ファントム。 宝塚歌劇 花組公演『ファントム』

ファントムとは何? Weblio辞書

ファントム

」 ファントムを象徴する時限強化武装兼射撃バリア。 開幕から使用可能。 下入力でカメラ変更をカット可能。 全身から揺らめく炎のようなビームを発生。 フェイスオープンし放熱モードに。 発動中はビームはおろかバズーカやハンマーも含めた実弾、爆風、プレッシャーも防ぐ事が出来る全身射撃バリア状態で、機動力が強化され専用の格闘も使用可能に。 発動中と被弾時にはゲージを消費する。 またヒットストップがあるのでマシンガンやゲロビにそのまま突っ込むとすぐゲージが切れてしまう。 格闘属性のアンカー・鞭やアシストも防げない。 先述の通りプレッシャーも防御可能だがPセルフの全方位レーザーは多段ヒットでゲージを削られるので注意。 発動は強化時特射へキャンセル可能。 オバヒでも使え、ここから特格へキャンセル可能。 飛び退く瞬間に誘導切りあり。 また、キャンセル補正がかからない特性がある。 弾速が早く誘導もなかなかなのでロック保存を用いての着地取りに使える他、格闘コンボの〆にも組み込むこともできる。 前作より弾速と誘導が弱くなったのか、今まで取れた着地が取れないケースが多い。 相方の後衛にまわる時や換装時間が残り少ない時、またバリアがそこまで有効にならない相手へ無理に格闘を振りに行きたくない場合に重宝する。 火力が高いためコンボの〆に有用だが、派生限定かつ飛び退きが入る分発生が非常に遅く繋げられるルートは限られる。 後格PL中BD格3段目のスタンからなら安定。 0 1. 」 変形を解除してフルバーニアンのサブに似た挙動で横にロールしながらバタフライバスターBを4連射する。 1hit60ダメージ。 レバー入れで側転方向を指定可能。 最初の1発しか銃口補正がかからないものの発生が早く、特格による赤ロック保存で撃てるので有効射程はそこそこ長い。 ただフルバーニアンほど機敏でもないうえ移動量も少ないので距離調節にはやや不向き。 2発目以降からメインキャンセルで落下が可能。 格闘 PL中N格から後格キャンセルは無いため、その点には注意。 7 1. 0 0. 2 0. 3 0. キゾ中将のビルケナウの両翼を切り落とした再現。 覚醒補正を度外視しても294と更に威力が高まる本機の最大火力。 チャンスがあれば是非とも当てに行きたい。 ただし斬り下ろし中は多段ヒットで足を止めるためカット耐性は悪い。 射撃バリアがあるとはいえカットが来そうなら欲張らずに他の手でフォローを。 7 1. 8 0. 9 0. 0 0. 2 1. 04 0. 2 0. 向かってくる相手や、近距離での読み合いでは無類の強さを発揮する。 特に、覚醒での突撃に合わせて置いておくと、相手の覚醒を潰しやすい。 寄せつけまいと弾幕を張る相手にも効果的。 かち合いに強いので格闘機相手に噛みつけられる貴重な択。 ただしステ格闘や照射ビームには注意すべし。 照射ビームは耐久値があれば防ぎきって攻撃出来ることもあるが、リスクが高い。 0 2. 0 バウンド 【強化中格闘CS】フレイムソード【唐竹割り】 初段は低威力の割に補正が重たいが、2段目は単発高威力で強制ダウン。 まったく動かないが出し切りそのものは手早く、ダメージを増やしつつさっさとダウンさせたいときに使える。 高効率なのは2段目のみで、1段止めからのコンボは非推奨。 使うなら出し切りか炎上スタンを利用した攻め継続かで場面の見極めを。 9 2. 2 2. 4 2. 5 0. 発生・判定が優秀でファントム自身の特射格闘派生を潰すほどだがキャンセル先がなく、突進時の誘導が皆無なためカス当たりも多い。 しかし発生の速さと判定の強さは異常で格闘判定が機体1機分前に出るので格闘やスパアマ格闘や掴み系に強い。 生時の格闘機に対する最終迎撃手段だがキャンセルができないためヒットさせても状況が悪いことが多く、使い勝手は良くない。 敵機に背を向けて移動していようが一瞬で向き直って突撃するため、上手くやれば意表をつける。 判定は広く、両翼の膝あたりまである。 そのため誘導を切りながら動く武装に強く、引き付けて出せば巻き込みも狙いやすい。 ただ外した際はCSくらいしかフォロー先がないので計画的に。 通常ゲージは最初からリロードが開始されるので、覚醒技終了後のPL再発動は35秒後と非常に遅くなる。 