ケイトブランシェット。 ケイト・ブランシェットの“女が惚れる”佇まい 地上波初放送『オーシャンズ8』の楽しみ方(リアルサウンド)

ケイト・ブランシェット

ケイトブランシェット

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットが出演し、映画ファンの間でも人気の高い『オーシャンズ』シリーズ。 この女性版『オーシャンズ8』が7月10日の『金曜ロードSHOW! 』(日本テレビ系)で地上波初放送される。 主人公はダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)を兄に持つデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。 刑期を終え仮釈放されたデビーは、既に高級な宝石を盗み出す計画を立てていた。 相棒のルー(ケイト・ブランシェット)に始まり、ハッカーやファッションデザイナーなど個性豊かなメンバーを集め、美女8人で新たに結成された犯罪ドリームチーム。 司令塔役を演じるサンドラ・ブロック、その右腕役にケイト・ブランシェットとアカデミー賞女優を中心に、そこにグラミー受賞の歌姫リアーナ扮する天才ハッカー・ナインボールなどが加わり、とにかく豪華すぎる顔ぶれが揃う。 前作まではラスベガスが舞台だったが、本作が狙うは毎年5月にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」。 ターゲットは、そこでハリウッド女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身につける1億5000万ドルのネックレスと、これまた桁違いにゴージャスで前代未聞な強奪計画だ。 「メットガラ」に集うセレブの面々にもご注目。 主催者である米『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターはもちろんのこと、キム・カーダシアンやケンダル・ジェンナー、ジジ・ハディッド、そしてマリア・シャラポワまで、カメオ出演した実際のセレブ数はなんと47名。 正に豪華絢爛な世界と画面越しに出会える。 圧巻されている間に見逃してしまわぬよう目を凝らして観てほしい。 豪華なのはキャストだけではない。 この1億5000万ドルのネックレス、カルティエの全面協力で実現した映画のために特別に制作されたものだ。 重量感たっぷり、その輝きたるや思わず目を奪われてしまう。 ジュエリーに続いて、本作のメンバーがメットガラで着るために作られた世界的なトップデザイナーによるクチュールドレスも見ものである。 アルベルタ・フェレッティのシースルードレスで登場するデビー、エメラルドが散りばめられたジバンシィのジャンプスーツを着こなすルー、ヴァレンチノのホットピンクのドレスがとってもお似合いのダフネ役のアン・ハサウェイと、それぞれのキャラクターに合ったデザインのドレス姿に思わずうっとり、眼福が続く。 パンツスーツ姿があまりにキマりすぎて、マニッシュなファッションもお手のもの、やることなすこと全てが最高にクールなルー様の存在だ。 セレブにハイブランドジュエリー、ドレスともはや女子の憧れを全て詰め込んだかのような圧倒的世界観の中で、手に汗握りながらチームの型破りな作戦を見守ることになるのである。 刺激が多すぎてスリリングさのあまりアドレナリン放出間違いなしである。 ただ、もちろんオススメしたいのは女性だけでない。 「そんな手があったのか!? 」と意表を突いてくる盗みの手口、ピンチの脱却法は『オーシャンズ』シリーズのお決まりだが、これまでを上回る女性ならではの大胆で豪快な「どんでん返し」がしっかり用意されている。 ストーリー展開は『オーシャンズ11』を踏襲しており、比較して楽しむことが出来るのもファンにはまたたまらないだろう。 本作で新境地を開拓した1人がアン・ハサウェイ。 圧倒的な美貌と茶目っ気を持ち合わせつつ、少々自虐的で小悪魔的な腹黒さも覗かせ、「影の主役」だ。 また小高いドレッドヘアーを披露しファンを驚かせたリアーナは、自身のルーツであるバルバドス人を表現しようと、彼女がリスペクトするボブ・マーリーからインスパイアされ役作りに取り入れたと言う。 ステージ上の彼女とは全く異なる装いも要チェック! また、普段はニットキャップ姿のナインボールがファッショニスタぶりを発揮するメットガラ当日のドレス姿も、その変身前後のギャップに驚かされる。 そんな最高にクールでド派手な彼女たちが監視カメラによる死角なし、全世界にライブ中継される厳重なセキュリティー下にある「メットガラ」でどうやってお目当ての高級ジュエリーを盗み出すのか、小気味良いテンポの会話劇とともにスピード感たっぷりに堪能したい。 楳田 佳香.

