おれ いも ラスト。 『ゲーマーズ!』12巻感想。これにて完結!ゲームに感謝をっ!

黒猫(俺妹)とは (クロネコとは) [単語記事]

おれ いも ラスト

俺妹のアニメの最終回が衝撃!ネタバレありで復習 俺妹アニメの最終回が2013年に放送が終わってから4年が経ちました。 現在は作者伏見つかさ先生の「Eマンガ先生 伏せ字版です 」のアニメが放送されたばかりで再び前作「俺妹」の方にも注目が集まっていますよね。 俺妹の話題になると必ず出てくるのが あの衝撃の最終回。 まずは簡単に俺妹をあまり知らない人のためにもざっと物語とテーマを説明すると、 実は妹が隠れアニメ好きだったことから幼少期以来ろくに口も聞かなかった兄妹が再び仲睦まじく?なってそれが恋愛?に発展していくというストーリーです。 物語のテーマが兄妹愛なのか恋愛なのかいまいちわからないために最終回もなんとなく腑に落ちない感じになっていたんだと思われます。 今回はそこんところを改めて整理して再び復習していきたいと思います。 俺妹ってどんなストーリーだった? やれやれだぜ。 主人公兄の高坂京介と妹の桐乃は世の中によくある仲の悪い兄と妹。 悪いどころか思春期から口もきかない仲に。 ある日妹桐乃が魔法少女アニメのDVDを落としたのを発見し、妹がずっと隠れアニメオタクであったことが発覚します。 その日から人生相談と称して兄の京介に自分のアニメ趣味をカミングアウトし無理やり勧めます。 アニメを通して再び口を聞くようになると二人はまた仲良くなるようになり、次第に桐乃の本心が描かれていきます。 といった話でした。 この二人が兄と妹の関係なのか、本当の恋愛関係なのかというドキドキとした展開が物語のモチベーションになっています。 俺妹の最終回に不満者続出!「気持ち悪い…」との声も かなめさん katuohelp115 がシェアした投稿 — 2017 5月 27 6:11午前 PDT 成人向けアニメにはまっている妹というキャラクターが放送倫理的にどうなのか問題になってもおかしくないのに、 日本国内の地域プロモーションに採用されたり、海外でも日本以上の人気を博した国民的?アニメですが、その最終回はかなり意味深でしたよね。 考えさせて終わる。 という構図が最近ではどんな作品にも多いような気がします。 そしてラストが気になる作品は必ず根強いファンがいる。 実際にアニメの監督神戸洋行さんも「最後のキスはどういう意味なのか視聴者にお任せする。 」というコメントを残しています。 やはりネットでバズるためにこういうことをわざとやっているのでしょうか。 視聴者は考えることがいっぱいで大変ですね。 しかしやっぱり気になります。 一体どういう意味なのか、その秘密を探る前にさらっと俺妹の最終回をおさらいしましょう。 俺妹最終回を復習 Yu Funakiさん yufunaki がシェアした投稿 — 2017 6月 25 9:11午後 PDT それまで兄妹愛かと思っていたものが、ラストにかけていつの間にか恋愛に似たものに急接近していくというものでした。 思いを告げた二人は条件付きで「卒業までの恋人」関係になります。 そしてラストに教会で擬似結婚式を行い誓いのキスをするというもの。 二人は翌日から再び兄弟に戻りますが、京介が街中で桐乃にキスをするシーンがあり、二人は本当に吹っ切れて終わったのか?というようなアニメ側で結末を明示しない形で終わっています。 この結末に終わり方が気持ち悪いと不満者が続出しているのです。 桐乃は嫌いだけど妹は好き、京介は嫌いだけど兄貴、というコンプレックスがこの作品のテーマかと思い、 最後の恋愛も結婚式もお互いのコンプレックスが原因で衝動的にしていただけで、それが異性間の恋愛にまでは発展していないのだと思ったのですが、どうなんでしょうね。 