人事 転職 大手。 人事・労務の仕事の忙しさ。残業や休日出勤は多い?|転職ジェネレーション

人事の転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】

人事 転職 大手

大手企業の人事になりたい、けれども「自分の経験が通用するのか?」「大手と中小企業の人事の違いって何?」という疑問を持つ方も少なくありません。 そんな方に、大手インターネット企業での人事経験がある筆者が、大手人事の特徴について徹底解説して参ります。 はじめに人事の仕事を定義しておくと、 「人」に関する課題を解決することで社員満足度を向上させ、適正な会社運営をサポートすることです。 具体的な仕事内容は、 ・採用(新卒、中途、アルバイト採用の企画運用) ・労務(勤怠管理、給与支給、保険加入退出管理、メンタルヘルス管理) ・教育研修(入社研修、階層別研修等カリキュラム企画運営) ・人事制度計画運用(評価や給与ルール企画運用) …etc と多様なジャンルがあり、それぞれの仕事で求められる適性や特徴も異なります。 今回は人事職の中でも特に 大手企業の人事にフォーカスして実情を公開していくので、大手企業の人事へ転職したいという方はぜひご参考ください。 大手企業と中小企業の人事の違い ではまず、大手企業の人事と中小企業の人事では具体的にどのような違いがあるのか、見て参りましょう。 しかし、大手企業は社員数も多く適正な会社運営をするにあたり規定が多く、 担当領域を細分化されスペシャリストとしての要素が大きくなる傾向があります。 大企業の人事では、それぞれの担当が専門領域で効率化や組織の満足度向上のための施策の企画、実行をしていくことが求められるという訳ですね。 もう少し具体的にお話しすると、たとえば採用担当の場合、既存の採用手法だけではなく、 SNSの活用やダイレクトリクルーティング、リファラル採用など新しい採用手法を戦略的に企画実行することもあります。 また、グローバル企業のヘッドクウォーターとして横断プロジェクトの旗振りを任されることもあるでしょう。 それに加え、大手企業は他の会社の見本となるべく、在宅ワークやサテライトオフィスの設立といった新たな働き方の導入も早く、人事労務規定の改定を企画構築することもあるでしょう。 このように前例の少ない中でも新たな働き方や手法を科学し、実行をしていくファーストペンギン的な役割担うことも、大手人事にはありえるのです。 大手企業はそのネームバリューや待遇、福利厚生面で人気を博すため、 転職難易度は中小企業の人事よりもやはり高くなりがちです。 要はライバルが多いということであり、良い結果をもたらすためには緻密に計画立てた選考対策やシビアな努力をしなくてはいけないのです。 しかしだからといって、中小企業の人事の難易度が低いというわけではありません。 むしろ中小企業の人事業務は大手ほど体制や予算が整っていない中で幅を決めず臨機応変にやってのけることが求められるため、 ポテンシャルの高さも要されます。 応募者数は大手企業よりも少なくはなりますが、潤沢ではない人件費を割くからには採用判断基準は厳しいものであるため、決して油断はできません。 そのため、自分の仕事に線引きをせず、他の人事社員と協力し業務を分担、助け合うことが大切な特徴があると言えます。 また、中小企業は社員数が少ないため、新たな試みもチャレンジしやすい舞台ともいえるので、チャレンジ精神旺盛なタイプの方が成長できるかもしれません。 大手企業はマニュアルや既存のルールが多いため、その中でどうやりくりするか、もしくはルール改定に伴う大きな変革をどう運用しきるかが仕事の醍醐味でもあります。 大手企業だと直接顔を合わす人間も限られるため、自分のアクションによって人事部がどう見られるかという社内評価も鑑み、 円滑に目的達成のために他部署を上手に巻き込む社内政治力もポイントです。 大手の人事への転職成功確率を上げる方法 結論から言うと、大手企業の人事への転職は 転職エージェントの活用が近道です。 なぜなら、自社のコーポレートサイトや転職サイトに求人掲載をすると応募者数が多く集まるため、書類選考だけでかなりの労力を割かれてしまいます。 一次スクリーニングを依頼するという意味でも、転職エージェントを活用する大手企業は多いため、転職エージェントに登録をしなければ応募できない大手人事求人が相当数あるのです。 また、人気の大手人事は狭き門です。 しかし、転職エージェントは取引実績から、大手企業の選考基準や担当者の志向性、癖なども熟知しています。 採用担当や企業に関する情報を面接前に取得することで効果的な面接対策ができるため、 転職エージェントを使えば自己応募をするよりもグッと内定獲得率はアップするでしょう。 大手企業の人事に転職するためのおすすめ転職エージェントは下記で紹介しているので、ぜひエージェントを選ぶ際の参考とされてみてくださいね。 大手の人事の求人が多い転職エージェント おすすめの転職エージェントを1社紹介しておくと、大手人事職への転職は で決まりです。 リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントであり、人事職の転職においても圧倒的な支援実績数を誇ります。 また、リクルートエージェントはキャリアコンサルタントの提案力も強く、大手経験がなくスキルチャレンジな部分があっても補うポテンシャルさえ認めてもらえれば、推薦してもらうことができます。 企業もリクルートエージェントからの推薦であれば面接に進めてみようと思ってもらえるだけの信頼を勝ち得ているので、経験に自信がない方には特にオススメの転職エージェントといえます。

