イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た。 イオン銀行フリーローンの審査や口コミを分析してみた!

イオン銀行カードローンの審査期間(時間・日数)は?審査結果の連絡はいつ?

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオン銀行カードローンは、なじみのあるイオングループということで主婦を始め幅広い層の人が利用を検討するカードローンではないでしょうか。 これから申し込みをしようと考えている方は、審査の基準や落ちない為のポイントなど気になることがたくさんあると思います。 こちらのページでは、申し込み前に知っておきたい審査の流れや、よくある疑問などをまとめました。 ぜひ参考にしていただいて、自信をもって申し込みをできるようにしましょう。 イオン銀行のホームページによると、利用申し込みができるのは次のすべてを満たす人と記されています。 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方• ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方• ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方 利用条件を見るとわかるように、イオン銀行カードローンの申し込みにイオン銀行口座の有無は関係ありません。 口座を持っていない方でも申し込むことができます。 ただし、のちほど詳しくご紹介しますが、口座を持っている方は初回融資を早く受けられるメリットがあります。 このページの目次• 専業主婦でも配偶者に収入があれば申込可能 利用条件には本人に安定かつ継続した収入が必要と書かれていますが、専業主婦(夫)も申込可能であることが明記されています。 ただし、専業主婦の申し込みを受け付けているからと言って、審査が甘い訳ではありません。 留意事項として、専業主婦の方の申し込みには次の条件が付いています。 本人に収入のない場合は、配偶者に安定かつ継続した収入が必要• 申込みは限度額50万円まで 専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、限度額50万円以内で申込可能であることがわかります。 申込時に配偶者の年収を記入する必要はありますが、配偶者の名前や勤務先の申告欄はありません。 専業主婦の申し込みの場合、在籍確認の電話も自宅の固定電話宛てになりますので安心してください。 専業主婦の方が申し込む場合は、ご自身の信用情報の内容が審査に大きく影響しますので覚えておきましょう。 パートやアルバイトでも申込できるが学生は不可 イオン銀行カードローンは定期的な収入があれば、正社員に限らずパート・アルバイトの方も申込可能です。 ただし、20歳以上でも学生は申し込むことができませんので注意しましょう。 学生が申し込みできるカードローンもありますが、カードローンの利用歴は将来の住宅ローンなどに影響してしまうこともあります。 学生は家族に相談するなど、可能な限りカードローン以外の方法を考えることをおすすめします。 イオン銀行カードローンの審査の流れについてご説明します。 イオン銀行カードローンの申し込み方法は2つあります。 WEB申し込み• イオン銀行店舗の備え付け端末 ショッピングモール内のイオン銀行店舗で申し込むこともできますが、スタッフと対面で申し込む方式ではなく、備え付け端末から入力する形式です。 ご自身のパソコンやスマホから申し込むのと大きな違いはありませんので、インターネットを利用できる環境がある方はWEB申し込みが良いでしょう。 イオン銀行内で申し込みたい場合は、備え付け端末のない店舗もありますので訪問前に確認することをおすすめします。 WEB申し込みはWEBで完結でき大変便利です。 WEB申し込み後の詳しい流れを見ていきましょう。 WEB申し込み• 提出書類アップロード• 審査結果通知• 振込融資• ローンカード受け取り スマホなどからWEB申し込みをすると、イオン銀行から受付確認のメールが届きます。 このメールに専用マイページの案内が記載されていますので、案内に従って本人確認書類をアップロードしてください。 在籍確認を終えると審査結果がメールで通知されます。 イオン銀行カードローンの申込時に必要な書類一覧 イオン銀行カードローンで提出書類として認められているのは、以下の書類です。 本人確認書類 運転免許証(変更事項がある方は両面) パスポート(お名前、生年月日、ご住所、有効期限、発行日、公印のあるページ) 外国籍の方は、いずれか一通必須 在留カード(変更事項がある方は両面) 特別永住者証明書(変更事項がある方は両面) 収入証明書類 イオン銀行から求められた場合、いずれか一通必須 源泉徴収票(前年度) 給与明細(直近3か月以内に発行された給与明細2ケ月分) 直近の住民税決定通知書 本人確認書類は、ローンカードを受け取る時にも必要です。 