俺妹の最終回は結局誰エンド?ネタバレあり。 先ほども行ったように監督は視聴者の視点に委ねると行っています。 ということは明確に製作者側も落ちどころをあえて決めなかった可能性が大きいでしょう。 昔の小説で親戚同士の恋愛の話が出てくるとだいたい社会の重圧によって潰されてしまっていたのですが、 現代では価値観が多様化しているのでひとえに良し悪しを言える大人がいないのも事実です。 ラストに二人の両親が出てくるシーンもありませんよね。 昔はそういう主人公たちを、オチで悪にするか自由にするか簡単に片付けてしまえば良かったのですが、現代ではそれは難しい。 なので俺妹の製作者は最終回の判断は見た人に委ねようということになったのではないでしょうか。 モジャーズ&フレンズさん tomosuke325 がシェアした投稿 — 2017 5月 23 4:24午後 PDT 明確な決着をつけないで終わってしまった俺妹。 一体これは誰END?と思った人はネットにもたくさんいましたのでちょっと耳を傾けてみましょう。 誰もが得する結末なんてない、というクールな意見もありました。 また他には少女漫画と比較しているものもあり、リボン系列のように最終的に誰かとくっつかないのは腑に落ちないという意見も。 あるいは男性向けラブコメは誰ともくっつかないままハーレムを作って終わりという意見も。 確かにこれは男性向けラブコメなので、 その点から考えるとハッピーエンドな気がしますよね。 京介が言い寄る女の子に優しく振る舞っていく感じも男性受けを狙っているので、最後に桐乃が結婚しなくても好意だけが残っている感じも納得ですよね。 まず全体で1期と2期があって、それぞれ原作に沿ったものとアニメオリジナルのエンディングの二つのエンディングがあります。 前者はGOOD ENDで後者はTRUE STORYです。 GOOD ENDは1期の1話〜12話。 TRUE ENDは1期の12話から15話です。 なのでGOOD ENDを見てからTRUE ENDをみればオッケー。 それから2期は普通に1話から13話まで見て行って、WEBで追加放送されたプラス3話の14,15,16を見ていけばオッケーです。 原作通りにみたいなら、はじめから1期をTRUE ENDで見るのが良いでしょう。 ちなみにこの2期の14から15話までは実は原作の消化分になるんですね。 しかも世界同時公開されていて、アジアからフアランスといった国々の各放送局やネット配信で一気に放送されたのでした。 俺妹に3期はある?原作や最終回から分析。 ZameOldShitさん zameoldshit がシェアした投稿 — 2017 5月 12 6:30午前 PDT 俺妹の人気が世界的に広がっていることに驚くのですが、俺妹は3期放送される可能性はあるのでしょうか?2期まで行った作品としてネットでも注目を集めています。 DVDやDRの売り上げもかなりすごいですし、十分続編が出る可能性はありそうですよね。 そんな噂が出ているのもやっぱり京介のその後がどうなったのか知りたい人達がたくさんいるから。 麻奈美や綾瀬、黒猫との関係はどうなるのか?あれでいいのか?と思っている人がたくさんいるんですね。 確かに気になるところです。 しかし先ほど紹介したようにアニメで放送されなかった原作分は2期のラストにネット配信で消化してしまいました。 なので第3期が放送されることはまずないでしょう。 作者は次作のアニメ放送も始まったばかりなので原作を書くのも忙しそうですしね。

次の

桐乃衝撃の最終回【俺の妹がこんなに可愛いわけがない】3期ないのか?