次の

未経験から人事になれる? 転職を成功させるには?|マイナビ転職

人事 転職 大手

【企業の確認すべきポイント】 ・業界・会社規模の給与水準。 ・人事の執行役員やCHROのポストがあるか。 ・企業体質と人。 業界・会社規模の給与水準 従業員の給与は、業界や会社規模に大きく影響されます。 例えば、電気業界の賃金水準は高いですし、IT業界も最近は高くなってきました。 また、従業員数が多い大企業の方が年収や福利厚生が充実している傾向があります。 つまり、 求めるものが「お金」や「福利厚生」の場合は、業界や会社規模を確認することが大切です。 人事執行役員やCHROの存在 人事の役割を重視する経営者は、人事執行役員のCHROなどのポストを用意します。 しかし、人事を労務的なオペレーション部門と捉える経営者は経営本部付などに人事部門を置いて、部門長までのポストしか作りません。 つまり、 「人事を極めるキャリアを望む」場合は、会社にポストがあることを確認することは重要です。 企業体質と人 企業体質が保守的な場合、人も保守的と言えます。 特に、紙文化や手作業を好む方が多いと人事は永遠のオペレーターになります。 企業体質や人を確認することは、風通しが良いかを確認するためにも重要です。 成長できる環境かにも影響します。 スポンサーリンク 人事におすすめ転職エージェント4選 人事におすすめ転職エージェント4選と、 必ず登録すべき転職サイト1つを紹介します。 と は登録して間違いないです。 特に、 は自分の市場相場を確認するために有効です。 人事の転職が大手を目指せる理由 人事は専門性と経験を積めば、大手に転職することは可能です。 新卒入社時は、学歴や適性が考慮され配置される職種ではあります。 しかし、中途では「専門性」と「経験」がマッチすれば「中小から大手、大手から中小」などの行き来は難しくありません。 私が在籍していた社格の高い企業でも、中途の学歴フィルター・前職のフィルターはなかったです。 もちろん、中途市場なのでポストが空いていることは前提ですが、最初の企業が中小だから大手を目指せないとはならないのが人事です。 人事は専門職ですので、何を経験して何を専門に強みを持っているかで、キャリアの拡がりは大きい職種です。 蛇足ですが、これからは、英語と制度企画経験とデータを扱えれば、どこでも行けるかなと思っています! 人事転職で大手に有利なスキルや資格 大手に有利なスキルや資格を解説します。 結論は、 「TOEIC850点」と「社会保険労務士」です。 スキルは、人事業務全般を経験でき、制度企画業務ができるレベルです。 実務スキルが前提で、資格は補足的な扱いなのは注意してください!資格ドリブンの方はあまり大手には向かないイメージです。 理由は、大手の人事はそれなりのスペックは持っているので、資格は勝手に取っている人が多いからです。 差別化にはなりません。 また、転職をする前は自分の市場価値が概算でも分からないので、 で相場を理解しておくとスムーズに転職活動が進みます。 これは、かなりおすすめできますので、ぜひ、実践してみてください!.

次の

人事経験者が大手企業への転職を実現するためのポイントは?

