ポケモンサン 御三家。 【USUM】最初のポケモン「御三家」のおすすめは?最終進化の強さと人気を解説!【ポケモンウルトラサンムーン】

【ポケモン剣盾】御三家(最初のポケモン)のおすすめと最終進化【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンサン 御三家

サン・ムーンの御三家: ポケモンシリーズの恒例で、最初の3匹は草、炎、水タイプのポケモンどれかを選ぶことになる。 サン・ムーンの最初の3匹は、草タイプが、炎タイプが、水タイプが。 能力安定: 御三家ポケモンは能力や覚える技の威力が安定したポケモンで、どのポケモンを選んでも基本的にハズレではない。 シナリオでタイプが不利な強敵に当たってしまっても、レベル上げをしたり、パーティの他のポケモンで対策すれば大丈夫。 そのためタイプや能力は気にせずに、好みの外見の御三家ポケモンを選んでもシナリオはクリアできる。 素早さ: ポケモンサン・ムーンの御三家ポケモンの特徴は、最初の3匹のうちどれを選んでも素早さが低いこと。 最終進化形になっても素早さは遅いので、わりと多くのポケモンに抜かれてしまい、相手先制で弱点を突かれてしまいがちなので注意。 特に島キング・島クイーンや四天王といった強敵の素早いポケモンと戦うときは、先手はまず取れないものと思っておこう。 いろいろ考察: 以下はタイプごとの考察と、サン・ムーン御三家のシナリオバトルや対人戦についての考察。 草タイプは弱点が多いことが特徴で、炎タイプのニャビーは弱点3つ、水タイプのアシマリは2つなのに比べ、モクローは5つも弱点を持っている。 またメイン技となる草技は多くの相手に効果いまひとつとなってしまい、全18タイプ中7タイプに半減されてしまう。 モクローを選ぶなら、モクローが苦手な炎ポケモンなどの相手を対策できるように他のポケモンを育てよう。 草タイプは弱点が多いかわりに、水や地面といった強力なタイプの相手に強いのが特徴。 水や地面ポケモンには高耐久の相手もいるが、モクローのタイプ一致草技なら楽に倒せるはず。 モクロー進化形の能力: モクローとフクスローは攻撃と耐久が特別高いわけではないものの安定。 素早さは低め。 ジュナイパーに進化すると攻撃安定、特殊耐久が中々高くなる。 素早さは最終進化してもやはり低めで、弱点も多いので先制で相手に弱点を突かれると辛い。 ゴーストタイプがついたことでノーマル技や格闘技が効かなくなる反面、悪やゴーストといったタイプの技で弱点を突かれるようになる。 ノーマルや格闘といった相手とも有利に戦えるとは限らず、これらの相手からも悪技「かみくだく」などで弱点を突かれてしまいがち。 まとめ: 最初にモクローを選ぶなら、モクローだけでなく他のポケモンを育て、モクローの弱点の多さを対策できるようなパーティを組もう。 例えば釣りなどで水ポケモンを捕まえて育てることで、モクローの大敵の炎ポケモンを対策できる。 またジュナイパーは悪タイプに弱いので、ハリテヤマなど格闘タイプの手持ちもおすすめ。 炎タイプ: ニャビーは炎タイプの御三家ポケモン。 炎タイプはメイン技となる炎技で相手をやけどにできることがあるのがお得。 やけどになった相手は攻撃力が下がる上に毎ターン少しずつ体力が減る。 一方で炎タイプは、水や地面といった元から強力なポケモンに弱いのが欠点。 ニャビー進化形の能力: ニャビーとニャヒートは、攻撃力と素早さが高めで耐久力が低め。 ガオガエンに進化すると、攻撃力は高めのままで耐久が大幅に上がるが、素早さは遅くなってしまう。 進化によるタイプ変更: ニャビーとニャヒートは単炎タイプだが、ガオガエンに進化すると悪タイプが追加される。 タイプ一致の悪技を使えばゴーストやエスパーといったタイプの相手と有利に戦えるが、格闘ポケモンから弱点を突かれるようになったことで弱点は増えてしまう。 