速度 制限 解除 申込。 スマホの通信速度制限とは?:制限解除の方法や制限を避ける方法まで解説

128kbps通信解除

速度 制限 解除 申込

通常プラン利用時に、当月の通信量が7GBを超えたときの制限=月末まで速度が128kbpsに制限• 直近の3日間で10GB以上利用したときの速度制限(3日間10GB制限)=10GB超えた日の翌日18時~翌々日2時まで最大1Mbpsに制限 参考までに、通信速度128kbpsと1Mbpsでできることを一覧にしました。 128kbps 1Mbs YouTube 利用不可 標準画質 Spotify ギリギリ利用可能 利用可能 Yahoo! JAPAN(PC) 表示まで19秒 利用可能 Yahoo! JAPAN(モバイル) 表示まで25秒 利用可能 電子メール(1000文字以内) 利用可能 利用可能 128kbpsの通信環境では、実質的にほとんどネットの利用ができません。 たとえばYahoo! JAPANの表示にかかる約20秒という数字は短そうな印象ですが、固定回線の速さに慣れているとほとんど表示が進まないように感じます。 半面、1Mbpsあれば待っても数秒なので、高画質の動画を観たり高音質の音楽を聴いたりしなければ使えるものだという印象になるでしょう。 通常プラン ライトプラン は、利用している月の通信量が7GBを超えると、それ以降の通信速度が月末まで128kbpsに制限され、月末まで解除されません。 Yahoo! のトップページで20秒かかるこの速度では、快適に使えるのはほぼメールのみです。 なお、プロバイダによっては通常プランを取り扱いしていないことがあります。 WiMAX回線は電波の性質上、サービスエリア内でもビル街や地下街ではLTE方式の通信よりつながりづらい傾向にあります。 それだけでなくLTE方式のほうが使えるエリアが広いので、オフィス街やエリア外の離島やへき地に行く機会があるならば対応機種を選んでおきましょう。 料金プランにかかわらず、事前に申し込みしなくても端末の通信モードを切り替えるだけで使えるので、一見便利そうですね。 前述の通り、128kbpsの通信速度ではほぼ何もできないといっても過言ではありません。 ギガ放題プランを契約していても実質的に上限が発生するので、ハイスピードプラスエリアモードの使いすぎには注意しなければなりません。 最新端末W06の場合、あらかじめ設定したデータ量に達するとハイスピードプラスエリアモードからハイスピードモードへ自動的に切り替えてくれる「通信モード自動切替機能」があるので、通信制限にかかるのが不安なら是非活用しましょう。 ハイスピードプラスエリアモードにはLTEオプション料が必要 ハイスピードプラスエリアモードの利用に事前の申し込みは必要ありませんが、対応端末でモードを設定した時点でその月は月額1,005円のLTEオプション料が発生します。 なお、auのスマホを持っていてauスマートバリューmineを適用していればLTEオプション料はかかりません。 他にも3年契約のプランでWiMAXを利用するならばLTEオプションは無料です。 ほとんどのWiMAXプロバイダでは3年契約が主流となっているためLTEオプション料が発生することは少ないですが、2年契約でauスマートバリューmineにも加入していない場合は気を付けましょう。 3日で10GBを超えて利用したときの制限(3日間10GB制限) ユーザーが平等に通信回線を使えるように、WiMAXでも連続する3日間の通信データ量が10GBに達すると速度制限がかかるルールがあります。 普段メールやSNS、ネットサーフィンをメインにインターネットを利用するなら3日間で10GBは十分すぎるほどの容量ですが、動画を多く観る場合はむしろ少なすぎるでしょう。 10GBでどのくらい視聴できる? UQコミュニケーションズのサイトにあるYouTubeを視聴した際のデータ量の目安を見ると、超高画質を選択した場合は1日2時間強観れば10GBに達する計算です。 他に、Jリーグ全試合をはじめとするスポーツの配信サービス「DAZN」の高画質(推奨通信速度9Mbps)で試合中継を見る場合は、約2時間半で使い切ってしまう計算です。 野球ならば1試合も観られないほどなので、幅広く様々なスポーツの試合をDAZNで観るならば3日間で10GBではとても足りません。 3日間10GB速度制限の内容 直近の3日間で利用したデータ量が10GBを超えると、超えた日の翌日18時から翌々日2時の最大データ転送量が1Mbpsに制限されます。 動画や音楽は状況によって難しいですがネットサーフィンなら可能な程度の速度が確保できています。 逆に速度制限がかからない昼間にデータ通信をする分には、それまでどんなに使っていたとしても通常通りの通信が可能です。 しかも、新制度への変更に合わせてデータ量通知サービスの提供が開始されたので、事前に登録しておけば、通信制限当日の13時ごろから順次通知メールが送られるようになりました。 