鏑丸 しのぶ。 《鬼滅の刃》ネタバレ195話!強力な助っ人!

【鬼滅の刃】柱の強さランキングまとめ最新版をご紹介!!

鏑丸 しのぶ

名前:栗花落カナヲ(つゆり かなを)• 性別:女性• 誕生日:5月19日(本来の誕生日ではなく、胡蝶姉妹に拾われた日)• 年齢:16歳• 身長:156cm(コミックス9巻時)• 体重:46kg(コミックス9巻時)• 出身地:東京府本所區(現代に直すと「東京都墨田区向島」)• 趣味:朝から晩までシャボン玉• 好きなもの:アオイの作ったもの全部、ラムネ 可憐な花ながら圧倒的な実力者・栗花落カナヲの人物像 「 栗花落カナヲ」とは、「 吾峠呼世晴」さんが執筆する漫画作品「 鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。 主人公である「 竈門炭治郎」と同時期に鬼殺隊に所属することになった少女であり、 同期の隊員としては唯一の女性です。 階級は炭治郎たちより一つ下の「丁」となっています。 サイドテールにした髪型に、スカートやブーツと言ったいわゆる「ハイカラ」な服装が特徴的で、常にふんわりとした微笑みを浮かべている少女です。 非常に物静かな性格であることを思わせ、口数が少なく、自ら喋ることは稀で、ミステリアスな存在感を放ちます。 しかしその性格、実は過去のトラウマから発現したものであり、 ただ何事にも興味を示すことが出来ず、自分で何をすることも決められなくなっているだけのものでした。 そのためカナヲは、かつて育ての親である「 胡蝶カナエ」から貰った「表・裏と書かれたコイン」をコイントスし、その結果に従って行動を決めるという癖があります。 しかし炭治郎に出会い、その行動や意思に一石を投じられたことから、徐々に自らの頭で考え、行動するということが出来るようになりつつあり、上弦の鬼「童磨」との戦闘時にはどす黒いとはいえ激しい感情を露わにしたこともあります。 同期鬼殺隊隊員の中ではずば抜けた才能を持つ少女であり、見様見真似で全集中の呼吸を習得し、圧倒的な実力で過酷な鬼殺隊の最終選抜を突破するということを成し遂げているという、可憐な見た目に反した高い能力を持った人物です。 その才能が認められた結果、 柱の一人である蟲柱「胡蝶しのぶ」が自らの直接の弟子であり、次代柱の候補生でもある「継子」として選んでいます。 また、継子としての関係以上にカナヲとしのぶは後述の理由から非常に繋がりが強いという描写が多々あります。 しかし、生まれた家は貧しく、カナヲは兄弟たちと共に両親から虐待を受けて育っていたのです。 虐待によって命を落とす兄弟たちもいる中で、毎日のように降りかかる暴力から逃れるためにある日から心を閉ざしてしまいます。 その後、生活に苦しんだ両親に人買いへと売られ、連れられているところを偶然見てしまった「 胡蝶カナエ」と「 胡蝶しのぶ」の姉妹に保護されます。 以降は二人が住む「蝶屋敷」と呼ばれる屋敷にて生活を行っており、カナエとしのぶを母や姉のようにして育ちました。 ちなみに、 カナヲの名前は生まれたときからあるものではなく、カナエとしのぶがカナヲを保護した際につけられたものであるということがわかっています。 「栗花落」の苗字もいくつか候補を挙げられた中でカナヲ自身が決めたものであり、こちらも本来の名前ではありません。 「栗花落カナヲ」となる前の名前は語られていないため不明です。 栗花落カナヲの声優は? 栗花落カナヲをアニメ版「鬼滅の刃」で演じているのは、人気女性声優「 上田麗奈」さんです。 プロフィールは以下の通りとなっています。 