレジットカードはセキュリティがしっかりしているという特徴もあり、クレジットカードを使う上で一番心配な不正利用や情報漏洩に関して安心して使うことができます。 三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳限定のカードなので、 収入がない学生の方、新社会人の方でも申し込みOKとなっています。 審査に通りやすいという意味でも、18歳~25歳の方は三井住友カード デビュープラスを申し込むことをおすすめします。 今なら最大8,000円分キャッシュバック! 三井住友カードに大きなデメリットはない ここまで三井住友カードのデメリットについて解説しましたが、実際に 気にするほどのデメリットは存在しません。 それよりも 1,250円の年会費で海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償されているというメリットの方が大きいです。 付帯サービスは旅行保険だけではなく、ユニバーサルスタジオジャパンの割引特典、宝塚のチケット割引、国内ゴルフ場の割引などがあり、ネットショッピングでも安心のセキュリティと補償が付いています。 新規入会キャンペーンで初年度年会費無料なので、まず申し込みをしてとりあえずカードを使ってみるというのもありだと思います。 もちろんリボ払いを設定しないで一括払いであれば一切手数料などがかかることはありません。 銀行のクレジットカードなので騙される心配もなく、安心して使えるというのが三井住友カードの最大のメリットです。

次の

三井住友カードゴールドのメリット・デメリット

三井住友ゴールドカード メリット

プラチナカードを持つなら年会費がある程度かかったとしても、よりスペックが充実したものを選びたい。 年会費5万円(税別)の三井住友カード プラチナは、年会費以上のスペックを持つ1枚と考えていいのか検証してみた。 「三井住友カード プラチナ」はVISAとMasterCardのデュアル発行でより便利 三井住友カードは、三井住友カードが発行するクレジットカードの中でも最上位に位置するカードだ。 年会費は5万円(税別)と高額だが、特典・サービスが充実しており、使い方次第では年会費以上の価値がある。 ちなみに「三井住友カード プラチナ」では国際カードブランドをVISAだけでなくMasterCardも選べる 三井住友カード プラチナの基本情報 年会費 本会員5万円(税別)、家族会員無料 国際カードブランド Visa・MasterCardとのデュアル発行可能 申し込み対象 原則として満30歳以上で本人に安定継続収入のある方 利用可能枠 総利用枠原則300万円~ 注目すべき点はデュアル発行といってVISAとMasterCardの両ブランドで2枚のカードを発行することも可能だ。 三井住友カード プラチナの場合、1枚目は通常の年会費5万円(税別)で、2枚目は年会費5,000円(税別)となり、家族カード会員は1枚目、2枚目ともに年会費無料だ。 デュアル発行のメリットは使える加盟店が増えることのほか、三井住友カードが提供するものとは別に各カードブランドが提供する特典・サービスについて、そのどちらも利用できることが挙げられる。 三井住友カード プラチナの特典・サービスについて紹介するが、デュアル発行でMasterCardブランドのカードも作ると、特典・サービスをさらに充実させられるということは覚えておきたい。 ポイント還元率は0. 5% ポイントアップの仕組みも紹介 三井住友カード プラチナの利用で貯まるポイントは「Vポイント」で、プラチナ会員の場合、ポイントの有効期限は獲得月から4年間となる。 ポイントはクレジット利用1,000円(税込)ごとに1ポイント(5円相当)が付与され、ANAマイルに交換した場合は0. 還元率は低いが、獲得ポイントをアップさせる方法もある。 6ヵ月間のカード支払い金額合計が50万円以上の場合に、その金額の0. 5%相当額(2,000円以上最高3万円まで)の「三井住友カードVJAギフトカード」が年2回プレゼントされるのだ。 さらに前年度のクレジット利用累計金額に応じて当年度の利用時にボーナスポイントが付与。 ボーナスポイント 前年度クレジット利用累計金額 当年度利用額50万円到達時ボーナスポイント 当年度利用額50万円到達以降のボーナスポイント 300万円以上 300ポイント 10万円ごとに60ポイント 100万円以上300万円未満 150ポイント 10万円ごとに30ポイント 50万円以上100万円未満 100ポイント 10万円ごとに20ポイント なお、プラチナ会員だけに限らないが、自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の利用により、リボ払い手数料の請求がある月のカード利用代金についてポイント2倍になるほか、ポイントサイト「ポイントUPモール」経由でのネットショッピングで2~3倍のポイントアップとなる。 プラチナカード定番の特典「プライオリティ・パス」は選択希望制 一般的にプラチナカードの多くが世界の主要空港のラウンジを無料利用できるプログラム「プライオリティ・パス」へ無料登録できるのだが、この三井住友カード プラチナでは希望選択制となっている。 カード会員には「メンバーズセレクション」として、複数の特典・サービスの中から1つを選んで受け取る特典が付帯しており、その中にプライオリティ・パスがあるわけだ。 メンバーズセレクションでは以下のプレゼントから選べる。 