これを利用すれば速度制限発動前に動画をあらかじめダウンロードしておくこともできるので、急に不便になって困ることも減るでしょう。 制度変更前と変更後の規制される期間のイメージ 制度の変更前は翌日の昼頃から翌々日の昼頃まで丸1日規制がかかっていましたので、1日で3GB以上使ってしまった場合はその翌日から実質3日間、常にかかっていました。 それが翌日18時から翌々日2時までの間だけになったことで、どれだけデータ量を消費していたとしても、制限時間外ならば通常通りの通信を続けられます。 速度制限を解除する方法はある? 結論から言って、WiMAXには速度制限を解除する方法はなく、3大キャリアにあるような追加料金を払って容量を追加する制度もありません。 通常プランやハイスピードプラスエリアの利用時の制限では月末まで128kbpsで過ごすことになりますし、3日間10GB制限は前日までの3日間の使用量の合計が10GB未満になるまで解除されず、夜間に動画を観るなどしたいならば解除を待つしかないのです。 しかし、WiMAXでは月ごとにプラン変更ができることと規制がかからない時間があることを知っていれば、不便を最低限にするための対策を立てることができます。 そこで登場するのがインターネット通信の速度測定です。 速度測定では遠隔のサーバーからデータファイルをダウンロードし、その容量とダウンロードにかかった時間から実効速度を割り出します。 インターネット上では、速度測定ができるサイトやスマートフォンアプリが公開されています。 速度測定をする意味は、主に以下2つがあります。 問題切り分けのため 自分の環境で問題なくインターネットが使えている間は通信速度が気にならないかもしれませんが、使えない時には速度測定をするメリットがあります。 たとえば、スマートフォンでホームページを参照していてページ遷移するのに時間がかかる場合、その原因は使っているインターネットの通信速度が遅いことも考えられますが、その他にもそのホームページを参照するユーザーが多くサーバーが混雑している可能性もあります。 この時 インターネット通信の速度測定をすれば、通信速度が原因か否か切り分けることができるわけです。 速度測定をしてみて通信速度が十分であることが確認できた場合は、そのホームページを格納しているサーバーやそのサーバーが使っているネットワークが原因である可能性が高いでしょう。 その場所でどのような通信が可能かを客観的に把握できる スマートフォンで動画を視聴していて「画質が粗いな」と感じるとき、おそらく通信速度が遅いからだろうという推測はできます。 しかしそれは飽くまで体感の情報であり客観的な情報ではありません。 そこで速度測定をすればより客観的で正確な情報を把握することが可能です。 有名な動画サイトの1つ「Hulu」では、動画視聴の推奨速度を公開しています。 Huluの公式サイトよるとスマートフォンやタブレットで動画視聴する場合は、3Mbps以上の通信速度があることを推奨しています。 Huluの画質が粗いと感じた時に速度測定をして、たとえばその結果が2Mbpsであれば客観的に「ああ通信速度が足りないんだな」と把握できるわけです。 大よそでもそういった情報をあらかじめ把握しておけば、より通信速度が速いとわかっている場所に移動して引き続きインターネットを使うことができます。 また、何より原因がわからずインターネットでしたいことができずにストレスを感じることも少なくなってよいですね。 ホームページの参照のように特に推奨速度が示されていない通信もあります。 こういった通信に関しても、速度測定をいくつかの場所で何回か行っていると「このぐらいの速度だとこのホームページを参照するのに時間がかかるだろうな」ということが感覚として分かってきます。 そういった意味でもインターネット通信の速度測定を活用したいですね。 速度測定の方法 速度測定は、主に専用のウェブサイトで行う方法とスマホのアプリで行う方法の2種類があります。 それぞれメリット・デメリットがありますので上手に使い分けるとよいでしょう。 ウェブサイトで速度測定 ウェブサイトの中には速度測定をサービスとして提供しているところがあります。 そういったサイトでは、ブラウザでアクセスするだけで速度測定ができるので便利です。 ただし、Flash Playerというプラグインが必要なサイトがあり、その場合はFlashが使えないスマホのブラウザでは利用できないので注意しましょう。 速度測定が可能なウェブサイトの例として以下があげられます。 概要 Flash対応 USENが提供する速度測定サイト。 私はシンプルなデザインで操作が簡単なRBB SPEEDを利用しています。 RBB SPEEDは下り・上り速度の測定履歴の記録が可能で、さらに履歴からMAPにも飛ぶことができる機能もあるので便利です。 