名前:上田麗奈(うえだ れいな)• 性別:女性• 生年月日:1994年1月17日• 年齢:26歳(2020年5月11日現在)• 出身地:富山県富山市• 所属:81プロデュース• 公式Twitter:• デビュー:2012年「イナズマイレブンGO クロノ・ストーン」(子供) 2012年に「 イナズマイレブンGO クロノ・ストーン」にてデビューをしました。 デビュー作では名前のある役を貰っておらず、いわゆるモブキャラクターでのデビューとなりますが、以降は数多くの名アリキャラクターを演じています。 2016年からは歌手としても活動を行っており、2020年3月18日には1stアルバムも発売しました。 ちなみに、舞台版「鬼滅の刃」では「 舞羽美海」さんがカナヲを演じています。 栗花落カナヲの使う技は?刀はどんなもの? 栗花落カナヲは炭治郎ら同僚の鬼殺隊隊員と同じように、鬼が苦手とする日光を蓄えた刀「日輪刀」と、身体能力を向上させる術「全集中の呼吸」を駆使して戦闘に臨みます。 カナヲはそれに加えてずば抜けた「 視覚」を持ちます。 動体視力・静止視力に優れ、ありとあらゆる動作の前兆を全身の動きの変化から読み取ることが可能で、 「対象の動作を読み取り次の行動を予測して対応する」という予知じみた能力を見せたこともあります。 全集中の呼吸「花の呼吸」 カナヲが使用する全集中の呼吸は、基本の呼吸法である「水の呼吸」から派生した「 花の呼吸」と呼ばれるものになります。 どのような特徴を持つかなどの詳細は語られていないものの、水の呼吸が「柔軟性」と「汎用性」をウリにしているため、花の呼吸もそれと同じように汎用性と柔軟性に優れた呼吸法であると考えられます。 漫画版では呼吸音を「フゥゥゥ」と表現されます。 また、全ての技名に花の名前が入り、カラーイラストでは使用した型につけられた花の名前に応じた色がつけられる演出が見られます。 花の呼吸は全て合わせて10つの型を持っていると言われていますが、カナヲはそれに加えて自らの視覚を活かしたカナヲだけの型を持ちます。 それが「 終ノ型 彼岸朱眼」です。 全集中の呼吸で眼球の能力を極限まで向上させる型であり、使用すると敵の動きがスローモーションに見え、相手が完全に行動を終える前にカナヲが反応を行えるようになります。 前述した「 対象の動作を読み取って次の行動を予測し対応」という予知じみた動きも磨きがかかり、極端なまでの「やられる前にやる」を実行できるようになるのです。 ただし、 強力な反面眼球にかなりの負担がかかる技であり、発動時間に比例して失明の危険性が増すというリスクも持ち合わせています。 日輪刀 カナヲら鬼殺隊隊員が鬼と戦うために用いる刀です。 鬼が苦手としている日光を蓄えた刀であり、この刀で鬼の頸を削ぎ落すことで不死の鬼を殺すことが出来ます。 カナヲの持っている日輪刀はあまり特徴的な部分を持ちません。 刀身が恐らく「花の呼吸」への適性を意味する薄桃色に染まっていること、鍔に花模様があしらわれている以外は普通の刀となっています。 ちなみに、炭治郎や伊之助は日輪刀が作中で代替わりしていますが、カナヲのものは作中で折れたりしていないため、代替わりをしていないと思われます。 栗花落カナヲに関する考察 2020年5月8日現在、物語はかなりの山場を迎えている鬼滅の刃ですが、それでも盛んに考察は続けられています。 今回はそんな考察の中から、カナヲに関するものをいくつかピックアップして紹介します。 カナヲの名前の由来は「笑顔」!? 栗花落カナヲの名前は、親代わりであった「 胡蝶カナエ」によってつけられたものでした。 カナエの名前によく似ており、一文字違いであったカナヲの名前。 その由来は「 笑顔」なのではないかと考察されています。 某YouTuberさんの考察。 栗花落カナヲの名前の由来。 ・胡蝶しのぶの姉、胡蝶カナエ。 『カナエ』の『エ』を『ヲ』に変える。 笑顔を絶やさず、「鬼は哀れな存在」「鬼とも仲良くできる」という持論を持ち、常に誰かの幸せを願うカナエらしい名付けであることがわかります。 