鉄道オタク モデル。 松井玲奈の「鉄道オタク」はビジネス?嘘くさい!その真相は?

鉄道オタクに素朴な疑問鉄道のなにが楽しいのですか?写真を撮って...

鉄道オタク モデル

この記事の内容の信頼性について。 確認のための文献やをご存じの方はご提示ください。 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。 以下は鉄道趣味とされる趣味の例である。 それぞれの分野に熱中するファンは、〔 〕内に示すような愛称・俗称で呼ばれることがある。 車両研究• 研究(〔車両鉄〕) - 最もコアなファン層を形成しており、鉄道趣味誌にもこの層をターゲットにした記事が多い。 車両分類 (各系列・形式の特徴を詳細に把握)• 車歴 (ある特定車両の改造遍歴や所属履歴を追跡)• (走行のための・・・等の性能比較・研究)• (座席配置や室内快適性を検討)• (過去及び現在の列車編成の把握) 鉄道写真• (〔撮り鉄〕)• 形式写真 (車両研究・模型製作資料などの目的もある)• 走行写真• 鉄道と風景、鉄道のある風景、旅情に重きを置いた写真• 録音・音響研究• 研究(〔音鉄〕・〔録り鉄〕) - 鉄道にかかわる音声を録音、比較、評価• 機器動作音(床下機器など) 鉄道模型 「」を参照 コレクション• コレクション(〔収集鉄〕)- 鉄道に関する物品の収集• や各種装置の部品(イベントなどで販売される場合がある) 旅行・乗車• (〔乗り鉄〕)• (〔乗り潰し〕)• など、乗り放題切符の旅 (低予算で各地を回る旅行)• 〔かぶりつき〕 (運転席の後ろで前面展望を楽しむ)• (運転席から撮影したビデオで手軽に前面展望を楽しむ)• の旅、(〔降り鉄〕) 駅を途中下車し、駅周辺を散策したり、観光名所に行く。 探訪・ラッピング収集(〔駅弁鉄〕)• の食べ比べ 時刻表・駅研究• 収集・分析(〔時刻表鉄〕)• 研究(〔駅鉄〕)• 駅の構造研究• 駅名研究• 駅めぐり(など)・全駅制覇• 撮影 運転・施設設備・歴史・業務研究• 鉄道業務・設備の研究• 運用 (どの列車にどの編成や車両が使用されているか、どこで切り離されるかなどの情報把握)• 配線 (、の配置、・・など線路周辺設備の把握)• (軌道構造物・駅舎等の建物・橋梁・トンネルなど)の撮影・研究など• (主に分岐器)の撮影など• (、、など)の調査研究• ・鉄道経営などの学術的研究• の研究• 鉄道会社の発行するの研究• ・探訪• 鉄道業務の研究• 運転業務の調査研究• 鉄道に関する規則の研究• ・研究• の受信や研究• の調査研究• 、鉄道の安全にかかわる研究• 鉄道に関わる法規の研究 その他• 運転(例:、、)• 経営シミュレーションゲーム(例:、)• 創作 鉄道を題材とした・・等の制作。 鉄道研究会の会誌や個人のでは研究成果(ノンフィクション)と並んで発表される。 鉄道(描き鉄) - 車両や駅舎の絵画を描く。 絵画の技量が必要なこともあり少数派だという。 架空鉄道 - 想像上の鉄道路線や時刻表、車両を創作する。 への - 株主優待券や限定グッズの入手が主目的だが応援目的の者もいる。 鉄道趣味サークル 鉄道趣味に関するサークルが数多く存在する。 日本の学校鉄道研究部・研究会 鉄道趣味サークルの代表的なものが、学校のサークル活動・部活動の一つである鉄道研究部・研究会である [ ]。 元部員・会員を中心に略して「鉄研」とも呼ぶ。 活動中・休部中問わず全国の大学・高等学校・中学校にある鉄道研究部・研究会の数は多い。 全国的な学校・サークルの連合組織は日本には運動系以外は少ない。 神奈川県には、神奈川県高等学校文化連盟の一組織として、神奈川県高等学校鉄道研究部連盟(神奈川県高鉄連)があり 、神奈川県内の高校の鉄道研究部等が加盟している。 また、毎年行われる神奈川県高等学校総合文化祭において鉄道研究発表会を実施している。 大学生においては、「関西学生鉄道研究会連盟(関西学鉄連)」が存在している。 この種の組織はかつて日本各地にあった。 各サークル自体の人数が非常に少ないためにサークル自体が廃部になり、連盟も事実上解散している場合がある。 2010年12月には、千葉県にある5大学が加盟する「ちば学生鉄道研究会連合」が新たに発足し、今後の活動が注目されるほか、2013年に関東学生鉄道研究会連盟(関東学鉄連)が再起した。 鉄道研究部の活動は各校異なるが、おおむね以下のようなものがある。 部誌制作およびそのための取材活動• 合宿・旅行(この旅行記を部誌の中心に置いている場合もある)• 学園祭・文化祭における出展・研究発表 学校レベルでの部誌の中には、一般書店の鉄道コーナーで販売されるものもある。 部誌は白黒の単色刷りのものが多いが、一部にカラー刷りのものもある。 研究発表活動は、取材の成果(写真・データなど)や鉄道模型の展示などが基本である。 特に長い歴史と多大な活動実績を持つ鉄道研究部の中には、5大鉄道趣味雑誌(、、、、)から執筆を依頼されたり、鉄道会社からイベントへの参画が来たりすることもある。 鉄道ファンが悪いイメージに思われている中、 乗客への態度・人当たりを大幅に改善し、乗客と旅の思い出に残るような交流を行い、 好評を博していることがある。 さらには、乗客が複数人の一行で乗車した時に、一行の中で誰かがその一行の写真を撮っている時には一言声をかけて、その一行全員で写る形の、写真撮影代行サービスも展開している会がある。 しかしながら、全国的には滅多に例が少なく、このような取り組みは広まっていない [ ]。 一般鉄道サークル ある一つの学校の学生・生徒だけで構成される学校鉄道研究会だけではなく、一般に入会希望者を募り、活動している鉄道サークルもある。 代表的なものでや鉄道資料交換会 RSEC 、Rail-On(公認の・2008年に解散)など。 これらは貸切列車を仕立てた大規模な懇親イベントや鉄道模型の運転会、あるいは貴重な歴史的鉄道車両の保存・維持管理など、個人では不可能な活動を実現することを活動の目的としていることが多い。 鉄道高校(鉄道学校) 鉄道について学ぶ学校()がある。 には、という鉄道関係の学科を持つが存在する。 高校の授業として鉄道が学べることや、在学中にJR・私鉄駅での実習や(私鉄のみ)までできること、鉄道関係各社局への就職率が高い等の理由で鉄道ファンの生徒も多い。 東京近郊から遠く離れた地方から受験し入学する生徒もいる。 ただし、これらの学校に入学できたからといって必ずしも鉄道事業者等へ就職するわけでなく(希望が叶わなかったり、もしくは逆に本人希望で)、卒業後に鉄道以外の分野の職業に就いたり、・・に進学する者も多い。 また一般の高校から、または大学・短大・専門学校へ進学してから鉄道業界へ就職する者も少なくない。 鉄道ファンの使う道具 時刻表 鉄道ファンにとって時刻表とは、単に時刻を調べるための道具にとどまらず、様々な使用法がなされる。 主なものは以下のとおり。 時刻表を見て、架空の旅行計画を立てる(机上旅行) - 沖縄県を除いた46(が2003年開業したのでを入れてここを含めて全部にする者もいる)のをいかに早く周るかや、いかにJR最南端のから最北端のまで行くか等がある。 