ウェブサイト・スマホアプリのどっちが便利? ウェブサイト・スマホアプリの速度測定を比較した場合、結果を記録でき後から見直せるスマホアプリの方が便利で使いやすいでしょう。 結果が位置情報付で保存できれば、2度目はその結果を参照すればよいので、何度もその場所で速度測定する必要もなくなりますね。 パソコンで速度測定をする場合はウェブサイトを使い、スマホではアプリを使うのがおすすめです。 スマホ・タブレットでは、アプリをインストールしていない機器で一時的に速度測定をしたい時に限りウェブサイトを利用しましょう。 しかし後述の方法で対策をすれば、制限で困ることが減るでしょう。 通常プランとギガ放題プランの切り替えで制限を回避 通常プランとギガ放題プランがあるWiMAXプロバイダの場合、プラン変更が月単位でできます。 変更した料金プランは翌月から適用される上契約期間も通算されますから、 通信量や予定に合わせてよく使う月にはギガ放題、そうでない月には通常プランとフレキシブルな対応も実現します。 通常プランの月額料金はギガ放題のそれより安いので、こまめに切り替えをすればデータ通信量が少ない月の支払いも抑えられて節約になります。 通信モードのこまめな切り替えで制限を回避 ハイスピードプラスエリアモードでかかる制限は、その通信モードの利用を最低限に控えることで回避できます。 それにハイスピードプラスエリアモードの使用には別途LTEオプションの料金がかかりますから、 どうしてもWiMAXルーターでのLTE通信が必要な時以外は使わないのがおすすめです。 3日間で10GB制限下でも実用的な速度が保てて安心 3日間10GB制限では通信速度が最大1Mbpsに制限されますが、この速度ではSNSの閲覧やネットショッピングには問題ないでしょう。 それに、制限のある日でも2時から18時の間は速度が低下しないので、 メインで使う時間が昼間ならば影響を受けることはありません。 動画を多く観る場合、1Mbpsの通信速度があれば回線が混雑していない限りYouTubeの標準画質は観ることができます。 しかしDAZNの場合は標準画質ですら5Mbpsの速度を要求するので、制限がかかる時間帯には観ることができません。 ただ時間さえずらせば制限がないので、MLBの試合なら夜に見逃し配信を観るのではなく早起きして早朝に生で観ることにするのも方法としてありです。 Amazonプライムビデオなど観たい動画をダウンロードできるサービスを使っているのならば、制限がかからない時間帯にあらかじめダウンロードしてしまいましょう。 データ量通知サービスに登録すれば、夜に制限がかかるかどうかが午後にはメールで送られてきます。 このサービスも上手に活用すれば、いつでもお気に入りの動画を快適に観ることが可能です。 「3日10GB制限=実質1ヶ月100GB制限」ではない 他の事業者でも、短期間に大量通信をした時の速度制限を設けているところがあります。 WiMAXにも規制はありますが、速度制限中でも実用に耐える最大1Mbpsに維持される上、たとえ1日で50GB使ったとしても制限時間外なら元の高速通信が可能なので月間の使用量に実質的な上限が発生することもありません。 (出典:UQコミュニケーションズ) ギガ放題プランでハイスピードプラスエリアモードを利用しないなら、利用を日中に集中させることで完全使い放題も目指せるのです。 まとめ WiMAXには通常プランで月間7GBを超えて利用したときの制限、ハイスピードプラスエリアモードの利用が7GBを超えたときの制限、連続する3日間で10GB超利用した時の3種類の速度制限があります。 一方、大手キャリアなどにあるデータチャージのような、速度制限を解除するための方法はありません。 その理由として、WiMAXの場合は速度制限がかかる状況をユーザーが事前に回避しやすいほか、3日間10GB制限は時間が限定されているうえ、サイト閲覧やメールなどでのやり取りができる程度の実用的な速度が維持されることが挙げられます。 WiMAXのギガ放題プランは、3日間10GB制限でも最大1Mbpsの速度が確保されるほか、制限のある日でも時間が区分されているのでそれ以外の時間帯は完全無制限で使えます。 たまに高画質の映画を観たり、アプリやソフトウェアをダウンロードしたりして速度制限に遭っても、18時から翌2時の制限時間帯以外はいつもの通りの環境となるので丸一日ネット利用を我慢するようなことはありません。 あえて難点を言うとすれば、自宅の固定回線代わりとして利用していた人にとって、ゴールデンタイムの午後6時から午前2時の速度制限は、生活のスタイルを変えるなど日々の利用に影響を及ぼす可能性のある措置であることはお伝えしなくてはいけません。 スマホ通信制限回避用のサブ回線として使いやすく進化したWiMAXですが、固定回線代用としては少し評価を待つ必要があります。