まとめ: 最初にニャビーを選ぶなら、ニャビーが苦手な水、地面、岩などのタイプの相手を対策できるようにパーティを組もう。 ちなみに草ポケモンはちょうど、水、地面、岩全てのタイプの相手の弱点を突ける。 アローラ地方には草ポケモンがたくさんいるので捕まえて育てよう。 ただし不利なタイプの相手と戦うときも、ガオガエンに進化していれば耐久が安定しているので、弱点技を一発は耐えてくれたりする。 水タイプ: アシマリは水タイプの御三家ポケモン。 水タイプはタイプとして非常に優秀で、地面や岩といった攻撃力の高い相手に強く、主力となる水技が半減されにくいのが特徴。 アシマリ進化形の能力: アシマリとオシャマリは特攻が高めで素早さは低め、他の能力は安定したポケモン。 アシレーヌに進化すると特攻がとても高くなり、特殊耐久も上がる。 素早さは遅いまま。 物理耐久はあまり高くないので、強力な物理技で攻撃してくる相手は得意ではない。 進化によるタイプ変更: アシマリとオシャマリは単水タイプだが、アシレーヌに進化するとフェアリータイプが追加される。 フェアリー技ではドラゴンや格闘といった強敵の弱点を突けるのが嬉しいところ。 まとめ: 御三家ポケモンほぼ1匹だけを使い、ゴリ押しで突き進むなら、一部のバトルを除きアシマリが有利。 モクローやニャビーと比べて弱点が少ないので、苦手な相手が少ないのが特徴。 ただし草タイプの主ポケモンのラランテスなど危険な相手は存在するので、苦手な草や電気といったタイプの相手を倒せるようにパーティを組んでおくのが理想的。 【シナリオバトル表】 以下はシナリオに登場する強敵のタイプと、各御三家ポケモンの有利不利の表。 モクロー、フクスローは飛行タイプ複合、ジュナイパーはゴーストタイプ複合、ガオガエンは悪タイプ複合、アシレーヌはフェアリータイプ複合なので注意。 例 こちらの主力技は全て相手に効果いまひとつ、かつ相手の主力技がこちらに効果抜群など• 主ポケモンにタイプ上は有利でも、主ポケモンが呼び出すポケモンに不利ということがある点には注意。 タイプが変わるポケモンは、島クイーン ライチの手前あたりで1進化形、島キング クチナシの手前あたりで2進化形になると仮定。 【シナリオ考察】• ニャビーは不利: 御三家ポケモンはタイプが違うので、選んだ御三家ポケモンによっては、シナリオクリアが簡単になったり、難易度が上がったりする。 上の表より、ニャビー進化形はモクローとアシマリに比べ、シナリオ上で不利な相手がとても多いことが分かる。 ニャビーだけをパーティの主力としてしまうと苦労するので、早い段階から他のポケモンも捕まえて育てておこう。 シナリオ序盤: 序盤は他に強いポケモンが育っていないことが多いので御三家ポケモンに頼りがちになる。 そのため序盤に出現するなどの強敵に不利なタイプの御三家を選んでしまっていると不利。 特に序盤~中盤最大の関門は、天候バトルとなるアーカラ島の主ポケモンのヨワシとラランテス。 モクローは一見ヨワシにもラランテスにもタイプ上有利だが、ラランテス戦ではラランテスが呼び出すポワルンなどに晴れ状態で炎タイプの「ウェザーボール」で効果抜群を取られるのが辛い。 ニャビーを選んでいて他のポケモンを育てていないと、タイプ相性で不利な上に雨が降った状態でのヨワシ戦で詰んでしまう。 逆にニャビーはラランテスにはタイプ上有利で、天気も晴れなので威力が上がった炎技でラランテスの弱点を突ける。 アシマリはヨワシには有利でも不利でもないが、ラランテスにはタイプ上非常に不利なので、他のポケモンを育てておき対抗するしかない。 シナリオ中盤~終盤: 中盤~終盤では、御三家ポケモンの苦手なタイプの相手が出てきても、手持ちの他のポケモンが育っているので問題なく突破できることが多い。 また道中のトレーナーをほぼ全員倒してきていれば手持ちポケモンのレベルがかなり上がっているはずなので、不利なタイプの相手でもレベル差で押し切れる。 