おれ いも ラスト

()とは、の及び化・・化作品、『』の登場人物の一人である。 (:) 概要 本作の中心人物・のであり、・とも幾つもの苦難を共にして親交を深め、また自らもその中で成長していく重要なの人物。 3年生で、 時に再設定 、体重43Kg。 の様に業はしていないが、長いである。 しかし中だろうと関係くを着こなしている事、普段から言動に・の類が多い事、更にに加えて口下手である事など、様々な原因により達を除く交友関係は壊滅的である。 人付き合いが下手で言動がな所などをに似ているとに思われているが、や沙織、が悩みを抱えていれば助を惜しまず、時には自分を犠牲にしても友人を助ける心優しい一面もある。 自宅がに近いらしく、は論とも頻繁に接する機会が多い。 その為交でと憎まれ口を合いつつもよく遊んでいる。 またとはお互いに助け合う関係であり良き友人であったが、深く接する内にそれ以上の感情を抱いていく事となる。 で着ていたは作中 『』に登場する、の(・・)の。 とは初対面から 『』とどちらが面いかで論争になったが、結果的には二人が 親友喧になる第一歩となった。 尚普段着も似た様なである。 は活動でありやサーク ルで活動もしているが、作品内容は普段の言動から推して知るべし・・・。 また、達に名乗っている又は呼ばれている 『』はであり、当然本名ではない。 本名は『 五更 璃(ごこう るり)』 (第5巻~) だが、本人はとしての名前で名は別にある、と言いっている。 そのせいか、も本名を知った後も以前通り『』と呼んでいる。 (ではと同じ未解析を使用している。 では分からないが、この際は未使用のにも関わらず、観戦中及び対戦中にとの操作を解析・してした。 ) ちなみに、でのはやに対しての辛口や暴言などの発言が多く、とべるとだったりツンが立っている。 でのは上記の辛口などが大幅に減っており、ほどのあるは言わなくなっている。 描写や思考が一部変更されている、それの影をもっとも受けている程ではないにしろ、とべるとやや異なっており、のでの描写変更での影を受けているの一人である。 の設定はを機に再設定された経緯があり、後にでも「小柄な」(10巻)として設定がフィードされている。 そして上のは8回と9話、下のは9話で登場した、下記のシスとはかなり容姿が異なるが口調などはある程度引き継がれた模様である。 ちなみに現段階では2人の名称は不明である もの 因みににてに 「 あ、さー。 って、どんなに住んでるの?」との質問に、 「 ……ふ、ふっ……もちろん、おのような邸で優に暮らしているわ。 」と答えている。 に動揺しているが、更にに追及されると 「 ……『は』だなんて失礼なを抱いている人がいるようだけど、ぜんぜん違うということを思い知らせてあげましょう。 」と答えた。 が、その結果は・・・・・・。 第9話ではでも未だ明かされていない設定、のや、庭などが初めて描かれた。 では強気な発言をしていたが、実際第9話で初登場となったは小さくはないものの築年数を感じる古い住居であり、の中の様子からも質素な暮らしで苦労している、と感じさせられる様な物であった。 のとして、を着て純のをしていたり、下のの為にに登場するのを手縫いで作るなど非常に庭的な一面が見受けられた。 また、下のはをさまと呼び、とても懐いている様子で、一緒にいる機会も多いようだ。 また、は理に作っているであるのか、からのではの口調から慌てて『』としての口調に変えて対応していた。 が4枚しかい事、、二人、の存在は確定している為子庭の可性もあるが、定かではない。 とても良いではあるのだが……自宅でもを身にい全開の作りをしているようで、態々音をマネた後に出て『何者かと会話』していた。 更に会話内容が全にな上、『はの堕』と言いつつ決めをとっていた。 しかもこの場面を二人に撃され、上のは全にする有様であった。 ではが古い為かされてしまったが、実は以前にもにする為、とを付けて を踊っている姿をに撃されている。 しかし、第12話のでの前でを撮る姿が化された。 ……上のへの威厳はだろうか? そして追って8巻でのに近い形でついにのと、二人が出てくることとなった。 (以下・第8巻~) 上記に加え、借であることが判明した(後にの社宅に引越し)と同時にの可らしい姿が見れる。 