時刻表を見て、を推測する - 列車の行き違い箇所、追い抜き箇所、折り返しのなどを推測する。 古い時刻表を見て、当時の列車状況などを調べる - 時刻表は当時の鉄道を知る「資料」となるため、時代から時代まで、大掛かりなダイヤ改正があった時期などを中心にいくつかの古い時刻表を復刻した「復刻版時刻表」が販売されることもある。 ただし、は詳細な記録がまとめられているが、は巻末に大雑把にしか掲載されていない。 そのため、各社から個別の時刻表が発売されたり、が発行されるなど利用客向けの広報体制が整う時代(大まかに頃)よりも前のダイヤを調査することは、困難な場合が多い。 当然ながら、過去の時刻表には現在は廃止されてしまった路線や列車のダイヤが載っているので、現在では実現不可能な鉄道旅行を空想する楽しみ方もできる。 旅行の際、大判の時刻表を持っていくのはかさばるからと携帯版の時刻表を持っていく者も増えているが、それでも大型時刻表を持っていく者も存在する。 その理由として、複雑な旅行計画を組む鉄道ファンにとって、旅行中に万が一ダイヤが乱れた際行程を立て直すためにはどうしても情報量の多い大型時刻表が要ること、また、列車の中や待ち合わせ時間に暇な際に情報量の多い大型時刻表を見るなどして時間つぶしをすることなどが挙げられる。 人によっては、大判時刻表の必要な部分だけをちぎったり、する者もいる。 大型時刻表の発行元はとの2社に現在では集約されたため、好みが大きく別れる。 前者の「JR時刻表」はJR化以後の公式時刻表であり、が赤色表示なので分かりやすいこと、入線時刻や発車番線などの情報量が多いこと、後者の「JTB時刻表」は、国鉄時代において公式時刻表「国鉄監修交通公社の時刻表」として長い歴史があり、ページ割りも国鉄時代とほとんど同じであること、大都市近辺詳細図のページが会社別色別で見やすいこと、「グッたいむ」といった読者投稿が載っていることなどを、それぞれ利点として挙げている。 紀行作家のは自著『』において、自分の国鉄全線を『「列車に乗る」のではなく「時刻表に乗る」』と評している。 最近は [ ](社)鉄道貨物協会発行の「」がを撮影する鉄道ファンの必需品となりつつある。 カメラ 鉄道趣味、特ににおいてはは欠かすことのできない道具である。 望遠から広角まで様々な種類のレンズが必要になるため、が好んで用いられる。 特に一本限りの臨時列車など、一発勝負でミスできない撮影のために、プロ並みに複数のカメラを同時に準備する例もある。 通勤中などに不意に変わった車両や変わった運用を目撃したときのため、小型軽量で携行の容易なを欠かさず携帯する鉄道ファンもいる。 ただしカメラ付き携帯電話の普及で、これで代用するケースも増えている。 そのほかに脚立とも使うと便利である場合があり、有名な撮影ポイントやプラットホームの先端部分では三脚を立てたファンが集い、熾烈な場所取り合戦を展開することもある。 ただし、混雑したり幅が狭いプラットホームにおいて三脚を立てるのはマナーの悪い行為とされる 現在では持ち込み禁止の駅も存在する。 このため、鉄道会社側でも駅での三脚・脚立の使用自粛を求める動きが強まっている。 駅でなくても、線路沿いの交通量の多い道路などで脚立を使うのは、迷惑行為であると同時に危険行為でもある。 鉄道写真を趣味とする鉄道ファンはカメラメーカーのよい「お得意様」である。 そのため、カメラメーカーが鉄道ファンを支援することもある。 例えばは、「いい旅チャレンジ2万キロ」を後援していた時期もあり、キヤノンは、ファン雑誌でのコンテストを協賛している。 鉄道趣味誌にカメラメーカーが広告を掲載することは現在でも多い。 鉄道ファンの概要 日本の鉄道ファンの構成・特徴 親子で撮影を楽しむ「ママ鉄」 かつて(以前)は女性は皆無に近く、現在も大多数が男性であるが、近年は女性ファン、若い年齢層の女性のファンも増す一方で、まとまった数がいる。 年代層は青少年から高齢者まで幅広い。 幼年期の子供は、多くが鉄道などの乗り物に興味を示すが、徐々に他の多様な対象に関心を移していく人々も多い。 しかし、一部の人々は乗り物の中でも鉄道に対する興味を特に深めていき、「鉄道趣味」と呼ばれる趣味を楽しむようになる。 なお、鉄道ファンが父親・母親となった場合にも、子供にこの趣味を教え込むこともある。 逆に、子供を授かるまで鉄道にそれほど興味を抱かない人が、子供と一緒に鉄道趣味を楽しむことで鉄道ファンになることもある。 新ジャンルとして「ママ鉄」というジャンルがある。 時刻表トリックを多用するは、鉄道ファンの興味を引くミスのあった作品が口コミにより売れたため、担当の編集者から1作に1箇所はミスを入れて欲しいと依頼があったという。 日本における呼称について 日本における「鉄道ファン」に対する呼称は一様ではなく、時代や文脈によってさまざまに分かれている。 以下、呼称について各呼称ごとにその由来・時代変遷を述べる。 「鉄道ファン」 最も一般的かつ無難な呼称。 後述するように昭和30年代頃までは「鉄道マニア」が通常呼称であったが [ ]、「マニア」という言葉が次第に嫌われるようになり、代わりに使用が広まった。 英語でも鉄道趣味人のことは「 railfan」といい、日本語でも「 レールファン」という表現が用いられることがある。 なお、「鉄道ファン」はを発行するがしているが、「雑誌、新聞」というジャンルに限った呼称の登録であるため、一般的な使用や、「雑誌、新聞」以外のジャンルでの商業的使用にはまったく問題がない。 「鉄ちゃん」 「…ちゃん」という愛称形をとっているため、親しみを込めた文脈から差別的な文脈まで広く用いられ、ファン自身が卑称扱いで自称することもある。 発生時期は明確でないが昭和40年代頃とみられ、元は卑称・蔑称であったともいわれる。 これに対し女性の場合は、「みっちゃん」と呼ばれる。 これは、「鉄道」の「道」から発生したものである。 近年では「鉄子」とも呼ばれる(後述)。 「鉄」 2000年代以降中立的名称として広く使用が認められる語。 「てつ」・「テツ」と仮名表記することもある。 アクセントは「て」に置く場合がほとんどで、物質としての「鉄」と区別される(関西での物質としての「鉄」と同じ発音)。 シンプルなため造語性が高く、列車に乗ることを趣味とする人(駅の周りを探索するいわゆるを含む場合もある)を「 」、列車の撮影を趣味とする人を「 」、またはなどを録音、または走行中の列車を録画する「 録り鉄」(とりてつ)、・列車や廃車間近の車両を趣味の対象とする人(またはその行為)を「 葬式鉄 葬鉄 」(悪い意味合いで使われることが多い)のように呼ぶ。 さらに派生語として、 鉄道に関する情熱の度合いを「 鉄分」と表現し [ ]、鉄道ファンでない人を「 非鉄」と鉄道ファンが呼ぶこともある。 また、漫画『』の影響で、女性の鉄道ファンを「 鉄子」と呼ぶ習慣もできつつある。 「鉄道趣味者」「鉄道趣味人」「鉄道愛好者」「鉄道愛好家」 「鉄道ファン」の和訳とでも称するべき呼称。 一部で用いられるが、として据わりが悪いためか、鉄道ファンや鉄道ファンをターゲットにした分野で使われることは少ない。 「鉄キチ」 「鉄道」の略。 類語として「汽車キチ」などもある。 