メイン クーン 体重。 メインクーンの体重が増えない!原因と対策とは?

メインクーンの性格は?体重、大きさなどの特徴、病気や寿命は?

メイン クーン 体重

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... メイン・クーンとは? メインクーンはペットとして飼われているイエネコで、長くてふさふさした毛並みが特徴の可愛らしい猫です。 穏やかな巨人という意味のジェントルジャイアントという愛称で知られ、普通のイエネコと比べると体格が大きめで骨格も大きく、存在感のある品種です。 メインクーンは賢くてアクティブなイエネコで、遊び好きで時に飼い主さんの元へおもちゃなどを運んで遊びを催促する事もあります。 メインクーンの原産はニューイングランド地方メイン州とされていて、メイン州でも州猫に認定されるなど、メインクーンが親しまれている事がうかがえます。 体の大きさと長い毛並みが特徴のメインクーンは、アメリカの農場にいたネコとヨーロッパから連れてこられた長毛種のネコが掛け合わされた子供の子孫がルーツとも言われています。 メイン・クーンの特徴や性格は? メインクーンの外見は長い体毛でふさふさしていますが、モコモコというよりは毛並みがシャープな印象です。 純血種であるメインクーンの体長は大きく、普通のイエネコは1年で成猫になりますが、メインクーンの場合は大人になるまでに2年もかかります。 意外と筋肉質なボディと太い骨格を持ち、体はがっしりしていますが長い毛に覆われているため、普通に眺めているかぎりはあまり筋肉質に見えません。 メインクーンは身体的に他のイエネコよりもたくましいですが、そのたくましさは至る所に表れています。 代表的なのがその体毛で、厳しい環境でも生きていけるように体毛が長く、体が濡れても大丈夫なように防水効果もあります。 胸元の毛はたてがみのようにふさふさしていて手触りも良く、毛の長さが不ぞろいで背中から後ろに向かってどんどん長くなっていきます。 毛の生え方は不ぞろいですが決して見た目が悪いわけではなく、むしろチャームポイントとしてオシャレさまで兼ね備えているような見た目をしています。 温厚な性格は人や他の動物との共存にもすぐに順応できる事が多く、比較的飼いやすい部類の品種で、病気にも強いのが特徴です。 メイン・クーンの寿命は?どんな病気になりやすいの? ネコやイヌなどのペットは品種によってかかりやすい病気に違いがありますが、メインクーンの場合は「肥大性心筋症」「脊髄性筋萎縮症」「多発性囊胞腎」にかかりやすいという特徴があり、これらの病気には注意が必要です。 特に中年以降のオスに発生しやすい病気が肥大性心筋症で、心不全や後ろ足がマヒする事もある恐ろしい病気です。 突然死の原因ともなってしまいますので、発症した場合突然の死に驚く事もあります。 脊髄性筋萎縮症、多発性囊胞腎は、メインクーンがかかりやすい病気で、遺伝的にかかりやすい病気なので対処のしようがありません。 しかし脊髄性筋萎縮症の場合は生後3~4か月程度で発症するので、成猫で健康ならばあまり目くじらを立てる必要はなさそうです。 これにかかると脊髄の神経が消失してしまいます。 多発性囊胞腎は腎臓病の一つで、これを患ってしまうと現時点では治すことが出来ない病気なので非常に厄介と言えるでしょう。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! メイン・クーンに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

【性格・体重・寿命・飼い方など】メインクーンとはどんな猫?

メイン クーン 体重

メインクーンは大きくてかっこいい猫だと感じます。 猫カフェで見たことがありますが、他の猫と比べても大きく、どっしりと構えているので初めて見たときは少し怖いという印象でした。 しかし、成猫になるまで3年ほどかかるとは意外です。 見た目は体が大きくても、まだ成長途中なんですね。 体重は猫によって多少違いはあると思いますが、オスで9kgにもなると病院への移動なども少し大変かもしれませんね。 キャリーやベッドなど一般的な猫用品のサイズでは対応できないなどの問題も多いのかもしれません。 家に迎え入れるときは、スペースの確保ができるのか確認が大切ですね。 標準的な大きさよりも大きくなることも考えて検討する必要があります。 我が家のキジトラは野良出身で、保護したときも月齢の割に小さく、母猫も小さかったので大きくならないと思い込んでいましたが、標準的な大きさに成長しました。 最初に買った猫ベッドが小さすぎたのですが、今でもそのベッドに詰まって寝ています。 体の成長は猫によって違うのだと実感しました。 やっぱりメインクーンは大きいですね。 ウチにはマンチカンがいて、どちらかと言うと平均より小さいので、隣同士並んだら大分体格差が違いそうです。 体重の重さが気になって、ギネスを見てみたら、さらに上を行く子がヒットしました! 身長20cm・体重40kg!! 猫の域を超えています… ご飯は、スーパーのカンガルー肉が主食だそうです。 その名は、オーストラリアにいる「オマールくん」 私の体重とほぼほぼ同じで、身長は小学3年生の娘と全く一緒ですよ… ちなみに、体重は20Kgと、我が子の倍です 抱っこするのも一苦労な大きさに、驚きを隠せません。 そして真逆の、世界最小猫ちゃんもいました。 「ピクセルちゃん」と言うお名前で、13. 5cm。 またまた猫を覆す小ささですよね! 同じ猫種でも、骨格の大きさで体格が変わったり、カンガルー肉で体改造できてしまったり、ビックリがたっぷりですw メインクーンはゆっくり成長し大人になるというのは意外でした。 長毛で大きく見える猫なのでオスもメスも10kg近くあるのかと思いましたが、6kg~なんですね。 メインクーンの成長について調べると、避妊去勢手術の時期について悩みが多かったです。 成長が緩やかなので、手術は一般的な猫よりも遅くするべきなのか、早く手術すると成長が止まってしまうのか、などがありました。 色々な考え方があるようだったので、信頼できる獣医に相談の上手術の時期を決めた方が良さそうです。 体重が標準より少ない場合は病気が心配ですよね。 猫に多い腎臓に関する病気では食欲が落ちてしまうようなので、食事の様子のチェックが大切ですね。 体が大きくなるからと言っても、体重の増減の確認は欠かせません。

次の

こんなに差が出る!メインクーンの大きさを比較してみた

メイン クーン 体重

1日の餌の量と頻度• 体は幼猫期から大きいですが成猫のように一度にたくさん食べることはできないので、1日3~4回に分けて与えてあげます。 他の猫種よりは食べる量が多いといえますが、食べさせすぎると「肥満」や「糖尿病」の危険性が高まります。 カロリーをしっかりと計算をして食事を与えるようにしてくださいね。 メインクーンのしつけは? 飼育環境• 十分なスペースを確保 おすすめグッズ• スリングバッグ メインクーンは大型猫なので、飼育環境は窮屈にならない十分なスペースを確保してあげてください。 十分なスペースで過ごすことによって、日常のストレスを軽減して長生きにつながります。 「トイレ」や「お出かけ用のキャリー」などのグッズは全て大きいサイズで揃えてください。 また、お出かけ先で「抱っこ」がしやすいように「スリングバッグ」を用意しておくことがおすすめですよ。 お互いにとってストレスフリーな環境を メインクーンは大きな体をしているので一般的な大きさの猫に比べて、餌の量は多く、飼育環境は広く必要です。 賢くしつけやすい猫ですが、爪とぎで大事な家具やソファが傷つけられないように気をつけてくださいね。 お互いのストレスがかからないように、十分なしつけと飼育環境で、快適な生活を送ってくださいね。

次の