さらに機動力も大きく下がり、攻めも自衛もまともにできなくなる。 特に変形はBDより遅くなるほど。 残りゲージに気を付けよう。 また、この覚醒技を発動する際に赤枠改のようなとりあえずの「ぶっぱ」は通用しない。 当然発動時の硬直があるのもそうだが覚醒時のロックの集まりやすさも相まって発動して硬直してる間に射撃の集中砲火を食らい、 動けるようになった時にはゲージが残り少ないまたはゲージが切れてクールタイムに移行するという流れがあるためである。 その為一度ステップで誘導を切ってからもしくは距離を取って発動が無難。 距離を取って使うなら覚醒前に位置取りをしておこう。 PLのリロードの状況次第ではかえって回転率が下がる。 もう少しでリロードが完了するようであればそちらを優先し、終了後覚醒技で延長するのも強力。 そのため発動する際は少なくとも相手がダウンしている間に発動するよう心がけよう。 非覚醒デスコン。 特格派生1段止めで273の攻め継続??? 最後が前格なら279の落下??? 迷ったらこの覚醒を選んで問題ない。 覚醒時間も長めで、PLや変形、格闘の伸び強化などを駆使すれば低コスのM覚にも十分追いつけ、防御補正はPLにも有効と至れり尽くせり。 ただしPL発動が前提で通常時には恩恵が少ないのが弱点だが、ブースト回復量が一番多いため、安全圏に逃げてから覚醒技も使いやすい。 総じて、少し慣れが必要なものの、攻め、自衛、逃げにおいて他の覚醒を凌駕する、高い汎用性と圧倒的なポテンシャルを秘める覚醒。 しかしファントムとは噛み合わせが悪く、F覚が攻守逃げ全般で優っているため選ぶ理由が薄い。 一見するとPLに機動力が合わさり強力に見えるが、格闘圏内ではF覚が強力であること、全覚醒で覚醒技+覚醒中変形の速度がM覚中BDより高速なことから、 格闘圏外での逃げや追いに関しても速度のアドバンテージが他の機体に比べて薄くなっている。 (なお、変形にはM覚の速度強化は適用されない) PLに有効な防御補正が無いことや、逃げや迎撃力を大きく上げる、F、S覚にはある特射関連のキャンセルルートが無いのも痛い。 変形をほぼ使わないスタイルであればF覚に優る点も一部あるが、その場合ファントムの強みを活かせてないと言える。 さらにF覚の方がブースト回復量が多いため、「覚醒を発動して一旦逃げて覚醒技」の実行しやすさも大差無い。 このため、他の機体で時たまある「F覚を選ぶならM覚で良い」の逆転現象が起きてしまっている。 僚機考察 理想編成その1。 基本はPLのリロードを待ちつつ射撃戦に付き合い、機を見てPLを発動しダメージを稼ぐ。 僚機が荒らせる機体であれば、PL発動でお互いに闇討ちできる機会が増え、荒らし尽くすことも可能。 じっくり攻めていく機体だと少々やりづらいが、長引いてもPLの使用回数が増えるためチャンスを逃さずに。 覚醒技の爆発力、PLの依存度が高いため半覚2回の戦法を取りたい。 少しでも与ダメ、シールドなどで稼いでいきたい。 開幕PLのおかげでファントム2落ちの爆弾戦法もなくはないが、不安定な要素が多いので固定など意思疎通ができて連携ができない限り非推奨。 被撃墜後でもPLは即使用できるので後落ちのリスクは高くはないが、その分先落ちだと無視されて相方が追われやすい。 その場合は覚醒後即覚醒技などで取り返したい。 後落ちの場合でも可能なら半覚醒は取っておいてなんとか凌ぎたい。 ゴッドガンダム コストパフォーマンス上は良相性。 ただ機体次第では微妙。 放置耐性の高い機体であればこちらも立ち回りやすい。。 重要なのはPLの使用タイミング。 溜まり次第どんどん使って荒らすのも良いが、相方の覚醒がないときとリロードが被り、そこに敵機の覚醒などを合わせられると非常に辛い。 戦況をよく読み、切り札の切り時は間違えないように。 外部リンク• コメント欄• サブが撃ち切りになった以外は変更ないか 数値等は未検証 -- 名無しさん 2018-11-04 18:29:38• 変形時の旋回が良くなった気がする -- 名無しさん 2018-11-08 04:04:17• あと耐久が30上がったけどこれは他も共通か。 自衛の最終手段だったサブに撃てない時間が出来たのは微妙に痛い。 