失業 保険 副業。 ダブルワークの時の雇用保険取り扱いは?雇用保険の上手な活用方法と注意点

副業・副収入がある場合の失業認定申告書の書き方

失業 保険 副業

現在、経済的な事情からも、ダブルワークなど複数の会社に勤務する人が増加しています。 今回は、そんな ダブルワークと失業保険との関係、そしてこれに関連する最新の法改正情報をみていきたいと思います。 雇用保険は、 「週あたり労働時間20時間以上で、通算31日以上雇用の見込みがある者」を加入条件としています。 この条件を満たすものは、パートや派遣、アルバイト等を問わず雇用保険に加入しますが、 2つの勤め先で同時に加入はできません。 ダブルワークの場合の失業保険加入 原則として 給料の多い方の勤め先で加入します。 ただし、例えばA社で週2日、B社で週3日仕事をしていて、実態としては雇用保険の加入条件である週あたり労働時間20時間、通算31日以上をクリアしても、 A社・B社それぞれでみれば加入条件をクリアせず雇用保険に加入できない場合があることに注意が必要です。 雇用保険の加入者が、定年・倒産・契約期間の満了・自己都合などの理由により退職した場合には、「失業手当(基本手当といいます)」が支給されます。 これが 雇用保険に加入する大きな意義です。 基本手当の支給を受けることができる日数は、退職日における年齢、加入期間、退職理由などにより 最低90日~最高360日の間で定められます。 自己都合による退職であれば、 加入期間1年以上で90日 10年以上で120日 20年以上で150日 となります。 失業保険の受給ルールに注意 自己都合による退職で基本手当を受けるには、退職時からさかのぼって過去2年間に12か月以上の雇用保険加入実績が必要です。 では、ダブルワークの場合はどうでしょうか。 失業手当は失業により収入がなくなった場合に支給されるものなので、例えば「本業を辞めても副業を続けていれば収入があるので支給されない」となるようにも思えます。 しかし実際には、次の 1 、 2 のルールによって基本手当が支給されます。 1 副業先での1日あたりの労働時間が4時間未満の場合に支給される。 2 副業先で得た賃金の分だけ基本手当は減額され、1日当たりの基本手当の支給額(賃金日額といいます)の80%を超えると不支給となる。 ただし、注意しなければならないこともあります。 それは、 基本手当を受給するには「基本手当の受給申請後7日間は、完全な失業状態でなければならない」ということです。 この期間に働いていることが判れば基本手当の受給資格は得られません。 また 最初から7日間のカウントを繰り返すことになります。 つまり、本業を退職しても副業先で仕事を続けていれば、 完全な失業状態とはいえないので基本手当を受給できません。 実例として、本業先を辞めた後、収入を補うために副業先の労働時間を週20時間以上に増やすケースがあります。 この場合、基本手当が受給できないばかりか、 副業先での雇用保険の加入資格があることも問題になります(雇用保険の加入資格を取得できるような就労をすると基本手当を受給できなくなります)。 また仮に、この問題を回避するために副業先の仕事量を調整したとしても、7日が経過した後すぐに基本手当を受給できるかといえば、そうではありません。 もし 自己都合で退職したのなら、さらに3か月間、基本手当を受給できない給付制限期間があります(これに対し、会社都合や自己都合でもやむを得ない理由での退職では、このような給付制限はありません)。 もっとも、 3か月の給付制限期間中に副業で収入を得ることは認められていますので、基本手当を受給したい場合は、以上の点を考慮して副業の仕事量を調整するなどの必要があります。 最新の法改正で、失業保険はどう変わるのか 雇用保険の制度は元々、終身雇用という社会的な風潮の中で失業してしまった場合の生活保障を念頭に置いたもので、 近年のダブルワークの増加に対応しきれていない部分があります。 そこで厚生労働省では、ダブルワークや転職をしやすい環境を整備する狙いで制度の見直しに着手し、次の1 2 の2つの見直しが決まりました(2020年の通常国会で雇用保険法の改正を目指しています)。 1 65歳以上の労働者を対象に、別々の会社の労働時間を合算して週20時間以上になれば、本人の申告で雇用保険に加入できるようにする。 2 自己都合退職の場合の給付制限が「5年のうち2回までは2か月」に短縮する。 しかし、本当に注意しなければならないことは、制度の見直しは今はじまったばかりです。 当面はここまでみてきたルールが変わらず適用されますので、そのことを踏まえて 不利にならない働き方を考えていきましょう。 (執筆者:今坂 啓).