さらにの存在も確認された。 上のは五更 ()、小学5年生。 のには引き気味ではあるが、『』と親しみをこめて呼んだりとなんだかんだでを慕っている。 よくを化したりするが、袋を人質にとられているので頭が上がらない。 の存在もの発言のせいででの彼氏と思っていたらしく、初めて見たときは非常に驚いていた。 そのに対しては最初は『しょぼっ!』という印で、『』だったのだが、のに対するドタバタを見てほれ気味になっている。 に促されるままのことを『さん』と呼んでいたが、対面後の8巻以降は 『』『おちゃん』『さん』と呼ぶようになっている。 なお、 胸はと同じであり、『契り』の意味を理解してる。 下のは五更 珠希(たまき)、小学。 との会話をそのままにして発表しようとするぐらいを慕っている。 の好みにのようで初対面でを( にて)させ、実質隔離させるにいたった。 (その余波でがの両親と同じで泊まる事になり、さらにのに二人きりでに誘われることに…) 補足だが、上記の 会話の内容は重要な意味を持つ言葉が含まれている事を覚えておいてほしい。 原作での黒猫について (以下・第3・4巻~) 実はシリでは大会上位に入る腕前であり、更に弱の・が持ちである事から 『』と呼ばれ畏怖されている。 当然上記が敵う相手ではなかった。 シリは特にやり込んではいるが、的に精確な操作と動作のの持ちな為、他のであってもど問題なく上級並のが可である。 (以下 ・作第5巻~) 5巻から作品内で1年が経過し、は体面上は近いからという理由で と同じへ進学している。 この際ので二人で遊ぶ等仲も進展し彼のことを 『』ないし 『』と呼びつつ慕っている。 同時期にの協もあり、研究会に所属し 『』をはじめ新しい友人も得る事となる。 の活動が転じてか、 『でそ毎時6KB執筆』出来るという人的な才があり、部活動にも貢献している。 作品内容は独特であり第三者から受け入れられる事は少ないものの、それ自体は自覚している。 またから何か聞かされていたのか、を初対面から嫌っていた。 (とは思っている。 )麻奈実のことは自身がしたに登場する、をにした 『』と呼ぶ。 実際の理由は推して知るべし。 はので彼のの上に寝転がりながら部活動の作業をするのが癖となっていた。 ある日、同じの上で一緒に作業をしていた時、が冗談で聞いた 「おまえ、のこと好きなの?」という問いに対して 「好きよ……あなたのが、あなたのことを好きなくらいには」と返答するが、この時のはその答えを正しく解釈出来なかった。 5 巻終盤にてにをしようとしたが、の一大事である事との心を諦めた。 代わりに彼のを後押しする言葉と共に 『呪い』と言う名のへのをし、の元へ行く姿を見送った。 (以下・第7巻~) 様々な経過を経て、は再びに 「おまえ、のこと、好きなの?」という問いを投げかける。 それに対し 「好きよ……あなたのが、あなたのことを好きな気持ちに、負けないくらい」と少しだけ違う返答をし、今度はもその言葉の意をみ取る事が出来た。 そしては決意する。 『あの女』を見習って大切な二人と彼らへの想いを、決してどちらも諦めたりしない、と。 7巻終盤、はを 『の地』つまり以前 『呪い』をかけた場所へと呼び出す。 は以前の 『呪い』を更に強な 『呪い』で上書きすると言う。 そうしては口にした、でもっとも強く、古く、恐ろしい 『呪い』を。 (以下・第8巻~) のだが、当日はに終わり、返事は後のの打ち上げまで先延ばしにされることになったが事に返事をもらい二人ははれて人同士になる。 言うまでもなくはに帰ってとの人としてのやりとりをしてえるという特有の奇行に走っていたが、はで同じようなことをやっていた。 その様子は非常にので気になる人は9巻を買うか、でされるまで待とう。 そしては 『運命の記述(ディスニー)』というものを書き上げ、それにしたがってとは待ち合わせだののに遊びに行く(不在ででちょっとHなを見てが に入りに行ったりする)だの見物だの 殴り必至の人としての行動を重ねていくが… そしては本物の 『の』となった。 なお、 『運命の記述(ディスニー)』は後に『来世編』まで書き上げられている。 