ビンタ 語源。 [B!] ビンタの語源をおしえて!!

アントニオ猪木の「闘魂ビンタ」の始まりは?

ビンタ 語源

「ビンタ」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「平手打ち」のはずなんですけど、なぜか「ビンタ」って言うんですよね。 私が小さい頃には、まだ学校での体罰が合法で いや合法なんてことはありえないですが そう、あれは小学校5年生のクラス替えのときのお話。 自分は2組で女の先生だったんだけど、隣のクラスが新任の男先生で、その先生が素晴らしかった。 いつもポケットの手を突っ込んで、首を前に突き出して歩く姿はチンピラ。 授業中に話を聞いてない児童に向かって靴を投げつけたり、マラソンで手抜きした隣のクラスの児童はボコボコにされていた。 その先生が日常的に用いていたのが「ビンタ」であった。 私の人生でこれほどショッキングな言葉との出会いはなかった。 ただ顔を叩くだけなんだけど、それが目の前で日常的に行われるのを見ていたから震え上がったもんだ。 おそらく毎日平均5人くらいは叩かれていたし、奴はありえないけど女子にも手加減しなかった。 正直隣のクラスの女先生でよかった。 こっちの先生は男子児童から下ネタでからかわれていたからそれはそれで先生のほうが大変だったはずだが。 今では笑い話かもしれないけど、当時は120%の恐怖でしかなかった。 そんな記憶がよみがえったのは大晦日の夜だった。 視聴が恒例となっているダウンタウンの笑ってはいけない〇〇〇だ。 この番組内でへたれこと山崎邦正さんがプロレスラーの蝶野さんにマジビンタされるのがこれまた恒例となっている。 その往生際の悪いことといったら・・・ 嘘をつき、逃げ惑い、叫び、後輩に押し付けようとし、処刑台にのぼっても、隙あらば逃れようとする。 なんとも見苦しい。 まぁそれほど痛いからなんだろうけど、たかがビンタだろとテレビの前で笑う私。 しかし、ふと小学校のそんな出来事が思い起こされたのだった。 他人の頬を手のひらで打つこと。 どうやら側頭部のことを「ビン」というよう。 辞書で「ビンタ」を調べてみると、他人のほおを平手で打つこと。 鬢のあたり。 あたま。 大差は無いみたい。 やはり鬢 ビン に関係がありそうなので、更に調べてみると、「鬢」は、頭の左右側面の耳ぎわの毛。 びんずらのことを言うらしい。 「賓」で調べると、すれすれにくっつくという意を含むとか。 鬢は「髟(かみの毛)+音符賓」で、髪の末端、ほおとすれすれのきわに生えた毛とのこと。 つまり、鬢に接尾辞の「た」がついて「びんた」となり、頭全体を指すこともあるが、特にビンのあたりを指すのでビンタは頬を打つことにも使われたという結論らしいんだけど、まだ納得ができないので更に調べてみた。 すると、「ビンタ」は鹿児島弁のビンタ(頭部の意)に由来しており、頭部を打つ懲罰行為=ビンタと誤解されて広まったものらしい。 鹿児島にもプロレスラーみたいな「おいどん」先生がいたんでしょうかね。 もちろん相手を傷つける行為であり、格闘技など認められた場所、鍛えたもの同士が意地を見せ合う手段としては見ごたえもあり、肯定できるものである。 しかし! 格闘技の技としてでなく、それ以外の場面、つまり一般の社会生活で平手打ちを使用する行為は、正当防衛と正当化できない場合、侮辱行為、暴力行為とされる。 現代ではね 確かに親に顔だけは叩くなと言われて育った気がするし、高貴な生き物は動物でも顔や頭を触らせないと読んだこともある。 ましてや女子に手を上げるなんて論外で人間の屑だろう。 別に格好をつけているわけでなく普通にそう思う さて今日はどう落としたものかと二つのオチを考えてみた。 どちらか好きなものを選んで欲しい。 その1 ビンタといえば蝶野選手じゃないんだよね。 アントニオ猪木氏なんだよ。 彼が予備校で講演を頼まれたとき、数人の学生を選んで自らに張り手をさせたんだって。 いかに自分が強いか、また学生のやる気を試したのだろうね。 一通り猪木氏が選んだ学生が終わった後、一人の学生が「俺にもやらせて下さい」と名乗りを上げたのだそう。 猪木氏は快諾したんだけど・・・ 彼の張り手がきっと猪木氏の予想より効いたようで・・・ 次の瞬間、反射的に彼の形相が鬼の様になり、一撃をやり返したのだ! ビ~~~~~んタ!!!! 山崎さんも蝶野さんにやり返すくらいの気迫が欲しいものだね。 「プロ」なのですからね。 お笑いだけど・・・ まぁ、そのへたれ姿がこれ以上になく笑えるわけだけど その2 後日談、大分時間が経過してから知った話だが、ビンタE先生はその後、結婚したんだって。 DV確定? うちのクラスの下ネタでからかわれていたO先生の親戚とね。 つまりO先生は体罰容認だったってことだ。 俺の人生でも指折りのダメ先だから驚かないけど でもそれ聞いたときには往復ビンタくらった気分だったぜ! 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