っていうかなんで環境で暴れてもないのに下方修正しちゃうんだよもう -- 名無しさん 2018-11-08 19:20:15• CS発生劣化 -- 名無しさん 2018-11-21 11:21:19• マキブオンの時から思ってたけどS覚醒のところのサブ連射は元から出来るぞ -- 名無しさん 2018-11-21 20:14:37• 変形時メインのゲージって前からでしたっけ? -- 名無しさん 2018-11-28 18:11:02• 独立した弾数があるかって事なら前から。 変型特射も。 サブは共通。 -- 名無しさん 2018-11-30 18:56:25• 変形メインからサブにキャンセル出来ることが判明。 -- 名無しさん 2019-02-27 13:51:02• 特格格派生は今作も雪崩N特とかち合う。 判定さえ出てれば。 -- 名無しさん 2019-03-28 19:12:24• あとレオス2のフィンガーも相打ち。 グシオンN特はやっぱり無理だった。 -- 名無しさん 2019-03-28 19:14:06• 覚醒技中のBD格最終段が前作はバウンドダウンだったのが今作は通常ダウンに変更。 なんでや!! -- 名無しさん 2019-05-10 16:44:00• 多分バーサス準拠だからだと思う。 台詞もマキブonじゃなくバーサスの設定を流用してるし -- 名無しさん 2019-05-11 01:59:13• クソ機体は環境の上位を陣取ってる機体なんだよなぁ -- 名無しさん 2019-05-31 22:37:25• PL中N格出し切る前N格出し切り強いのですが……(当てれたら) -- 名無しさん 2019-06-02 02:44:00• 格CSからPL特射とかできなくない? -- 名無しさん 2019-06-04 13:05:19• ランクPストと同じで草 Pストの方が強いと思うんですけど 名推理 -- 名無しさん 2019-06-04 19:04:28• まぁアプテからそんなに時間経ってないし影薄かったし対策できてないプレイヤーが多かったんでしょ -- 名無しさん 2019-06-04 20:35:17• ファントム好きなのに弱すぎて悲しかったけど、やたら強いアブデきて感涙。 ミラーマッチしてもわかってない人とか多くて一方的にボコれて楽しい。 そのうちいなくなるだろうけど -- 名無しさん 2019-06-06 11:40:27• 上方修正嬉しいけどゴースト参戦が遠のいた気がして悲しい -- 名無しさん 2019-06-11 22:14:22• そもそもファントムって変形しないし するけど一回きりで無理矢理 だから、変形できるゴーストガンダムの要素とファントムの要素ごちゃまぜにした機体として参戦してるから、ゴーストガンダムの参戦はないんじゃないかな… -- 名無しさん 2019-06-12 13:44:50• 全方位ビームしか差別化できないからノーズローター持ってきてもいいのよ? -- 名無しさん 2019-06-22 11:47:37• バグ利用を積極的に推奨するのはどうかと -- 名無しさん 2019-07-26 07:40:23• F覚醒中でもPL特射格闘派生が3回でダウンしてしまうから格闘扱いじゃないのかね -- 名無しさん 2019-08-09 03:31:55• 特射格闘派生のところ比較対象のx2前格ってそこまで強いか? -- 名無しさん 2019-08-16 13:31:11• ベルガ前格と間違えたのでは? -- 名無しさん 2019-08-16 14:42:44• こっちであまり使わないMA形態にテコ入れ欲しいね、AGEFXとは逆にゴーストがタクシー化してX-0が攻撃する技とか。 -- 名前 2019-10-02 23:56:47• 貴様らの推敲のおかげで読みやすくしてくれてありがとう。 近距離で向かってくる相手に撃つには変形特格より変形メインの方が良いね。 -- 名無しさん 2019-10-23 08:21:38• 変形格闘、スーパーアーマーには無力ってあるけどファントム格CSとトラバN特格はヒットストップで潰せる -- 名無しさん 2019-12-14 11:47:59• 今更ですが、覚醒技中のBD格闘って出し切りがバーサス準拠になってます。 -- 名無しさん 2020-04-14 19:00:34• バーサスとは数値が違うってこと? -- 名無しさん 2020-04-14 22:04:51.