そのうち大地編とか編もできるのだろうか… 黒猫の京介への『呪い』について は、又はにて偶に『呪い』という言葉を使う。 普段は単なる的冗談なのだろうが、重要な場面でも使う場合がある。 (以下・7巻までの) への二度に渡る 『呪い』はにとって特別な物であった。 一度はを諦め、複雑な心での 『への』。 二度は決意を新たにした 『の』としての言葉。 以下は、つまり五更瑠璃のからの遇と、へのをするまでの軌跡の 『一部』である。 重度のに加えてだから、ではがいなくてだった。 を振り絞ってに行ったら、気の良い 沙織 が話しかけてくれた。 では本気で喧できる綺麗な と、その子の優しい ともになれた。 その後、に一人で遊びに行った時、上手くとがとれず途方に暮れていたら、が仲を取り持ってくれて楽しく過ごせた。 でにがいないことをからかわれていたら、がくれた。 に作成に対する自分の想いを述べたら「たいしたもんだ」と褒めてくれた。 編集部にを持ち込みした時、担当の人に酷評されて思わず泣いてしまったら、一緒に行ったが本気で怒ってくれた。 しかも、帰りの内で一杯優しく慰めてくれた。 同じにしたらが喜んでくれた。 姿も褒めてくれた。 でも最初はが出来なかった。 おは中庭で一人ぽつんと食べ、体育の二人一組はと。 掃除当番を押しつけられたりもした。 でも、一人で掃除してたら、が手伝ってくれた。 が 三年生なのに 不安だろうからと一緒に部活に入ってくれた。 の代わりにしないでと怒ったら、はそのことを謝ったうえで、「のことが」心配だと言ってくれた。 入った部活が研究会だったので、の作成という名でのに入り浸れた。 も快くしてくれて、仲良く過ごせる時間が増えた。 時には一緒ので並んで作業したりも出来た。 の知識がどいのに、は一緒にを作ってくれて、にしたり、を読んだりと、一生懸命になってくれた。 大好きなのにが似であることが判明した。 に私を見てみたいなといわれたので、して見せたら純に褒めてくれた。 に参加した時には、でもど売れなかった。 一人寂しくを回収して帰った。 でもはの提案で皆で一緒に協して参加できた。 と一緒のをに入れてみたけど売した。 の入ったもさり気く運んでくれた。 のを気になって見ていたら、が気付いてしてくれた。 ねこシスに登場する千夜子との関係について 本作の中心人物であるだが、同氏による作品『シス』ではとうり二つとも言えるである 子(しののめ )というが登場する。 但しと子は両者ともにであり、かつのもしているが、その濃さや深さは全く別である。 は(資な理由や描写されていないだけとも考えられるが)自室にはどなく、の置物が多い程度である。 対して子はやをコレクションしているだけでなく、物、しかも年齢制限付の類のやも多く所持しており重度の「駄」扱いをされている程である。 両者についてである氏は、こうした共通点はあくまで『シス』のが一時没になった際に、『』に設定が流用された結果であるとしているが、一方の作品しか読んでいない人も、両方の作品を読んで繋がりを想像している人もに楽しめるよう配慮しつつ、両者が同一人物とも別人であるとも解釈できるように描写しているとも説明しており、シスの単行本あとがきではに対し、・的な面さを感じて貰えたのであれば幸いである、という趣旨のを発している。 ( 及びにおいて同一人物ともとれる様な描写も多く見られていたものの、結果的には 第9話にて、庭上同一人物ではない事がほぼ確定事項となった。 シスとべても生活もかなり違っているので、シスとは全に化されたと言える。 でのはシスでの美緒とをさらに幼児化させたような姿になっており、下のに関してはのである、恐らく低学年、もしくは児かもしれない。 ただし、口調などは美緒とを引き継いでおり、下のはですます調、上のは活発としている。 また子の設定に関しても、だけでなくや沙織、瀬菜に分散されて引き継がれたものとも考えられる。 下のはをかなり気に入っておりで絵も描いていた。 上のに関しては9話、12話ED 版 で少し映っていただけで、今のところ8回のでしかまともに登場しておらず、本格登場は第9巻までその状態が続いた。 関連動画 関連静画 お絵カキコ 関連商品 関連チャンネル 関連コミュニティ 関連項目• () 外部リンク• 「わね、呪うわよ」.

