これから 歌う 曲 の 内容 は。 カラオケで一番初めに歌う歌

小学校の謝恩会で保護者が歌う曲はこれで決まり!歌の選び方や練習方法は?

これから 歌う 曲 の 内容 は

通信事業者で働いています。 送別会では必ずのように、谷山浩子「銀河通信」を歌います。 見知らぬ友達と宇宙を超えて話をする長距離電話の歌で、勝手に長距離電話会社のテーマソングにしています。 まわりが技術者中心なので、文系人間の誇りを示したい時は、筋肉少女帯「イワンのばか」を歌います。 ロックとは文学だと主張していた人たちがやっている歌ですから、原作(?)のロシア文学を超えて、ディープで衝撃的な歌詞が特徴です。 なにしろ、あと3年の命と分かっているイワンが、子供を安い値段で次々と買取り、子供達は世をはかなみ毒を飲んで死んでいったというのに、イワンのばかだけは、短い命と知っていながら、死ぬことができなかったのだ、というのです。 さらに、イワンのばか!ばか!と絶叫。 ツンドラの大地に子供達を埋めていくと、死体が冷たい目でイワンを見ているというのです。 ハチャメチャです。 大学の時、教授が学生運動を体験した世代だったのですが、ゼミでカラオケに行ったとき、THE ALFEEの「Rockdom~風に吹かれて」を歌ったら、ズバリ的中、教授が感動していました。 この歌のテーマは、学生運動と同棲解消なのです。 「ロックアウトされたキャパス、やりきれないほどに、灰色の毎日だった、あいつが死んだ夜も何も知らずに俺達は抱き合ってた、時の流れに追われる俺に、ふと懐かしくよみがえる、愛と呼ぶには幼すぎだ俺達の時代とその思い出すべてを、when I was young, 1969, 風に吹かれていただけさ」。 学生運動を体験した大人の前で歌うには、向いています。 カラオケに収録されたのが遅かったので、実際には歌うことがなかったものがあります。 CD収録直後にカラオケに入っていたら、きめの歌として、歌っていただろうなという歌です。 谷山浩子「海の時間」で、これは壮大なラブソングにして、ホモ小説のイメージアルバムのトリをつとめる曲です。 ホモ小説云々など、聞かされていなければ、分かりっこありません。 とにかく、露骨にエロチックでかつ壮大な歌であり、2人の乗ったベッドが時を越えて滑り出し、太古の地球を見にいくという歌詞です。 「ずっと君とこうしたかった寒い夜のベッドのなかで、ほほとほほをくっつけあって雨の音を聞いているよ、君の中指にキスをして君の髪に顔をうずめて、君をほんとにダイスキだよ、何度言っても言い足りない。 」「水が命を生み出すように、森が息をするように、星が生まれ死んでいくように僕たちは恋をする」。 ここまで露骨に歌って気がつかないような人は、少ないでしょう。 タイトルを見て、曲の内容をかみしめて唱うかということだと思いました。 でもこの質問ならあります。 とても好きな女性がいました。 毎日その人のことを考えて、胸か張り裂けんばかりに想いは募っていきました。 でも私にはその人を引きつけるほどの魅力に欠けていたんですね。 結局ふられてしまいました。 かなり傷心しましたが、職場で暗い顔を見せるのもその人に悪いと思い、気丈に振る舞い、いつも行動を共にしていた女友達に冗談を言って笑わせて過ごしていました。 ところが失恋の悲しさからなのでしょうか、屈託なく笑っているその女友達を見ていたら、なんかとても愛しく思え、またよく見なかったことから気がつかなかったのですが、細い綺麗な指をしていました。 私のそんな心の変化に気づき、それでも一緒にいる女友達に歌った曲です。 J-WALK「何も言えなくて…夏」.

次の

母の日に歌う!幼稚園から高齢者までどんな曲がある?