「海外空港ラウンジサービス」=プライオリティ・パス 世界140ヵ国1,200ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスがもらえる。 「名医によるセカンドオピニオンサービス」 各専門分野を代表する医大教授クラスの医師によるセカンドオピニオンにより、症状・病状に応じた専門臨床医を紹介してもらえる。 「上質なビジネスアイテム」 高品質と機能性を兼ね備える洗練されたビジネスアイテムをプレゼント。 「暮らしを彩るライフアイテム」 ライフスタイルを華やかに演出する選りすぐりの品をプレゼント。 「毎日を愉しむコレクション」 一級品のゴルフボールや好きな花などを選べるカタログギフトをプレゼント。 「食の逸品プレゼント」 各地の名産品など食の逸品をプレゼント。 プライオリティ・パスを選ばない場合は、国内主要空港のラウンジサービスしか利用できない。 利用においては本会員のほか同伴者1名まで無料利用でき、家族カード会員の同伴者も1名まで無料となる。 空港ラウンジの一覧は以下の通り。 割引率は初回10%オフ、2回目以降7%オフ。 また、VISA提供の特典として「VisaプラチナKaligo」専用ページからホテルを予約すると、「Kaligo. com」で通常付与されるマイルやポイントが30%追加される。 そのほか、国内外の旅行商品・航空券・ホテルにプラチナ会員優待価格が適用される「Visaプラチナトラベル」、高品質な旅を提案する銀座並木通り「JTBロイヤルロード銀座」でのポイント6倍付与などの特典も提供。 さらに、ゴールド会員と共通の特典となるが、宿泊予約サービス「Hotels. com」での優待割引も付帯する。 「Visaプラチナ空港宅配」:自宅・空港間の宅配が優待価格になる• 「Visaゴールド国際線クローク」:国際線利用時に空港での手荷物一時預かりが20%オフになる• 「Visaプラチナ海外Wi-Fiレンタル」:海外モバイルWi-Fiルーターのレンタルが優待価格になる• 海外レンタカー優待:「ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター会員」のステータス利用• 「プレミアムカーレンタル」:プレミアム輸入車のレンタル15%オフになる• 「Visaプラチナ ホテルダイニング」:ホテル内レストランで使える3,000円相当の割引クーポンをプレゼントする• 「Visaプラチナ空港送迎ハイヤー」:羽田空港か成田空港と自宅との間を優待価格で送迎する など、プラチナカードにふさわしい特典が用意されている。 グルメの特典・サービスはコース料理1名分無料やワインの特別販売も プラチナカードにはコース料理を2名以上で利用すると、1名分が無料になる特典がついたものが多いが、三井住友カード プラチナにも「プラチナグルメクーポン」が付帯しており、東京・大阪を中心に約100店舗のレストランで利用できる。 そのほか、 レジャー・イベントの特典ではゴルフの優待価格、宝塚歌劇の貸切公演優待など レジャー・イベント関連に関しては、ゴルフと観劇の特典のほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特典も用意されており、一人のシーンでも、家族のおでかけでも、便利でお得に活用できそうだ。 特に注目したい優待を下記にピックアップする。 名門ゴルフコースが優待価格で利用できる 国内外の名門コースを優待価格でプレーできる「Visaプラチナゴルフ」のほか、「三井住友VISA太平洋マスターズ」のペア観戦入場券がプレゼントされる。 来場した会員には食事券・飲み物券と大会記念品も進呈 宝塚歌劇優先販売 三井住友カード貸切公演にてプラチナ会員用のSS席を用意し優先的に販売。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの三井住友カードラウンジが利用できる 人気アトラクションの待ち時間を短縮するユニバーサル・エクスプレス・パスを、1人につき1日1枚プレゼント。 さらに事前予約によりUSJ内三井住友カードラウンジを利用でき、ソフトドリンク無料サービスやアトラクション「JAWS」への優先搭乗が提供される プラチナオファー プラチナ会員限定のイベントやプロモーションを案内。 過去のイベントとしては、男子プロゴルファー・深堀圭一郎プロとのラウンド、高級時計ブランド「ロジェ・デュブイ」試着会、洋館でフレンチとシャンソンを楽しむイベントなどがあった。 特典・サービスを積極活用すれば、年会費以上の価値がある トラベル・グルメ・レジャーの各分野におけるハイクラスなサービス・特典の数々、海外・国内最高1億円の旅行傷害保険などを総合的に考えるのなら、5万円(税別)と高額な年会費ではあるものの、積極的にカードを活用するのであればリーズナブルなカードだろう。 今回はVISAブランドのみ説明したが、5,000円(税別)をプラスしてMasterCardブランドのカードのデュアル発行にすれば、VisaとMasterCard両方の特典を利用でき用途はさらに広がる。 気になる審査難易度についてだが、申し込み自体はインビテーション(招待)なしでも可能で、年収条件としては最低でも500万円以上、できれば700~800万円以上は欲しいところだ。 もしくは三井住友カード ゴールドを取得し、毎年200万円以上の利用を2年以上続けてクレジットヒストリー(クレジット利用履歴)を積むとインビテーションが届きやすいともいわれている。 一般論としてインビテーションが届いてからの申し込みだと審査を通る可能性が高くなるといわれるので、年収条件が気になる人は先にゴールドカードの取得をするといいだろう。

