ラブレター 岩井 俊二。 ラストレター

岩井俊二の“原点”がここに 『Love Letter』とシンクロする小説『ラストレター』を読む|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ラブレター 岩井 俊二

【最新公開シネマ批評】 映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。 今回ピックアップするのは 岩井俊二監督の最新作『ラストレター』 2019年1月17日公開 です。 岩井監督の傑作ラブストーリー『Love Letter』 1995年 を彷彿させる、手紙をモチーフにした初恋物語です。 まずは物語から。 【物語】 裕里 松たか子 の姉の未咲(広瀬すず)が亡くなった。 遺影の姉は、彼女のひとり娘である鮎美(広瀬すず 二役)によく似ています。 鮎美から、同窓会の案内の手紙を受け取った裕里は、姉の死を知らせるために同窓会に出席しますが、何十年ぶりかに会う姉の同窓生たちは、裕里を未咲と勘違い。 裕里はそのまま姉のふりをし続けて、初恋の人、鏡史郎(福山雅治)と言葉を交わします。 再会をきっかけに、鏡史郎と文通を始めることになった裕里。 彼女は姉のふりをして手紙を書き続けますが……。 【現在と過去をつなぐ初恋物語】 岩井俊二監督の『Love Letter』は、ヒロイン 中山美穂 が、亡くなった恋人の故郷に手紙を送ったことをきっかけに、恋人と同姓同名の女性(中山美穂二役)との文通が始まる、場所と時間を超えて蘇る初恋物語。 『ラストレター』と構成が似ています。 本作では、広瀬すずが亡くなった母と娘の二役を演じていますが、裕里の娘の颯香を演じる森七菜も裕里の少女時代と二役を演じていますし、手紙のやりとりが「大切な人の死」からスタートしているところも一緒です。 ただ 回想シーンで描かれる初恋物語は、『Love Letter』よりも『ラストレター』の方がパンチが効いていますね。 鏡史郎と未咲と裕里の初恋ストーリーの中で、裕里はすごく思い切った嘘をつき続けるからです。 【嘘がドラマを盛り上げていく】 未咲と裕里が通う高校に転校生としてやってきた鏡史郎(神木隆之介)に裕里は恋をしますが、彼が心を寄せているのは、姉の未咲。 裕里は「未咲と先輩が両想いになったらどうしよう!」と仲良くならないようにある策を練ります。 それは結果的に鏡史郎を騙すことになるのですが、彼を傷つけても彼女は自分の「先輩のことが好き!」という思いを守りたかったのです。 この 裕里の行動はズルイ。 ズルイんだけど、めちゃくちゃ共感できる。 学生時代、好きな男子が、自分の友人のことが好きだとわかったときのショック。 「お願いだから、くっつかないでー」と心の中で念じたりして。 この映画の姉妹の初恋物語には、そんな遠い遠い日の甘酸っぱーい思いが蘇ってくるのです。 【松たか子が素晴らしい!】 裕里は大人になっても、鏡史郎の前で姉のふりをしたり、未咲として手紙を書いたり、小さな嘘をつくわけですが、彼女は悪気がないのです。 鏡史郎と交流を持ちたくて、普通は躊躇することをやってしまう。 それが裕里という女性。 そんな 一歩間違うと嫌われ女になりそうな女性を松たか子さんがすごく絶妙な演技でチャーミングに魅せています。 この映画の中心人物で、物語を展開させていく重要な役割なのですが、それを軽やかにコミカルに演じていて、松さん、本当に素敵でした! 【少女たちが美しい岩井俊二ワールド】 岩井俊二監督は本当に少女を描くのが上手で、本作でも広瀬すずと森七菜がかもしだす十代のきらめきはまぶしいほどです。 いまどきの同世代の女の子に比べると少し古風な感じもしますが、そこには理想の少女像も加味されているのかもしれません。 広瀬すずさんは、珍しく陰のある少女役で、これが意外と似合っていました。 多くの映画で広瀬さんを観ているにもかかわらず、いまだフレッシュかつみずみずしさが消えないところは凄い。 広瀬すず、おそるべし!という感じです。 ちなみに映画『Love Letter』に出演していた中山美穂さんと豊川悦司さんも本作に出演していて、『Love Letter』好きは感慨深いかも。 大人女子がノスタルジーに浸れる映画『ラストレター』。 岩井俊二ワールドにどっぷり浸ってください。 『』 2020年1月17日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー 監督・脚本・編集:岩井俊二 原作:岩井俊二「ラストレター」(文春文庫刊) 出演:松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、小室等、水越けいこ、木内みどり、鈴木慶一、豊川悦司、中山美穂、神木隆之介、福山雅治 (C)2020「ラストレター」製作委員会.