現代では差別的と見られるものであるが、文脈上は必ずしも明確な差別意識を持って用いられるとは限らない(実際、『汽車キチ昭和史 車窓からみた日本の50年』(中村薫著、)という鉄道の書物がある)。 「鉄道マニア」 昭和30年代頃までは普通に鉄道ファンを指す呼称として用いられており、ファン自身が通常の言葉として用いている例も多い。 先述の通り、少なくとも当時は「鉄道ファン」よりも一般的な用語であった。 しかし後述するようなファンの質の低下により「マニア」の語が持つ差別性がクローズアップされ、次第に蔑称的なものとして認識されるようになった。 現在も、特に他者に対して差別意識なしにこの語を使用する人も多く、必ずしも「蔑称」とは言い切れない面があるが、否定的な文脈での使用例が多いのも事実であるため、こう呼ばれることを好まない鉄道ファンも多い。 なお英語の「 Railway Mania」は日本語でいう「鉄道マニア」のことではなく、鉄道の創成期に鉄道敷設やへのに熱中した「 」のことを指し、鉄道趣味とは関係ない。 「鉄道オタク」「鉄道ヲタク」 卑称・蔑称のうち、最近広く用いられているもの。 「」「ヲタク」という語の浸透とともに起こったもので、「一般人にはよく分からないディープな世界」である鉄道趣味の性質をいわゆる「オタク」と混同して作られた語である。 ただし、さまざまな分野においてオタクという言葉自体が近年一般化されているので一般の間ではこちらの言葉がメジャーになってきている [ ]。 「鉄オタ」「鉄ヲタ」「オタ・テツ」 卑称・蔑称のうち最も卑下・軽蔑の意図がこもった呼称。 元は「鉄道オタク」「鉄道ヲタク」の略称であるが、特定の傾向を持つ集団を指す意図で用いられる。 「でんちゃっちゃオタク」「屑鉄」「地雷鉄」「にわか鉄」「ガキ鉄」 上記の「鉄オタ」などに比べ更に卑下・軽蔑の意図がこもった呼称であり、いずれもSNS(ソーシャルメディア)上で使用される。 日本国外の鉄道への興味 日本の鉄道ファンは、その対象を日本国内の鉄道のみとしている人が多く、日本国外の鉄道を趣味の対象としている人は多くない。 その理由としては、次のようなものが挙げられる。 (一般論として)日本の鉄道が「世界の鉄道の中でもかなり先進的である」ため、日本国内で満足していることが多い• 列車に乗ることを趣味としているファンにとって、鉄道趣味とは「日本独特の旅情」を楽しむ側面を併せ持っており、国外の鉄道ではこの「日本の旅情」を楽しむことができないという(日本の領土時代に日本により鉄道が建設され、発展したや(サハリン)では、日本のファンがこれら地域に残された日本らしさを発見するという楽しみ方をすることもある)• 日本が島国であり、色々な意味で国外の鉄道に接触する機会が少なく、鉄道自体も他の国との物理的接点を持たない• 戦後(特に以後)の日本の鉄道が、世界の鉄道とは違った独自の発展(例えばなど)を遂げたことで、技術や運営の面などで、世界の鉄道から「」している• いわゆる「言語の壁」、すなわち語学力の問題 かつては「鉄道雑誌以外に、日本国外の鉄道の情報を得る手段がないから」と言われる事も存在したというが、現在ではの発達により、以前に比べ情報量や即時性などの面で劇的に改善されている。 それにより(言語の問題はあるが)、「情報の少なさ」という理由は以前に比べ緩和されていると言える。 (定量的なデータではなく、あくまで定性的なものであるが)日本の鉄道ファンが、日本国外の鉄道に興味を示さない傾向が強いのは、鉄道雑誌において「日本国外の鉄道を特集に取り上げると、売り上げが落ちる」「日本国外の記事はいつも人気がない」と言われていることからも窺い知れる。 日本の鉄道ファンが日本国外の鉄道を趣味の対象とする場合でも、その対象は(特にや)、あるいは日本統治の歴史があり地理的に隣接している台湾や、樺太など、きわめて少数の国・地域に偏っている傾向がある。 さらに、高速鉄道や観光鉄道など、日本の学生用社会科(地理など)の教科書やテレビや雑誌などでの注目・露出度が高い鉄道だけを趣味の対象としている場合も少なくない。 そのような状況の中、に入ってからは、日本の鉄道の近代化・合理化が進んだことや、ローカル線の縮小が進んでいることなどの理由で、きわめて少数ではあるが、現在の日本の鉄道に興味を失い、新たに日本以外の鉄道に関心を抱く鉄道ファンも存在する。 また、かつて日本で運用された車両が国外の鉄道事業者に譲渡されるようになったことや、格安航空券の普及で日本国外への旅行にハードルの高さを感じなくなったことにより、日本国外の鉄道を撮影・乗車するためのハードルは下がっている。 長年鉄道ファンを続けてきたリタイア層が、金銭的な余裕も持ち合わせていることにより、日本の鉄道のみならず国外の鉄道を見聞するために旅行するといった現象も起きている。 こういった層をターゲットとした旅行商品も用意されるようになり、一般観光旅行より高額にも関わらず、多くの参加者を集めるという現象も起きるようになった。 各国の鉄道ファン 欧米ではや保存車両の運営、維持にボランティア活動や資金カンパなどを行っている鉄道ファンが存在する。 は、やなどで特に盛んである。 では廃車になった車両を修繕し展示や運転を行うグループが存在する。 また、国や地域によって、ファンの活動にも温度差があり、下記の旧共産圏に含まれる方面では、法律によって鉄道施設の撮影などが制限されている国もある。 いわゆる「新興経済国」や旧共産圏の国々のなかには、「国家防衛上の理由」により鉄道趣味への制約が存在する国も多々見られ、それ以外の「発展途上国」では「鉄道趣味」という概念はおろか定期的に運行される鉄道自体が存在しない国が幾つも存在する。 欧米にも「鉄道オタク」・「鉄道マニア」を意味するが存在する。 英語圏では、一般的に Railfanが鉄道ファンを指す言葉であるが、「マニア」を意味する Geek、 Nerd、アメリカで用いられる Foamer、イギリスで用いられる Trainspotter、 、 Crank、 Grizzer、 Gricer、オーストラリアで用いられる Gunzelなど的な言葉も存在する。 これらの中にはは侮蔑的な意味を含む言葉が幾つも存在し、いずれも鉄道に対して過度に熱中し、見境なく暴走、はては迷惑行為を行い、社会的適応力に欠けてしまっている鉄道ファンを揶揄する言葉である(日本でいう「迷惑鉄」ないしは「でんちゃっちゃオタク」「屑鉄」などに相当)。 の以降、アメリカでは列車撮影目的の鉄道ファンがからのを受ける事例も生じている。 各国での楽しみ方• 日本以外の国・地域のファンも日本と同様、旅行、写真、模型、コレクションなどを楽しんでいる。 欧米では、鉄道事業者の協力の下で、や保存車による貸切列車が、大々的に運転されることもある。 ドイツのマイニンゲン工場での蒸気機関車の展示 欧州 の独特の趣味として「車両を見る(トレイン・スポッティング)」という趣味がある。 駅などのホーム端部で行き来する列車の車両番号をノートに記録、または車両を見ながら車両番号を読み上げそれを録音する。 これは地続きのヨーロッパにおいては、一つの列車に複数の国・地域の車両が連結されていることも多く、ファンの心をくすぐるためである。 ただし「トレイン・スポッティングをする人」を意味する Trainspotterは、上記のように侮蔑的な意味を含む。 