次の

ゴールドカードはダウングレードが可能!そのメリットと注意点とは

三井住友ゴールドカード メリット

こんな方に最適!三井住友カード ゴールドの総評 三井住友カード ゴールドは、ごく一般的なサービス・補償内容を備えたゴールドカードですが、他社には無い大きな魅力として、 年会費の安さが挙げられます。 多くの会員は年会費を税抜き4,000円しか払ってない 年会費は10,000円+税と記述されていますが、このカードを持っている多くの方はもっと安い年会費しか払っていないものと思われます。 つまり、年会費の割引特典を利用しているものと。 三井住友カード ゴールドには、2つの年会費割引特典が存在し、 1.「カードご利用代金WEB明細書サービス」のご利用で翌年度1,000円(税抜き)割引。 2.マイ・ペイすリボへの登録+ご利用で年会費半額 となっています。 「1」は、カードの利用明細書を郵送するのではなく、WEB上の管理画面から確認するもので、要はペーパーレスですね。 「2」の「マイ・ペイすリボ」とは、毎月のお支払金額を自分で決めるリボ払い。 例えば毎月のお支払金額を10万円と設定すれば、それ以上利用した分については翌月の支払いに繰り越されるというものです。 逆に言えば、毎月、設定金額以上の支払いは生じないということ。 また、三井住友カード株式会社では、Amazon Mastercardゴールドも発行しており、こちらも上記条件クリアで年会費が4,000円+税となります。 しかも、Amazonプライム会員の年会費3,900円(税込)が無料になるため、一見すると三井住友Visaゴールドカードを解約してもいいんじゃないか?と判断しがち。 しかし、ここは冷静な判断を求められます。 実は僕自身、三井住友VisaゴールドカードとAmazon Mastercardゴールドの2枚持ち。 理由は、ポイントUPモールは三井住友カードしか利用できないため。 ポイントUPモールでは、「期間限定」と謳いながら何年もAmazon. jpの【服&ファッション小物】カテゴリをポイント9倍としています。 これ、実質的に概ね5%OFFで買い物ができる計算で、Amazon Mastercardゴールドを利用するよりもお得に買い物ができます。 そのほか、実店舗でもお得に買い物をできるなるサービスが三井住友カードにはあるので、年会費を支払ってでも持つ意味があります。 Amazon Mastercardゴールドは、Amazonプライム会員の年会費が無料となるほか、いつでもamazon. jpでは2. 5%のポイントが貯まるので、結局併用で保有することにしました。 電子マネーが充実している そのほか、三井住友カード ゴールドは、 iD、WAON、PiTaPaの電子マネーを別途申込むことが出来ます。 特にWAONカードを申込めるクレジットカードはイオンカード以外ではほぼ無いので、三井住友カードならではのメリットと言えそうです。 また、 iDはクレジットカードと一体型とすることができるので、財布の中がカードでかさばることもありません。 三井住友カード株式会社は日本国内で初めてVISAカードを発行した会社で、会員数も国内ではトップクラス。 「Visaブランドのゴールドカードが欲しい!」という方には、第一候補に挙げてもらいたい1枚です。 大手カード会社らしく充実のサービス 会員向けサービスでは、たとえば宿泊予約サイトReluxで通常プランより 一律3,000円割引でホテル・旅館に宿泊できる優待特典や、オンラインショップも実店舗もお得に買い物ができる、24時間医療・介護の相談を受付けているなどなど、さすが大手カード会社と納得の内容。 サービスや補償が充実していて、それでいて出来るだけコストを抑えてゴールドカードを持ちたい、そんな方に最適な1枚。 多くの人が絶対に年会費以上の恩恵を受ける、私自身も長く愛用しているゴールドカードの1枚です。 三井住友カード ゴールドの審査について 年齢条件として「30歳以上」と明記されています。 カードの利用限度額も最低70万円~となっており、他社のスタンダードタイプのゴールドカードよりも高く設定されています。 年収が高くない人に、70万円以上の利用枠はそうそう付けられませんよね? これらを総合的に考えると、比較的審査のハードルは高めです。 実際、三井住友ゴールドカードの審査に落ちた話はよく耳にします。 最低でも年収500万円程度は欲しいところ。 年収が300万円台だとか、勤続年数が1~2年しかないような方は別のゴールドカードの入会、若しくは一般カードへ入会して利用実績を積んでゴールドへ切替える等の検討されてみてはいかがかと思います。 