その時は次の3つのうちのいずれかひとつを提示してください。 運転免許証• パスポート• マイナンバーカード 必要書類のアップロードが遅れると審査がストップしてしまいます。 スムーズに進めるためには、申し込み前に準備しておくことをおすすめします。 属性スコア 申込者本人の信用度がどれくらいかを数値化する審査です。 年収や年齢、持ち家の有無などからどれくらい返済能力を有しているかを確認します。 勤務先や雇用形態が重視されると思われがちですが、勤続年数も非常に重要です。 同じ会社に長く勤めている人は今後も継続して収入が見込めると言えますが、数か月の場合は仕事が安定しているとは判断されない場合もあります。 信用情報 当然ですが、個人信用情報も確認されます。 事故情報が登録されていないか、他社借り入れ状況はどうなっているかを確認し、問題がある場合は審査落ちとなってしまう可能性が高いです。 専業主婦の方は信用情報に問題がないことがもっとも重要です。 長期延滞情報など事故情報が登録されていたら厳しいと考えたほうが良いでしょう。 保証会社との過去のトラブル 信用情報の事故記録は5年から10年経過すると消えますが、保証会社の社内記録は別です。 信用情報には残っていなくても保証会社が自社で保管している記録から長期延滞などの過去のトラブルが見つかると、返済能力に疑問を持たれてしまいます。 イオン銀行カードローンの保証会社はイオンクレジットサービスとオリックス・クレジットですので、これらの会社との過去のトラブルもチェックされます。 イオン銀行カードローンに少しでも通りやすくするために、次の4つのポイントに注意しましょう。 申し込みフォームはミスなく正確に 他社借入はできる限り減らしておく 限度額は低めに希望する 同時期に複数のカードローンに申し込まない• 申し込みフォームはミスなく正確に 入力ミスがあると審査が長引いてしまいますし、意図的に嘘の申告をしたと捉えられてしまうこともあります。 早く申し込みたい気持ちはわかりますが、自信のない項目はきちんと調べ入力内容にミスがないかよく確認しましょう。 また、虚偽申告は絶対にやめましょう。 年収や勤続年数など多少多く書いても問題ないだろう…と考えるかもしれませんが、担当者はプロですので矛盾があるとすぐに気づきます。 疑わしい点があると、場合によっては詐欺罪にも該当しますので虚偽申告は絶対にしてはいけません。 他社借入はできる限り減らしておく 他社借入は少なければ少ないほど通りやすくなります。 特に借入件数がすでに複数件ある場合は、今後返済が困難になるのではないかと疑われます。 イオン銀行カードローンは他社借入があると審査に通りづらくなります。 2社以上他社の借入がある方は、通過が難しいと考えられますので、できるだけ件数を減らしてから申し込みましょう。 限度額は低めに希望する 借入希望額はできるだけ少なく希望しましょう。 銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、貸し倒れを防ぐためにも他社借入も含めて年収の3分の1を超える融資は行いません。 特に正社員でない方や年収が低い方は、借入を希望する最低限の金額で申し込みましょう。 同時期に複数のカードローンに申し込まない いくら焦っていたとしても、同時期にいくつものカードローンに申し込みすることは避けましょう。 短期間にいくつものカードローンに申し込むとよっぽどお金に困っているような印象を与えてしまい、申し込みブラックと判断されると通りづらくなってしまいます。 イオン銀行に申し込んだ方は他の銀行・消費者金融への申し込みはせずに結果を待ちましょう。 また、すでに他のカードローンに申し込みした方は、できる限り期間を置いてから申し込んだ方が審査に通る可能性は高くなります。 イオン銀行カードローンの審査にかかる日数や時間はどのくらい? まず、イオン銀行カードローンの審査は年中無休で行われています。 ですので、いつでも都合の良いタイミングで申し込むことができます。 審査は土日・祝日も含めて行っていますので、急な出費の時にも頼れる存在です。 しかし、イオン銀行に限らず銀行カードローンは即日融資に対応していません。 その為、審査時間は1日以上かかります。 イオン銀行に限らず銀行カードローンは、申込者の情報を警察庁のデータベースと照会することが義務付けられています。 この照会には最短でも丸一日かかりますので、申し込んだその日に審査結果を知ることは難しく即日融資も不可となります。 