また、実際の営業路線で動態保存のや列車を、団体臨時列車・イベント列車として走らせるグループ・組織や、実際に列車運転を体験できる鉄道もあり、その楽しみ方は多彩である。 ・ 国土が広大で、貨物列車主体の鉄道であるため列車のスケジュールは一定ではなく、列車を撮影する際には無線機を携帯し、を聞いて列車の現在位置を把握することが多い。 単に目撃した機関車の番号を記録するだけのファンもいる。 非常に裕福なファンも存在し、個人で列車を借り切ることもある。 また、線路上を走行可能なように整備されたや豪華なソファーに、など移動を更に楽しくさせる要素を含んだが存在し、それらの車両をなどの定期旅客列車に併結させることもある。 旅客輸送の全盛期の備品のコレクションが盛んである。 なかでも、「レイルウェイ・チャイナ」と呼ばれる食堂車で使われた高級の収集は他地域ではあまり見られない。 また、鉄道会社の発行するにはそれぞれの鉄道会社の特徴を表すイラストが載っていることが多いため、株券を収集するファンも存在し、消滅した鉄道会社の株券を売買するコレクター・ショップも存在する。 自宅の庭に大型の鉄道模型である「」を敷設するファンも存在する。 ・ 中南米地域の国々では、鉄道は欧米諸国の大企業によるや開発から発生する作物を輸送するために敷設された路線が多く、旅客輸送はおろか路線自体が「休止」となっているケースも多々見られる。 また情勢が不安定な国々も多く、「安全上の問題」により列車の写真を撮影出来ない場合もある。 それらにより、中南米地域全体では鉄道ファンと呼べる人々はさほど見られない。 しかし、中南米地域の中では経済に加え鉄道網も最も発展しているとされると(・・)では、鉄道車両や鉄道模型 が製造され、鉄道に関する沢山のホームページや同好者組織 が作られ、特にでは数種類の鉄道雑誌 が定期的に発行され、 という名前の保存団体が多数存在するなど鉄道趣味が浸透している。 やのチリ方言には鉄道ファンを指す"Ferroaficionado"(アマチュア鉄道人)という言葉があるほどである。 同国首都の大切な足として親しまれているでは日本の中古地下鉄車両が使用されており、日本から撮影や乗車をするために現地へ向かう鉄道ファンも存在する。 共産圏 共産圏は資本主義諸国に比べて鉄道撮影に対する制約が強い。 では、21世紀になってから列車を撮影するファンが僅かではあるが現れはじめている。 また、主にインバウンド来訪者を対象として、鉄道事業者が蒸気機関車の体験運転を実施する例もある。 列車を撮影する鉄道ファン() 台湾ではまでが施行されていたため、鉄道施設・車両に対する撮影に制限があったが、近年徐々にファンが増えてきている。 特に・の開通後は増え方が加速している。 日本同様に鉄道研究会がある大学もある。 に鉄道愛好者の団体である「鉄道文化協会」()が結成され、鉄道趣味雑誌が発行されている。 準戦時体制下にある韓国では、鉄道は軍事上重要な位置を占めており、鉄道施設・車両に対する撮影には制限がある。 鉄道を趣味とする人は少ないため、情報発信は韓国に在住、あるいは韓国を訪問したインバウンド来訪者によるものが多い。 近年は、以前よりも撮影規制などが緩和傾向にある。 しかし韓国では、鉄道は「」という概念が強く、や・でによる観光列車が走ったことがあるが、いずれも長続きしていない(「」の項目参照)。 一方で豪華「」号や、などの廃線跡を活用したの運行など、鉄道ファンを増やす試みも見られる。 オランダの植民地時代から存在し、インドネシア語で狂人を意味するエダン(edan)とオランダ語で鉄道を意味するスポール(sepur)をあわせてエダンスポール(edan sepur)と呼ばれる。 英語風にレールファン(railfan)と呼ばれることもある。 2009年にインドネシア・エダンスポール・クラブが設立され、鉄道専門店の「プラサスティ」でグッズなどの展開を行っている。 モンゴルは、民主化後は鉄道施設・車輌に対する撮影の制限が緩和されている。 中国は撮影マナーに関して非常に厳しく、駅の入場時間に制限が設けられていたり、撮影しようとして拘束されるケースなどがある。 近年では鉄道趣味が普及しつつあり、いくつかの大学には鉄道研究会もある。 ソ連時代、鉄道車両や施設などは軍事情報とされ撮影等は基本的に禁止されていた。 現在では基本的に撮影可能であり、鉄道ファンが情報交換するサイト trainpix. org やインスタグラムにも鉄道写真が多数投稿されている。 また、では日本から多数の事業者より譲渡された気動車が運用されていたり、では日本の寝台客車が中古で輸入され使用されているため、すでに日本国内で引退した車両を乗車・撮影する目的でそれらの国へ渡航する日本の鉄道ファンも存在する。 鉄道ファンによる迷惑・犯罪行為 左下の列車を撮影しようとホームに殺到する鉄道ファン() 鉄道趣味に関する活動の中でマナーをわきまえず、を繰り返す者もいる。 車内や駅構内で他の乗客の迷惑も顧みずに撮影や録音等をする、駅構内で大音声で罵声を上げる、三脚や脚立を持って走り回る、撮影のために他人の土地に無断侵入する、撮影地でを持ち帰らずに放置したり、移動のために用いる自家用車やバイクを駐車禁止区域に駐車したりするなどのほか、鉄道会社の展示物や備品を盗むというすら発生している。 これら、悪質なファンの行動を原因とする一般の乗客や鉄道沿線の近隣住民とのトラブルも少なくない。 また、一部の鉄道会社ではこれらの迷惑行為を考慮してファンサービスの企画(動態保存車両の特別運転や車両基地の一般公開など)を縮小、もしくは、一切行わない会社も出てきている。 日本でこのような迷惑行為が増加したのは、1970年代の全廃に伴う「」でファンが著しく広がり、それに続く「ブーム」で当時の若年層がより流入したことが原因であると考えられている。 この時代、列車撮影が盛んになるとともに、撮影名所での場所取り・不法侵入・危険な区域への突入・破壊窃盗行為・列車妨害等々の無法な行為や、過熱した鉄道ファンが沿線で夜行列車撮影のために深夜徘徊することが問題になった。 鉄道ファンは、自動車ファンなどと異なって、趣味対象を直接所有することはきわめて難しい。 鉄道関係のイベントで解体された車両の備品などを購入できたり、車両そのものを譲渡あるいは寄贈してもらったり(など)するケースはあるが、後者には相応の資金力やコネクションが要求される。 こうしたためもあってか、保存車両や鉄道敷地内の備品が盗まれることがある。 イベント列車などの運転、路線の新設あるいは廃止の時などでファンが集まる際、上記の如くマナーに欠ける者の迷惑行為により、鉄道ファンに対する世間の評価を低下させているのが現状である。 以下は迷惑行為の例である。 犯罪・法令違反• 鉄道車両や施設の部品・備品等の・。 立入が禁止されている鉄道用地などへの無断侵入• 鉄道用地にドローンを飛ばす行為• 鉄道車両への落書き・汚損• 撮影目的での私有地への無断侵入• 沿線での違法駐車• 沿線の草や木を勝手に切る行為(撮影の際、草や木が視界を遮ることがあるため。 場合によっては倒木による運転見合わせの恐れあり。 