次の

ラストレター

ラブレター 岩井 俊二

放映・配信作品 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? どの作品について投稿しているか分かるようにご記載ください。 () 応募に関する注意事項• 映画『ラストレター』公開記念岩井俊二監督関連作品感想投稿キャンペーン(以下、本キャンペーン)は東宝株式会社(以下、当社)が主催いたします。 本キャンペーンはTwitter、Instagramのいずれかよりご応募いただけます。 ツイートは、映画『ラストレター』Twitter公式アカウント lastletter0117 をフォロー、Instagramでの投稿は、映画『ラストレター』Instagram公式アカウント @lastletter0117 をフォローしてから行ってください。 お一人様何回でもご応募(投稿)いただけますが、当選はお一人様一回とさていただきます。 ひとつの投稿文の中に複数の作品名を入れていただくことも可能ですが、当選された際の賞品のDVDは1作品分とし、当社で選んで発送させていただきます。 SNSアカウントを非公開設定にされている場合、指定のハッシュタグ【 岩井俊二映画祭LL】【感想を投稿する作品がわかるハッシュタグ】がない場合、プレゼント抽選対象外となります。 本キャンペーン内容および賞品は、諸般の事情により予告なく中止または変更される場合があります。 ツイート、投稿は、個人が特定されるような内容にならないようご注意ください。 ツイート、投稿の内容に起因して何らかの責任問題が発生した場合は、ツイート、投稿された方に一切の責任を負っていただきます。 特定の個人や団体の誹謗中傷、営業妨害、イメージを著しく混乱させるようなものはご遠慮ください。 また、他者に害を与えるツイート、投稿は、しないでください。 運営上、投稿内容が適切でないと当社が判断した場合には、削除要請、または不適切な行為としてTwitter社もしくはFacebook社に報告させていただく場合がございます。 応募作品の利用• 本キャンペーンのために投稿された内容は、映画『ラストレター』プロモーションのために使用する場合がございます。 公式サイト、公式Twitter、公式Instagramおよび告知媒体(雑誌・新聞・TV・WEBサイト)にも 掲載される可能性があります。 使用に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。 あらかじめご了承ください。 また、使用方法やデザインに関しては、当社および当社委託先に一任するものとさせていただきます。 プレゼント当選発表・発送について• 厳正な抽選の上、豪華賞品に当選された方の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 当選者決定後、映画『ラストレター』Twitter公式アカウント lastletter0117 、もしくは映画『ラストレター』Instagram公式アカウント lastletter0117 から、当選者に当選をお知らせするダイレクトメッセージを送信させていただきます。 ダイレクトメッセージの返信を受け取れるよう設定をお願いします。 当選者情報入力フォームのURLからアクセスし、メールアドレス、氏名、電話番号等、必要な情報をご入力ください。 当選者様ご本人と連絡がつかない場合、賞品受領の意思が確認できない場合、指定された期日までに個人情報を登録していただけない場合等には、当選を辞退されたものとみなします。 住所・電話番号不明、不通により、当選者様に当選案内等の連絡ができない場合は、当選の権利が無効となることがあります。 応募に関して不正が認められた場合には、当選を無効とさせていただきます。 賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。 当選の権利はご当選者本人限りのものとし、換金、他人への譲渡、インターネットオークション等への売買行為は禁止いたします。 また、他賞品への変更等のご依頼もお受けいたしません。 応募数、当選情報など、キャンペーン結果に関するお問い合せにはお答えいたしかねます。 あらかじめご了承ください。 本キャペーンにおける個人情報取り扱いについて• ご提供いただいた個人情報に関しましては、当社または当社委託先にて管理いたします。 応募時、また、プレゼント当選者からお預かりした個人情報は、本キャンペーンの当選のご案内、ご本人様確認、賞品発送にのみ使用し、本件に関する諸連絡の目的以外に利用することはございません。 キャンペーン終了後は、当社の個人情報保護方針にしたがって、適切に取り扱います。 当該個人情報の管理については東宝株式会社宣伝部が責任をもって対応するものとし、又、ここに記載のない事項につきましては、東宝株式会社が制定する「」の規定に従うものとします。 当社は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。 免責事項• 本キャンペーンはTwitter、Instagramが提供するサービスを利用しております。 そのため当社に起因しない事由によって障害やエラーが発生する可能性がありますが、それによって生じるいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。 Twitterのご利用にあたっては、をご確認ください。 Instagramのご利用にあたっては、をご確認ください。 本キャンペーンおよび当社は、Twitter、Twitter社、Instagram、Facebook社とは関係ございません。 本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合があります。 Twitterは米国およびその他の国におけるTwitter, Inc. の商標または登録商標です。 Instagramは米国およびその他の国におけるFacebook, Inc. の商標または登録商標です。 作品ハッシュタグ参考例 undo アンドゥ LoveLetter loveletter ラヴレター 打ち上げ花火下から見るか横から見るか 打ち上げ花火ドラマ 打ち上げ花火アニメ PiCNiC picnic ピクニック FRIEDDRAGONFISH frieddragonfish フライドドラゴンフィッシュ スワロウテイル 四月物語 式日 リリイシュシュのすべて リリイシュシュ 花とアリス friendsafter311 フレンズアフター311 ヴァンパイア Vampire 花とアリス殺人事件 リップヴァンウィンクルの花嫁 リップヴァンウィンクル リップヴァン チャンオクの手紙 チャンオク 新しい靴を買わなくちゃ なぞの転校生.

