アンド クーペ。 クーペの日記

アンドクーペ*コッペパンサンド専門店!すぐに売り切れの人気コッペパンたち!ボリュームがすごいよ!│ランチまま。

アンド クーペ

住所 〒434-0033 浜松市浜北区西美薗2432-1• 電話 非公開• 予約について 予約不可• 営業時間 11:00~売り切れ次第終了• 定休日 月・木・日曜日• 交通機関 遠鉄電車小林駅より徒歩約10分• 車 新東名浜松浜北ICより約10分• 駐車場 約20台(無料)• 外部サイト• 支払い方法 現金のみ• テイクアウト 全品可• 子連れ 可 この情報は、2020年3月18日現在のものです。 価格は一部を除き、税込価格(掲載時の消費税率適用)です。 営業時間、価格など掲載内容は変更されている場合があります。 ご利用前にお店・施設にご確認ください。 記載内容が異なる場合はまでご連絡ください。

次の

ファスト&ラウド

アンド クーペ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 本国アメリカでは2020年現在、シーズン15まで制作されている(ただし日本放送版とはシーズンの区切り方が異なる)。 日本ではディスカバリーのほかDplay、、GYAO! ストアなどの動画配信サイトでも一部の話数は視聴可能である。 概要 [ ] にある自動車販売会社ガス・モンキー・ガレージ(以下GMGと表記)のリチャードが、全米のやに眠っている古くてレアな車を購入しして大儲けを狙う。 同系統の番組として同じくディスカバリーに『』があるが、あちらは1話につき1台であるが、こちらは1話で平均すると2~3台は扱っている。 購入した車をカスタムする事もあるが、大半はそのまま、あるいは数百ドル程度の最低限の修理しかせずに転売するのが特徴である。 また番組で購入したものの、その後がどうなっているのか不明な車も多い。 番組でカスタムした車は、一般人に売る事もあるが、やまたはに販売することが多い。 シーズン2の頃に店のクルーから「将来、セレブ御用達の豪華な店にするつもりか?」と言われていたが 、実際そうなってきている。 そしてそれらの顧客は、GMGに非常に高い利益をもたらしている。 関連番組 [ ]• 『ファスト&ラウド 衝撃動画DX』(原題: Fast N' Loud Demolition Theater) リチャードとアーロンが車関係の衝撃映像(事故・ハプニング・スタント失敗など)を鑑賞しながら、コメントをする番組。 当事者がゲスト出演することもある。 『』(原題: Misfit Garage) GMGの元・従業員による新会社ファイアード・アップ・ガレージ(以下FUG)を舞台とした番組。 番組の制作会社は同じで、リチャードやアーロンなどGMGスタッフも出演する実質的な兄弟番組。 『』(原題: Garage Rehab) GMGで成功者となったリチャードが、潰れかかっているやカスタムショップを、資金を出す代わりに新たな経営者となり立て直すという番組。 『』(原題: Shifting Gears with Aaron Kaufman) GMGを辞めたアーロンが、自身の店「アークライト」を開店し、車を改造してレースに出場するなど、自分のやりたい事をやる番組。 リチャードなど他のGMGのスタッフは出演していない。 出演者 [ ] ガス・モンキー・ガレージ [ ] (: ) 出演:シーズン1 - 現在 GMGのオーナー。 1969年生まれ。 8~17歳まで朝3時に起きて父親と新聞配達をするなど苦労していた。 この惨めな体験で、金の価値を教わったという。 84年にイースタンヒルズ高校に入学。 当時はスポーツマンとはほど遠く、真ん中分けの超オタク系。 最初に買った車は緑のマーキュリー・コメット。 車イジリは凄くて、ドーナツターンはこの頃からやっていた。 卒業後は・として働いていたこともある。 その後は印刷会社をやったり、車の転売をしてお金を稼いでいたが、一念発起して自分の店ガス・モンキー・ガレージを開店。 2005年に『』にアーロンと共にAチームのメンバーとして出演。 この番組に呼んで貰った事で道が開けたため、チップの事は恩人だと言っている。 現在は車専門のバイヤーではなく、やの経営、自社製のやを販売するなどとしても成功している。 