駅や車内での「各表記ステッカー、優先席シール、広告」などの窃盗・剥離・廃棄• 第1種踏切で遮断中の踏切を強行突破して撮影する行為や、第3種と第4種踏切で通過中の列車に近寄り撮影する行為• 沿線金網によじ登り、金網を破損させる行為• 撮影地へのゴミ・吸殻などの投棄• 鉄道員の制服を詐取する行為• 乗務員室への侵入(鉄道営業法第33条により罰せられる)• 迷惑行為・マナー違反(犯罪・法令違反以外。 なお程度の度合いにより、殺人罪、暴行罪、傷害罪、威力業務妨害罪、公務執行妨害罪、往来危険罪等の刑罰の適用を受ける場合あり)• ホーム白線からはみ出た位置(ホーム縁)での写真撮影(冒頭写真を参考)• 線路敷地内へはみ出した機器による撮影。 走行している列車に向かってのフラッシュ撮影 - 運転士の視界を損なったり、信号確認などに悪影響を及ぼすおそれがあり危険である。 ホームや車内通路などにおける脚立・三脚の使用による、他一般利用客への迷惑行為。 車両の保存や列車の廃止反対といった、鉄道会社に対する無理な要望。 前者については保存の経費や土地などを出さず、要求だけすることも多く見られる。 鉄道車両やサービスに対して、個人の好みに合わない もしくは特定の鉄道事業者の方針を絶対視し、それと異なる方針の事業者を批判・中傷する行為。 「撮影時フレーム内に入る」などの理由で、駅員や一般乗客、他の鉄道ファン、さらには沿線住民などに罵声を浴びせたり 、暴行・傷害を加えるなど、時にはそれを咎めた鉄道警察や、警備員との争い。 本人の承諾を得ずにを勝手に撮影する。 また、(撮影の承諾を得たものを含め)その画像をネット上で公開する。 記念運転やイベント時の、ファン同士のトラブル。 駅員や警備員の注意や、鉄道施設に掲示されている注意書きの内容を無視した行為を行う。 日本における鉄道趣味の市場規模と将来 オタク市場予測チーム による「オタク市場の研究」()によると、鉄道ファンは約3 - 5万人、市場規模は40億円と推定されている。 趣味の分野によってつぎ込む金額は異なるが、模型、コレクションの分野では支出額が大きくなると分析されている。 2007年には、ドラマ「」、アニメ「」、鉄道趣味を取り上げたテレビ番組が放送されるようになり、またの定年退職後に鉄道ファンとなる人など、市場の拡大を期待しているケースもある。 ただし、同研究所の報告では、鉄道趣味は「販売数・利用者数の減少による商品供給の鈍化」「新規利用者が減少」により、「安定・衰退期」にある趣味と分析しており、市場規模は今後は縮小、良くて横這いになると分析している。 鉄道趣味の歴史 日本以外における鉄道趣味の歴史 台湾 台湾初の縁起切符:永保安康 1891年(光緒17年)、初代の任期中にの - (初代)間が開業後、の路線網拡充を経て大衆交通手段として定着した。 その後の全通(1978年)を機にの発達とともに(台鉄)やは廃線が相次いだが、や各都市のの開業とともに台鉄も競争力向上を目指して、次世代車の導入やの運行、日本国鉄の『と』から影響を受けたとされる縁起もの切符(との「永保安康」が最も有名。 永から時計回りに4文字を読むと『安らかな生活と健康な体を永遠に保つ』という縁起のよい文になる)の発売(詳細はを参照)、リバイバル列車の運行など、単に移動手段としての鉄道ではなく趣味分野を含めて付加価値を意識した事例が増えてきている。 既述のとおりまでは戒厳令により、撮影や出版には制限が多かった。 ( :台湾における)にはでサークル「」が発足。 翌年には、交通大学鉄研会報として(後に定期雑誌化)が創刊された。 にはでもがサークル「臺大鐵道暨火車研習社」を設立、には民間書籍としては台湾で初の鉄道趣味書籍「台湾鉄道伝奇( 台灣鐵道傳奇)」を刊行した。 こうした一連の動きにより民間人若年層における鉄道趣味が一般化する契機となった。 台湾大学と交通大学を中心とした学生、卒業生たちがにを発足させ、変革を迎えつつあった台湾鉄道業界で記録、保存、出版を行うことで趣味の枠組みを超えた鉄道文化の保存、継承のための活動が社会的意義を帯びることになった。 鉄道趣味の勃興期との普及時期が重なったことで、鉄道ファン界で重鎮とされる人物の年齢層も現在の日本より若年であり、それらの多くが公式個人サイトや公式ブログを開設している。 (TRC、現在はサービス終了)に代表されるファンフォーラム、やなどの大手でも鉄道専用のスペースがあるなど、人口に比してオンライン活動は活発であり、近年は、特にに比重が移行している。 も当初は富裕層を中心に日米欧の輸入製品を嗜む高嶺の花であったが、に創業したにより近年は国内列車型式の製品化、量産化が相次いでいる。 地理的・歴史的経緯から、国外だけでなく台湾国内の鉄道分野の中でも日本の比重は高い。 またに代表される(御宅族文化)の影響で、鉄道ファンは通常「鐵路迷(英語はRail fan)」と呼ばれるが、近年はファンのジャンルが多様化しているため、代表的鉄道研究家の1人で学者のは「 "關懷鐵道的人士" (英語:Rail devotee)」(それぞれ「鉄道を気遣う人」、「鉄道熱愛者」を意味)という呼称を提唱している。 日本からのの消化も早く、やに代表されるなどで独自の進化を遂げている。 またの漫画作品の影響で、付近の太麻里踏切周辺の光景が作中に出てくるの1号踏切のものに似ていると話題になり、鉄道ファン以外も来訪するスポットと化している。 一方で、日本における迷惑行為も伝播しており、撮影時の線路内立ち入りや私有地立ち入りが問題化している。 チェコ かつての中の、、上・下スレスコ公領であったでは、19世紀以降全土に鉄道網が張り巡らされ、20世紀初めには現在につながる主要路線がほぼ開通していた。 19世紀には既に鉄道趣味が見られ、19世紀後半に活躍した作曲家も熱心な鉄道ファンであったといわれている。 日本における鉄道趣味の歴史 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年2月) 黎明期 - 戦前 鉄道を趣味の対象とする行為の歴史は古く、鉄道の歴史とともに始まったといわれる。 ののように、鉄道旅行を好みその体験を書き記した作家は少なくなかった。 ただし明確な「鉄道趣味人」の登場までには少しばかり時間がかかったようだ。 ・作家のは鉄道に関心を持ち、自作の中に多くの鉄道を用いた描写があるが、現代的な意味での「マニア」とはいささか異なる。 明確に「鉄道を職業とは異なるレベルで探求する」という人物はからにかけて全国の鉄道写真を撮影して回った 1887 - 1956 と 1880 - 1921 をもって嚆矢とするといわれる。 この2人が写真家のに依頼して撮影した膨大な写真は、「岩崎・渡邊コレクション」としてに所蔵されている。 この両名のように広く名前が知られることはなかったものの、鉄道に関心を示し、個人的に探求を行った人物が他に存在する可能性も指摘されており、たとえば横浜で酒屋を経営していた田島貞次 1889 - 1957 は明治30年代以降に京浜間を走っていた蒸気機関車を詳細に観察して晩年にその証言を残したという。 鉄道創世期からにおける「鉄道マニア」は経済的に裕福な層が中心となっている。 岩崎輝彌は創始者のの一員であり、渡邊四郎は創立者の一族である。 また、時代にすでに機関車や一等車を趣味で乗り比べていたは陸海軍の学校やで語学を教えるだった。 