ただし、イオン銀行の口座を持っている方は、初回のみ振込で融資を受けることができます。 ですから、少しでも早く融資を受けたい場合は、あらかじめイオン銀行の口座を用意しておき、平日の午前中に申し込むことをおすすめします。 イオン銀行の口座を持っている人は最短2営業日で借り入れ可能 審査にかかる具体的な時間や日数は公表されていませんが、警察庁のデータベース照会にかかる時間を考慮すると結果が出るまでに2営業日はかかります。 イオン銀行の普通預金口座をお持ちの方ならば、すぐに振込融資を受けることができます。 ローンカードの受け取りを待つ必要がありませんので最短2営業日で初回の借り入れが可能です。 振込融資は初回の一回のみ可能で、翌々日の朝9時以降はインターネットバンキングでの借り入れも可能です。 イオン銀行の口座を持っていない人は最短でも5営業日かかる イオン銀行の口座を持っていない方は、申込から初回融資まで最短でも5営業日程度かかってしまいます。 結果が通知されて、ローンカードは佐川急便の受取人サポートを利用して、5日程度で自宅に届きます。 受取人サポートは本人確認のため受け取り時に運転免許証などを提示しないと受け取ることができません。 仕事などで不在にしてしまうと不在表による対応となり、さらにローンカードの受け取りが遅くなってしまいますのでご注意ください イオン銀行カードローンの結果はメールで通知される イオン銀行カードローンの審査結果はメールで通知されます。 申し込み時に入力したメールアドレス宛に、結果が確認できる専用ページのURLが記載されたメールが届きます。 そちらにアクセスして結果を確認してください。 メールがなかなか届かないのはなぜ? 審査の結果を確認できるまでに、最短でも2~3日かかります。 それ以降も結果の通知が来ない場合は、審査が長引いている可能性が高くなります。 特に通過できるかどうかぎりぎりのラインにいる人は、時間がかかる傾向にあります。 また、必要書類の提出にすぐに対応できなかった場合は、結果の通知が遅れることがあります。 なかなか通知が届かない時は、専用ダイヤルで状況を問い合わせることができます。 イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル 0120-48-1258 9:00~18:00 年中無休 イオン銀行カードローンに落ちた時の原因 残念ながら審査に落ちてしてしまった場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。 例えば、勤続年数や収入などに問題がある場合です。 次のような方は返済能力が高いとは言えずに落ちてしまうことがあります。 勤続年数が半年未満など短すぎる• アルバイトなどで十分な収入が得られていない 収入が少ないと判断された場合は、借入希望額を減らすことで通りやすくなることもあります。 借入件数が多いと返済管理が難しくなりますので、担当者が返済能力に疑問を持ってしまいます。 すでに複数の借り入れがある方は、それが原因で落ちたと考えられるでしょう。 返済管理をしっかり行うためにも、まずは借入件数を減らすことをおすすめします。 短期間に複数のカードローンに申し込みをした方は、申し込みブラックになってしまっていることがあります。 同時期にいくつものカードローンに申し込むと、切羽詰まっていると判断され、担当者の目が厳しくなってしまいます。 申し込みブラックになっているかもしれないと感じた方は、半年以上間をあけてから次のカードローンに申し込むことが望ましいです。 イオン銀行が指定する保証会社で過去に金融事故などのトラブルを起こしたことがある方は、落ちやすくなってしまいます。 個人信用情報の事故記録は5年から10年で消えますが、保証会社が保管している事故情報はそれ以上の期間残っている可能性が高いです。 イオン銀行カードローンの保証会社であるイオンクレジットサービス、オリックス・クレジットが発行しているクレジットカードの利用で、長期延滞などのトラブルを起こしてしまった方はそれが原因になっている可能性があります。 ただし、ご覧の通りイオン銀行カードローンの保証会社は2社あります。 保証会社が2社である場合、両方の審査に通る必要はありません。 どちらか1社に通過できれば問題ありません。 保証会社2社両方でトラブルを起こしてしまった方はイオン銀行カードローンではなく、別の保証会社がついているカードローンを検討したほうが良いでしょう。 では、イオン銀行カードローンに落ちてしまった場合、どのような対策を取れば良いのでしょうか。 イオン銀行カードローンは、審査に落ちてもすぐに申し込むことができますが、申し込みブラックを避けるためにも半年以上は期間を開けることをおすすめします。 原因がわかっていても解決に時間がかかる場合は、別のカードローン申し込みを検討してみましょう。 消費者金融ならば銀行カードローンとは基準も異なるため、通過できる可能性があります。 また、大手消費者金融は土日も含めて即日融資を行っていて、結果も早く出ますのでとても心強い存在です。 本人に安定した収入があれば正社員でなくても申込できますが、消費者金融は総量規制の対象ですので収入のない専業主婦の方は申し込むことができません。 パート収入のある方ならば申し込み可能です。