番組初期は車を押したり、洗車をしたりといった肉体労働もしていたが、店が大きくなってからはやっていない。 やには積極的に参加し、その都度作りの大切さを語っている。 GMGが他の店よりはるかに大きな利益を出せるのは、彼のセレブ人脈によるところが大きい。 両手を突き出して「ワォ」という決めポーズがある。 決め台詞は「Get you some of that!! 」で、日本語訳は「ざまあみろ」「まいったか」「やってやる」などその時の状況や言い方でかなりのがある。 ちなみにこの言葉はGMGのシャッターにも大きく書かれている。 私生活では1993年に最初の妻であるカレンと結婚するも、1999年に離婚している。 同年2番目の妻のスザンヌと再婚。 しかし2009年に離婚。 2015年にスザンヌと再婚するも、2019年に3度目の離婚をしている。 ケーシーとの世間話で、妻が最優先になるので車好きにとって結婚は厄介なもの、という話をしている。 大の好きでもあり、仕事が上手くいった時、逆に上手くいかなかった時もヤケ酒のように飲む。 「ビール係!」もこの番組を代表するかけ声である。 しかしケーシーにはビール腹だと注意された事もある。 車だけではなくも好きで、番組内でも何台か自分用のバイクを購入している。 メカニック [ ] (: ) 出演:シーズン1 - シーズン4 番組での肩書きはマスター・メカニック。 番組が始まる10年前に自身の店に客として訪れたリチャードのエアサスを直したのがキッカケで、一緒に店をやらないかと誘われGMGを始めた。 元々の店はその時に閉めている。 カスタムする上で嫌いなのは「50年前のダサいデザインにそっくりそのまま戻すことだ」と語っており、古い車はパーツが手に入らずボルト1本すら厳重に管理しないといけないため「だからレストアは嫌い」とも発言している。 いわゆると呼ばれる改造を得意としており、リチャードも「アーロンがやるのは、よりカッコよく、より速く、より車高を下げるような改造だ」、レストアは「アーロン向きじゃない」と言っている。 シーズン4で3週間の休暇を取得、職場復帰後に「休んでる間に考えたんだ。 俺には店での仕事以外にやりたいことがある。 今後は自分の道を歩むよ」と宣言。 リチャードは、アーロンが意固地で、自分が主張したことは決して曲げないなのは知っており「(この決断が)間違っていたとしても、誰にも止められない」として受け入れた。 これにより2人の関係は14年目で終止符が打たれた。 レースが好きで 、番組で自分用のレースカーを制作していた。 ドライバーとしてはにも何度か参戦している。 GMGを辞めた後は、自分の番組『シフティング・ギア』で、やはりレースに参加している。 ケーシー K. Mathieu 出演:シーズン1 - シーズン3 担当。 番組での肩書きはペイント・スペシャリスト。 元々実家の父親が塗装と板金の仕事をやっており、初登場時は外注の塗装店として作業していた。 自分の店を辞めたわけではなく掛け持ちのような状態だった。 GMGはあくまで副業だったが、店が大きくなりどんどん忙しくなってしまい家族との時間が作れなくなった事と、自分の店に専念するためにシーズン3第19回をもってGMGを去った。 雇い主であるリチャードにも物怖じせず意見したり、ビールを奪ったりとかなりフレンドリーに接する。 その理由はかなり昔からの顔なじみであるため。 上司と部下という関係ではなく、友達に近い。 本人の言葉だと「俺のボスであり、ダチ」。 リチャードの「お前と俺とアーロンで三銃士だろ」 というセリフからも、他のスタッフより特別な存在であった事がうかがえる。 独立後はK. 's PAINT SHOPとしてGMGの仕事を受け、外注として出演した。 その後は塗装屋から、内装以外のすべてを行うカスタムショップへと変更。 GMGを辞めたキーナンもこの店で働いている。 2人で『』に車の売り手としても出演した。 シーズン1第13回で、自分の店を持つ話があり、30歳という節目の年でもあったことから「リスクを冒してでもやりたい」とリチャードに直談判し辞めた。 その後、トーマス、トム、ジョーダンと共にFUGを開店した。 円満退社かと思われたが『ミスフィット・ガレージ』での紹介文は「低賃金でこき使われ店を去った」とされている。 性格はお調子者。 が多いのと。 指示に従わなかったとして、シーズン2第21回でジョーダンと共に解雇された。 