次の

ダブルワークで不利にならない「失業保険」の知識 最新の法改正情報も | マネーの達人

失業 保険 副業

認定日には、「失業認定申告書」を提出しなくてはならない。 もし、この申告書により、 「週4日以上、合わせて20時間以上」働いている事が判明した場合、 「就労」とみなされ、本来の支給額の3割程度の「就業手当」しかもらえなくなってしまう。 また、ウソの記載をした場合や誤った記入をした場合には、 不正受給として、最高で総支給額の3倍の返還を求められるという。 これだけ脅されたら、申告書の記入には慎重にならざるをえない。 私の場合、アフィリエイトやホームページ制作を行っていた為、 職員にもいくつも質問を投げかけ、より慎重に記入を行いました。 その時の記録です。 そもそも副収入・副業がある人が、 失業保険を受給することについて問題はないのか?という点については、 このまま自営に進むか(まだ開業届を提出していないこと)、就職するかと悩んでいて、 就職する意志もあるのであれば大丈夫との事。 ホームページ制作・更新費に関して ホームページ制作や更新を行うことは何の問題もない。 ただし、しっかりと作業を行った日・報酬の金額を申請書に記入すること。 また、「収入のあった日」の欄に、お金を受け取った日を記入するのだが、 記入する金額は、サーバー代・ガソリン代などの経費を差し引いた額。 レシートなどの経費として証明できる資料の保管を忘れずに。 ただし、「週4日以上、合わせて20時間以上」の制限を考えると、 「広告を掲載してあるブログの更新」など、 収入を得る手段となりうる作業は、失業手当の受給期間中は控えたほうが良い。 自営、アフィリエイトの場合、作業時間を証明する方法がないので、 増やそうが減らそうが何でもできると思いますが、 内容を理解して記入すれば、特にウソをつく必要もない感じでした。 それに対応した職員からは、 どんな作業で収入を得たの?お客さんは個人なのか会社なのか?など、 根堀葉掘り細かく探られるので、嘘は危険です。

次の

雇用保険と副業と兼業と失業、基本手当受給について

失業 保険 副業

毎月、給料から天引き されているですが、 せっかく払っているなら大いに 活用しなければもったいないです。 サラリーマンが副業しようと思ったら、 突然、本業の会社をクビになった…とか、 もちろん避けたいことの一つですが、 今の世の中、あり得ることでしょう。 バイトをしながら他のバイトを かけもちしようとしている人も、 バイトをしながら失業手当がもらえる 「失業保険」のからくりを解説しましょう。 失業中もアルバイトはして良い? 失業保険とは、正式には 雇用保険と呼ばれるもので、 勤務先を何らかの事情で退職した時、 次の仕事が見つかるまでの間、国から 失業手当としてお金が給付される という仕組みの保険ですが、 そもそも失業保険は働いていない 人がもらえるものだから、 アルバイトをするともらえなくなる と思っている人が多いでしょうが、 実はこれは正しくないのです。 やり方によっては、バイトを しながら失業手当はもらえます。 3ヶ月の空白期間 確かに、 サラリーマンなど会社勤めの人が 万が一失業した場合、 生活が困難になるのは当然です。 そのためのライフラインとして、 再就職するまでの生活費を 国が支給するというのが意義です。 ただ、 まず自己都合で会社を辞めた人は、 「給付制限」といって 職安で手続きしても3ヶ月間は 失業手当がもらえないのです。 この期間については だいたいどこの職安でも 「給付制限期間中に収まる契約」 の短期アルバイトであれば、 毎日働いても構わないのです。 もし不安なら地元の職安に 確かめてみて下さい。 あっさりと大丈夫だと言われるはずです。 ダブル受給できる? それもそのはずで、 給付制限期間中は 1円も手当てが出ないのですから、 他で短期的に稼いだからと言って、 それが明らかに再就職したと 認められない限りは職安に文句は 言われないのです。 そしてここからが本題です。 晴れて給付制限が終わって 手当の支給が開始されたら 以降は一日4時間未満でなおかつ 週20時間未満の条件で働ける アルバイトを探してやります。 そうなるとどうなるかと言えば、 「家計補助的な内職」とみなされ、 稼いだ額によっては 手当は1円も減らされずに支給され、 結果的にバイト代と失業手当を ダブルで受給できるのです。 仕組みは覚えておく方が良い まあ、最も、失業にならず、 本業も副業もしっかりやって、 自分の生活を確保しよう。 しっかりと豊かになっていこう! というのがこのサイトの テーマではあるのですが、 こうした仕組みを覚えておいて 損はありません。 ちなみに、手当を差し引かれない ボーダーラインは、 一日当たりバイト代と 一日当たりの失業手当を足した額が、 在職時代の1日当たりの給料の8割です。 例えば、 毎月月給30万円もらっていた人ならば もらえる失業手当は1日5800円 これにバイト代を足した額が 8000円以内に収まれれば、 失業手当は1円も引かれずに済みます。 つまり、時給1000円までなら 1日3時間を週5日の条件で働くと、 失業手当を満額もらいながら バイト代をもらっても問題がないのです。 もっとも、バイトしながらも 真面目に就職活動をしていることが 支給の条件になるのですが、 ぜひ参考にしてみて下さい。 なお保険制度や仕組みルールは 常に変更がありますから、 詳しくは専門家に聞くようにして下さい。

次の