カナヲは炭治郎とくっつく? 作中で度々関係を深めたような描写を見せる炭治郎とカナヲ。 この二人のカップリングは同人界隈でも「 炭カナ」と呼ばれ、人気のある組み合わせの一つとなっています。 もう炭カナ尊すぎやん……めっちゃ強火の公式じゃん……わにせんせ、ありがとう…… — きのちゃん 🌳森畜 pekkopekon 炭カナはもうあれだよ初めからそうなる運命であったとしか カナヲへの恋心を自覚する炭治郎が見たすぎるし炭治郎から愛されてる自信が持てるようになったカナヲも見たすぎる — tyo—ko irhr0911 作中描写を見ただけでも• 炭治郎の説得や行動がカナヲの「何もかもどうでもいい」という考えを変える• 炭治郎が重傷を負って、その後目が覚めた際にカナヲが涙ながらにその回復を喜ぶ• 炭治郎の鬼化を説いた鍵の一つがカナヲの打ち込んだ藤の花の薬• 2020年5月11日現在最新話である第205話にて、二人きりで桜の木を見上げて語らうシーンがある と、確実に炭治郎とカナヲはその間柄を深めています。 特にカナヲからは直接語られてはいないものの、 カナヲから炭治郎への行為はあからさまで、カナヲの考えを変えたコイントスの一連のシーンを一つとっても「人が恋に落ちた瞬間を見た」とも言われる程にあからさまだったようです。 そのため、鬼滅の刃が結末に向けて動き出している2020年5月11日現在において「 最終的に炭治郎とカナヲは結婚する」「 炭治郎とカナヲがくっつく」と今後の展開を予想する人が後をたちません。 また、最新話である204話には、伊之助や禰豆子などにも恋愛フラグが立っているように見える描写が含まれているため、関係を深めるような描写を見せた炭治郎とカナヲがそのように予想されてしまうのも無理はないだろうと筆者は思います。 鬼によって家族を奪われ、過酷な戦いによってそれぞれ体に後遺症を残した炭治郎とカナヲ。 その二人の関係がどうなるかも、次話に期待される部分の一つになっているようですね。 その理由を、「 カナヲが彼岸朱眼で片目失明、片目弱視の後遺症を負ったから」であると言われています。 — さ 05sadona26b 鏑丸の元の持ち主である小芭内は、先天性の染色体異常で片目が弱視というハンディを背負った人物でした。 そんな小芭内と共に過ごし、小芭内の一番の友であった鏑丸は、彼の不自由な目の代わりを務めていたこともあるのではないかと考えられているのです。 だからこそ 鏑丸は目の見えない人物の手助けをすることに長けているため、目がほぼ見えなくなってしまったカナヲの手助けのために託されたのであると考察されています。 ちなみにカナヲは鏑丸の事を「 すごく賢い」と褒めており、作中で既に何度も彼に助けられているのではないかとも予想出来ます。 栗花落カナヲの全プロフィールまとめ 「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「栗花落カナヲ」は• 主人公「竈門炭治郎」の同僚であり、鬼殺隊に所属する隊員• 最初は「何もかもどうでもいい」といった風のある意味無気力な人間だったが、炭治郎と出会って、その説得によって心に変化が生じた• 蟲柱「胡蝶しのぶ」の直弟子であり、後継者である「継子」として扱われている優秀な人物で、初期の頃は炭治郎らが戦っても歯が立たなかった• 使用する呼吸法は「花の呼吸」であり、それに加えて天性の優れた「視覚」を用いて戦う• 炭治郎と非常に関係が深く描かれており、最終的に二人は恋愛関係に陥るのではないかと考えられている とのことです。 第204話にて鬼がいなくなり、鬼殺隊が解散になることまで決定した鬼滅の刃。 今後の展開がどうなっていくのか、注目が集まっています。