次の

【俺妹】アニメの最終回に賛否両論!結局誰エンド?ネタバレアリで魅力紹介!【俺の妹がこんなに可愛いわけがない。】

おれ いも ラスト

ごんぎつね 全文 「ごんぎつね」全文 ごんぎつね 新美南吉 一 これは、わたしが小さいときに、村の茂兵(もへい)というおじいさんからきいたお話です。 むかしは、わたしたちの村のちかくの、中山というところに小さなお城(しろ)があって、中山さまというおとのさまがおられたそうです。 その中山から、すこしはなれた山の中に、「ごんぎつね」というきつねがいました。 ごんは、ひとりぼっちの小ぎつねで、しだのいっぱいしげった森の中に穴(あな)をほって住んでいました。 そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出ていって、いたずらばかりしました。 畑へ入っていもをほりちらしたり、菜種(なたね)がらの、ほしてあるのへ火をつけたり、百姓家(ひゃくしょうや)のうら手につるしてあるとんがらしをむしり取っていったり、いろんなことをしました。 ある秋のことでした。 二、三日雨がふりつづいたそのあいだ、ごんは、ほっとして穴(あな)からはい出しました。 空はからっと晴れていて、もずの声がキンキンひびいていました。 ごんは、村の小川のつつみまで出てきました。 あたりのすすきの穂(ほ)には、まだ雨のしずくが光っていました。 川はいつもは水が少ないのですが、三日もの雨で、水がどっとましていました。 ただのときは水につかることのない、川べりのすすきやはぎのかぶが、黄色くにごった水に横だおしになって、もまれています。 ごんは川下の方へと、ぬかるみ道を歩いていきました。 ふと見ると、川の中に人がいて、何かやっています。 ごんは、見つからないように、そうっと草の深いところへ歩きよって、そこからじっとのぞいてみました。 「兵十だな。 」と、ごんは思いました。 兵十はぼろぼろの黒い着物をまくし上げて、腰(こし)のところまで水にひたりまがら、魚をとる、はりきりというあみをゆすぶっていました。 はちまきをした顔の横っちょうに、まるいはぎの葉が一まい、大きなほくろのようにへばりついていました。 しばらくすると、兵十は、はりきりあみのいちばん後ろの、ふくろのようになったところを、水の中から持ち上げました。 その中には、しばの根や、草の葉や、くさった木ぎれなどが、ごちゃごちゃ入っていましたが、でもところどころ、白いものがきらきら光っています。 それは、ふというなぎの腹や、大きなきすの腹でした。 兵十は、びくの中へ、そのうなぎやきすを、ごみといっしょにぶちこみました。 そしてまた、ふくろの口をしばって、水の中に入れました。 兵十は、それから、びくを持って川から上がり、びくを土手においといて、何をさがしにか、川上の方へかけていきました。 兵十がいなくなると、ごんは、ぴょいと草の中からとび出して、びくのそばへかけつけました。 ちょいと、いたずらがしたくなったのです。 ごんはびくの中の魚をつかみ出しては、はりきりあみのかかっているところより下手(しもて)の川の中を目がけて、ぽんぽん投げこみました。 どの魚も、「とぼん」と音を立てながら、にごった水の中へもぐりこみました。 いちばんしましいに、太いうなぎをつかみにかかりましたが、なにしろぬるぬるとすべりぬけるので、手ではつかめません。 ごんはじれったくなって、頭をびくの中につっこんで、うなぎを口にくわえました。 うなぎは、キュッといって、ごんの首へまき付きました。 そのとたんに兵十が、向こうから、「うわあ、ぬすっとぎつねめ。 」と、どなりたてました。 ごんは、びっくりしてとび上がりました。 うなぎをふりすててにげようとしましたが、うなぎは、ごんの首にまき付いたままはなれません。 ごんは、そのまま横っとびにとび出していっしょうけんめいに、にげていきました。 ほら穴の近くの、はんの木の下でふりかえってみましたが、兵十は追っかけては来ませんでした。 ごんは、ほっとして、うなぎの頭をかみくだき、やっとはずして穴の外の、草の葉の上にのさえておきました。 二 十日ほどたって、ごんが、弥助(やすけ)というお百姓の家のうらをとおりかかりますと、そこの、いちじくの木のかげで、弥助の家内(かない)が、おはぐろを付けていました。 