次の

ドコモの1GB追加についてです。

速度 制限 解除 申込

docomo、au、SoftBankの大手携帯電話会社は、月次タイプにあたるプランを提供しており、月ごとのデータ容量を選ぶことができます。 そのデータ容量を超えた場合の通信速度の制限や、解除のルールは、以下の通りです。 【docomo】 auと同じく、通信速度制限の解除タイミングは翌月1日です。 解除は順次対応となっており、日付が変わった直後に制限解除されるわけではありません。 またXi契約でFOMA端末をご利用の場合、3日間で300万パケット以上の利用があった場合は、他のユーザーと比較して通信速度が遅くなる可能性があるとされています。 しかし、具体的に通信速度制限をかけるルールは表記されていません。 回線の混雑状況に応じて、データ通信の遅さを感じる場合はあると認識しておきましょう。 【au】 通信速度制限の解除タイミングは翌月1日です。 ただし、日付が変わった瞬間には適用されないこともありますのでご注意ください。 また、月次の通信速度制限のほか、回線の混雑状況に応じて3日間で6GB以上の利用をした場合に速度制限がかかる可能性があります。 この場合は、上記条件の使用量を超過した翌日の13時頃から始まり、24時間後に解除されます。 【SoftBank】 SoftBankは、契約の締め日を選択することができ、選択した締め日によって通信速度制限解除のタイミングが変わります。 末締めの場合は、docomoやauのように翌月1日に解除されます。 ほかにも10日締めと20日締めがありますが、それぞれ翌日に解除されるようになっています。 プランによっては、直近3日間で3GB以上利用した場合、回線の安定を確保するために一時通信速度制限がかかる場合があります(スマ放題/スマ放題ライトは対象外です)。 速度制限がかかるタイミングは3GB以上の利用が確認できた日の翌日からで、午前6時~翌日午前6時の24時間が通信速度制限の対象になります。

次の

通信速度制限はいつまで?解除日と時間は?ソフトバンク/au/ドコモでは?