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ195話!強力な助っ人!

鏑丸 しのぶ

おしながき• 鏑丸 なにそれ? 美味しいの? そう思った方もいらっしゃるでしょう。 意外に知られていないというか注目されていない、小芭内の蛇の名前です。 鏑丸は、いつも小芭内の首の周りにいる白蛇です。 白蛇とは白化現象を起こした蛇で、その希少性により日本各地で、縁起のいい動物として祀られています。 今回は、白蛇について色々と見ていきたいと思います。 弁財天はかの有名な、七福神の一人です。 一人というか、一柱と言うのが正しいかも? 弁財天は、財がつく名前からも分かるとおり「金運アップ」の神様です。 また興味がある方は調べてみてほしいのですが、なんとこの弁財天。 琵琶を持ってらっしゃる神様なのです。 琵琶といえば! 先日無惨に殺害された、鳴女を思い浮かべますよね。 ここで繋がりました。 鳴女と小芭内。 まさかこんな所で。 お母さん… それはちょっと気が早いかもしれないですが、どういう事か説明させてください。 白蛇 白蛇と弁財天、そして小芭内。 何がどう繋がったのか。 ご存じの方もいらっしゃるかと思うのですが、実は弁財天の遣いこそが、白蛇だと言われているのです。 もともと弁財天は、インドの川の女神様でした。 そのことから川のイメージにより、龍や蛇が弁財天の遣いとされるようになったそうです。 また、蛇は穀物を食べてしまうネズミを退治してくれるため、財運や金運の神様である弁財天の、遣いとされるようになったのだとか。 ここで一旦まとめます。 琵琶を持つ弁財天と、同じく琵琶を持っていた鳴女。 そして、弁財天の遣いとされている白蛇と、小芭内の連れている白蛇。 以上の事から、鳴女と鏑丸と小芭内は、何か繋がりがあるのではないか。 私はそう考えています。 という事はです。 もともと鏑丸は、鳴女が連れていた蛇なのではないか。 そうも考える事ができますよね。 ということは…お母さん…? お母さん 私は今回の考察で、小芭内と鳴女が親子関係なのではないか。 そう考えるようになりました。 しかし、今のところそんな様子は見受けられません。 小芭内と鳴女は、無限城で顔を合わせています。 小芭内も鳴女も、互いに姿は確認しているはずですが、お互い動揺するような様子はありませんでした。 という事は、記憶が無いから分からない? そもそも二人が親子とは確定していませんが、小芭内の過去に何か秘密があるのは確かですよね。 それが鳴女との事なのか、全く関係のない事なのか。 楽しみに待ちたいと思います。 あと、鳴女は無惨に殺されたとされていますが、消滅している様子はまだ描かれていません。 何とか生き残っていて、無惨の支配も薄れた状態で小芭内と対面。 そこで過去を思い出す。 そんな展開も、面白そうだなと思いました。 まとめ的なもの 今回色々と深読みをしてみましたが、実際フタを開けてみたら何も関係ありませんでした。 そういった事はよくあります。 でも、琵琶と白蛇、ここまでキーワードが重なるのも珍しい事です。 なのでもしかしたら…。 今回は「お金」についてのお話です。 これは結構、意見が別れる話題かと思います。 皆さんは、お金をガンガン稼いで豊かに暮らしたいか、ボチボチ働いてボチボチの生活をしたいか。 そうすれば、人を巻き込んで互いに豊かになれる可能性がある。 そう考えております。 私の能力は、そこまで高いものではありません。 なので、人の力を借りる。 そのために、お金は絶対必要です。 ある程度は自分で稼ぎつつ、ドンドン人に投資する。 これが私の、お金に対する一つの考え方です。

次の

鬼滅の刃/伊黒の蛇の名前は?さらにこれだけある小芭内の仮説!

