メチル エルゴ メトリ ン 副作用。 メチルエルゴメトリン錠0.125mg「あすか」の効果・用法・副作用

メチルエルゴメトリンマレイン酸塩錠0.125mg「F」の添付文書

メチル エルゴ メトリ ン 副作用

妊婦又は妊娠している可能性のある女性(「4. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 児頭娩出前[子宮収縮作用により子宮破裂、胎児死亡のおそれがある。 ] 本剤の成分又は麦角アルカロイドに対し過敏症の既往歴のある患者 重篤な虚血性心疾患のある患者又はその既往歴のある患者[冠動脈のれん縮により狭心症、心筋梗塞が誘発されることがある。 ] 敗血症の患者[血管収縮に対する感受性が増大する可能性がある。 相互作用」の項参照) 効能・効果及び用法・用量 HIVプロテアーゼ阻害剤 リトナビル(ノービア等) インジナビル(クリキシバン) ネルフィナビル(ビラセプト) アタザナビル(レイアタッツ) ホスアンプレナビル(レクシヴァ) ダルナビル(プリジスタ・プリジスタナイーブ) エファビレンツ(ストックリン) アゾール系抗真菌薬 イトラコナゾール(イトリゾール等) ボリコナゾール(ブイフェンド) コビシスタット含有製剤(スタリビルド) 本剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 本剤での報告はないが、CYP3A4の競合阻害により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 レテルモビル(プレバイミス) 本剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 CYP3Aの阻害作用により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 これらの薬剤との薬理的相加作用により、相互に作用(血管収縮作用)を増強させる。 併用注意 ブロモクリプチン 血圧上昇、頭痛、けいれん等があらわれるおそれがある。 機序は明確ではないが、相互に血管収縮作用、血圧上昇作用を増強すると考えられる。 マクロライド系抗生物質 エリスロマイシン クラリスロマイシン シメチジン キヌプリスチン・ダルホプリスチン スチリペントール グレープフルーツジュース 本剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 本剤での報告はないが、CYP3A4の競合阻害により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 ネビラピン リファンピシン 本剤の血中濃度が低下し、効果が減弱するおそれがある。 これらの薬剤はCYP3A4を誘導することから本剤の代謝が促進されると考えられる。 副作用 一般名 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩 一般名(欧名) Methylergometrine Maleate 化学名 8S -N-[ 1S -1- Hydroxymethyl propyl]-6-methyl-9,10-didehydroergoline-8-carboxamide monomaleate 分子式 C 20H 25N 3O 2・C 4H 4O 4 分子量 455. 水、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。 光によって徐々に黄色となる。 KEGG DRUG 取扱い上の注意.

次の

医療用医薬品 : メチルエルゴメトリン

メチル エルゴ メトリ ン 副作用

妊婦又は妊娠している可能性のある女性(「4. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 児頭娩出前[子宮収縮作用により子宮破裂、胎児死亡のおそれがある。 ] 本剤の成分又は麦角アルカロイドに対し過敏症の既往歴のある患者 重篤な虚血性心疾患のある患者又はその既往歴のある患者[冠動脈のれん縮により狭心症、心筋梗塞が誘発されることがある。 ] 敗血症の患者[血管収縮に対する感受性が増大する可能性がある。 相互作用」の項参照) 効能・効果及び用法・用量 HIVプロテアーゼ阻害剤 リトナビル(ノービア等) インジナビル(クリキシバン) ネルフィナビル(ビラセプト) アタザナビル(レイアタッツ) ホスアンプレナビル(レクシヴァ) ダルナビル(プリジスタ・プリジスタナイーブ) エファビレンツ(ストックリン) アゾール系抗真菌薬 イトラコナゾール(イトリゾール等) ボリコナゾール(ブイフェンド) コビシスタット含有製剤(スタリビルド) 本剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 本剤での報告はないが、CYP3A4の競合阻害により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 レテルモビル(プレバイミス) 本剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 CYP3Aの阻害作用により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 これらの薬剤との薬理的相加作用により、相互に作用(血管収縮作用)を増強させる。 併用注意 ブロモクリプチン 血圧上昇、頭痛、けいれん等があらわれるおそれがある。 機序は明確ではないが、相互に血管収縮作用、血圧上昇作用を増強すると考えられる。 マクロライド系抗生物質 エリスロマイシン クラリスロマイシン シメチジン キヌプリスチン・ダルホプリスチン スチリペントール グレープフルーツジュース 本剤の血中濃度が上昇し、血管れん縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 本剤での報告はないが、CYP3A4の競合阻害により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 ネビラピン リファンピシン 本剤の血中濃度が低下し、効果が減弱するおそれがある。 これらの薬剤はCYP3A4を誘導することから本剤の代謝が促進されると考えられる。 副作用 一般名 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩 一般名(欧名) Methylergometrine Maleate 化学名 8S -N-[ 1S -1- Hydroxymethyl propyl]-6-methyl-9,10-didehydroergoline-8-carboxamide monomaleate 分子式 C 20H 25N 3O 2・C 4H 4O 4 分子量 455. 水、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。 光によって徐々に黄色となる。 KEGG DRUG 取扱い上の注意.