次の

イオン銀行カードローン審査落ちしない!|通過率アップのポイント

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

流通大手のイオングループであるイオン銀行が取り扱っているローンサービス 「イオンアシストプラン」。 イオンアシストプランには大きく分けて、 借りたお金を自由に使いたい人向けの 「フリーローン」と、使う目的が決まっている人向けの 「目的型ローン」があります。 イオン銀行から借りたお金を、 生活費の足しや遊興費、交際費などに充てたい場合には、 必要に応じて自由に使いみちを選べる「フリーローン」を利用することになるでしょう。 そこでこちらでは、イオン銀行フリーローンの審査や口コミを中心に、詳しく分析していきたいと思います。 フリーローンではなく、とスペックについて知りたい、という人は以下の記事も参照してみてください。 Contents• イオン銀行フリーローンの金利やスペック まずは、イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)の金利や利用限度額、利用期間などのスペックを詳しく見ていきましょう。 イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)の金利は? イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)の金利は 年3. 8%~13. 5%の固定金利となっています。 自動車ローンや教育ローン、ペットローンなどの目的型ローンなら金利は 年3. 8%~8. 8%となりますが、こちらには 目的と関係ない項目には利用できないという制限があるので注意が必要です。 (ともに平成30年10月現在の金利です) イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)の利用限度額、借入期間は? イオンアシストプランの利用限度額は、30万円~700万円10万円単位での借り入れが可能となっています。 各種の目的型ローンも同じ限度額です。 借入期間は1年~8年です(1年単位)。 目的型ローンも同じ借入期間となります。 フリーローンは使い道自由! イオンアシストプランのフリーローンは、原則的に使い道は自由です。 ただし、事業資金として使用することはできません。 (目的型ローンの場合には、その目的以外での利用はできません) さらに、オリックス・クレジットが保証をしてくれるため、担保や保証人は不要となっています。 繰り上げ返済も可能! インターネットバンキングまたはイオン銀行から、全額繰上返済、一部繰上返済が可能です。 繰上返済の手数料は無料で、インターネットバンキングなら1万円以上から1円単位で繰上返済できます。 さらに、借入金額の50%までなら、6か月ごとの増額返済も併用することが可能です。 <イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)のスペック> 金利 年3. 8%~13. 5% 固定金利 借入限度額 30万円~700万円 10万円単位 借入期間 1年~8年以内 1年単位 使い道 原則として自由 ただし、事業資金は除く 遅延損害金 年利14. 6% 担保・保証人 不要 オリックス・クレジットが保証 の目次に戻る イオン銀行フリーローンは低金利なの? ローンを選ぶなら、低金利でお得なものにしたいと、誰しも思うはずです。 イオン銀行のフリーローンが低金利なのかを客観的に判断するためには、他のキャッシングサービスとスペックを比べてみることが大切でしょう。 そこで今回は、知名度の高いキャシングサービスである 「プロミス」と、 最近人気が急上昇している 「J. Score ジェイスコア 」を比較対象として、以下に表を作成してみました。 【イオン銀行フリーローン・プロミス・ジェイスコア比較表】 金利(年) 最短即日融資 無利息サービス 融資への積極性 イオン銀行フリーローン 3. 8%~13. 5% 固定 できない なし 4. 5~17. 8% 変動 できる 最短1時間! 30日間無利息 0. 8~12. Score(ジェイスコア)の貸付利率(年率)0. JAPANと情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用 それぞれの項目を詳しくみていきましょう。 