グレイ ストーク。 グレイストークとは

【ガンダム】結局「グレイ・ストーク卿」は後の「ジュドー」ってことでいいの?

グレイ ストーク

出典: ジュドーアーシタの年齢ですが、公式設定では 14歳とされています。 この年齢はガンダム主人公最年少であるウッソ・エヴィンに次ぐ年齢です! ただ、この年齢は 宇宙世紀88年10月14日にあたるZZ第31話以降に準じており、ZZ開始から30話までは13歳という年齢でした。 なので、正しくは 13~14歳がジュドーの年齢と言えます。 13歳はウッソと同じ年齢で、つまりジュドーもガンダム最年少主人公と言えます(厳密にいえば『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の主人公アルフレッド・イズルハの年齢は11歳で最年少主人公なのですが、パイロットではないのでノーカウント)。 13歳という年齢は日本でいえばまだ中学1年生ぐらいの年齢なので、そんな年齢で作中の活躍をしたジュドーのポテンシャルの高さには驚きです。 出典: ZZ本編最後にジュドーは ルー・ルカと共に 木星船団に参加します。 ZZ第47話でハマーンとの最終決戦、ハマーンとの一騎撃ちに勝利したジュドーは仲間の元に帰還します。 その後、ハマーンの行動を放置しておきながら、戦局が有利になると援軍に駆け付けてきたエゥーゴの大人達へと失望と怒りを覚えながらも、「代わりに俺を殴って気を済ませろ」と言ったブライトを涙ながら殴り飛ばし、第一次ネオ・ジオン戦争におけるジュドー達の戦いは終わりました。 宇宙世紀0089年3月15日、ジュドーとルー・ルカはネェル・アーガマクルーやシャングリラの仲間達、そして作中で死亡したとされていた妹のリィナ・アーシタに見送られ、木星船団に参加するという最後で締めくくられています 何故木星船団に参加したかはジュドー本人からは語られず仕舞いでしたが、ドラマCD『機動戦士ガンダム・オデッセイ』ではブライトが参加した理由を「己のニュータイプの資質を更に高める為」、「あるいは、争いばかりが続く地球圏嫌気がさしたのかもしれない」と語っています。 出典: ZZ本編終了後のジュドーのその後は、TVシリーズなどでは描かれていません。 しかし、幾つかの漫画など外伝作品にはジュドー(もしくはそれらしい人物)のその後が描かれています。 それらの 作品ごとにご紹介します。 このジュドーは敵機より放たれたビームの軌道を見切り、ビームサーベルで切り払う他、ドーベンウルフのインコム2基を左右の武装で破壊すると同時に本体をハイ・メガキャノンで撃墜するなど、歴戦のエースパイロットの風格を見せました。 『 機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』 こちらは長谷川祐一氏の漫画ですね。 舞台は宇宙世紀0091年、ZZ本編のその後2年後という世界観で描かれています。 木星圏のオリュンポス・コロニーで暮らしていたジュドー(ちなみにルーとは別れています)の元にアムロ・レイが訪れ、二人は協力し合いネオ・ジオン残党が発掘した巨大機動兵器『 巨神』の発動を阻止し、パイロットとして利用されていたミネバ・ザビを救出する……といった内容の漫画です。 しかしこの漫画に出てくる『 巨神』のデザインがもろに 最終回で敵味方全員因果地平の彼方に消え去る某伝説巨神(細部のデザインが異なりますが)なんですよね…… 確かにガンダムも某巨神も富野由悠季監督が原作者とはいえ、あの黒富野の代表作(というか問題作)をクロスオーバーさせるとは……という衝撃的な作品でした。 『 機動戦士ガンダム 英雄伝説』 こちらは青木健太・松川健一氏によりSDクラブNo. 第二次ネオ・ジオン抗争後、シャアと共に消息を絶ったアムロ・レイを捜すカイ・シデンがシャングリラコロニーを訪れ、騒動に巻き込まれるという話です。 この漫画にはシャングリラチルドレンのメンバーやゲモン・バジャックなどZZのキャラクターが登場し、ジュドーも最終回でZZガンダムに乗って活躍します。 『 機動戦士ガンダム ムーンクライシス』 こちらは松浦まさふみ氏の漫画です。 舞台は宇宙世紀0099年。 ジュドーはルー・ルカらしき人物と共に木星船団の仕事をしており、地球に帰還します。 その際にビーチャ・オーレグらしき人物と再会した描写がありました。 『 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』• 『 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』• 『 機動戦士Vガンダム外伝』 この3作品は『逆襲のギガンティス』を描いた長谷川祐一氏の漫画です。 この3作に兆通して『木星じいさん』と名乗る『 グレイ・ストーク』という人物が登場しますが、 それがジュドーのその後の姿ではないかと噂されています。 『スカルハート』では自前のMSガンプに乗って、 主人公トビア・アロナクスと共にアムロ・レイの戦闘データをコピーしたバイオ脳が搭載されたMSアマクサを撃破しました。 『鋼鉄の7人』ではトビア達から神の雷計画を聞かされ、自分を欺いていた木星帝国に怒りを見せる一コマのみの登場でした。 『Vガンダム外伝』では戦乱が続く地球圏に嫌気が指し、同志たちと共にコロニーを2基連結させた冬眠船ダンディ・ライオンを建造し、太陽系外への脱出を計画していました。 作中では明言されていないものの、グレイ・ストーク=ジュドーのその後説の判断材料として、• グレイ・ストークの語る経歴が(16歳から木星船団で働いていた)ZZ本編その後のジュドーの経歴に酷似している。 ニュータイプであり、パイロットとしての技量もエースパイロット顔負けの高さを持つ。 MSガンプの頭部の外装の下にはZZに酷似した頭部があり、ハイ・メガキャノンを使用できる上、ダブルビームライフルに酷似した武装を持つ。 ゲーム作品では声優がジュドーと同じ矢尾一樹さんで、『ガンダムウォー』ではジュドーと同じ場に出せないという制限がある。 など、ジュドーと同一人物であることを示唆する証拠がちらほらあります。 しかし、実際は作中で誕生日を迎えていたので、正しくは13~14歳とのことです。 ZZ本編最後にジュドーはルー・ルカと共に木星船団の一員として木星へと旅立ちます。 ジュドーのその後はTV・OVAなどの映像作品を正史とするならば記されてはいませんが、幾つかの漫画などでその後を描かれていました。 特に、クロスボーン・ガンダムに出てくるグレイ・ストーク=ジュドー説が一番有力な説と考えられています。 14歳という若さで過酷な戦場を経験しながらも持ち前のバイタリティとメンタルの強さで乗り越えたジュドーならば、グレイ・ストークのような元気な老人になってもおかしくありませんね。