速度 制限 解除 申込

mobileの速度制限 Y! mobileでは3種類のプランを用意しています。 月々1GBのスマホプランSと3GBのスマホプランM、7GBのスマホプランLです。 もし月間このデータ容量を使い切ってしまうと、月末まで最大通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。 この速度制限がいつ解除されるかですが、翌月1日の午前0時までです。 月が変われば、また元通りに高速通信が利用できます。 もし現在どの程度データ容量を使っているのか確認したければ、My! mobileで確認できます。 月末データを使いすぎて心配であれば、サイトで確認しておいた方がいいです。 ちなみに他社を見ると、直近3日間の通信量が一定以上になると速度制限のかかることもあります。 しかしY! mobileではこの3日間の速度制限はないので、こちらは気にしなくて大丈夫です。 128Kbpsで何ができるか? 速度制限がかかると通信速度は128Kbpsになります。 数字を見てもピンとこないという人も多いでしょう。 イメージ的には通常の数百分の1くらいの速度になると考えましょう。 まず動画視聴はまず絶望的と考えるべきです。 高速で大容量が必要だからです。 Webサイトはケースバイケースです。 ニュースサイトなど文字情報メインであれば見られるかもしれません。 しかし写真がたくさん掲載されているサイトは読み込みにかなり時間がかかります。 ただしメールやLINEによるやり取りについては、それほどもどかしさを感じずにスムーズにできるはずです。 メールやLINEなどの連絡だけでしのげるのであれば、最低限の利用にとどめて月末は乗り切りましょう。 データ増量オプションの活用 データを使いすぎて残り容量がなくなってしまった場合、データ増量オプションを活用する方法がまずあります。 このオプションを行使すれば、速度制限を速やかに解除できます。 スポンサーリンク データ増量オプションは任意で加入できます。 加入しているのとしていないのとでは、料金が異なります。 オプションを契約に入れている場合 データ増量オプションに入っていると、無料で利用可能なデータ量を上乗せできます。 500MBずつ追加できるプランです。 ちなみにY! mobileでは• スマホプランSが2GB• スマホプランMは6GB• スマホプランLは14GB です。 これがデータ増量オプションをつけていると、• スマホプランS 3GB• スマホプランM 9GB• スマホプランL 21GB となります。 このデータ増量オプション、しばしばキャンペーンを実施しています。 キャンペーンが適用されれば、加入翌月より24カ月間無料でオプションをつけられます。 オプション未加入の場合 もしデータ増量オプションに入っていなくて容量を使い切ってしまった場合、追加で容量を購入する形になります。 1回当たり500MB購入可能で、料金は500円です。 たまたまその月だけデータを多く使ってしまったのであれば、緊急避難的に購入するのもありです。 しかし毎月などかなりの頻度でデータ追加する場合、500MBで500円というのはやや割高です。 ワンランク上のプランに契約しなおした方が、むしろお買い得かもしれません。 電話の自動音声応答サービスを利用する 通信制限がかかってしまった場合、解除する方法がいくつか用意されています。 解除方法の中には電話があります。 mobileの携帯電話であれば、116にダイヤルします。 すると自動応答で案内されるので、その指示に従って手続きを進めます。 ちなみにY! mobile以外の電話でも手続きは可能ですが、連絡先は0120-921-156になるので注意しましょう。 mobileから解除 Y! mobileユーザーのためのオンラインサービスとして、My! mobileがあります。 こちらで速度制限を解除することも可能です。 mobileにアクセスしたら、データ通信量を確認しましょう。 「通信速度制限中」と表示されているはずです。 その右上の「もっとみる」をタップします。 スポンサーリンク 次に「通常速度に戻す申込」にある「次へ」をタップします。 データ量と追加料金が表示されたページになりますので、同意すれば「申込」をタップします。 すると画面が更新されます。 ステータスのところが「通常速度」に変更されていれば、手続きは完了です。 事前予約も可能 通信制限がかかってからMy! mobileで手続きすると低速状態なので、なかなか先に進みません。 データ通信量追加は前もって予約できます。 どうやらこのままいくと速度制限がかかってしまいそうというのなら、予約しておくのがおすすめです。 mobileにアクセスして、データ通信量の「もっとみる」部分をタップします。 「通常速度に戻す申込」のボックス内にある「次へ」をタップしましょう。 次のページには追加料金とデータ量が記載されているので問題なければ、「申込」をタップします。 「通常速度を維持する予約をしました」というメッセージが表示されれば、手続きは完了です。 予約はキャンセルも可能 データ量の追加の予約をしたけれども、やっぱり必要なかったのでキャンセルしたいと思うこともあるでしょう。 予約のキャンセルもMy! mobileで可能です。 データ通信量にある「もっとみる」をタップします。 すると「ご利用状況の確認」というボックスが一番上に出てくるはずです。 このボックス内にある「次へ」という部分をタップしましょう。 次に現在のデータ使用量の詳細や予約設定の現況について確認できます。 もし追加する必要がなければ、「キャンセル」という項目があるのでこちらをタップします。 そうすれば予約はキャンセルになります。 Wi-Fiスポットの活用 できるだけデータ通信量を無駄に消費したくなければ、Wi-Fiスポットを有効活用しましょう。 近年では駅やカフェ、空港などで無料のWi-Fiスポットがあります。 こちらに接続すれば、自分のデータ容量を減らすことなくネットにアクセスできます。 またY! mobileの場合、ソフトバンクのWi-Fiスポットも無料で利用できます。 コマーシャルでも登場するお父さん犬のイラストの描かれた「Wi-Fiつかえます」というステッカーをお店で見かけたことはありませんか? このお店に入った時には、Wi-Fi通信に切り替えましょう。

次の