融資への積極性イオン銀行フリーローンは銀行のローンサービスということで、 審査はあるていど厳しいことが予想されます。 お金を預かったり投資したりもする銀行は、銀行法を順守して慎重かつ堅実な運営をしているので、誰にでもお金を貸してくれるわけではありません。 一方、プロミスやJ. Score ジェイスコア が守っているのは、銀行法ではなく貸金業法という法律で、これは文字通り、お金を貸すことを業務としている会社に向けて定められた法律です。 言い換えれば、プロミスやJ. Score ジェイスコア は 個人に融資することで利益を得ているわけですから、 イオン銀行よりも融資に積極的と考えてよいでしょう。 ここまで、金利や融資スピードについて他社と比較してみましたが、イオン銀行フリーローンは残念ながら劣っている部分があります。 とはいえ、イオン銀行フリーローンならではのメリットもあります。 たとえば、イオン銀行フリーローンは、フリーローンの性質上、 一度借りたらあとは返済していくのみです。 そのため、 借りたら着実にきっちり返済していきたい! と考える人の利用には向いています。 それぞれのローンで 長所・ 短所は異なるので、 自分のニーズに合うローンを選ぶのが賢い借入のコツです。 の目次に戻る イオンアシストプランの申し込みから仮審査、契約までの流れとは? イオンアシストプランの申し込みから仮審査、契約までの流れも知っておきたいですよね! こちらでご説明していくことにしましょう。 1.まずは、インターネットから申し込み イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)は、インターネットから申し込みを行います。 必要事項を入力しましょう。 2.仮審査に通過 申し込み内容に問題が無ければ、仮審査通過となります。 契約書類が郵送されてくるので確認しましょう。 3.本審査の実施 送られてきた契約書類を返送します。 その後本審査が実施されます。 4.イオン銀行の口座へ入金 その後、融資を実行していいかどうかの意思確認が行われ、最短で2営業日後にイオン銀行の普通口座へ融資金が入金されます。 の目次に戻る イオン銀行フリーローンの審査は厳しい? イオン銀行フリーローン「イオンアシストプラン」の申し込み条件は、以下のとおりです。 ・日本に居住していること(外国籍の場合には永住許可を受けていることが条件) ・年齢が満20歳~満60歳未満であること ・イオン銀行に口座があること ・安定、継続した収入があること ・保証会社(オリックス・クレジット)の補償を受けられること ちなみに、無職の方(専業主婦、専業主夫含む)、年金受給のみの方、学生は利用できません。 さらに、基本的には前年度の税込み年収が200万円以上という条件も設けられています。 イオン銀行フリーローンは銀行が扱っているローンであること、前年度の税込み年収の条件が設けられていることなどを考えると、 審査はある程度厳しいと覚悟しておくべきだと言えるでしょう。 の目次に戻る イオンアシストプラン、審査落ちしてしまう原因は何? イオンアシストプラン(フリーローン)の審査に落ちてしまった場合、どんなところに原因があったのか気になってしまいますよね。 年収等の申し込み条件を満たしているのにも関わらず落ちてしまったという場合には、属性に関することだけではなく信用情報(クレジットヒストリー)に問題があった可能性もあります。 例えば、クレジットカードやカードローン、携帯電話料金などを2~3ヶ月以上延滞してしまったことがある、債務整理をしたことがある、他社にも多額の借り入れがある、借り入れ件数が多い、ローンやクレジットカードを短期間に複数申し込んだなどが挙げられます。 このようなことに心当たりがある場合、イオン銀行フリーローンの審査に落ちてしまう可能性は非常に高いです。 の目次に戻る イオン銀行フリーローンの審査時には在籍確認はある? イオン銀行フリーローンの審査の時には職場への在籍確認があるのだろうか……。 多くの方が気になっている点ではないでしょうか。 イオン銀行フリーローンのサイトを確認すると、「申し込み確認の電話を勤務先や自宅にすることがある」とはっきり書かれています。 つまり、 在籍確認は「ある」ということになりますね。 イオン銀行フリーローンの在籍確認では、社名は名乗らずに個人名で電話がかかってくるようです。 ただし、申込者が希望をした場合には「イオン銀行」と名乗る場合もあるようです。 在籍確認では一般的に、職場にバレないような配慮をしてもらえますからそれほど心配する必要はないでしょう。 の目次に戻る イオンアシストプラン、審査結果が分かったら早めの申し込みを! 