ボクシングの語源をおしえて!

ビンタ 語源

写真は、からお借りしました。 1990年(平成2年)5月16日のこと、当時国会議員だったアントニオ猪木は、早稲田予備校で行なわれた講演で、予備校生たちのパンチを腹部に受ける余興 よきょう を行ないました。 が、その中の1人は、実は少林寺拳法 しょうりんじけんぽう の有段者で、力を込めて殴ったため、この不意打ちに準備できなかったアントニオ猪木は、反射的に予備校生にビンタを打ってしまいました。 これは、国会議員による暴力事件とも取れますが、その予備校生は猪木のファンだったようで、ビンタを受けた直後に、 「ありがとうございました」 と一礼したことで事なきを得ました。 この様子は、テレビ中継されており、全国に流れました。 その後、これは縁起が良いと、東大受験生が受験前にアントニオ猪木にビンタをお願いし、全員合格を果たしたことから、縁起ものの「闘魂 とうこん ビンタ」が生まれたというわけです。 「闘魂ビンタ」はその後も有名になり、女性の有名人までも、テレビ番組中に猪木に闘魂ビンタをねだるまでになりました。 本人によれば、国際線のスチュワーデスから「闘魂注入ビンタしてください」と頼まれて、飛行機の中でしたこともあるそうです。 また、一時期は、若い女性ファンからビンタではなくキスをして欲しいとせがまれ、その後他の女性たちからも次々にせがまれるという現象が起こりました。 これは、「闘魂注入キス」と呼ばれました。 なお、アントニオ猪木が、試合以外で一般人に初めてビンタを見舞った相手は、当時のテレビ朝日のアナウンサー・佐々木正洋 ささき まさひろ です。 1990年2月10日の東京ドーム大会において、アントニオ猪木&坂口征二vs橋本真也&蝶野正洋 ちょうの まさひろ 戦の試合前の控室で、「ワールドプロレスリング」のリポーター担当として、 「もし負けるということがあると、これは「勝負は時の運」という言葉ですまないことになりますが」 と質問した佐々木正洋に激怒 げきど し、 「出る前に負けることを考えるバカいるかよ!」 と、ビンタを見舞ったのが最初だといわれています。 参考にしたサイト アントニオ猪木 — Wikipedia Author:Super源さん Birthday:1月3日 東京生まれ。 神奈川県在住。 趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。 ネコが大好き。 アーカイブ• 77 QRコード.