これから 歌う 曲 の 内容 は

小西康陽によるソロ・プロジェクト「PIZZICATO ONE」のニューアルバム『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』がリリースされた。 本作は2019年10月のビルボードライヴにおけるワンマンライヴの模様を収録したもので、ヴィブラフォン/ギター/ピアノ/ベース/ドラムスという編成をバックに、小西は楽器を一切弾かずヴォーカルに専念。 1988年~2018年の30年間で発表してきたオリジナル曲を、初めて自身の歌声で披露している。 その背景を探るべく、旧知の間柄である音楽評論家の高橋健太郎がインタビュー。 2015年のPIZZICATO ONEのアルバム『わたくしの二十世紀』に収録された「ゴンドラの歌」を聴いた時から、小西康陽は遠からず、全曲、自分でヴォーカルを取るアルバムを作るのではないかと思っていた。 なぜなら、それは確実に、彼がまだやり残していることに思えたからだ。 だが、それがライヴ・アルバムという形で届けられるとは、思っていなかった。 この取材の話をもらった時、『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』の音は未聴だった。 二つ返事では引き受けられない仕事なので、音を聴いてから、判断させて下さいと返信した。 少し聴くのが怖かったのだ。 でも、送ってもらった試聴リンク先で2曲目を聴かないうちに、やらせて下さい、できればリモートよりも対面で、と返信している自分がいた。 彼に会うのは2012年のスクーターズのレコ発以来だから、8年ぶりだった。 Photo by Shiho Sasaki —今回のコロナ禍って、仕事や生活にどんな影響がありました? 小西:まず、DJの仕事が全部がなくなってしまったのと、プライベートではそれまでほとんど毎日、映画を観に行っていたのですが、それが行けなくなって、久しぶりにレコードばかり聴いている日々です。 —何年前から映画を毎日のように見るようになったんでしたっけ? 小西:7年前からですね。 NHK-FMの「小西康陽 これからの人生。 」という番組が終って、その喪失感から映画に観に行っていたら、はまってしまって。 —大学時代の生活に戻ったということですよね? 小西:そうですね。 —作曲家としてプロデューサーとして、幾らでも仕事できるのに、そういう毎日、映画観に行く生活になっていったことと、今回、自分で歌うアルバムを出したということは、どこかで繫がっています? 小西:いやあ、どうでしょう? 直接は関係ないと思いますけれどね、でも、何か都合良くそうなった気はする。 『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』の1曲目「めざめ」、オリジナルはピチカート・ファイヴの1995作『ロマンティーク 96』収録 —僕もそうですけれど、世代的にシンガー・ソングライター文化の中で育っていますよね。 もともとはシンガー・ソングライターになりたいと思っていた? 小西:あのね、シンガー・ソングライターのレコードが僕がレコードコレクターになるきっかけだったんだけれど、シンガー・ソングライターになりたかったというと違う。 当時、土曜日の夜にやってた「イン・コンサート」って番組憶えてます? 海外のコンサートをそのまま流す番組で、そこでケニー・ランキンのライヴが2曲だけ流れたんですよ。 ケニー・ランキンとエレキ・ベースと2人だけの演奏で。 そのベースを弾く人になりたいと思った。 シンガー・ソングライターの後ろで演奏するミュージシャンになりたかった。 —ああ、僕もまったく同じで、ジェフ・マルダーの横にいるエイモス・ギャレットとか、ジャクソン・ブラウンの横にいるデヴィッド・リンドレーになりたくて、ギターを弾き始めました。 それはなぜかな?と考えてみると、当時の日本にはキャロル・キングやジェームズ・テイラー的な、シンガー・ソングライターのロール・モデルになるような人がいなかった気がするんですよ。 小西:僕が最初に買った日本のシンガー・ソングライターのレコードは、遠藤賢司さんの『満足できるかな』(1971年)でした。 —ああ、僕も遠藤賢司さんは大好きでしたけれど、日本では文化としてはロック・バンドの文化とフォーク歌手の文化に二分されている感じがあって、細野さんにしてもシンガー・ソングライターというよりは、ベースを弾くミュージシャンですよね。 で、憧れとしては、そっちに憧れた。 小西:そうかもしれないですね。 でも、今回のアルバムで一番意識したレコードは小坂忠とフォージョー・ハーフの『もっともっと』(1972年)なんですよ。 何十回も聴いたし、マスタリングの日にも聴いた。 歌詞カードも同じ丸ゴシックのフォントにしようと思ってたくらい。 —へええ、フォージョー・ハーフのカントリー・ロックと今回のアルバムのラウンジ的なサウンドって、あまり結びつかないですけれど。 小西:でも、スティール・ギターが入っているのと、ヴィブラフォンとピアノが入っているくらいの違いとも言える。

次の

#腐滅の刃 #女体化 これからまた君と歌う曲の内容は

これから 歌う 曲 の 内容 は

歌い出し。 これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ Ah 作曲・作詞:藤原聡 『115万キロのフィルム』 この曲、全体で""人生""の映画を作る設定になっていて。 設定自体もおしゃれなんですが、表現がすごくいいなあ、、、と きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも山ほど見せるだろう 作曲・作詞:藤原聡 『115万キロのフィルム』 これから生まれてくるであろう子供を「キャストが増える」と表現。 今、目を細めて恥じらいあって永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量でこの歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん作りたくもないから クランクアップがいつなのか僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ 作曲・作詞:藤原聡 『115万キロのフィルム』 これからずっと一緒にいたいという思いを 「エンドロールなんてもん作りたくもないから」 「クランクアップがいつなのか僕らには決められない」と歌詞にする。 「フィルムは用意したよ」「一生分の長さを ざっと115万キロ」と、 これから一緒に歩んで行きたいと念押し。 さあ、これから生まれる名場面を探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおうフィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り 作曲・作詞:藤原聡 『115万キロのフィルム』 最高のプロポーズ。 歌詞はおしゃれこのうえないけど、嫌味がなくて。 歌詞をしっかりと聴けば聴くほど、この曲が好きになる。 なんなら、男の人の素直に彼女を好きな気持ちにめっちゃきゅんきゅんする。 こんな歌詞書くOfficial髭男dismすごすぎる。 しかも歌詞に一回しか出てこない『115万キロのフィルム』をタイトルに。 タイトルだけ見ると、なんの歌か分からないってのがまたいい。 歌詞をしっかり聴くと、秘密が解けたみたいに曲名が輝いてみえる。 こちらがその曲が入っているアルバム。 01 115万キロのフィルム 02 ノーダウト 03 ESCAPADE 04 LADY 05 たかがアイラブユー 06 されど日々は 07 可能性 prod. Masayoshi Iimori 08 Tell Me Baby 09 Second LINE 10 Driver 11 相思相愛 12 ブラザーズ 13 発明家 この『115万キロのフィルム』、一曲目。 掴みバッチリってより、むしろがっつり心持ってかれた。 これからも、彼らの活動に注目して行こうと思います。 以上、私が2018年に一番感動した歌詞、 Official髭男dismの『115万キロのフィルム』でした。 それでは、皆様良いお年を。

次の