次の

キャスト&スタッフ|ミュージカル『ファントム』2019年公演

ファントム

振動していない携帯電話が、振動しているように思える錯覚のこと。 携帯電話をポケットなど体に触れる場所に入れて持ち歩いていると、携帯電話が振動したように感じる。 ところが実際に手にとってみると、どこからも着信が無い。 この現象が、ファントム・・である。 これは携帯電話のバイブレーション機能に慣れたユーザーであれば、誰でも起こりえる現象で、電話機の着信に対して神経質になっている時ほど経験しやすいと言われている。 ファントム・バイブレーション・シンドロームに初めて言及したのはカナダのスティーブン・ギャリティ氏で、その後、行動心理学、認知学などの方面から研究が行われた。 その結果、この現象は、人間の脳が携帯電話の着信と振動を学習することで、振動に対して敏感になり、ありもしない振動にも反応するというメカニズムであることが説明づけられた。 最近は電車などの公共交通機関内では、着信音を鳴らさないマナーモードが推奨されており、バイブレーター機能に頼る人が増加している。 そのため、バイブレーションに慣れた人々の中には、潜在的なファントム・バイブレーション・シンドロームはかなり多いと予想される。 佐橋慶信 ライター / 2011年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について.

次の

F

ファントム

西欧における、・のこと。 またはそれを元にしたモンスター。 物理学• の人体影響を見積もるためのもファントムという。 機械 車• - 社製の最上級(乗用車) 音響機器• - への電源供給方式の1つ。 ファントムモード - 、特にで5. 1チャンネル以上(や:dtsなど)のマルチチャンネルに対応する方式において、フロントのセンターを使わず、センタースピーカーの音声をフロントスピーカー2チャンネルに組み込んで再生する方法。 のジェット戦闘機の愛称。 西側諸国で大量に用いられた戦闘機の愛称。 正確には「ファントムII」。 - 小説『』に基づくミュージカル。 同種のミュージカルとしては『』の方が広く知られている。 - 上記の宝塚歌劇版。 (ファントーム) - のアルバム。 - 1930年代の、およびそれを原作とする映画。 - 『』に連載されていた、の搭乗員達を主人公にした漫画作品。 - 『』に連載されていた漫画作品。 - 『』に連載されていた漫画作品。 『』シリーズのPart1。 コミック『』に登場する「チェスの兵隊」No. 1騎士。 遊星ファントム - 『』に登場する架空の惑星。 - 漫画『』に登場するロボット兵器。 アニメ• - SFアニメ(ロボットアニメ)『』に登場する無人。 - 2004年。 - (2004年)。 - (2009年)。 ゲーム• 、 - が発売したシミュレーションRPG。 - が発売した18禁ゲーム。 に登場するキャラクター(『』にも敵として「ファントム・ブラック」というキャラクターが存在する)。 『』に登場する航空機。 『』に敵キャラクターとして登場するおばけ達の名称。 『』および『』の敵。 『』に登場する召喚獣。 『』に登場するライフル。 SRPG『』に登場するアンデッドクラス。 アメリカの『』誌に登場する探偵のコードネーム。 小説『』に登場する液体金属生命体の総称。 - 1930年代の、およびそれを原作とする映画。 - 1998年に公開されたアメリカの。 - 2013年のアメリカ映画。 『』に登場する怪人。 - に関するの一つ。 このページは 曖昧さ回避のためのページです。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。 ファントム! 概要 舞台は今から約100年後の地球。 人間でも動物でもない超生物 ファントムが現れる。 がなくなり武器を持たなくなった人間たちはあっという間に侵略されてしまう。 地球の地形が変化していったり多くの人間がファントムに殺されていく中、人間たちも ネビロスという連盟を作りファントムと戦っていく。 登場人物 エイプとその仲間 エイプ 本名は ファントム・エイプ。 