その後4人でFUGを開店した。 非常に自信家な性格。 他人を認めようとしないため、プロジェクトの指揮を執っていたジェイソンの指示にも従わなかった。 そのため シーズン2第21回をもってリチャードによって解雇された。 その後4人でFUGを開店した。 キーナン Keenan Hons 出演:シーズン1 - シーズン4 塗装担当。 ケーシーやマイクの補佐。 1987年生まれ。 大人しい性格。 リチャードや親しい者は「Keke (キーキー)」という愛称で呼ぶ。 以前ケーシーの店で一緒に働いていた事もあるが、その後は無職だった。 スコットが辞め人手不足になったため、シーズン1第13回で急遽雇われた人材。 溶接と塗装ができ、リチャードとアーロンにも認められ正式に採用されたが、車の運搬時にいきなり脱輪させるなど運転は苦手だった。 「回想SP-お気に入り編」にて週休3日という好条件でケーシーの店に引き抜かれ、GMGを辞めていた事が判明。 彼の性格らしく「俺はこっそり抜けるよ」と言って去っていった。 ダスティン Dustin Deleon 出演:シーズン2 - シーズン3 低い背、大量のヒゲ、スキンヘッドとマイクと似た特徴を持つ。 そのせいか非常に仲が良く、いつも2人でふざけ合っている。 リチャードにはトムの次にお調子者と言われている。 マイクとは違い、頭にタトゥを入れている。 ロヴィックで自分の店を開店し独立するため、シーズン3「名珍場面SP1 ガスモンキーの1年」をもって卒業した。 マイク Mike Coy 出演:シーズン2 - 現在 車体および塗装担当。 シーズン2第17回からGMGに加入。 低い背と、、指まであるが特徴。 ケーシーがいるため塗装をする機会は少なかったが、いない時はマイクが担当した。 ケーシーが辞めてからはペイント・スペシャリストを受け継いでいる。 GMGのスタッフには珍しくスーに好かれている。 マイケル Michael Kaminski 出演:シーズン2 ダフネの息子。 リチャードの。 マイクと同時にシーズン2第17回から加入。 GMGで働きたいという事で、母親に頼んで雇ってもらった。 大学ではを専攻。 メカニックとしては素人であり、自分の工具すら持っていなかった。 心理学系の専門職についた方が良いとリチャードはアドバイスしたが、本人の意思を尊重し雇い入れた。 ただし、親族だからといって特別扱いせずに、逆に厳しく接することが条件だった。 ジェイソン Jason Aker 出演:シーズン2 - 現在 初登場時の肩書きはレストレーション・エキスパート。 レストア専門店を営んでおり、シェルビーやカマロのプロ。 シーズン2第19回のファイヤーバード2台同時レストアという難題に指揮官として呼ばれ、完成後にその能力を認められてそのままGMGのクルーとなった。 この車は博物館に展示されており、ペブルビーチにも出展されている。 実物を見たデニスも「見事だ。 彼はすご腕だよ」 と称えるほど。 ただバイクに関しては整備も運転も素人で、リチャードに教えて貰ったほど。 真面目で心配性な性格。 アーロンが不在の時は代役を務めた。 アーロンがシーズン4をもって辞め、メカニックをまとめる者がいなくなってしまった後は、リチャードから正式にチーフ・メカニックに任命されている。 ジェレミー Jeremy Cheatham 出演:シーズン2 - 現在 担当。 横分けの髪型が特徴。 チャールズ Charles Cimino 出演:シーズン3 - 現在 担当。 に詳しい助っ人としてシーズン3第5回で初登場。 GMGには無いスキルだったので、そのままクルーとなった。 アーロンとは14年前に仕事をしたことがある。 との血が入っており 、明るい性格。 肩に皮膚の疾患があり、袖付きの服を着られない。 当初の肩書きはショップ・アシスタント。 その後はオフィス・マネージャーに。 店が大きくなりリチャードが多忙になってきたため、事務や雑用のためシーズン1 第6回にて採用された。 選ばれた理由は、旦那とリチャードが知人だったから。 実家は精肉店で、6人の子供を持つママ。 GMGで働いてはいるが車に関しては初心者。 リチャード不在時には彼の代理で車の仕入れや販売をする事もあるが、無知ゆえ失敗してしまう事も多い。 ダフネ Daphne Kaminski 出演:シーズン2 - 現在 担当。 