なお、30歳未満の方は、への入会をどうぞ。 ポイントについて ポイントプログラム 月間カード利用金額1,000円につき1ポイントを付与され、貯めたポイントの有効期限は3年間となっています。 年間のカード利用金額に応じてボーナスポイントがもらえます。 前年度(前年2月~当年1月)の 年間利用合計金額 今年度の利用累計金額に 応じたボーナスポイント アップ率 50万円以上100万円未満 ステージ:V1 50万円で100ポイント 以降10万円ごとに20ポイント 20%アップ 100万円以上300万円未満 ステージ:V2 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント 30%アップ 300万円以上 ステージ:V3 50万円で300ポイント 以降10万円ごとに60ポイント 60%アップ 三井住友カード会員ならポイントが2~20倍たまる「ポイントUPモール」は、amazon. jpやYahoo!ショッピング、楽天市場などのほか、ベルメゾンネット、H. S、HP Directplus、一休. com、ビックカメラ. com、ケーズデンキオンラインショップ、DHCオンラインショップなど、誰もが知っているネットショップが多数参加。 「ポイントUPモール」を利用して買い物をすればするほど、どんどんポイントが貯まっていきます。 ポイントUPかキャッシュバックかどちらか好きな方を選べます! 中には、【スペシャルオファー】としてポイント10倍やキャッシュバック最大4. 5%なんてショップも多数あり、「ココイコ!」だけで年会費を上回るメリットを受けることも難しくありません。 このサービスは2016年から始まったのですが、サービス開始当初、大丸百貨店で欲しいバッグがあったので、ココイコ!でエントリーしてから5%キャッシュバックで購入したを今でも覚えています。 公式オンラインショップでも安くなってない新作だったので、とってもお得に買物をすることが出来ました。 保険 旅行傷害保険 最高5,000万円まで補償する海外旅行傷害保険および国内旅行傷害保険を付帯しています。 ショッピング保険 国内・海外を問わず、三井住友ゴールドカードで購入した商品が破損・盗難・火災等の偶然な事故で損害を被った場合に、年間最高300万円まで補償するショッピング保険を付帯。 国内・海外渡航便遅延保険 航空便の遅延・欠航若しくは航空便に預けた手荷物の配達の遅延・紛失等によって負担した、食事代やホテル代、衣類などの生活必需品の購入費用等について、最高2万円まで補償します。 旅行 宿泊予約サイトReluxでは3,000円引き 国内の厳選されたホテル・旅館をターゲットにした宿泊予約サイト『Relux』。 高級な宿泊施設がメインですが、比較的リーズナブルな宿泊施設も掲載されています。 何よりReluxは最低価格保証を行っているので、他の宿泊予約サイトなどで安い価格を提示していた場合は差額を返金してくれるメリットがあります。 そのReluxと三井住友カード株式会社は提携しており、ゴールドカード会員は3,000円割引にて利用可能です。 空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジを無料で利用できます。 VJデスク 北アメリカ、アジア、オセアニア、ヨーロッパの主要都市に設置されている「VJデスク」では、当地の観光情報・イベント情報等の案内や、レストラン・オプショナルツアー、各種チケット等の予約・手配のほか、パスポートの紛失・盗難時のサポートを日本語で対応してくれます。 格安航空券や優待ホテルを多数用意しています。 ハーツレンタカー優待特典 世界145ヵ国、8000ヵ所以上のネットワークを誇るハーツレンタカーを、アフォーダブル料金(日本での事前予約割引料金)から10%OFFで利用できます。 ホテルや旅館で優待 全国のホテルやレストラン、レジャーなどを会員向け優待割引またはサービス付きで利用できます。 会員限定宝塚貸切公演 三井住友カード会員限定の宝塚貸切公演を年に数回実施しています。 グルメ・エンターテイメント 割引&サービス 全国のレストランや居酒屋、バーで料金が割引になったり特別なサービスを受けられる優待特典が多数用意されています。 その他 ドクターコール24 本人はもちろん、子どもや家族の急病やケガに対し、医師・看護師・保健師等の専門スタッフが24時間・365日電話で相談に応じます。 