次の

メチルエルゴメトリン

メチル エルゴ メトリ ン 副作用

メチルエルゴメトリン:メテルギン スポンサード リンク 成分(一般名) : メチルエルゴメトリン マレイン酸塩 製品例 : パルタンM錠0. 125mg、メチルエルゴメトリン錠0. 125mg「あすか」、(旧 メテルギン錠) ・・ 区分 : 子宮収縮剤/バッカク系/子宮収縮止血剤 PR 概説 子宮のゆるみを回復させるお薬です。 出産後や流産のあとに用います。 作用 子宮の筋肉を収縮させ、子宮が元どおりになるのを助けます。 また、子宮出血をおさえる働きもします。 出産後で子宮の回復が遅いとき、あるいは流産や人工妊娠中絶のあとに用います。 特徴 麦角アルカロイド系の子宮収縮止血薬です。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 使用中の薬を医師に教えてください。 【注意する人】 狭心症など重い心臓病のある人は使用できないことがあります。 また、肝臓や腎臓の働きが落ちている人は、薬が強く効きやすいので慎重に用いるようにします。 妊婦中は使用しません。 適さないケース..狭心症、心筋梗塞、敗血症、児頭娩出前、妊婦または妊娠している可能性のある人など。• 注意が必要なケース..高血圧症、妊娠高血圧症候群、子癇、肝臓病、腎臓病のある人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 トリプタン系やエルゴタミン系片頭痛治療薬と同時服用すると、血圧が上がったり、血管収縮などの副作用がでやすくなります。 そのため、服用間隔を最低でも24時間以上をあける必要があります。 ほかにも、抗真菌薬や肝炎治療薬の一部、抗エイズウイルス薬など飲み合わせの悪い薬がいくつかあります。 市販薬をふくめ使用中の薬がある場合は、必ず医師に報告してください。 飲み合わせの悪い薬..トリプタン系の片頭痛治療薬(イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト、アマージ)、エルゴタミン(クリアミン 、アゾール系抗真菌薬(イトリゾール、ブイフェンド)、エイズの薬のHIVプロテアーゼ阻害薬(ノービア、クリキシバン、ビラセプト、インビラーゼ、レイアタッツ、レクシヴァ、プリジスタ)、エファビレンツ(ストックリン)、コビシスタット(スタリビルド)、レテルモビル(プレバイミス)• 飲み合わせに注意..ブロモクリプチン(パーロデル)、マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、エリスロシン、クラリス、クラリシッド)、スチリペントール(ディアコミット)、胃薬のシメチジン(タガメット)、エイズの薬のネビラピン(ビラミューン)、リファンピシン(リファジン)、グレープフルーツジュース 【使用にあたり】 症状や治療目的によって、飲む量や飲み方が違います。 指示どおりに正しくお飲みください。 効能 子宮収縮の促進並びに子宮出血の予防及び治療の目的で次の場合に使用する。 胎盤娩出後、子宮復古不全、流産、人工妊娠中絶 用法 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩として、通常成人1回0. 125〜0. 25mgを1日2〜4回経口服用する。 なお、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 人によっては、吐き気や腹痛を起こすことがあります。 重い副作用はまずありませんが、胸に圧迫感や痛みを感じたら、医師に連絡してください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• アナフィラキシー..発疹、じんま疹、全身発赤、顔や口・喉や舌の腫れ、咳込む、ゼーゼー息苦しい。• 狭心症、心筋梗塞..胸の痛み・違和感・圧迫感、冷汗、締め付けられるような胸の痛み。 【副作用】• 吐き気、吐く、腹痛• 動悸、頭痛、眠気、めまい、血圧の変動• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の