かじ屋の新兵衛(しんべえ)の家のうらをとおると、新兵衛の家内が、かみをすいていました。 ごんは、「ふふん。 村に何かあるんだな。 」と思いました。 「なんだろう、秋祭りかな。 祭りなら、たいこやふえの音がしそうなものだ。 それに第一、お宮にのぼりがたつはずだが。 」 こんなことを考えながらやってきますと、いつのまにか、表に赤い井戸がある、兵十の家の前へ来ました。 その小さな、こわれかけた家の中には、おおぜいの人が集まっていました。 よそいきの着物を着て、腰に手ぬぐいを下げたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。 大きななべの中では、何かぐずぐずにえています。 「ああ、そう式だ。 」と、ごんは思いました。 「兵十の家のだれが死んだんだろう。 」 お昼が過ぎると、ごんは、村の墓地(ぼち)に行って、六地蔵(ろくじぞう)さんのかげにかくれていました。 いいお天気で、遠く向こうには、お城の屋根がわらが光っています。 墓地には、ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていました。 と、村の方から、カーン、カーンと鐘(かね)が鳴ってきました。 そう式の出る合図です。 やがて、白い着物を着たそう列の者たちがやってくるのがちらちら見え始めました。 話し声も近くなりました。 そう列は墓地へ入っていきました。 人々が通った後には、ひがん花が、ふみ折られていました。 ごんはのび上がって見ました。 兵十が、白いかみしもを付けて、位はいをさげています。 いつもは赤いさつまいもみたいな元気のいい顔が、今日はなんだかしおれていました。 「ははん。 死んだのは兵十のおっかあだ。 」 ごんは、そう思いながら、頭をひっこめました。 その晩(ばん)、ごんは、穴の中で考えました。 「兵十のおっかあは、床(とこ)についていて、うなぎが食べたいといったにちがいない。 それで兵十がはりきりあみを持ち出したんだ。 ところが、わしがいたずらをして、うなぎを取って来てしまった。 だから兵十は、おっかあにうなぎを食べさせることができなかった。 そのままおっかあは、死んじゃったにちがいない。 ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいと思いながら、死んだんだろう。 ちょっ、あんないたずらをしなければよかった。 」 三 兵十が、赤い井戸のところで、麦をといでいました。 兵十は今まで、おっかあと二人きりで貧しいくらしをしていたもので、おっかあが死んでしまっては、もうひとりぼっちでした。 「おれと同じひとりぼっちの兵十か。 」 こちらの物置の後ろから見ていたごんは、そう思いました。 ごんは物置のそばをはなれて、向こうにいきかけました。 どこかで、いわしを売る声がします。 「いわしの安売りだあい。 生きのいい、いわしだあい。 」 ごんは、その、いせいのいい声のする方へ走っていきました。 と、弥助のおかみさんがうら戸口から、「いわしをおくれ。 」と言いました。 いわし売りは、いわしのかごをつかんだ車を、道ばたに置いて、ぴかぴか光るいわしを両手でつかんで、弥助の家の中へ持って入りました。 ごんは、そのすきまに、かごの中から、五、六匹のいわしをつかみ出して、もと来た方へかけ出しました。 そして、兵十の家の中へいわしを投げこんで、穴へ向かってかけもどりました。 とちゅうの坂の上でふり返ってみますと、兵十がまだ、井戸のところで麦をといでいるのが小さく見えました。 ごんは、うなぎのつぐないでに、まず一つ、いいことをしたと思いました。 次の日には、ごんは山でくりをどっさり拾って、それをかかえて、兵十の家へ行きました。 うら口からのぞいてみますと、兵十は、昼めしを食べかけて、茶わんを持ったまま、ぼんやりと考えこんでいました。 変なことには、兵十のほっぺたに、かすりきずがついています。 どうしたんだろうと、ごんが思っていますと、兵十がひとりごとを言いました。 「いったいだれが、いわしなんかをおれの家へほうりこんでいったんだろう。 おかげでおれは、ぬすびとと思われて、いわし屋のやつに、ひどい目にあわされた。 」と、ぶつぶつ言っています。 ごんは、、これはしまったと思いました。 かわいそうに兵十は、いわし屋にぶんなぐられて、あんなきずまで付けられたのか。 