リチャードの姉。 シーズン2第7回からGMGの従業員となった。 立場上は部下だが、姉なので意見や説教も平気でする。 母親のいないリチャードにとって、母親代わりの存在だったため今でも頭が上がらない。 ケンカも多かったが、勝つのはいつも姉だった。 トニー Tony Taylor 出演:シーズン1 - 現在 車の仕入れと販売、担当。 販売する車の写真を撮ってアップするのが仕事。 かなりの高齢であり、撮るためにしゃがんだり立ち上がったりするのにも苦労するほど。 など車に詳しい。 ガス・モンキー・バー&グリル [ ] アレックス Alex Mendonsa GMGから数キロ離れた場所にある2000人収容のレストランで、総支配人(ゼネラルマネージャー)を任されている男性。 カトリーナ Catrina Kidd 建設全体を統括するプロジェクト・マネージャー。 その他 [ ] デニス Dennis Collins COLLINS BROS JEEPというショップを経営 しているリチャードのセレブ友達。 カー・コレクターでもあり、車の転売なども行っている。 特に車体番号に詳しい。 フェラーリ・F40、ファイヤーバード、フォードGTなど数十万ドルはする高級車を取り扱う時は、2人で共同で代金を出し合って、のちに得た利益を折半する様にしている。 これはもし失敗した場合、1人だと莫大な損失を被ってしまうため。 共同なら損失が出ても半分で済むことから、リスクを避けるためにこの手法を取っている。 口癖は「 Holy Grail(お宝)」で 、貴重な車を見つけた時には必ず言う。 スー YU-LAN Martin "SUE" シーズン1第2回より出演のASM店 ASM AUTO Upholstery の店主。 GMGで修理する車の内装の大半を任されている。 ただ注文が、期限が短い、料金を値切る、そもそも状態の悪い物が多いなどの理由で、リチャードとは顔を合わせる度にケンカになるが、アーロンやマイクの事は好きで彼等に対しては普通に接する。 トーマス Thomas Weeks シーズン1第3回から出演している、車の転売屋。 シーズン2にてGMGの元従業員3人と共に新ショップFUGを開業する。 『』での仕事は、前と同じく買い付けと販売を担当。 ブライアイン Braian Hare GMGで清掃だけして転売する場合に呼ばれる外注の清掃屋。 車を磨き上げるプロ。 ジェイミー Jammie Wells エンジンのリビルドを請け負う外注業者。 エンジン自体の整備には、専門の知識と専用の機材が必要なため専門業者に頼んでいる。 ジェイ・リッキー リチャードのの友人。 GMGの顧客の一人での社長。 トランザム7000を16万ドル、ナイトライダーの車(相場7500ドル程度)を20万ドルで依頼するなど、毎回大枚を落としてくれる上客。 著名人のゲスト出演 [ ] シーズン1第13・14回に出演。 バイク番組『』に出演しているカスタムショップ。 両番組との制作会社は一緒であり、コラボ企画のバイク制作対決で共演。 シーズン2第2回にGMGの顧客として出演。。 シーズン2第5回にGMGの顧客として出演。 試乗中に車を盗んで逃走した。 シーズン2第5回にGMGの顧客として出演。 に乗り、巨万の富を手に入れた。 のを買収しオーナーにもなっている。 (: ) シーズン2第9回にGMバー&グリルでライブを行った歌手。 店の売り上げが伸び悩んでいたため10万ドルのギャラで出演して貰った。 シーズン2第12・13回に出演。。 彼の出演した『』の車を再現する依頼をジェイ・リッキーに頼まれる。 シーズン2第12・13回に出演。 『』にリトル・イーノス役で出演した、俳優。 (: ) シーズン2第19回に出演。 元の選手。 世界で最初に作られた2台(リチャードは100万ドルと見積もる)をわずか7万ドルで買い叩かれてしまった。 シーズン3第8・9回に出演。。 彼の出演した『』の車()を再現する依頼をジェイ・リッキーに頼まれる。 本人役で出演。 シーズン3第9回に出演。 70年代に『』で人気を博した俳優。 役で出演。 シーズン3第23・24回に出演。 デイビッド・フライバーガーとマイク・フィネガンの2人組による車番組。 GMGに挑戦状を叩きつけ、対決でコラボレーションした。 シーズン5第11回に出演。 レーシング・ドライバー。 