人事 転職 大手

人事として働く人の中には、大手企業に転職し、キャリアアップしていきたいという方も多くいるでしょう。 大手企業の人事業務は、採用・育成、労務管理、人材評価と処遇の実行、人事評価制度の企画・立案などがあり、最近では、ハラスメントに関する担当者や専属の窓口を設けている企業も多くあります。 このように大手企業の人事業務は多岐にわたりますが、どうすれば大手企業に転職しキャリアアップできるのでしょうか。 今回は、人事経験者が大手企業に転職するためのポイントをお伝えします。 大手企業が求めている人事担当者とは 大手企業の人事業務は多岐にわたりますが、盤石な組織体制と人数の多さから業務が細分化されている場合が多いです。 もし、新卒採用担当として採用された場合、新卒採用担当として一定年数のキャリアを積むことになります。 その後管理職候補として考えられるようになると、他の業務にも視野を広げる目的でジョブローテーションが行われる可能性もありますが、基本的には一定の分野に特化した経験が積んでいくというのが大手企業で働く特徴といえます。 大手企業の人事職はルーティンワークがほとんどといった訳ではなく、採用一つとっても、新卒・中途それぞれの対策は必要ですし、人事のすべての業務は「人」に関わるため、その都度業務のアレンジが必要になってきます。 そのため、人事担当者には、誰とも分け隔てなく接することができるコミュニケーション力や対外的に企業をアピールするプレゼン力はもちろん、再現性の高い人材を集め、育成する制度を構築できる人が、大手企業に転職する際高く評価されるでしょう。 【関連記事】 ・人事の転職 大手とベンチャーで働き方はどう違う? 大手企業に転職する際、有利な志望動機・自己PRとは? 労務・採用・教育は、本来それぞれが別個に分けられてもいいジャンルであり、その意味で人事部に求められるスキルは多岐にわたるため、転職する際はこれまで経験した業務と志望動機を関連づけると有利になります。 人事職経験があり、採用・労務に関する業務に携わりたい方が大手企業に転職する際、評価をあげる志望動機や自己PRのポイントをまとめました。 採用担当希望なら採用に関わった経験を志望動機でアピール 転職先として採用関連業務を志望している場合、採用に携わってきた経験をアピールし、かつて勤めていた会社で任せてもらえなかった仕事がしたくて転職を希望しているというニュアンスを志望動機に記載しましょう。 採用担当と一口に言っても、新卒・中途採用、アルバイト・パート・派遣採用など、幅広い人材採用の枠があります。 当然、求められるスキルや経験なども異なってくるため、自分が過去に担当したことがある業務の範囲をしっかりと確認し、そのうえで「次はこういったことをやっていきたい!」といった前向きな志望動機を心がけましょう。 直接、面接自体を担当したことは無くても、過去に経営陣・各部門統括者などから必要な人材をヒアリングしたことや、部門ごとの年間採用目標を策定したといった経験は十分アピールできるでしょう。 採用関連業務に関わらなかった場合でも、業務の関連性を志望動機でアピール 人事職自体は経験していても、採用関連業務には関わっていなかったという方は、前職において採用関連業務に少しでも関わっていた実績を志望動機に書きましょう。 求人メディアや人材紹介会社の選定とまではいかなくとも、求人要件・求人票の作成などに携わった経験のある方は多いのではないでしょうか。 人事職である以上、人材募集してから入社に至るまでのプロセスの中には、必ずどこかで携わった機会があるはずです。 携わる中で、採用担当者として働きたい思いが強くなったことをアピールしつつ、実績を絡めた説得力のある志望動機を作成してみましょう。 労務担当希望なら、他部門とやり取りした経験をアピール 大手企業など会社の規模が大きくなればなるほど、分業化が進んでいく傾向は否めませんが、そんな中でも他部門と密にやり取りしなければならないのが労務担当です。 給与計算を例に取ると、データ作成までは労務で行ったとしても、実際に振り込む段階になると経理からのダブルチェックが入ることが多いです。 会社によっては、経理が仕事をしやすいように業務の段取りを決めるなど、人事の本業ではない業務でもコミュニケーションを求められる場面が多くあります。 また、各支店や営業所から、給与のことで質問を受けたりした場合、その窓口の多くは労務担当です。 このような他部門とのやり取りがある場合は、その経験をアピール要素として志望動機に書くことで高い評価につながるでしょう。 自己PRで資格取得に向けた動きをアピール 人事職はコミュニケーション能力などといった実践的な能力が問われるため、実務経験が評価されますが、取得していると転職に有利になる資格もあります。 人事部に求められる幅広いスキルをまんべんなく身につけられる資格として、中央職業能力開発協会が主催する「ビジネスキャリア検定」があります。 人事以外の知識も身に付くため、他の部署とのコミュニケーションも円滑にできるようになりますし、他業種の企業への転職にも有利となるでしょう。 より、人事に絞った資格としては、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催する「人事総務検定」があります。 1級から3級まであるので、現時点で目指すべきレベルに合わせて試験に挑戦することができます。 また、取得難度は上がりますが、健康保険や年金、企業労務に関するアドバイザーとしての国家資格である「社会保険労務士」や、民間企業に対する経営コンサルティング能力を証明する国家資格である「中小企業診断士」も、転職などでのアピール材料としては大変有利です。 独立開業して、自分の事務所を持てるほどの資格でもあるので、人事部全体を支えて、一定の方針のもとに牽引できる、貴重な即戦力人材として重宝される可能性は高いです.

次の