次の

聖なるビンタ

ビンタ 語源

英語のつづりでは、「boxing」、その選手は、「boxer」ということで、box(箱)が基本形になっているようなんですが、この競技の語源を知りたいと思います。 おしえてくだい。 乱気流さん 「boxing」「boxer」が一般的な単語ですが、 現在の英和辞典にも「pugilism」「pugilist」の単語が有り「拳闘・ボクシング」「拳闘家・ボクサー」と訳されています。 「pugilism」がラテン語からの派生と明記されていますから、「pugilism」等の方が古い言葉なのかもしれませんが、一方で英和辞典には「box」には「平手・拳の一撃、ビンタ、殴打、張り手」などの意味が含まれるとされています。 古代ギリシャ語「puxos 箱 」の言葉自体が「握り締めた拳」の意味を持ち、ラテン語では「拳で戦う」という意味の「pugilatus」から競技としての「pugilism」という言葉が生まれたと解くサイトも有り、紀元前688年の古代オリンピック第1回大会から第38回大会迄「pugilism」が競技種目に有った様子も伺えます。 「pugilism」から「boxing」への言葉の移行は、1200年頃のイギリス 一説にはイタリア の或る神父が「pugilism」を復活させ、「boxing」と名付けて青少年に授けたのが名称の始まりと言われるが、定かで無いとする曖昧説が有る一方で、近代ボクシング誕生は18世紀、イギリスのジェームス・フィッグが1718年のロンドンに「ボクシング・アカデミー」を開設し門弟に教え、彼の弟子ジャック・ブロートンが1743年世界最初のボクシング・ルールを作り、グローブも考案したと有ります。 この様子からすれば、現在の「boxing」の意味は1700年代前半に確立し現在に至ったと考えるのが妥当だと思います。 情報源 MASTERKEATON'S Web Site ClubBBQ 参考URL:Boxingnet プリケルマさん 英語では、BOX には大まかに3つ以上の意味が有るようです。 (小学館プログレッシブ英和中辞典より) 1番目が「箱」関連です。 2番目が「殴る」関連です。 3番目が「栂」です(植物)。 うしろに「ING」 が付くのは、1番目と 2番目のようです。 1番目に対しては「箱詰め」などです。 (BOXING)2番目に対しては「拳闘」つまりボクシングです。 この「殴る」という意味は、はるか昔、初めて「あしたのジョー」の本を見たときより数年前に偶然知りました。 (その時は 三省堂コンサイス英和辞典でした) よりかさん boxには「箱型のもの」のときにもつかいます バッターボックスなど。 四角いリングのうえでするので、ボクシングになったのではないでしょうか。 相撲も外国で初まったとしたら「サークリング」になってたかも・・・ さやさん ボクシングの語源は古代ギリシャ語のPUXOSが基で、 これは箱という意味と握り締めた拳(PUGME)という意味があります。 古代ギリシャ人は握った拳を箱にみたてていたという訳です。 のんきさん ボクシングの語源は古代ギリシャ語のPUXOSが基で、これは箱という意味と握り締めた拳(PUGME)という意味があります。 古代ギリシャ人は握った拳を箱にみたてていたという訳です。 (上記さやさんと同じURLを紹介していただきました。 ) ボクシングの歴史から転載しました。 次にもあります。 参考URL:YOCCIのページ そくらちゃん Boxingの歴史は、当然古く、古代ギリシャの時代にも記述があって古代ギリシャ語のPUXOS(箱=四角い拳)を発生の源にしているようです。 matsumotoさん Boxingnetにあるボクシングの基礎知識に次の様に説明されています。 そもそもこのPUXOSという言葉自体が、握り締めた拳を意味するとも言われている。 古代ギリシャの人々は拳の形を、箱に見立てていたのだろうか? 」 ちなみに現代英語のboxには「げんこつ」とか「なぐる」とかいった意味もあります。 ガウリィさん ボクシング、日本語で言うと拳闘だけどリングを箱に見たててboxそこで戦うから進行形でboxingそこで二人が戦うから比較して比較級がついてboxerではないでしょうか。 くろぅさん 次のページで発見しました。 抜粋して転載します。 (上記さやさんと同じURLを紹介していただきました。 ) ボクシングの語源は古代ギリシャ語のPUXOSが基で、これは箱という意味と握り締めた拳(PUGME)という意味があります。 古代ギリシャ人は握った拳を箱にみたてていたという訳です。 浜ちゃん Boxには、箱というのから派生して、「贈り物」という意味があります。 (boxing,boxerは、動詞のboxから派生した名詞です) yutaさん boxの動詞が持つ、殴る、平手打ちにする。 ということからきているようです。 超な兄貴さん ボクシングは英語と思われがちですが実は日本語なのです。 日本語に英語をあてたので綴りがそうなっただけです。 ちなみに, 漢字で「撲針愚」と書きます。 詳しい語源が以下にありましたので載せておきます。 「撲針愚」、これは別名「ピカレスク・マッチ」と呼ばれるもので、通常のグローブの代わりに鋭利な刺のついた鉄球を手につけて行なうボクシングである。 その起源は古代ローマ帝国、残虐好みで悪名高い、かのネロ皇帝の発案にあるという。 現在でも欧米などではマフィアなどが非合法な地下試合( アンダーグランド・バトル ) として興行し、莫大な利益をあげているといわれる。 てるりんさん 昔、ボクシングの勝者には、靴の入っていた箱などに賞品(賞金)を入れて渡してました。 (嘘ぴよ〜ん) 古代ギリシャでは「オレの拳は箱みて〜だろ!」という意味で使っていたのかな??なんとも意外にハッキリしてない感じがしました。 正答者の方々です。 本当にありがとうございました。 プリケルマさん・よりかさん・乱気流さん・のんきさん・そくらちゃん・matsumotoさん・ガウリィさん・さやさん・くろぅさん・浜ちゃん・yutaさん・ビリケンJr.

次の