先ほども申し上げた通り、仮審査の結果がOKだった場合、イオン銀行から契約書類が送付されます。 この契約書類(お借入れ手続きのご案内)には有効期限があります。 郵送での連絡があってから「2か月以内」が有効期限となっていますから注意してくださいね。 うっかり2か月を過ぎてしまうと、再申し込みが必要となってしまいます! せっかく審査に通ったのに再審査になってしまうのは嫌ですよね。 後回しにしていると意外と忘れてしまいますので、早めの手続きを心掛けましょう。 の目次に戻る イオンのフリーローンは借り換えにも利用できる? 今現在ローンの借り入れがあるけれど金利が高いと感じている方は、他社への「借り換え」を検討してみるのもおすすめです。 また、複数の金融機関から借り入れがあり、返済日もまちまちでつい入金を忘れてしまう、借り入れている中に金利が高い金融機関があるなどの理由で、「何とか借金を一本化できないかな?」などとお悩みの方には、「おまとめローン」がおすすめです。 今よりも金利の安い金融機関で借り換えができれば、金利の支払いをぐっと抑えることができます。 複数の借金があるという方はおまとめローンなどによって一本化すれば、返済日をうっかり忘れていたなどというミスも防げますよね!ぜひ借り換えやおまとめを検討してみましょう。 借り換えやおまとめ専用のローンもありますが、使い道自由のフリーローンを利用するのも一つの手と言えるでしょう。 イオンのフリーローンを、借り換えやおまとめに利用するのも良いですね。 の目次に戻る イオン銀行フリーローンの口コミが知りたい イオン銀行フリーローンを利用したいけれど、やはりその前に、実際に利用した方の口コミも知っておきたい。 そのような方も多いのではないでしょうか。 最後に、いくつか口コミをご紹介していきましょう。 ・30代男性 ちょっとまとまった資金が必要になり、初めてフリーローンというものを利用してみることにしました。 フリーローンという商品はいろんな銀行が出しているためどれにしようか迷ったのですが、近所にイオンがあるし、イオンなら有名だし安心かな?と思ってイオン銀行のフリーローンに決めました。 金利も、まあこのくらいなのかな?個人的にはわりと安いかなと満足しています。 電話などの対応はとても良かったです。 ただ、申し込みから融資までにわりと時間がかかってしまいました。 自分の場合は急いでいなかったので全然かまわないのですが、即日融資が受けられるカードローンなんかもあると考えると、急ぎでお金が必要な方にはあまりおすすめできないかもしれません。 ・20代男性 急に引っ越さなければならなくなり、引っ越し資金を借りるためにイオンフリーローンに申し込みをしました。 銀行のローンって窓口まで行かなければならないのが多いですが、正直そういった手続き関係がとても苦手でしたし、平日の昼間は仕事で行けないのでネットで申し込めるところをさがし、こちらにたどり着いた感じです。 ネットで申し込みをしたら、数日後に仮審査に通ったと連絡がありました。 無事に通ってホッとしましたね。 そのあといろんな書類を郵送して、本審査が終わって融資を受けました。 正直本審査になってからちょっと待ったかな?という感じはありましたが、一度も銀行に足を運ばなくても契約ができたので、手軽で良いと思いました。 もしまたお金を借りるならまた利用するかもしれません。 の目次に戻る イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)についてお話してきました。 イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)は、使い道が自由のローンです。 インターネットと郵送で申し込みが完結するため、銀行に足を運ぶ必要がありません。 繰上返済手数料無料なのも嬉しいポイントでしょう。

次の

イオン銀行フリーローンの審査や口コミを分析してみた!

イオン 銀行 カード ローン 審査 落ち た

イオン銀行カードローンは増額できる? 銀行カードローンは金利が低いことで人気を集めていますが、なかでもイオン銀行カードローンは特に金利が低い銀行カードローンです。 具体的に金利を紹介すると、 年3. イオンでショッピングをすることがある人であれば、イオン銀行の口座を持っていて、すでにカードローンBIGを契約しているという人もいるのではないでしょうか。 また、既にイオン銀行カードローンを使っている人のなかには、借り入れ限度額が足りなくなり、限度額をもっと引き上げて欲しい人もいると思います。 果たして、イオン銀行カードローンは増額(増枠)が可能なのでしょうか。 結論から言えば、イオン銀行カードローンで増額をするのは可能です。 ですが、あまりお勧めはしません。 