鏑丸 しのぶ

スポンサーリンク 満開の桜と人間の禰豆子 炭治郎のベッドに禰豆子、善逸、伊之助が集まっています。 善逸と伊之助は眠ってしまっていて、炭治郎と禰豆子は二人で満開の桜を眺めていました。 「綺麗だねえ」と、桜の美しさをしみじみと感じている様子の禰豆子。 悪い鬼がいない世界になりました。 しかし、それと引き換えにあまりにもたくさんのものを失ったのです。 大切な人たちが大勢亡くなりました。 それでも生き残った者たちは生きていかなければならない。 この体に明日が来る限り。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 禰豆子は炭治郎の左手を取り、お爺ちゃんみたいにしわしわになっちゃったねと言いました。 腕の上げ下げはできるものの、肘から下の感覚がないそうです。 右目も、形が整っているだけで見えてはいないそうです・・ 鬼になったときに一度は回復した左腕と右目ですが、人間に戻った時点で機能しなくなってしまったのですね。 しかし自分のことよりも、禰豆子や他の人たちを傷つけてしまったことを申し訳なく思っている炭治郎。 みんなにも申し訳ないよ、と三か月たっても気にしていました。 そんな炭治郎を、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そんなこと気にする人いると思う? もう謝るのは なし 次謝ったら、おでこはじくからね と、たしなめる禰豆子。 そして、お兄ちゃんが人間に戻れて良かった、と言いました。 スポンサーリンク 愈史郎の言葉 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 愈史郎によると、炭治郎が人間に戻れたのは、しのぶの薬と禰豆子の二つが要因だったのだそうです。 ある夜、愈史郎は炭治郎の見舞いに蝶屋敷を訪れていました。 炭治郎が一番最初に噛んだのが鬼の抗体を持っている禰豆子だったため、しのぶの薬とうまく反応してすぐに人間に戻ることができたのだろうということです。 さらに、一瞬で太陽を克服した炭治郎は、禰豆子よりも鬼の素質があったのだと言いました。 しかし人間に戻ることを選んだ炭治郎。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 愈史郎は、これまで見せたことのない優しい表情で、本当によく頑張ったな、と炭治郎をたたえたのでした。 炭治郎が涙を浮かべて謙遜していると、冗談で言ってるんだ真に受けるな、とすぐいつもの冷淡な表情に! そのまま帰ろうとする背中に向かって炭治郎は 愈史郎さん死なないでくださいね と呼びかけました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 珠世のことをずっと覚えていられるのは愈史郎だけだから、と。 炭治郎は、愈史郎の様子から何かを感じ取ったのでしょう。 しかし愈史郎とはそれっきりになり、その後の消息はわからないままのようでした。 スポンサーリンク 最後の柱合会議 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして場面は変わり産屋敷邸。 輝利哉、くいな、かなたの三名と、風柱の実弥、水柱の義勇で最後の柱合会議が行われていました。 輝利哉は、鬼殺隊は今日で解散することを伝えました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、長きに渡り世のため人のために戦ってくれたことに対して産屋敷家一族一同、心より感謝しますと、手をついて二人に感謝の意を表しました。 実弥と義勇は、産屋敷家があったからこそ鬼殺隊が存続できたこと、輝利哉が立派に努めを果たしたことを先祖は皆誇りに思っているであろうことを伝えます。 二人の言葉を聞いて涙を流す輝利哉と妹たち・・ まだ十歳にも満たない年齢の彼らが鬼殺隊の最後の戦いを率いたことは、並々ならないことでした。 そして、お互いに笑顔をかわす実弥と義勇。 性格が違いすぎてお互いなかなか分かり合えなかった二人ですが、最後に心を通わすことができたようで良かったですね!! スポンサーリンク 伊之助とアオイ 蝶屋敷には毎日色々な人がお見舞いに来ています。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 元音柱の宇随天元とその三人の嫁、炎柱の煉獄杏寿郎の父槇寿郎と弟千寿郎、そして刀鍛冶の里の人たちや、隠たち。 槇寿郎は、杏寿郎の鍔を付けて戦ってくれた炭治郎に対して感謝の言葉を述べました。 そんな中、伊之助は台所へ・・ 食事の用意をするアオイの目を盗んでつまみ食いをしますが、すぐにアオイに気づかれてしまいます。 また盗み食いして!!と怒られる伊之助。 背中を向けているのに何故すぐ気づかれるのか、もしかして強いのか?と焦る伊之助が可愛いです。 アオイは、お腹空いたならこっち食べて、と、伊之助用に用意しておいたおむすびと卵焼きのお盆を渡しました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 自分用に用意してくれていたアオイのおむすびを嬉しそうに食べる伊之助。 人からの優しさを素直に受け取り、それを喜ぶことができるようになった伊之助も成長しましたね。 