結論: シナリオを楽に進めたいなら、序盤に出てくるぬしポケモンや島キング・島クイーンの手持ちタイプを調べ、なるべく有利なタイプの御三家を選ぼう。 シナリオの効率重視なら、サン・ムーンでのおすすめは、根本的に弱点が少なくシナリオ上の強敵に不利なことも少ないアシマリ。 【ジュナイパー】 能力 種族値 HP 78 攻撃 107 防御 75 特攻 100 特防 100 素早さ 70• 攻撃、特攻、特殊耐久が高めで、素早さは低め。 とても目立つ能力がない代わりに安定した能力のポケモン。 弱点が多く、炎や氷といったメジャー技で弱点を突かれてしまうが、タイプ耐性もそれなりにあり、ノーマルや格闘技を使う相手には効果無効の無償降臨もできる。 用途: 草タイプとして相手の水、電気、地面などのタイプのポケモンを流す役割に期待できる。 しかし現時点での最メジャー水ポケモンはギャラドスで、草技で弱点を突けないので相手に圧力を掛けにくい。 ギャラドスやペリッパー以外の草技に弱点を持つ水ポケモンや、電気や地面タイプといった相手の流しには期待できる。 このうちジュナイパーが満たしているのは特殊耐久安定のみ。 草タイプの御三家で能力が似ているポケモンにはフシギバナがいる。 フシギバナはジュナイパーよりも耐久と素早さが高く、「ねむりごな」による催眠までできる。 ジュナイパーはフシギバナよりも攻撃が一応高いが、フシギバナの方が覚える技の威力が高い関係でジュナイパーの方が火力に期待できるとはいえない。 ジュナイパーはフシギバナと比べてしまうと非常に厳しいポケモン。 ただし現時点ではフシギバナをサン・ムーン世代で入手する方法はなく、サン・ムーンでゲットしたポケモン限定ルールなら関係ない。 【ガオガエン】 能力 種族値 HP 95 攻撃 115 防御 90 特攻 80 特防 90 素早さ 60• 炎タイプは耐久が低めのポケモンが多いが、ガオガエンは耐久安定。 攻撃は高めで素早さは低め。 メジャータイプに耐性が少ないのでジュナイパーやアシレーヌと比べて後出しはしにくいが、「じしん」を使ってこない鋼ポケモンや、「きあいだま」を撃ってこなさそうなエスパーポケモンになら後出しからでも対抗できる。 用途: 耐久安定のガオガエンはタイプ不一致の弱点技くらいなら耐えられるので、不特定の相手との1対1のバトルに強め。 攻撃力も高めなので、アタッカーとして活躍を目指そう。 炎タイプ: ドラゴンや水といったタイプの強敵が蔓延る環境で炎ポケモンが活躍するのは中々厳しく、現時点で活躍中の炎ポケモンはカプ・コケコに強いアローラガラガラくらい。 炎タイプのガオガエンにとっても厳しい環境といえる。 【アシレーヌ】 能力 種族値 HP 80 攻撃 74 防御 74 特攻 126 特防 116 素早さ 60• 能力は特攻が高く特殊耐久も高め。 素早さは低め。 用途: 水ポケモンは岩や地面といったタイプの相手の弱点を突くことができる。 岩技の多くは「ストーンエッジ」、地面技の多くは「じしん」でどちらも物理技なので、物理耐久の高い水ポケモンはこれらの相手の対策を任せられることも多い。 アシレーヌは物理耐久が高くないので岩や地面といった相手に後出しから対抗するのは厳しくなる。 ここは高い特攻を生かした特殊アタッカーとしての活躍を目指したいところだが、低い素早さが足を引っ張り、過去世代のゲッコウガやスターミーのように相手を次々に先制で攻撃して倒すことはできない。 水タイプ: 使い方が分かりやすい水ポケモンの典型的な例は、物理耐久が高いが素早さは低いor耐久は低いが素早さは高いこと。 アシレーヌは物理耐久と素早さどちらも高くないので、対人戦で特別扱いやすいとはいえない。 しかしタイプが優秀で攻撃力も高いので、有利な相手に後出しできれば大ダメージに期待できる。 裏技・小ネタ.