次の

クロスボーンガンダムでグレイ・ストークっていたけどあれは明...

グレイ ストーク

「機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス」 と言う作品があります。 この物語の時代は、宇宙世紀0091年なんですけど、アムロがジュドーに「メガゼータ」と言うZZのプロトタイプ機を届けに来るんです。 で、問題のグレイ・ストークの初登場が、宇宙世紀0150年のVガンダム外伝です。 物語自体は、クロスボーンが宇宙世紀0133年頃なので、先なんですけど、登場はこちらの方が後なんですね。 そして、グレイ・ストークの愛機のガンプ。 これ、ZZではなく、メガゼータの改修機なんだそうです。 だから、ジュドーの年老いた姿として問題はないのですが、 この作者に、ジュドー・アーシタが木星でこんなことしてましたと公式に設定する権限がないんですね…。 何故なら、名前にガンダムと付いたり、それに登場する人物だったりは、全てサンライズとバンダイのものなんですよ。 許可が必要な訳です。 「機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス」 この作品も、初めはバンダイが関わっていて、連載時のタイトルも、「ガンダムVS伝説の巨神」だったのが、単行本化の際にタイトル変更、バンダイからではなく、学習研究社から出版され、タイトルも「機動戦士~」となり、後に角川書店のVガンダム外伝と言う具合に出されているんですよ。 この初登場作品の単行本が、バンダイから外された時点で、グレイ・ストーク=ジュドー・アーシタと公に出来なくなってしまったと言うのが現実でしょうね。 ですから、公式になることは恐らくないでしょう…。 大人の事情ってやつです。 「グレイ・ストーク=ジュドー」は公式設定ではないです。 ただ、搭乗モビルスーツがZZに似ているとか、年齢設定がジュドーと合致するとか、ゲームでの声優がジュドーと同じ矢尾一樹さんとか、同一視できる状況ではありますが。 クロスボーンのシリーズは知名度はあるものの 少なくとも初期段階では 正史ではなく、しかも初登場の「Vガンダム外伝」では富野由悠季監督が監修から外れているので、いわゆる「大人の事情」が絡んでいるのかも知れません。 でも、アムロやシャアは実名で出てるんだけどね。 偽名を使う理由としては、ジュドーが地球連邦の官僚に反発していたのが関係しているのかも。 ZZの後半でも、腐りきった地球連邦の官僚に暴力的に振る舞う傾向があり、高いニュータイプ能力から地球連邦に危険人物としてマークされていた可能性もあるんじゃないかな。 戦後に木星に行ったのも、木星船団公社が地球連邦から独立した組織で、加入すれば地球連邦も手が出せなくなるからという見方もあります。 その後、地球圏に復帰する時には偽名のほうが活動しやすかったのかも知れません。 ほとんどは私の想像や憶測です。