自身にとって大事なレースカーを誤ってオークションに出品してしまい、それを落札したGMGに買い戻すために訪れた。 シーズン6第8・9回に出演した俳優。 負傷した兵役経験者の支援をする彼のゲイリー・シニーズ基金に協力するため、ジープ2台をカスタムし、オークション・に出品。 売上を寄付した。 放送リスト [ ] 放送順は日本版のもの。 また金額の単位はとする。 - 兄弟番組。 - 世界最大級の自動車オークション。 GMGも出品している。 - 山登りのタイムアタックレース。 GMGはペースカーを務めた。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 原題は『Fast N' Loud: Blood, Sweat and Beers. トランザムはリチャードの青春の車だったため、売り物にはせず私物となった。 リチャードは元・消防士なので衝動買い。 67年式マスタング+8500ドルでトーマスと交換した。 58年式インパラと交換して入手した。 完成後のテストドライブ中に信号無視の車と衝突し右フロントを破損。 フレームまで歪んでしまったため修理は不可能と判断した。 さらに相手が無保険だった事から、損害はすべてGMGが被ることとなった。 実はその後の放送で、事情を知ったのが21,000ドルで購入してくれた事が判明。 結局赤字だったが、最低限で済んだ。 のイーブル・ニーブルの物• 5,000ドルは協賛団体へ寄付• 4台まとめ買いのオマケでただで貰った物。 販売額は2400ドルだが、1200ドル以上で売れたら残りは売主に差額を渡すという約束だったため、結果的には1200ドルの儲けとなった。 デニスが購入代金の40万ドルを支払い、GMGが修理費を負担する事で共同購入した。 デニスが買い取り。 このF-40は後のシーズン3第13回でMLBのレジー・ジャクソンに65万ドルで売却されている事が判明。 さらにその後オークションで59万ドルで落札されている。 のファンが使用していたバス• からの依頼• 車体料金9万3千ドル。 購入権に1万ドル。 ケーシーの愛車を買い取り。 当初はカスタムする予定だったが、サビが酷くに。 1979年にで優勝したい車。 計16万ドル。 アーロンが購入。 後にこの車でに出場。 シーズン2第11回で購入した11台の中の1台。 12万5千ドルで建物と同時購入。 デニスが購入。 後にに出品したが、バッテリーの不具合が判明し4万1千ドルの値しかつかなかった。 ケーシーが4000ドル+ビール1箱で購入• ハードロック・ホテルから10万ドルで依頼。 10万ドルが車の代金。 の出演料が10万ドル。 ギャラは折半したため5万ドルがGMGの取り分となった。 シーズン2• 売り物にならずパーツ取り車に。 シーズン2で購入した36年式オーバーン+37,000ドルと交換• アグリー・キッドの代理出品• リングブラザーズが改造• 博物館に貸し出し中。 理由は会員になる事と、車の価値を上げるため。 ベンツ230Bカブリオレと計3台を18万ドルで売却。 デニスと共同購入。 利益は折半した。 値段は売り手の希望で非公開。 過去最高クラスではあるが、パッカード 40万ドル よりは下。 出典 [ ]• ファスト&ラウド 名珍場面SP2 「ガスモンキーの歴史」より• シーズン3第23回放送より。 シーズン4 思い出のマーキュリー・コメット• 2019年10月30日閲覧。 シーズン4第3回放送より。 シーズン3第3回放送より• シーズン1 第1回放送より。 シーズン2 第19回放送より。 シーズン2 第21回放送より• シーズン4第14回放送より。 シーズン3 第19回放送より• シーズン3第21回放送より。 シーズン2第12回放送より。 シーズン3第27回放送より。 シーズン2 第17回放送より。 シーズン2 第20回放送より。 シーズン3第26回放送より。 シーズン3第25回• シーズン3第15回放送より。 シーズン3第5回放送より。 シーズン2 第1回放送より。 シーズン3第17回放送より。 シーズン2 第17回放送より。 シーズン2 第5回放送より。 外部リンク [ ]• [ ]• ディスカバリーチャンネルによる動画サイト。 2019年現在シーズン1が全話無料で配信されている。 店舗の公式サイト• [ ]• - (英語).