ごんは、こう思いながら、そっと物置の方へ回って、その入口にくりを置いて帰りました。 次の日も、その次の日も、ごんは、くりを拾っては、兵十の家へ持ってきてやりました。 その次の日には、くりばかりでなく、松たけも、二、三本持っていきました。 四 月のいい晩でした。 ごんは、ぶらぶら遊びに出かけました。 中山さまのお城の下を通って少し行くと、細い道の向こうから、だれか来るようです。 話し声が聞こえます。 チンチロリン、チンチロリンと松虫が鳴いています。 ごんは、道の片側にかくれて、じっとしていました。 話し声はだんだん近くなりました。 それは、兵十と加助(かすけ)というお百姓でした。 「そうそう、なあ加助。 」と、兵十が言いました。 「ああん?」 「おれあ、このごろ、とても、ふしぎなことがあるんだ。 」 「何が?」 「おっかあが死んでからは、だれだか知らんが、おれにくりや松たけなんかを、毎日、毎日くれるんだよ。 」 「ふうん。 だれが?」 「それが、わからんのだよ。 おれの知らんうちに、置いていくんだ。 」 ごんは、二人の後をつけていきました。 「ほんとかい?」 「ほんとだとも。 うそと思うなら、あした見に来いよ。 そのくりを見せてやるよ。 」 それなり、二人はだまって歩いていきました。 加助がひょいと、後ろを見ました。 ごんはびっくりして、小さくなって立ち止まりました。 加助は、ごんには気が付かないで、そのままさっさと歩きました。 吉兵衛(きちべえ)というお百姓の家まで来ると、二人はそこに入っていきました。 ポンポンポンポンと木魚(もくぎょ)の音がしています。 まどのしょうじにあかりがさしていて、大きなぼうず頭がうつって動いていました。 ごんは、「お念仏(ねんぶつ)があるんだな。 」と思いながら、井戸のそばにしゃがんでいました。 しばらくすると、また三人ほど、人が連れ立って、吉兵衛の家に入っていきました。 お経(きょう)を読む声が聞こえてきました。 五 ごんは、お念仏がすむまで、井戸のそばにしゃがんでいました。 兵十と加助はまたいっしょに帰っていきます。 ごんは、二人の話を聞こうと思って、ついていきました。 兵十のかげほうしをふみふみいきました。 お城の前にまで来たとき、加助が言い出しました。 「さっきの話は、きっと、そりゃあ、神さまのしわざだぞ。 」 「えっ?」と、兵十はびっくりして、加助の顔を見ました。 「おれは、あれからずっと考えていたが、どうも、そりゃ、人間じゃない、神さまだ、神さまが、お前がたった一人になったのをあわれに思わっしゃって、いろんなものをめぐんでくださるんだよ。 」 「そうかなあ。 」 「そうだとも。 だから、毎日、神さまにお礼を言うがいいよ。 」 「うん。 」 ごんは、へえ、こいつはつまらないなと思いました。 おれが、くりや松たけを持っていってやるのに、そのおれにはお礼を言わないで、神さまにお礼を言うんじゃあ、おれは、ひきあわないなあ。 六 その明くる日もごんは、くりを持って、兵十の家へ出かけました。 兵十は物置でなわをなっていました。 それでごんは、うら口から、こっそり中へ入りました。 そのとき兵十は、ふと顔を上げました。 と、きつねが家の中へ入ったではありませんか。 こないだうなぎをぬすみやがった、あのごんぎつねめが、またいたずらをしに来たな。 「ようし。 」 兵十は、立ち上がって、納屋(なや)にかけてある火なわじゅうを取って、火薬をつめました。 そして足音をしのばせて近よって、今、戸口を出ようとするごんを、ドンとうちました。 ごんはばたりとたおれました。 兵十はかけよってきました。 家の中を見ると、土間にくりが固めて置いてあるのが目につきました。 「おや。 」と、兵十はびっくりしてごんに目を落としました。 「ごん、お前だったのか。 いつもくりをくれたのは。 」 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなづきました。 兵十は、火なわじゅうをばたりと取り落としました。 青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。 (おわり) *本文は、「新美南吉代表作集(半田市教育委員会編集・発行)」に所載のものを、漢字表記等一部変更ししたものです。 *今後は、児童の場面絵を挿入する予定です。

次の