次の

ラブレター(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

ラブレター 岩井 俊二

【映画のあらすじ】 二年前、恋人の藤井樹を山岳事故で亡くした渡辺博子(中山美穂)。 三回忌を終えた彼女は、樹の母(加賀まりこ)に誘われ藤井家を訪れる。 そして、彼の中学校の卒業アルバムを見せられる。 そこには当時樹が暮らしていた、北海道・小樽の住所が書かれてあった。 「拝啓、藤井樹様 お元気ですか。 私は元気です」。 博子は、届くはずのない手紙を小樽へ向け投函した。 ところが数日後、樹からの返事が届く。 博子は、ガラス職人で、樹の親友である秋葉茂(豊川悦司)に相談する。 秋葉はこの件で博子への思いを新たにする。 藤井樹(中山美穂)は小樽に実在した。 しかも博子の彼と同級生の女性だった。 秋葉は博子を誘い、小樽へと向かう。 しかし博子は、樹へ宛ての手紙を残し、神戸へ帰ってしまう。 小樽の街角ですれ違う樹と博子。 手紙を読んだ樹は、博子のために樹のことを思い出し、それを返信する。 同姓同名でイジメの対象だったこと。 そんな二人が図書委員に選ばれたこと。 亡き樹が図書委員の仕事を手伝わなかったこと。 小樽からの手紙を読み、私が樹さんに似てるから、彼は私を愛したのか?博子はそんな疑念を抱きはじめる。 そして…!? 【ラブストーリーの名言】 「拝啓、藤井樹様。 お元気ですか? 私は元気です」by 渡辺博子 久々に鑑賞したけど、この文面だけで泣けた。 ラブレター=文章じゃなくてもいいんだ。 彼のように気持ちを残せばいいんだ。 男子&女子よ!メールやLINEだけじゃなく、手紙を書いてみたらどうかな?これを観たら書きたくなるかも!いつの世も、女子たちは、こんな男子とこんな映画を待っているのだ。

次の