人間の母親とファントムの父親の間に生まれた。 、、、を武器として使うが、物語中盤からは爪、角、牙を封印し、尻尾だけを徹底的に鍛えるようになった。 ファントムの力の源「コアボール」を食べることで凶暴化する。 得意技は「やじるシッポ」。 一人称は「オレ」。 好物は。 何かと問題を起こすトラブルメーカー。 10歳。 ブラック・ホール ネビロス所属のトップクリーナーで、イースト支部所属。 クリーナーNo.。 必殺技は名前を呼んで返事をした相手を吸い込む「ブラック・ホール」。 9人の家族(父ブルー、母レッド、祖父ゴールド、祖母シルバー、兄グリーン、姉ピンク、おじブラウン、おばホワイト、ブラック。 一人称は「私(昔の時の回想では「僕」)」。 好物は甘いもの。 そのため、反対の辛党のチトとは料理にすれ違いがある(チトがカレーにとうがらしやラー油など辛い物を入れるのに対し、ブラックはやなど甘い物を入れ、仕上げにエイプがマヨネーズを入れたためまずくなった)。 21歳。 チト 108のお札術を覚えるためにエイプ達と共に旅をする少女。 得意技はお札術の「お札ハリセン」「お札ガムテープ」など。 旅をするうちに次第に経験値が上がっていった。 一人称は「私」。 大の辛党。 10歳。 ネビロス ファントムを倒すために人間が結成した国際退治連盟。 総帥ダブルヘッドと9人の トップクリーナー(ファントム退治人)を中心として活動している。 モットーは「気をつけろ ファントムみんな やっつけろ」「ファントムを いっぱい倒して 平和だよ」。 ダブルヘッド ネビロスの2人の男女。 000 数年前にネビロスを辞めた伝説のトップクリーナー。 とを組み合わせたような姿をしている。 ブー子 中央本部所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 111。 000の一番弟子のの女の子。 治癒魔法が得意。 クリーナーNo. 333。 体中にを装備した貴婦人で、鼻毛を剣に変える能力を持つ。 実の息子をファントムに殺されており、ファントムに復讐する為にネビロスに入った。 最初はエイプを悪のファントムだと思っていたが、エイプの過去を聞く事により心動かされ、擬似親子としてエイプを抱きしめた。 サン・ジェルマン伯爵 ウエスト地方所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 444。 「太陽の貴公子」の異名を持つ美青年。 ハゲ頭で光を反射させる技を持つが太陽が出ている日中までしか攻撃は有効ではないため、そこをつかれブラックとチトに敗北する。 ゴーゴー・ゴーリキー イースト地方所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 555。 を模したような仮面と、鎧を全身に纏っている大男。 素顔を見られるのを何より嫌うが、仮面と素顔はそっくりである。 自分より優秀なブラックを(素顔を見られたこともあって)憎んでいて、常にネビロスから追放させることを考えている。 得意技は肩のから水を発射する「ハイドロ・キャノン」「ハイドロ・ショットガン」など。 パンプキン・ヘッド サウス地方所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 777。 を武器として使う。 でもある。 バク・ダンゴ サウス地方所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 888。 村を吹き飛ばすほどの威力を持つ「バクダンゴ」という爆弾団子が武器。 第19怪ではバクダンゴでエイプを追い詰めるが、最後は自分のバクダンゴに吹き飛ばされてしまう。 口調で話す。 ボーイ ノース支部所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 999。 スイカ頭。 発した言葉が衝撃音波になる特異体質(文字通りの「コトバの暴力」)のため、生まれてすぐに両親に捨てられ、本部で育てられた。 エイプと友達になり、ファントムに対する認識を改める。 