日ごろから気になっている症状や健康の不安についても相談に応じてくれる、頼れるサービスです。 このほか、三井住友カードが利用でき、優待割引が適用可能な「人間ドック優待サービス」も用意。 各種人間ドックやPET健診が受けられる、全国の病院・クリニック・健康管理センターを紹介しています。 会員情報誌「VISA」 国内・海外特集や暮らしに役立つフレッシュな情報を満載した会員情報誌「VISA」を毎月お届け。 「VISA」にはチケット情報や優待サービスなどお得な情報が満載です。 さらに、選りすぐりのグッズや衣類などが掲載された、別冊「通信販売」も同封されてきます。 追加カード 三井住友カード会員は、追加カードとしてイオングループや吉野家等で利用できる「WAON」、交通系ICカード「PiTaPa」、チャージいらずの電子マネー「三井住友カードiD」を用意しています。 もちろんApple Payにも対応しているので、対応機種をお持ちの方にもおすすめのゴールドカードです。 私も持っています!三井住友カード ゴールド 三井住友カード ゴールドを申込んだ当初、私自身、それまで三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードを一切持っていませんでした。 まさに新規申込み。 30代半ばくらいで、審査に通るのかどうか正直不安がありましたが、審査に通ってすぐに発行され、ホッと安心した記憶があります。 年収600万円で100万円の利用可能枠がつきました。 当時は100万円の利用可能額に対してシステム上、ドンピシャの100万円の設定はできませんでしたが、999,000円での設定は受けつけてくれました。 このように、利用限度額いっぱいに設定すると、事実上、一括払い専用のクレジットカードに変身してしまうんですよね。 (=5,000円引き) これはデカいですよね。 利用明細書の郵送をストップするのと合わせて、 年会費1万円が4,000円(税抜き)まで優遇。 これが三井住友カード ゴールドの最も大きな利点です。 これは他社に無いメリットです。 三菱UFJニコスが発行するもリボ払いを設定すると年会費が割引になる特典がありますが、こちらは毎月の支払い上限金額が最高で10万円。 毎月10万円超クレジットカードを利用する会員なら、リボ払いの手数料が取られるわ、返済が繰り越されてなかなか支払い終わらないわで、メリットが全然ありません。 三井住友カード ゴールドを持って感じた点 もそうですが、VISAブランドであるが故に利便性抜群です。 国内ではJCBに次ぐ加盟店数を誇りますが、海外での使い勝手の良さはスゴイです。 最初に作るのはVISAかJCBのブランドであることは誰もが知っているのでしょうが、海外に行く予定があるならVisaブランド最優先ですね。 さらに貯めたポイントをVISAギフトカードへ交換する場合、MUFGやJCBだと交換するポイント数に手数料が若干上乗せされているんですが、 三井住友カードは手数料がありません。 たとえば、5,000円分のギフトカードへ交換する場合、三井住友カードは1,000ポイントですが、JCBやMUFGは1,050ポイントと、「50ポイント」違うんですよね。 50ポイントといったら、 5万円利用相当分。 たかが50ポイント、されど50ポイントです。 そのほか、三井住友カード ゴールドのメリットは、 電子マネーでしょう。 iD一体型のクレジットカードなので、チャージ不要で、利用するシーンに合わせて電子マネー払いかクレジットカード払いかを選択できます。 イオンが発端となった電子マネーのWAONカード。 クレジットカード会社の中ではイオンカードを除いて三井住友カードが唯一発行していて、三井住友カードでのチャージが可能。 さらに、PiTaPaも追加発行でき、こんなにフレキシブルに支払い方法を選択できるのは三井住友カード株式会社が一番なのではないでしょうか? iDに関しては、条件クリアで1年間ポイント2倍キャンペーンなんてのも実施したので、他社のQUICPayや楽天Edyなんか使用するより断然有利なんてことも・・。 あと、一流ホテルや旅館が格安で宿泊予約できる「relax(リラックス)」をご存知の方もいるでしょうが、三井住友カード ゴールド会員は、relaxが提示している宿泊料金よりさらに 3,000円割引で泊まれます。 最低価格保証しているrelaxの宿泊費がさらにお得に・・・。 これはお得です。 結論から言って、一番初めに持つゴールドカードとしてはと並んで筆頭に挙がると思います。

次の