映画 新聞 記者 ドキュメント。 【台湾カステラ】原宿風を作ってみる!/映画『i ー新聞記者ドキュメントー』上田映劇にて上映

新聞記者

映画 新聞 記者 ドキュメント

森達也監督最新作『i -新聞記者ドキュメント-』が11月15日に公開されることが決定した。 本作は、オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、そしてゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる、映画監督で作家の森監督の最新作。 東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して、日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、ひいては日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫る社会派ドキュメンタリーだ。 『新聞記者』のプロデューサーである河村光康が、企画・製作、そしてエクゼクティヴ・プロデューサーを務めた。 森監督からはコメントが寄せられている。 森達也監督コメント 望月衣塑子記者の名前を、あなたはいつ知っただろうか。 官房長官の記者会見で質問を重ねる女性記者。 同じ質問を何度もするなと官邸スタッフに咎められたとき、「納得できる答えをいただいていないので繰り返しています」と彼女は即答した。 とても当たり前のこと。 でもその当り前の言葉が、ずっと僕の頭から離れない。 この国のメディアはおかしい。 ジャーナリズムが機能していない。 そんな言葉を日常的に見聞きするようになってから、もう何年が過ぎただろう。 いや見聞きするだけではない。 僕自身も頻繁に言ったり書いたりしている。 かつてテレビ・ディレクターだった。 その後に映画監督が肩書に加わった。 それから活字も仕事の領域になった。 いわば僕のこれまでの人生は、常にメディアと共にあった。 そのうえで断言する。 確かに今のメディアはおかしい。 ジャーナリズムが機能していない。 あなたが右だろうが左だろうが関係ない。 保守とリベラルも分けるつもりはない。 メディアとジャーナリズムは、誰にとっても大切な存在であるはずだ。 だから撮る。 撮りながら考える。 望月記者はなぜこれほどに目立つのか。 周囲と違うのか。 言葉が残るのか。 特異点になってしまうのか。 撮りながら悩む。 考える。 だから観ながらあなたにも考えてほしい。 悩んでほしい。 きっと最後には、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくるはずだ。

次の

映画『i

映画 新聞 記者 ドキュメント

映画「新聞記者」の原案者としても話題を集めた東京新聞社会部記者・望月衣塑子氏を追った社会派ドキュメンタリー「i 新聞記者ドキュメント」のポスタービジュアルと予告編を、映画. comが先行入手した。 本作は「A」「A2」「FAKE」の森達也監督がメガホンをとり、「新聞記者」を世に放った河村光庸氏が企画、製作、エクゼクティブプロデューサーを務めた作品。 望月氏の姿を通して、日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、そして、日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫っていく。 これまでも一方的なメディアの報道のあり方に疑問を呈し、情報により変容する日本社会を浮き彫りにする作品を発表してきた森監督が「果たして望月氏は特別なのか?」「この国の民主主義は本当に形だけでいいのか?」「メディアはどう立ち向かうべきか?」という問いの答えを探っていく。 さらに「彼女がやっていることは、政治権力に対して質問をする。 これがなんで注目されなければならない?」と語る森監督に続き、籠池夫妻、伊藤詩織氏、前川喜平氏の姿を活写。 やがて「メディアというものをなめていると思いますよ!」と語気を強める望月氏をとらえ、「『フィクション』を超えた、衝撃の『リアル』」というテロップが挿入される。 」のコピーが添えられている。 森監督は、望月氏が見た光景をどのように呈示するのか。 見る者の鑑賞眼が試されることは間違いないだろう。 「i 新聞記者ドキュメント」は、第32回東京国際映画祭(10月28日〜11月5日)の日本映画スプラッシュ部門で披露され、11月15日より東京・新宿ピカデリーほか全国順次公開。 外部サイト.