ファントム 突然地球に現れた謎の超生物。 ファントム大魔王を中心とし、多くの人間を虐殺している。 ファントム大魔王 ドッグ ファントム大魔王の腹心だが、実はコアボールを食べたため凶暴化したエイプの双子の兄。 第26怪でコアボールを吐き出すことにより、記憶を取り戻す。 得意技は2本の尻尾をのように使う「テイル」。 記憶を取り戻してからは、一人称が「オレ」から「ボク」になった。 好物はの丸焼き。 ドキドキ ドッグの世話をするとのファントム。 ドッグの部下として働かされていただけで、本来は悪いファントムではない。 得意技は「ドキドキ分身」。 ハテナ ノース支部所属のトップクリーナー。 クリーナーNo. 222。 ダブルヘッドに忠誠を誓っているようだが、実は大魔王にとして派遣された不死身のファントム。 どんな怪我をしてもをすれば傷は全快する。 しかし脱皮をするほど自分自身の体が小さくなっていき、最終的にはよりも小さくなってしまった。 タプキチ 人に危害を加えない良いファントム。 最終決戦ではエイプに力を貸した。 スコルピョン 人に危害を加えない良いファントム。 最終決戦ではエイプに力を貸した。 スカタンケイル 第1怪登場。 チトの父の命と引き換えに、リンチェイ村のに5年間封印されていた型のファントム。。 バブルガム 第2怪登場。 チャンツィ河に潜んでいたのファントム。 身長は100mと巨大。 に弱いらしい。 サンゲリアビヨンドホワイトヴュードュリヤンヴィーナイトオブザリビングデドアストロビーストオブブラッドロームゴングエルザップマンシューヒリカリブゾンビデモンズザフォッグトメァシティナチズドクターブッチャボチウラノイエジゴイエクリプショーイビルドコメバタリアンヴァーサスデッドリーフレンドゴーストライダーズキャプテンスーパートコップマニアックリアニメーターブレインデッド 第3怪登場。 ととを組み合わせたようなファントム。 がとにかく長く、ブラックは最初舌を噛んでしまい封印できなかった。 ドリルファイブ 第4怪登場。 の型ファントム。 落とし穴を仕掛けて獲物を手に入れるが、単体では弱い。 ラビットボウル 第5怪登場。 コアボールそっくりのファントム。 ブラックのケースの中に紛れ込んでいた。 カメレメレオン 第8怪登場。 体を周りの景色にさせ、人間を体内に取り込む正体不明のファントム。 その正体は巨大な三つ目の。 キノコノキ 第13怪登場。 ファンガス村を襲った型のファントムで、頭から胞子を放出し人間をキノコにする。 毒キノコが好物。 サキイカ 第16怪登場。 超大河に住んでいる型ファントム。 体全体が刃物になっていて、何でも切り裂く。 ひっぱりだこと仲が悪く、その結果自滅してしまう。 野球は。 ひっぱりだこ 16怪登場。 超大河に住んでいる型ファントム。 足が吸盤になっていて、何でも水中に引っぱり込む。 サキイカと仲が悪く、その結果自滅してしまう。 野球は。 クロックラクーン 第17怪登場の読者キャラ。 カチカチ山に住んでいる型の子連れファントム。 子供を守るためにを戻す能力を使って、カチカチ山に入る人間を追い出していた。 得意料理は。 ファントム軍団 中央都市を攻めるために出動したファントム軍団。 マザーソードの攻撃により全滅する。 名称不明のファントム ブラックの家族を皆殺しにした正体不明のファントム。 なぜかブラックと同じ能力を持ち、ブラックの家族を全員殺した。 各話タイトル• スーパーおてんば娘テト• 泡の河の恐怖• ブラックVSはやくちことば• 恐怖の落とし穴• ブラックの失敗• ゴーゴー・ゴーリキー• ポンコツ村の大時計• トリックファントム カメレメレオン• 復しゅうのトラップアーマー• エイプとドッグ• チトの決断• ゴールデンアックスの泉• キノコの村• とっておきの修行法• タルタル山ぞく団のとりで• ファントムのケンカ• カチカチ森のタヌキさん• トップクリーナー全員集合!• 逃げろ!• ブラックとエイプ• 友だち1号• ブラックの決意• 母ちゃんの思い出• 超コアボールの力• 2度目の決戦• 伝説のトップクリーナー• ファントム大魔王•

次の