レネー・ゼルウィガー。 人物情報

Chevron

レネー・ゼルウィガー

Contents• レネー・ゼルウィガーの現在は? プロフィール• 出身地:アメリカ・テキサス州• 身長:160cm レネーは2018年現在、49歳。 Renee Zellweger has a new Netflix series — Variety Variety 2001年4月に映画『ブリジット・ジョーンズの日記』が公開されたときは、31歳 32歳になる直前 でした。 約6年後、映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』で復帰しました。 2017年には映画『奇跡の絆』に出演。 2017年映画『奇跡の絆』 She lives life with beauty and grace. 2018年は、サラ・ジェシカ・パーカー主演の映画『Here and Now』に出演。 2019年公開予定の伝記映画『Judy』に歌手ジュディ・ガーランド役で主演。 スポンサーリンク 結婚や恋人、子供は?• 元婚約者:ジム・キャリー 映画『ふたりの男とひとりの女 2000年公開 』の共演をきっかけに交際していたのは、俳優ジム・キャリー。 23 June, 2000, 15 yrs ago, US release of the Farrelly Bros. 元結婚相手:ケニー・チェズニー レネーは2005年5月にカントリー歌手ケニー・チェズニーと結婚。 Kenny, who? 元恋人:ブラッドリー・クーパー 映画『ケース39 2009年公開 』の共演をきっかけに交際していたのは、俳優ブラッドリー・クーパー。 現在の恋人:ドイル・ブラムホール2世 2012年から交際しているのは、ミュージシャンのドイル・ブラムホール2世。 — ELLE ELLEfrance ドイル・ブラムホール2世はアメリカ・テキサス州出身のミュージシャン。 テキサス音楽界のレジェンド、故ドイル・ブラムホールの息子です。 レネー・ゼルウィガーとドイル・ブラムホール2世の間に子供はいませんが、ドイルは元妻との間に娘が2人いるそうです。

次の

レネー・ゼルウィガー、アカデミー賞スピーチの真意を語る「これはジュディへの祝福」 1ページ目 /2020年3月6日 1ページ目

レネー・ゼルウィガー

2002年のミュージカル映画「シカゴ」ではロキシー・ハートを熱演し、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 ミュージカル・コメディ部門 受賞。 さらにアカデミー主演女優賞にノミネートされました。 2003年の「コールド マウンテン」ではルビー・シューズ役でアカデミー助演女優賞受賞、ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞、英国アカデミー賞 助演女優賞受賞と主要な賞を3つも受賞しました。 2010年の映画「My Own Love Song」がリリースされたあと、演技の世界から少し離れるように。 6年の休養を経てブリジット・ジョーンズシリーズのの第3作となる「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」への出演で復帰。 「健康的な状態ではなかったから」だと説明している。 「自分を大切にしていなかった。 セラピストには私の生活の99%は世間むけの顔で占められていて、自分の本当の生活はほんの少ししかないと言われたの」と語っている。 elle. mamamia. com. 2003年にはバンド「ザ・ホワイト・ストライプス」などで知られるミュージシャンのジャック・ホワイトと付き合ったのち、2005年5月9日にカントリー歌手のケニー・チェズニーと結婚。 しかし、同年9月レネー・ゼルウィガーが婚姻無効を申請、12月20日に正式に無効となりました。 gofugyourself. 確かに多くの人にとってはレネー・ゼルウィガーはブリジット・ジョーンズのすこしぽっちゃりした可愛らしい印象が強いため、痩せて少し骨ばった顔の印象には整形か?と思った人も多かったと思います。

次の

アカデミー賞®最優秀主演女優賞を受賞した レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』インタビュー

レネー・ゼルウィガー

父親はスイス人、母親はノルウェー人。 大学在学中に演劇の授業を受けていたことから、演劇にのめり込み、舞台やTVなどで活躍するようになる。 リチャード・リンクレイター監督の「バッド・チューニング」(93)でスクリーンデビューし、トム・クルーズの相手役を演じた「ザ・エージント」(96)でブレイク。 「ベティ・サイズモア」(00)で主演を務めるなどキャリアを積んだのち、13キロ体重を増やしてイギリス英語をマスターするなど役作りを徹底して臨んだ「ブリジット・ジョーンズの日記」(01)では、多くの女性の共感を呼び、アカデミー主演女優賞候補となった。 翌年「シカゴ」でも同賞にノミネートされ、03年に「コールド マウンテン」でアカデミー助演女優賞を受賞した。 その後の出演作に「ブリジット・ジョーンズ」シリーズ(04・16)、ピーターラビットの生みの親であるビアトリクス・ポターを演じた「ミス・ポター」(06)など。 しばらく出演作に恵まれない時期もあったが19年、「オズの魔法使」で知られるミュージカル女優のジュディ・ガーランドを演じた「ジュディ 虹の彼方に」で、第92回アカデミー主演女優賞を受賞した。 関連作品(映画)• 7 2020年公開• 5 2016年公開• 7 2016年公開• 2 2016年公開• 0 2008年公開• 5 2008年公開 受賞歴.

次の