なぜなら、 イオン銀行カードローンの増額申請をして限度枠を増やすよりもお得な方法があるからです。 とはいえ、イオン銀行カードローンの増額にこだわりのある人もいるでしょうから、この記事ではあくまで イオン銀行カードローンの増額に軸足を置いて解説します。 あわせて お得な方法についても紹介するので、よければ参考にしてみてください。 イオン銀行カードローンの増額審査の審査期間は? イオン銀行カードローンの限度額を増額(増枠)したいときに受けなければならない増額審査は、回答までにどのくらいの時間がかかるのでしょうか? 単刀直入に言うと、 「最短でも翌日以降」にしか結果はわかりません。 「最短」というのは、審査作業が立て込んでいないタイミングで申し込み、書類の提出でミスなどがなく、審査中の手続きがすべて順調に、滞りなくスムーズ進んだ場合のことを指します。 そもそも増額申請というのは、言い換えれば、もっとたくさんお金を貸してくれるようにお願いする行為です。 イオン銀行側としても、それまでより多くのお金を貸すとなれば、申請者の利用状況や収入状況といった情報を 慎重に、時間をかけて精査する必要があります。 なので入会時に受ける 初回審査以上に時間がかかるのが普通なのです。 少なくとも、 即日で増額が実現となることは難しいので、急いでいる人は注意が必要です。 イオン銀行カードローンの増額審査は厳しい? イオン銀行カードローンの増額審査に時間がかかることは述べましたが、では審査基準そのものはどうなのでしょうか。 厳しい増額審査のせいで時間を棒に振ることは避けたいですから、気になる人も多いのではないかと思います。 こちらも単刀直入に言うと、 イオン銀行カードローンの増額審査は厳しいと言えるでしょう。 少なくとも、決して甘いとは言えません。 その理由については、上の項を読んだ人ならもうお分かりかと思います。 より多くの金を貸すということは、それだけ リスクも増大します。 利用者が多く知名度も高いイオン銀行ともなれば、その信用を守るための運営には細心の注意を払わねばなりません。 甘い増額審査をして多くの融資をしたものの返済してもらえなかった、なんてとことはあってはならないのです。 ネットバンクとはいえ銀行ですから、その審査基準は消費者金融より厳しいものとなっているでしょうし、規模の大きさからするとメガバンクに準ずるレベルにある可能性もあります。 よほどの自信があれば別ですが、通過できる見込みが十分でないのに勢いで増額審査に挑戦するのは、避けたほうが賢明かもしれません。 イオン銀行カードローンは休日(土日・祝日)の増額は可能? ちなみに、いきなりお金が必要になるときって、平日だけじゃなく休日もあるのではないでしょうか。 友人と遠出をしたり、お酒を飲んだり、彼女とデートをしたりするのって、会社が休みの日ですよね。 でも、そんなときに、イオン銀行では、休日の増額には対応しているのでしょうか。 多くの銀行は、土日・祝日など休日の増額は対応していません。 銀行は、通常、土日・祝日は休みのところも多いですからね。 そのため、休日に申込みをしても、実際の審査が行われるのは翌営業日となるのが実情です。 でも、イオン銀行は、平日だけでなく休日も営業をしています。 よって、イオン銀行は、土日・祝日などの休日も審査を受け付けているので、審査を早めに行うことも可能なんです。 ただ、イオン銀行カードローンも、審査自体は休日にすることができますが、実際の融資となると3~4日程度かかることが多いようですね。 一応、これは余談にはなりますが、 イオン銀行カードローンは、イオン銀行ダイレクトを利用することで、土日・祝日だけでなく24時間いつでもイオン銀行口座に振込キャッシングすることができます。 よって、イオン銀行ダイレクトを利用できるようにしておけば、休日でも現金を借りられるため安心ですよ。 イオン銀行カードローンの増額審査は在籍確認あり? イオン銀行カードローンの増額における審査では在籍確認はあるのでしょうか。 これについては、微妙な問題です。 イオン銀行カードローンの最初の契約の際に、一度、在籍確認は行われているはずなので、 「増額のときは在籍確認はしないでもいいんじゃないの?」 と思われる人の気持ちも分かります。 実際に、イオン銀行カードローンの増額審査においては在籍確認なしだったというケースはあります。 しかしながら、初回の借入からある程度の時間が経過している場合、再度の在籍確認が必要になる可能性がでてきます。 だって、金融機関としては、顧客がまだ以前の職場に勤めていて、きちんと働いているかって気になりますよね。 当たり前の話ですが、お仕事をやめてしまっていれば、お給料をもらっていないため、お金を貸しても戻ってこないリスクがあるわけです。 なので、イオン銀行が金融機関として健全な営業を行っている以上、カードローンBIGの増額審査における在籍確認は行わる可能性も十分ある、と認識しておいた方が良いでしょう。 