スポンサーリンク 鏑丸を託されたカナヲ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 庭には満開の桜の木の下、カナヲが立っていました。 桜を見上げながら、初代の剣士に、鬼を倒すことができたことを教えてあげたい、と話すカナヲを、やさしいと思いながら見つめる炭治郎。 カナヲの目と傷を心配する炭治郎ですが、全然見えないわけじゃないんだよ、傷もいたくないよと笑うカナヲでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そしてカナヲの首元から鏑丸がにょろりと現れます。 風柱様がくれたんだ、とカナヲ。 主人がいなくなってしまった鏑丸を預かっていて、カナヲに託したようでした。 昔は表情も乏しく、自分で何も決められなかったカナヲ。 辛いこともありましたが、色々な経験を経て、自分の想いを口にしたり笑顔になれるようになって本当に良かったと思います。 カナエとしのぶは亡くなってしまいましたが、アオイ達や、蛇の鏑丸もいるのでさみしくはないと思います! スポンサーリンク 禰豆子に謝る実弥、そして・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして鏑丸をあずけるために訪れていたらしい、風柱の実弥。 廊下でばったりと禰豆子と出会います。 こんにちは!怪我は大丈夫ですか? と朗らかに話しかける禰豆子に対して、実弥は少し気まずそうな雰囲気・・ そして、悪かったな色々・・と謝りました。 無惨を倒した後もひと悶着あったようだが、その間自分は寝ていたし、と。 色々、というのは、かつての柱会議のとき禰豆子を殺そうとしたことなども含まれているのでしょうか? そういう実弥に、禰豆子は 私なんて二年くらい寝てたことありますよ! お兄ちゃんも戦いの後一か月くらいほとんど寝てたし。 と明るく応えるのでした。 私寝るの好きです、という、ニコニコ笑いながら話すその様子が弟の玄弥と重なり、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 実弥はそっと禰豆子の頭をなでるのでした。 実弥の優しい笑顔とそのしぐさにドキドキしている禰豆子! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、それを陰で目撃している善逸・・・!! 嫉妬心に燃えている善逸も、すっかり元気なようですね。 そして、師匠である鱗滝さんと義勇も炭治郎たちに会いにきてくれました。 義勇は髪を切って短髪になっています。 右腕がなくなってしまって束ねることができないからでしょうか? ここでも義勇は微笑んでいて、あたたかい時間が流れています。 スポンサーリンク 新たな出発 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして翌日。 炭治郎と禰豆子、善逸、伊之助の四人は、炭治郎たちが住んでいた家に向かいました。 途中、亡くなった隊士や仲間の墓をお参りしながら家の近くまで来ると、傘を持った人物が。 三郎爺さんです!! 物語序盤で、夜道は危険だからと家に泊めてくれたおかげで炭治郎は無惨の攻撃を受けることなく一命をとりとめたのですよね。 竈門家があんなことになり、ずっと心配していたのではないでしょうか? 炭治郎たちと再会して、抱き合って涙を流す三人。 ここだけ見ると、なんだか修学旅行のようで楽しそうです! そして時は流れて、なんと時代は現代へ!! 次号に続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ204-205話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 最後の一コマが意外でした! その後、大きな事件もなく大正~昭和~平成、そして令和へと時代は移ったということでしょうか!? 舞台が現代だとすると、生き残っている可能性があるのは愈史郎くらいでしょう。 一番若かった産屋敷家の子供たちも、元気だとしても百歳以上ですし・・ 次回、何が語られるのか? 非常に楽しみです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、今回人間の禰豆子をたっぷり見ることができました。 物語が始まってからずっと鬼だったので、禰豆子ってこんな子だったんだ、と、新鮮な感じでした。 朗らかで優しく、誰にでも好かれる性格ですね。 女性版炭治郎という感じでしょうか!? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 産屋敷家の全て終わった、という安堵感と、実弥と義勇の間に流れる穏やかな雰囲気も良かったです。 善逸と伊之助は、あのまま竈門家に居候するのでしょうか? それとも、一通り片付けを手伝ったらそれぞれの家に帰るのでしょうか。 といっても二人とも帰るあてはないはず・・ どちらにしてもしばらくは一緒に暮らすことになるのでしょうね! 今回は登場人物が勢揃いで、とても盛り沢山な内容でした。 全員が笑顔で、その笑顔が心に沁みる回でした。 次回、どんな未来が語られるのか・・楽しみですね。

次の