次の

Amazon

ケイトブランシェット

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットが出演し、映画ファンの間でも人気の高い『オーシャンズ』シリーズ。 この女性版『オーシャンズ8』が7月10日の『金曜ロードSHOW! 』(日本テレビ系)で地上波初放送される。 主人公はダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)を兄に持つデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。 刑期を終え仮釈放されたデビーは、既に高級な宝石を盗み出す計画を立てていた。 相棒のルー(ケイト・ブランシェット)に始まり、ハッカーやファッションデザイナーなど個性豊かなメンバーを集め、美女8人で新たに結成された犯罪ドリームチーム。 司令塔役を演じるサンドラ・ブロック、その右腕役にケイト・ブランシェットとアカデミー賞女優を中心に、そこにグラミー受賞の歌姫リアーナ扮する天才ハッカー・ナインボールなどが加わり、とにかく豪華すぎる顔ぶれが揃う。 前作まではラスベガスが舞台だったが、本作が狙うは毎年5月にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」。 ターゲットは、そこでハリウッド女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身につける1億5000万ドルのネックレスと、これまた桁違いにゴージャスで前代未聞な強奪計画だ。 「メットガラ」に集うセレブの面々にもご注目。 主催者である米『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターはもちろんのこと、キム・カーダシアンやケンダル・ジェンナー、ジジ・ハディッド、そしてマリア・シャラポワまで、カメオ出演した実際のセレブ数はなんと47名。 正に豪華絢爛な世界と画面越しに出会える。 圧巻されている間に見逃してしまわぬよう目を凝らして観てほしい。 豪華なのはキャストだけではない。 この1億5000万ドルのネックレス、カルティエの全面協力で実現した映画のために特別に制作されたものだ。 重量感たっぷり、その輝きたるや思わず目を奪われてしまう。 ジュエリーに続いて、本作のメンバーがメットガラで着るために作られた世界的なトップデザイナーによるクチュールドレスも見ものである。 アルベルタ・フェレッティのシースルードレスで登場するデビー、エメラルドが散りばめられたジバンシィのジャンプスーツを着こなすルー、ヴァレンチノのホットピンクのドレスがとってもお似合いのダフネ役のアン・ハサウェイと、それぞれのキャラクターに合ったデザインのドレス姿に思わずうっとり、眼福が続く。 パンツスーツ姿があまりにキマりすぎて、マニッシュなファッションもお手のもの、やることなすこと全てが最高にクールなルー様の存在だ。 セレブにハイブランドジュエリー、ドレスともはや女子の憧れを全て詰め込んだかのような圧倒的世界観の中で、手に汗握りながらチームの型破りな作戦を見守ることになるのである。 刺激が多すぎてスリリングさのあまりアドレナリン放出間違いなしである。 ただ、もちろんオススメしたいのは女性だけでない。 「そんな手があったのか!? 」と意表を突いてくる盗みの手口、ピンチの脱却法は『オーシャンズ』シリーズのお決まりだが、これまでを上回る女性ならではの大胆で豪快な「どんでん返し」がしっかり用意されている。 ストーリー展開は『オーシャンズ11』を踏襲しており、比較して楽しむことが出来るのもファンにはまたたまらないだろう。 本作で新境地を開拓した1人がアン・ハサウェイ。 圧倒的な美貌と茶目っ気を持ち合わせつつ、少々自虐的で小悪魔的な腹黒さも覗かせ、「影の主役」だ。 また小高いドレッドヘアーを披露しファンを驚かせたリアーナは、自身のルーツであるバルバドス人を表現しようと、彼女がリスペクトするボブ・マーリーからインスパイアされ役作りに取り入れたと言う。 ステージ上の彼女とは全く異なる装いも要チェック! また、普段はニットキャップ姿のナインボールがファッショニスタぶりを発揮するメットガラ当日のドレス姿も、その変身前後のギャップに驚かされる。 そんな最高にクールでド派手な彼女たちが監視カメラによる死角なし、全世界にライブ中継される厳重なセキュリティー下にある「メットガラ」でどうやってお目当ての高級ジュエリーを盗み出すのか、小気味良いテンポの会話劇とともにスピード感たっぷりに堪能したい。 楳田 佳香.

次の

ケイト・ブランシェット、カンヌで4年前のドレスを着回し!:第71回カンヌ国際映画祭

ケイトブランシェット

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットが出演し、映画ファンの間でも人気の高い『オーシャンズ』シリーズ。 この女性版『オーシャンズ8』が7月10日の『金曜ロードSHOW! 』(日本テレビ系)で地上波初放送される。 主人公はダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)を兄に持つデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。 刑期を終え仮釈放されたデビーは、既に高級な宝石を盗み出す計画を立てていた。 相棒のルー(ケイト・ブランシェット)に始まり、ハッカーやファッションデザイナーなど個性豊かなメンバーを集め、美女8人で新たに結成された犯罪ドリームチーム。 司令塔役を演じるサンドラ・ブロック、その右腕役にケイト・ブランシェットとアカデミー賞女優を中心に、そこにグラミー受賞の歌姫リアーナ扮する天才ハッカー・ナインボールなどが加わり、とにかく豪華すぎる顔ぶれが揃う。 前作まではラスベガスが舞台だったが、本作が狙うは毎年5月にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」。 ターゲットは、そこでハリウッド女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身につける1億5000万ドルのネックレスと、これまた桁違いにゴージャスで前代未聞な強奪計画だ。 「メットガラ」に集うセレブの面々にもご注目。 主催者である米『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターはもちろんのこと、キム・カーダシアンやケンダル・ジェンナー、ジジ・ハディッド、そしてマリア・シャラポワまで、カメオ出演した実際のセレブ数はなんと47名。 正に豪華絢爛な世界と画面越しに出会える。 圧巻されている間に見逃してしまわぬよう目を凝らして観てほしい。 豪華なのはキャストだけではない。 この1億5000万ドルのネックレス、カルティエの全面協力で実現した映画のために特別に制作されたものだ。 重量感たっぷり、その輝きたるや思わず目を奪われてしまう。 ジュエリーに続いて、本作のメンバーがメットガラで着るために作られた世界的なトップデザイナーによるクチュールドレスも見ものである。 アルベルタ・フェレッティのシースルードレスで登場するデビー、エメラルドが散りばめられたジバンシィのジャンプスーツを着こなすルー、ヴァレンチノのホットピンクのドレスがとってもお似合いのダフネ役のアン・ハサウェイと、それぞれのキャラクターに合ったデザインのドレス姿に思わずうっとり、眼福が続く。

次の