ただし、イオン銀行カードローンの在籍確認は、会社にバレることはありません。 増額審査の電話連絡では、イオン銀行の担当者は、銀行名を名乗りませんので、キャッシングをすることが職場の人間に発覚する恐れはないでしょう。 銀行の在籍確認は、担当者が銀行名を必ず名乗ることを義務付けられている銀行もあります。 この点については、イオン銀行は臨機応変に対応してくれていると考えても良いかと思います。 「銀行名を名乗られると、会社の人にカードローンを借りるんじゃないか、と勘繰られそうでイヤだ……」という人には、イオン銀行の在籍確認は安心して受けられます。 ちなみに、参考までに説明しておくと、増額(増枠)審査に関しては、初回の審査の時の勤務先情報や自宅の住所が変わっていなければ、行われないことが多いようです。 イオン銀行カードローンの増額審査を受けるリスクとは これはイオン銀行に限ったことではないのですが、安易に増額審査に挑むことがお勧めできない理由は、 増額審査を受けること自体にリスクが潜んでいるという点にもあります。 そのリスクについて、詳細を解説いたします。 先ほどから説明しているように、増額審査は時間をかけ、厳しい基準を設定して進められます。 ということは、そのなかで増額審査の担当者は、申請者のカードローンの利用状況や収入状況の詳細を知ることになりますよね。 万が一、その際に増額審査の担当者にネガティブな印象を与える情報があった場合、限度額は 増額どころか減額されてしまうことがあるのです。 増額を狙っての行動がむしろ減額を招く結果となっては、ガッカリくるのではないでしょうか。 はじめから増額審査なんて受けなければよかった、なんてことにもなりかねないリスクが、増額審査には潜んでいるということなのです。 また、可能性としてはかなり低いことですが、滞納が続いているというようなあまりにもひどい利用状況が明らかになった場合は、その時点で 利用停止にされてしまうことさえあります。 そのようなリスクがあることを理解したうえで、しっかり準備を整えておくことが、増額審査には求められます。 イオン銀行カードローンの増額審査に落ちたらどうする?お得な方法は? 以上で説明してきましたように、高額なキャッシングを低金利で利用できるイオン銀行カードローンは、増額(増枠)するのにもってこいの銀行です。 しかしながら、増額(増枠)審査の基準は、初回の借入よりも借りる金額が増える分厳しくなる傾向があります。 せっかく、申し込んでみたけれど、結局、増額審査で落ちてしまった、なんて方もいらっしゃるでしょう。 そういった方が今後どうすればいいのかということについて、最後に解説していきます。 1、追加融資を急いでいる場合 増額(増枠)審査では信用性が求められますので、ある程度長い期間利用していないとどうしても結果が出ないことが多いのです。 そのため、追加融資をお急ぎでしたらイオン銀行カードローンで増額(増枠)することに固執するのではなく、他社へのお申し込みをお勧めします。 auのユーザーなら、イオン銀行カードローンよりも低金利で利用できるのは、先ほどご説明した通りです。 金利よりも、優先すべきは「スピードだ!」という人は消費者金融がいいと思います。 特に、大手消費者金融のアコムは、最短1時間の融資ができるので、融資の速度はカードローン業界でもトップクラスと言えるでしょう。 アコムより金利が低いところがいいなら、バンクイックもおすすめです。 バンクイックは、最短40分でカードが発行できるため、実は、バンクイックの融資の速度は、カードローン業界随一なんです。 なので、スピード融資を求める人には、バンクイックも併せておすすめします。 2、もう一度イオン銀行カードローンで増額(増枠)を申請しようとしている場合 審査結果が落ちたけれど、どうしてもイオン銀行カードローンで増額(増枠)したい人もいるかもしれませんね。 このような場合は、「この人になら、増額して追加融資してあげても、きちんと返済してくれそうだな」とイオン銀行に信用してもらう必要があります。 どうやって信用してもらうのかと言えば、やっぱり、長期間の利用が不可欠となります。 それなりに長い期間、一度も滞ることなく返済をし続け、返済実績を積むことが必要となるんです。 イオン銀行カードローンの増額は、最低でも6ヶ月〜12ヶ月程度の利用をしていく必要があるでしょう、1年程度は、初期のキャッシング枠で利用を重ねていく必要があります。 このポイントを押さえたうえで、再び、イオン銀行カードローンの増額(増枠)申請を行えば、審査に通過する可能性も高まるでしょう。 イオン銀行カードローンの増額(増枠)審査に落ちてしまった方は、もし良かったら、上記の方法を試してみてくださいね。

次の