次の

御三家

ポケモンサン 御三家

【攻略シナリオチャート】• 【エンディング後のシナリオ】• 【攻略情報】• 【街 マップ(メレメレ島)】• 【ダンジョン マップ(メレメレ島)】• 【道路・水道 マップ(メレメレ島)】• 【街 マップ(アーカラ島)】• 【ダンジョン マップ(アーカラ島)】• 【道路・水道 マップ(アーカラ島)】• 【街 マップ(ウラウラ島)】• 【ダンジョン マップ(ウラウラ島)】• 【道路・水道 マップ(ウラウラ島)】• 【街 マップ(ポニ島)】• 【ダンジョン マップ(ポニ島)】• 【道路・水道 マップ(ポニ島)】• 【マップ(エーテルパラダイス)】• 【マップ(ウルトラスペース)】• 【キャプテン】• 【島キング・島クイーン】• 【四天王】• 【ライバル・その他】• 【ウルトラ調査隊】• 【スカル団】• 【エーテル財団】• 【レインボーロケット団】• 【野生以外でポケモンゲット】• 【Zワザ】• 【新要素】• 【フェスサークル】• 【ショップ】• 【バトル施設】• 【ポケモン図鑑】• 【アローラ地方の伝説のポケモン】• 【御三家ポケモン】• 【リージョンフォーム アローラの姿 】• 【キズナ現象】• 【ポケモンライド】• 【フォルムチェンジ】• 【メガシンカ】• 【ゲンシカイキ】• 【ポケモンの厳選】• 【ポケモンのデータ】• 【ポケモンの持ち物】• 【島スキャン・QRスキャン】• 【ポケモンバンク】• 【ポケモングローバルリンク】• 【アイテム一覧】• 【ポケモンの技】• 【ポケモンの特性】• 島スキャン・QRスキャンについて(歴代の御三家ポケモン勢揃い) ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン 攻略情報 島スキャン・QRスキャンについて(歴代の御三家ポケモン勢揃い) QRスキャンについて• QRスキャンは、ロトムずかんの機能のひとつで、QRコードを読み込む事で対応したポケモンの情報を見る事ができます。 ガオーレディスクをはじめとした、一部の特別なQRコードを読み込むとアローラ地方に生息するポケモンはポケモン図鑑の「みつけた数」に登録されます。 既にゲットしたポケモンはアローラ図鑑でQRコードが表示されますので、友達と見せあう事で、図鑑を早く完成させる事ができます。 島スキャンについて(歴代の御三家ポケモン勢揃い)• 島スキャンはアローラ地方には通常出現しないポケモンの生息地が分かるようになります。 図鑑コードのQR、その他のQRコードを読み込むと10ポイント貰えます。 ガオーレディスクのQRコードを読み込むと20ポイント貰えます• 合計100ポイントためると島スキャンを行う事が出来ます。 QRコードを読み込む事が出来る回数には制限があり、2時間に1回分が貯まって、最大で10回分まで貯めて置く事ができます。 よって、島スキャンはガオーレディスクのQRコードを除けば、最大で20時間に1回、使用する事ができます。 島スキャンの為のポイント集めであればどんなQRコードを読み込んでもOKです。 前日使ったQRコードも再利用する事ができます。 島スキャンをすると、1時間の間、生息地が分かり、1時間以内であれば何度でも出現します。 但し、ゲットするか、倒してしまうとその時点で終了となります。 出現するポケモンは曜日と島で異なっていて、ほとんどのポケモンはタマゴ技などの特別な技を1つ覚えています。 サン・ムーンとの違い• ウルトラサン・ウルトラムーンでは、サン・ムーンで出現したポケモンは全て入手可能ですが、島スキャンでゲット出来るポケモンだけ、サン・ムーンでしか取れないポケモンがいます。 前作では、第二世代、第五世代の御三家ポケモンがゲット出来ましたが、今作では、残りの第一世代、第三世代、第四世代、第五世代の御三家ポケモンがゲットできます。 サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーンをプレイすれば全ての御三家ポケモンが揃います。 世代 サン ムーン ウルトラサン ウルトラムーン 第一世代 - 第二世代 - 第三世代 - 第四世代 - 第五世代 - 第六世代 - 島スキャンで出現するポケモンの一覧 メレメレ島 曜日 ポケモン 出現場所 特別な技 日曜日 3番道路 - 月曜日 海繋ぎの洞穴 - 火曜日 テンカラットヒル - 水曜日 カーラエ湾(要:ラプラス) - 木曜日 ハウオリシティ - 金曜日 2番道路 - 土曜日 ハウオリ霊園 - アーカラ島 曜日 ポケモン 出現場所 特別な技 日曜日 6番道路 - 月曜日 7番道路(要:ラプラス) - 火曜日 8番道路 - 水曜日 アーカラ島外れ - 木曜日 4番道路 無し 金曜日 5番道路 - 土曜日 せせらぎの丘 - ウラウラ島 曜日 ポケモン 出現場所 特別な技 日曜日 ホテリ山 - 月曜日 カプの村 - 火曜日 16番道路 - 水曜日 ウラウラの花園 - 木曜日 10番道路 - 金曜日 11番道路 - 土曜日 ホクラニ岳 - ポニ島 曜日 ポケモン 出現場所 特別な技 日曜日 ポニの樹林 無し 月曜日 ポニの広野 - 火曜日 ポニの険路 - 水曜日 ポニの花園 - 木曜日 ナッシーアイランド - 金曜日 ポニの原野 - 土曜日 ポニの古道 - サイト内検索 シリーズ メールフォーム.