当時の一般庶民の生活水準を考えると、鉄道趣味を含めた、今日的なを行うだけの余裕はなかった。 一般庶民のなかに鉄道趣味が浸透するのは、さらに時代が下ってから(一般的には1970年代以降)になる。 初期には「」()「」()「」()といった鉄道趣味を専門とした雑誌や書籍も発行されるようになった。 もっとも、これらは流通機構に乗って発売されていたわけではなく、発行部数も読者数もきわめて僅少であった。 この頃から活躍していた鉄道趣味人としては、、、、、杵屋栄二らが挙げられる。 彼らは鉄道写真の大家としても成し、膨大な写真コレクションの数々は今でも十分活用されている。 しかし、昭和10年代になり、国内が次第にに傾いていくと、鉄道の軍事的側面が重視されるようになり、軍事機密保護上の理由で高所からの撮影が禁止となるなど、鉄道趣味に対する制約が厳しくなっていった。 また戦時体制により用紙の統制が進んだこともあって、「鉄道」「鉄道趣味」は1937年-1938年に相次いで廃刊に追い込まれた。 その後、関東・関西で趣味者の同人会が立ち上げられ、に関東では「」、関西では「」という会員制の同人誌が発行されたが、これらも翌に終刊となり、以後はの終結まで鉄道趣味活動は事実上、不可能となったのである。 だが、一部の鉄道趣味者は、厳しい看視の目をかいくぐり、涙ぐましい努力と危険を冒しながら趣味活動を続行していた。 公共機関の輸送力は軍事機密であったため、駅構内などで鉄道車両に直接カメラを向けたり、車両番号をノートに書き留めたりする行為は完全に禁止(不可能)となった。 もし見つかれば、容疑による厳しい取調べが待ち受けていた。 当局の許可を得てようやく撮影した写真も、により容赦なく葬り去られるなど、鉄道趣味の暗黒時代であったが、周囲の目をごまかすため、数学の教科書の行間に車両番号を書き留めたというエピソードはよく知られている。 また、戦争による影響はこうした趣味活動の面のみにとどまらず、戦前に趣味者が蓄積・収集した写真などの記録や各種資料がにより焼失したり 、終戦直後のからのの際にやむなく放棄されたりして多数失われている。 戦後 終戦後は国内情勢が混乱していたとはいえ、鉄道撮影に関する制約が少なくなったため、戦後間もない頃でも多くの鉄道写真が一部の趣味者により撮影されている。 また、が持ち込んだカラーフィルムの一部が日本人向け市場に流れ、鉄道趣味者の手に渡ってカラー写真による鉄道の記録が残されるようになるのもこの頃である。 当時のカラーフィルムは高価で品質や性能も良くなく、感度が低く光線漏れが起こりやすい上に経年により退色しやすかったため良質のカラー写真は数が少ないが、近年ではコンピュータによる画像補正技術の進歩と普及により、劣悪であった当時の写真が貴重な記録として日の目を見るケースも多くなっている。 頃からは関東・関西を中心に趣味者の同人会が立ち上げられ、同人誌が発行されるようになった。 には戦後初の鉄道趣味雑誌として「」が創刊されている。 これは本来はの専門誌であるが、実物の鉄道車両に関する記事も掲載されていた。 、はじめて一般流通機構に乗った鉄道趣味雑誌「」が創刊された。 また、がから発表した『』シリーズは、鉄道紀行文学の先駆といわれる。 には日本初の全国規模の鉄道愛好団体であるが設立された。 また、旧での皇女・と結婚した(乗り物通として知られていた)がの館長になったりもした。 交通博物館が秋葉原に近い神田にできたことで鉄道マニアが集結する場所はが拠点となり、他の全くジャンルの違うマニアにも秋葉原の集結の影響を少なからず与えた。 現在でも鉄道趣味の情報発信基地は秋葉原と言われることも少なくない。 1960年代 に入り、高度経済成長の中、の開業や、鉄道車両・設備の更新が急速に進められ、秀逸な車両が次々と投入される。 だがそれは同時に古い車両の淘汰が進められることと表裏一体であった。 またこの時代、道路網の整備と路線の拡充により、全国各地の地方私鉄が廃業に追い込まれていった。 このような時代背景の中、鉄道趣味といえば鉄道車両・列車とそれに伴う鉄道撮影が主体であった。 切符収集などもあったが、少数派であった。 鉄道趣味雑誌としては「鉄道ピクトリアル」に続き、には「」、には「」が創刊された。 これらも記事の中心は鉄道車両や列車であった。 からは「鉄道ピクトリアル」誌上にに関する記事も掲載され、廃線跡趣味の嚆矢ともなった。 1970年代 、「」が始まった。 に入るとの減少が社会的関心事となり、多くの人々が蒸気機関車の見物や撮影を行うようになった。 いわゆる「 」である。 これに乗じた形でに新たな鉄道趣味雑誌「SLダイヤ情報」(に「」に改題)が創刊された。 同年には、100周年を記念して、日本初の蒸気機関車施設「」が、の梅小路機関区の扇形庫を利用して開設され、日本の近代型蒸気機関車16形式17両が同館に収められた。 1976年に蒸気機関車が全廃されると、今度は現在では減少が進む()を撮影する人々が増えた。 いわゆる「 ブルートレインブーム」であった。 このSLブームとブルートレインブームにより低年齢層を中心に鉄道ファンが急増したが、反面、鉄道ファンの質的低下を問題視する声も出るようになった。 もっともが趣味の中心だったSLブームと違って、ブルートレインブームは趣味人の中心が・であったためか、休日や休日前日の深夜の駅での撮影など風紀上の問題はあったが、の問題はさほど出なかった。 さらにで国鉄の特急電車に絵入りヘッドマークが採用されると、そちらも人気を集め、多数の特急が発着するのホームでは休日となると、撮影に訪れたたくさんの少年ファンで賑うようになった。 1980年代 にが全線を達成し、その過程を綴った『』を発表した。 さらに国鉄が「」キャンペーンを実施したことや、宮脇のほかにの執筆活動もあって、が鉄道趣味の一分野として定着してきた。 また当時はという、当時としては世界にも類を見ない巨大事業が進められていたことや、などの執筆活動の影響により、独自の理論を構築する鉄道ファンも増加した。 1990年代 鉄道に関する書籍も様々な視野からのものが発行されるようになったことや、 IT が普及し、の鉄道フォーラムやのなどによって情報発信・閲覧が容易になったことなどから、次々と新しいタイプの趣味が生まれ、鉄道趣味の多様化が進んだ。 頃からの発売などもあってで鉄道趣味に関するやを開設する愛好者も増加していった。 この時代の特徴として、が鉄道趣味として一躍メジャーになったことがあげられる。 これは新規路線の開業が相次いだこと、JR各社が用途に応じた新型車両や改造車を次々に導入したことにより車両のバリエーションが一気に豊かになったことが理由である。 2000年代以降 のさらなる普及により、1990年代後半以降に見られた趣味者による個人ホームページ・電子掲示板の開設がますます進んだ。 また、画像や音声のデジタル化技術の進歩ややなどをはじめとしたが台頭してきたこともあって、撮影した鉄道や録音した鉄道の公開・投稿が盛んに行われるようになった。 さらには鉄道趣味専門のや電子掲示板サイトを運営する者も現れた。 これらによって情報が即時に鉄道ファン同士で交換できる環境が整い、素早く鉄道情報が入手できるようになった。 