次の

クーペの日記

アンド クーペ

『ベストカー』『MONOMAX』『webCG』『日刊ゲンダイDIGITAL』「カーセンサーEDGE』で自動車連載、『時計BEGIN』で時計人物連載。 実用的な4ドア車ながらクーペ風の「4ドアクーペ」を誕生させました。 これは世界的に大ヒット! 日本でも初年度は年間約5000台と売れまくり、2018年までの累計販売で2万4000台以上、グローバルで37万5000台以上の人気モデルに成長しました。 まさにスーパーカー顔負けで、「うぁ~カッコいい」「あれホントにメルセデス?」とつぶやくのが聞こえそうなくらい。 確かに1st・CLSは究極のいいとこ取りでした。 当時のメルセデス、ブランドイメージは良いけど、実車としてはイカツイSクラスやEクラスのイメージが中心。 しかし、CLSはまさしくジャガーのような流麗さを誇り、メルセデスなのにカッコいい。 まるで「社長になった福山雅治」的な威厳と、スタイリッシュさの奇跡の共存があったのです。 以来、この4ドアクーペ市場にライバルが次々と出現。 BMW6シリーズ・グランクーペにアウディA7スポーツバック、アストンマーティン・ラピードまで登場し、一大ジャンルを築きました。 また、2014年にはミディアムサイズにも波及し、4シリーズ・グランクーペも登場。 BMWのグランクーペとしては累計40万台と、なかなかのヒットで、2019年末、ついにコンパクト版の2シリーズ・グランクーペが登場。 先日やっと日本でも乗ることができました。 まずコンパクト版でもグランクーペ化できたのは、プラットフォームのFF化があります。 BMWはコンパクト系の一部を除きレイアウトをFRからFFに切り替えており、その分多様なパッケージができます。 事実、2670mmのホイールベースは同じです。 ただし、全長は約20cm伸びて4. 5m台。 3シリーズには及びませんが、それなりにゆったりしたサイズで、ここが2シリーズ・グランクーペ最大の注目点なのです。 全幅は1. 8mとワイドで、リアビューにも1シリーズ・ハッチバック的な詰まり感はありません。 そもそも8シリーズ・グランクーペ自体もカッコはいいのですが、BMWセダンに権威主義的なイカツサがありません。 つまり、元々エレガントなので4ドアクーペとセダンとの差が、メルセデスほどには生まれない。 要するに"ギャップ萌え"が少ないのです。 とはいえ、1&2シリーズは中国向けなどを除いてセダンがないので、BMWの4. 5mクラスの4ドアはそれなりに貴重。 はたしてこのカッコよさがどこまでウケるか? 今後のコンパクト系4ドアクーペの運命を左右するはずです。 今回乗ったのは306ps&450Nmの2リッター直4ターボを搭載する4WDモデルのM235iグランクーペなので、余裕のパフォーマンス。 ラゲッジルームは430リッターと広く、その使い勝手の広さには感銘を受けました。 カッコよさ、実用性、走りのバランスポイントはかなり高いです。 5リッター直3ターボの218iグランクーペに乗ってみたいと思った次第。 ソイツが本当にどれだけ使えてカッコいいのか! そこが2シリーズ・グランクーペの真骨頂かもしれません。 Related Article 連載・コラムもっと読みたい• What's News 最新情報•

次の