次の

i−新聞記者ドキュメント−

映画 新聞 記者 ドキュメント

望月衣塑子記者の名前を、あなたはいつ知っただろうか。 官房長官の記者会見で質問を重ねる女性記者。 同じ質問を何度もするなと官邸スタッフに咎められたとき、「納得できる答えをいただいていないので繰り返しています」と彼女は即答した。 とても当たり前のこと。 でもその当り前の言葉が、ずっと僕の頭から離れない。 この国のメディアはおかしい。 ジャーナリズムが機能していない。 そんな言葉を日常的に見聞きするようになってから、もう何年が過ぎただろう。 僕のこれまでの人生は、常にメディアと共にあった。 そのうえで断言する。 あなたが右だろうが左だろうが関係ない。 保守とリベラルも分けるつもりはない。 メディアとジャーナリズムは、誰にとっても大切な存在であるはずだ。 だから撮る。 撮りながら考える。 望月記者はなぜこれほどに目立つのか。 周囲と違うのか。 言葉が残るのか。 特異点になってしまうのか。 撮りながら悩む。 考える。 だから観ながらあなたにも考えてほしい。 悩んでほしい。 きっと最後には、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくるはずだ。 蔓延するフェイクニュースやメディアの自主規制。 民主主義を踏みにじる様な官邸の横暴、忖度に走る官僚たち、そしてそれを平然と見過ごす一部を除く報道メディア。 そんな中、既存メディアからは異端視されながらもさまざまな圧力にも屈せず、官邸記者会見で鋭い質問を投げかける東京新聞社会部記者・望月衣塑子。 果たして彼女は特別なのか?そんな彼女を追うことで映し出される、現代日本やメディアが抱える問題点の数々。 本作の監督を務めるのは、オウム真理教の本質に迫った『A』『A2』、ゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる映画監督で作家の森達也。 この国の民主主義は本当に形だけでいいのか、メディアはどう立ち向かうべきか。 森監督の真骨頂ともいえる新たな手法で、日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体を暴きだす。 菅官房長官や前川喜平、籠池夫妻など、ここ数年でよくメディアに登場した渦中の人間が続々と登場し、これまでの報道では観られなかった素顔をも映し出す。 報道では決して映し出されない、現代日本の真の姿。 既存の社会派ドキュメンタリーとは一線を画する、新たな社会意識をもった前代未聞のドキュメンタリーが誕生した。 監督:森達也 1956年、広島県呉市生まれ。 立教大学在学中に映画サークルに所属し、86年にテレビ番組制作会社に入社、その後にフリーとなる。 地下鉄サリン事件発生後、オウム真理教広報副部長であった荒木浩と他のオウム信者たちを描いた『A』は、98年に劇場公開され、ベルリン国際映画祭など多数の海外映画祭でも上映され世界的に大きな話題となった。 99年にはテレビ・ドキュメンタリー「放送禁止歌」を発表。 2001年には映画『A2』を公開、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。 06年に放送されたテレビ東京の番組「ドキュメンタリーは嘘をつく」には村上賢司、松江哲明らとともに関わり、メディアリテラシーの重要性を訴えた本作は現在でもドキュメンタリーを語る上で重要な作品のひとつとなっている。 11年には東日本大震災後の被災地で撮影された『311』を綿井健陽、松林要樹、安岡卓治と共同監督し、賛否両論を巻き起こした。 16年には、ゴーストライター騒動をテーマとする映画『Fake』を発表した。 出演:望月衣塑子 1975年東京都生まれ。 父親は記者、母親は演劇関係者の家庭に生まれる。 慶應義塾大学法学部卒業後、中日新聞社に入社。 東京本社へ配属。 千葉支局、横浜支局を経て社会部で東京地方検察庁特別捜査部を担当。 その後東京地方裁判所、東京高等裁判所を担当、経済部などを経て、現在社会部遊軍。 2017年3月から森友学園、加計学園の取材チームに参加し、前川喜平文部科学省前事務次官へのインタビュー記事などを手がけたことや、元TBS記者からの準強姦の被害を訴えた女性ジャーナリスト伊藤詩織へのインタビュー、取材をしたことをきっかけに、2017年6月6日以降、菅義偉内閣官房長官の記者会見に出席して質問を行うようになる。 会見での質問をまとめた動画と単著について「マスコミの最近のありように一石を投じるすもの」として2017メディアアンビシャス賞の特別賞に選ばれた。 2017年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。 二児の母。 2019年度、「税を追う」取材チームでJCJ大賞受賞。 企画・製作・エグゼクティヴプロデューサー:河村光庸 1949年8月12日東京都生まれ。 89年にカワムラオフィス、94年に青山出版社を設立、代表取締役就任。 98年、株式会社アーティストハウスを設立し数々のヒット書籍を手掛ける。 一方で、映画出資にも参画し始め、後に映画配給会社アーティストフィルムを設立し会長に就任。 08年に映画配給会社スターサンズを設立。 イ・チュンニョル監督のドキュメンタリー映画『牛の鈴音』(08)、ヤン・イクチュン監督作『息もできない』(08)を買付・配給。 製作では『かぞくのくに』(11)、『二重生活』(16)、『愛しのアイリーン』(18)、『新聞記者』(19)と話題作を立て続けに製作、公開する。 『あゝ、荒野』(16 は日本アカデミー賞をはじめ、各賞を総なめにした。 また、初めて制作した連続ドラマ「潤一」(19)はカンヌ国際シリーズフェスティバル コンペティション部門の正式出品作品に日本ドラマとして初めて選ばれた。 最新プロデュース作は真利子哲也監督『宮本から君へ』(19)。 1983年2月7日、アメリカ・フロリダ州生まれ。 父も母もミュージシャンで、両親とともに各地のフォーク・フェスティバルを中心に演奏を行う。 19歳の時に日本に来日。 そこから音楽活動を続ける中で、アイリッシュ・バンドJOHNSONS MOTORCARを結成。 その後、ハードコア・パンク・バンドBRAHMAN のボーカルTOSHI-LOWと出会い、BRAHMANの4人に、バイオリンストのMARTINとパーカッショニストKAKUEIから成るアコースティック・バンドOAUを結成する。

次の