また、、、、等、鉄道ファンに特に人気のある国鉄形車両の廃車が相次いだことにより、これらの国鉄型車両のファンも増えている。 鉄道雑誌 「」および「」も参照 鉄道ファン向けの雑誌も多数刊行されている。 日本国外でもは発行されている。 国によっては数多くの雑誌が発行されており、また、「都市鉄道」「路面電車」「庭園鉄道」など、特定の分野に特化した雑誌が多いことが日本国外誌の特徴である。 ()…1951年創刊。 模型ではなく実物の鉄道が対象の雑誌としては日本最古の鉄道趣味雑誌。 綿密な調査に基づく精緻な論文的記事に強みがある。 ()…1961年創刊。 鉄道趣味全般を取り扱う。 大手カメラメーカーであるの協力で読者からの写真コンテストを開催するなど写真関連で強みがある。 (鉄道ジャーナル社)…1967年創刊。 「鉄道の将来を考える専門情報誌」を標榜する。 ()…1972年創刊。 「」の出版元として、時刻表情報に強みを持つ。 ()…1983年創刊。 マイナーな車両、引退や廃車の近い車両、廃線等の話題に強みを持つ。 ()…基本的に鉄道模型を扱う雑誌である。 (ネコ・パブリッシング)…鉄道模型を中心に扱う雑誌である。 The Railway Magazine:1897年創刊の歴史ある鉄道雑誌。 Modern Railways• Railways Illustrated• :いわゆる趣味誌ではなく、日本でいう「業界誌」であるが、世界中の鉄道の最新情報を手に入れることができる。 International Railway Journal(IRJ):上記のレイルウェイ・ギャゼット・インターナショナルと同じく「業界誌」であるが、こちらの雑誌でも世界中の鉄道の最新情報を手に入れることができる。 Revue Generale des Chemins de Fer• La Vie du Rail• Eisenbahn Kurier:ドイツの鉄道雑誌では、Eisenbahn Journalと並ぶ双璧。 Eisenbahn Journal:上記のEisenbahn Kurierと同じくドイツでは最も有名な鉄道雑誌である。 Eisenbahn Magazin• Op de rail• :アメリカで最も有名な鉄道雑誌。 でも販売され、多彩な内容を特集する。 Railway Age:1876年創刊の鉄道雑誌。 Railfan and Railroad• :1989年創刊の鉄道雑誌。 Railers:2009年創刊の鉄道雑誌。 軍事上の理由で鉄道自体が「嫌悪施設」とみなされていた同国でも鉄道趣味が浸透してきたことを象徴する雑誌でもある。 脚注 []• - オンライン• 「てっちゃん」「みっちゃん」ともに、アクセントは「ちゃ」の場所にある。 なお、「鉄ちゃん」の語は、一般のゲームプレイヤーにも人気を博した鉄道運転ゲーム『』のナビゲーション役キャラクターの名前としても用いられている。 なお、の漫画『』単行本の、読者からの手紙を紹介するページにすでに「鉄子」の語が見えることから、1990年代にすでに「 鉄子」の語があったことがうかがえる。 から同年まで系で放送されていたテレビドラマ「」では主に「テツ」の愛称を用いていた。 (内容のほとんどは鉄道とは関係ない)オタク文化を扱うテレビ番組において「鉄道オタク」という言葉が使われ(実際はそうでないにもかかわらず)鉄道趣味者は全員「オタク」であるかのような解説がなされていることや、鉄道ファンにオタク文化の代表であるやを好む人が多いことも、この語を浸透させる要因にもなっている。 「『ガラパゴス化した日本の鉄道』そのものに興味を抱く人」と、「海外の鉄道に比べて日本の鉄道同士だと類似点が多く、プラスアルファという形で追究しやすいと感じる人」の2パターンがある• 例えば、『』1997年3月号において、ヨーロッパの鉄道に関する特集を約50ページにわたって特集したが、当該月号の読者の人気投票では、日本国内の記事が軒並み上位に入り、日本国外の記事はいずれも不人気だった、という事例がある。 鉄道ファンに対するものではないが、テレビ番組「」の撮影班がテロ事件後のロケにおいて・での撮影時に「2度尋問された」という案件があり、沿線での列車撮影時には「3度捕まった」ほか、橋梁での撮影のためにカメラを設置していた際にはのにより警察に通報された、と撮影日記に記している。 ( ・. 2018年8月11日閲覧。 、2020年5月12日閲覧• 車両自体は無償譲渡の場合が多い(鉄道会社にしてみれば、本来必要な解体費用がかからないため)が、仮に車両そのものは無償譲渡であったとしても、鉄道車両ともなると、保存・保管のための用地の準備、輸送・補修などに相応のコストがかかる。 特に屋外保管となれば、塗装や錆止め、変形防止など補修に相当なコストや労力がかかることは言うまでもない。 こうした行為は俗にに引っ掛けて 盗り鉄などと言われている。 無論、それが犯罪行為であることは言うまでも無い。 [ ] 産経新聞 2008年3月19日• [ ] 徳島新聞 2009年4月24日• [ ] 読売新聞 2010年4月25日• 朝日新聞 2016年5月20日• 朝日新聞 2016年6月3日• 朝日新聞 2017年8月1日• - 2010年5月9日 [ ]• 読売新聞 2012年2月21日• 毎日新聞 2013年2月26日• 「」1986年11月号,p132• 「鉄道ファン」1994年6月号,P135• こうした批判行為は、とりわけやの著作からの影響が多く見られる。 産経デジタルiza 2015年1月22日• - 株式会社野村総合研究所広報部 2005年10月20日• (繁体字中国語)蘇昭旭老師的全球鐵道視野部落格• (繁体字中国語)2015年11月20日,• (繁体字中国語)2016年12月12日,• (繁体字中国語)2016年10月30日,ETNEWS• 伊藤一郎「鉄道趣味のあゆみ」『』1972年10月号、P76• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 杵屋栄二も戦災にあいコレクションを失っている 参考文献• 『鉄道ファン生態学』・マイロネBOOKS、2002年、• 『素晴らしき哉、鉄道人生』、2005年、• 野田隆『テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅』新書、2006年、• 「」2004年6月号、特集「鉄道と日本人 線路はつづくよ」• 『』()2006年版、pp1634-1635「魅惑の"鉄"ワールド」の解説、 関連項目• - 関東の駅百選、中部の駅百選、近畿の駅百選、ほか• - 鉄道ファンを題材にしたミステリー漫画• - 鉄道ファンを題材にしたノンフィクション漫画。 - で2007年4月から6月に放送された• - 2012年公開の日本映画。 鉄道ファンが主人公のコメディ。 - の番組• - の番組で鉄道に関する企画を不定期に放送• - で放送されたドキュメンタリー番組。 これ以外にも同シリーズの番組がある• - 制作の不定期放送番組• - 熱狂的な鉄道ファンだったと言われている音楽家。 外部リンク•

次の

【悲報】青葉容疑者、鉄道オタクだったことが確定するwxwxwxwxwxwxwxwxwxwxwx|5chまとめのモネッス

鉄道オタク モデル