次の

【ポケモンサンムーン】オシャボ入りの「御三家」がミラクル交換で来たけど100%改造だよな・・・

ポケモンサン 御三家

おすすめの御三家は? 「御三家」とは最初にもらえる3匹のポケモンのことで、『ウルトラサンムーン』では「」「」「」から選ぶことができる。 どのポケモンを選んでも問題なくクリアできるため、好みで選んでしまっても良いが、 ストーリー攻略を有利に進めたいというプレイヤーにはがおすすめだ。 アシマリの長所 前作『サンムーン』において、序盤は技や特性で こちらの攻撃ランクを下げてくる敵との遭遇が多かった。 やは物理攻撃主体のため、思うようにダメージを与えられない場面も多く、始めのうちはなかなか苦労することもある。 しかし特殊攻撃主体のなら、攻撃を下げられてもそれほど痛手にはならない。 また、水タイプ自体が優秀なので、全編を通して活躍できる場面が多い。 で追加されるフェアリータイプも優秀で、強力なドラゴンタイプのポケモンと戦う際に重宝する。 フェアリータイプの弱点の1つである鋼タイプを、水タイプで相殺できるのも利点だ。 素早さこそ低めだが、特攻はかなりの成長を見せるので、重火力アタッカーとして活躍できるだろう。 今作でも島めぐりという基本的なストーリーの流れは同様であるため、もし御三家選びに迷ったらを選ぶと良いだろう。 そのため、ハウなどのライバルたちに使わせないよう、自分で選んでしまうという考えもある。 ただし、ストーリー攻略では、 水タイプのギャラドスが非常に便利。 もしパーティの水枠にギャラドスを起用する予定なら、やを選んで冒険を始めるのも良いだろう。 スイレンの試練ではモクローが活躍! は草タイプのため、 海上を移動する際に多く出現する水ポケモン相手に大活躍する。 また、今作ではスイレンの試練でがぬしポケモンとして登場する。 特性「すいほう」の効果や、天候が雨であることもあり、 異常な威力となった「あわ」が非常に脅威。 さらに、 タイプ一致の「きゅうけつ」も放ってくるため、くさタイプのポケモンというだけで安易な突破は難しい。 難所であるスイレンの試練に備えるなら、を選んで損はない。 最終進化系になればゴーストタイプが追加され、グッと攻撃を通しやすくなる。 前作に比べ、覚える技がかなり強化されているのも見逃せない。 ニャビーは? は炎タイプなので、 「やけど」が効かないというのが地味に便利。 島めぐりではマオの試練のぬしポケモン戦などで活躍するほか、面倒な鋼タイプの処理を任せられるなど安定した活躍を見込める。 最終進化系では悪タイプが追加されるため、炎が効きづらい相手も突破しやすくなる。 こちらもおすすめ!.

次の