漢字は紗綾さんでも、沙耶さんでもなくて「紗椰」さんは、かなり珍しいです、別名義の本名では「紗耶」なんですね。 紗椰さんですが、名前からすると日本人にも思えますが、エキゾチック美人で抜群のプロポーションからすると、どう見てもハーフですよね。 最近、軽めのノリのハーフタレントさんも多いですが、市川紗椰子さんは、一味も二味も違ったタイプのハーフ美女とか。 興味津々です。 』の後番組です。 深夜枠の番組で、月曜日~木曜日が深夜23:30~翌0:25の放送、金曜日だけは23:58~翌0:55の放送です。 その『ユアタイム』でMCを務めるのが、報道ステーションや特ダネのコメンテーターとして人気の ショーンKマクアードル川上さんと市川紗椰子さんです。 お母さんは日本人で英語教授という家庭に育った市川紗椰さんは、生後4ヶ月頃から14歳までアメリカのデトロイトで育ちました。 16歳のときにスカウト(日本のようです)され、モデル業に専念するため合格していたコロンビア大学への入学を1年延期したんだそうですが、雑誌モデルなどで売れてきた時期と重なって、結局日本に残り、 早稲田大学政治経済学部を卒業しています。 早稲田の政経卒って、めっちゃ頭もいいですね。 アメリカ人である お父さんは、チェロキー(インディアン)の血を引く家系だそうで、言われてみると、市川紗椰さんの黒髪とハッキリした目鼻立ちとか、なんとなく雰囲気感じます。 チェロキー族の血を引く有名人としては、ジョニー・デップやケビン・コスナー、キャメロン・ディアスにキム・ベイシンガーといったそうそうたるハリウッドスターが沢山いるんですよね。 身長も 168㎝と高身長で美脚! ハーフなので脚もすっごく長いです。 市川紗椰は美女で鉄道オタク? 美人でスタイル抜群で頭脳明晰と聞くと、ちょっと近寄りがたい雰囲気の市川紗椰子さんですが、実は、色々なものの オタクでもあることは有名らしいです。 昔から、 興味を持ったことは深く追求したくなる性格なんだって。 なるほど、そういうタイプの人はいますが、沢山のことを深くとなると、普通は難しい気がするので、やっぱり頭がいいってこともあるような気がします。 熱狂的ガンダムファンで熱狂的スターウォーズファン。 自宅玄関には、スターウォーズのキャラクターがお出迎え。 当然、お部屋もガンダムやらスターウォーズやら、その他フィギュアに囲まれてました。 鉄道マニアとしては 通勤型車両が特に好きで、モーター音の録音やドアの開閉の動画録画をして、1人で家で楽しんだり・・・。 市川紗椰さんによると「100の扉には100通りの閉まり方がある」だって~。 う~ん、完璧な鉄道オタク、鉄子さんです 笑。 と思ったら、2009年にはスカパーの鉄道大使になって「 鉄モ」(鉄道モデル)って呼ばれてました! その年から、雑誌『旅と鉄道』では連載も持っています。 小さい頃から地図だったという市川紗椰さんの鉄道オタクへの入り口は路線図なんだそう。 地図が苦手な女子が多い中、 すごい!のひとことです。 フジテレビの「ホコタテ(矛盾)」が今もあったら、どこかの鉄道会社の社員と知識対決して欲しいくらいです 笑。 レベルの高いオタク、 ガチのオタクと言われてますが、納得ですね 笑。 市川紗椰に結婚願望はない?過去の熱愛彼氏は? これだけ、オタク三昧の生活をしていると、デートする時間もないように思ったんですが、案の定 会う時間ないです って、アッサリと答えていました。 好きな男性のタイプは、 見るからに優しい、人の良さが顔に出てる男性が好き。 街ですれ違った瞬間「絶対いい人!」って確信できそうなタイプにトキメキます と、インタビューで答えていたので、男性嫌いではないようです(笑)。 結婚したいアニメキャラでは 「(北斗の拳の)ケンシロウです。 理由は強いから!今期だったら、『俺物語!! 』の猛男くん。 強いから!」と即答。 リアルの世界では「身長もガタイも大きい人が好き」と話したことがあるそうです。 でも、以前番組内で、 一生したくないものについて「結婚」と答えているので、恋愛はいいけど 結婚願望はあまりないのかな?と思いました。 これだけ、モデル業やタレント業プラス、多趣味で、それも深く掘り下げていくタイプだと、自分の時間がいくらあっても足りないだろうと思うし、確かに誰かの入り込むスキもなさそうな感じはします。 とは言っても、年頃の女性だし・・・って思って調べたら、過去に熱愛彼氏では?とネットで噂になった人がいました。 赤西仁さんと 松田翔太さん。 なんか、理想のタイプと全然違う、超イケメンでカッコいいじゃん! って、色々調べましたが、この2人との熱愛情報は、どうも ガセネタっぽいです。 どこからそんな話が出てきたのかも分かりませんでした。 ということで、現在は、彼氏や熱愛の話は見つかりませんでした。 <市川紗椰のまとめ> テレビに出る才色兼備な女性アナやタレントさんは、沢山いますが、 オタク美女となると、市川紗椰さんの右に出る人はいないんじゃないかっていうくらいで、その外見とのギャップが市川紗椰さんの一番の魅力ではないでしょうか。 忙しいとは思いますが、もっともっと オタクを極めて欲しいと思います! 「ユアタイム~あなたの時間~」で、ショーンKマクアードル川上さんとMCを務め、ますます忙しくなってきちゃうと、好きな鉄道車両を見にいったりする時間もなかなか作れなくなるかもしれませんよね。 恋愛する時間も? 男性ファンにとっては、その方が嬉しいのかもですが。 スポンサードリンク.

次の

市川紗椰

鉄道オタク モデル

スポンサーリンク 2chの反応など 市川紗椰さんは元々、路線図マニアでそこから乗り鉄になった。 この人とか中川翔子とか薄っぺらすぎてなんかアレ。 ハーフモデルでオタクで高学歴ってどいつもガツガツした感じだけどこの人からはそういう要素を全く感じない。 クレバーかつ美人でそれをひけらかさないのが凄い。 声優の上坂すみれと対談してほしい。 ブログ更新しているけど、中身は結構アホっぽいね、ギャップが素晴らしい。 番組「有吉さんぽ」で訪れる店は大体市川が入ったことのある店らしくアレ。 BSの東京デザイナーズウイークもラジオのDJも面白かったで。 喋り方と目つきが完全にガチオタwwww 加藤夏希と同じような完全なオタ顔しとる。 この人がオタ解禁したのはタモリクラブの鉄道本企画の回だった、この一年くらいでよくブレークしたね。 文化枠で生き残りそうやな、地頭の良さもあるし、他の頭は悪くてガツガツした連中と良い感じで調和しそう。 この人20代なのにスミス好きなんやな、趣味合うで。 女性ファンも付きそうな感じ。 ランクル60聴いているのはセンスいいと思う。 この子はショコタンと違ってファッション、ビジネスオタクじゃないから本物だよ。 早稲田の政経出て、名古屋出身なのか。 アナザースカイを観ていて落ち着いて綺麗な子だと思ったね。 性格も良いし、男性誌で普通にグラビアやってくれるし。 この人はあざとくないし、美人だしオタ気質でネラーが好きそう。 本業のモデルはなんだか高嶺の花で近寄りがたい雰囲気だけど、テレビでは適度にバカで飾ったところがなく、芸能人とは思えない良い人オーラが出ているね。 デブ専で相撲取り体型が好きなんか・・・。 メンヘラ臭がするけどね。

次の