次の

ジュドー・アーシタ

グレイ ストーク

出典: ジュドーアーシタの年齢ですが、公式設定では 14歳とされています。 この年齢はガンダム主人公最年少であるウッソ・エヴィンに次ぐ年齢です! ただ、この年齢は 宇宙世紀88年10月14日にあたるZZ第31話以降に準じており、ZZ開始から30話までは13歳という年齢でした。 なので、正しくは 13~14歳がジュドーの年齢と言えます。 13歳はウッソと同じ年齢で、つまりジュドーもガンダム最年少主人公と言えます(厳密にいえば『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の主人公アルフレッド・イズルハの年齢は11歳で最年少主人公なのですが、パイロットではないのでノーカウント)。 13歳という年齢は日本でいえばまだ中学1年生ぐらいの年齢なので、そんな年齢で作中の活躍をしたジュドーのポテンシャルの高さには驚きです。 出典: ZZ本編最後にジュドーは ルー・ルカと共に 木星船団に参加します。 ZZ第47話でハマーンとの最終決戦、ハマーンとの一騎撃ちに勝利したジュドーは仲間の元に帰還します。 その後、ハマーンの行動を放置しておきながら、戦局が有利になると援軍に駆け付けてきたエゥーゴの大人達へと失望と怒りを覚えながらも、「代わりに俺を殴って気を済ませろ」と言ったブライトを涙ながら殴り飛ばし、第一次ネオ・ジオン戦争におけるジュドー達の戦いは終わりました。 宇宙世紀0089年3月15日、ジュドーとルー・ルカはネェル・アーガマクルーやシャングリラの仲間達、そして作中で死亡したとされていた妹のリィナ・アーシタに見送られ、木星船団に参加するという最後で締めくくられています 何故木星船団に参加したかはジュドー本人からは語られず仕舞いでしたが、ドラマCD『機動戦士ガンダム・オデッセイ』ではブライトが参加した理由を「己のニュータイプの資質を更に高める為」、「あるいは、争いばかりが続く地球圏嫌気がさしたのかもしれない」と語っています。 出典: ZZ本編終了後のジュドーのその後は、TVシリーズなどでは描かれていません。 しかし、幾つかの漫画など外伝作品にはジュドー(もしくはそれらしい人物)のその後が描かれています。 それらの 作品ごとにご紹介します。 このジュドーは敵機より放たれたビームの軌道を見切り、ビームサーベルで切り払う他、ドーベンウルフのインコム2基を左右の武装で破壊すると同時に本体をハイ・メガキャノンで撃墜するなど、歴戦のエースパイロットの風格を見せました。 『 機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』 こちらは長谷川祐一氏の漫画ですね。 舞台は宇宙世紀0091年、ZZ本編のその後2年後という世界観で描かれています。 木星圏のオリュンポス・コロニーで暮らしていたジュドー(ちなみにルーとは別れています)の元にアムロ・レイが訪れ、二人は協力し合いネオ・ジオン残党が発掘した巨大機動兵器『 巨神』の発動を阻止し、パイロットとして利用されていたミネバ・ザビを救出する……といった内容の漫画です。 しかしこの漫画に出てくる『 巨神』のデザインがもろに 最終回で敵味方全員因果地平の彼方に消え去る某伝説巨神(細部のデザインが異なりますが)なんですよね…… 確かにガンダムも某巨神も富野由悠季監督が原作者とはいえ、あの黒富野の代表作(というか問題作)をクロスオーバーさせるとは……という衝撃的な作品でした。 『 機動戦士ガンダム 英雄伝説』 こちらは青木健太・松川健一氏によりSDクラブNo. 第二次ネオ・ジオン抗争後、シャアと共に消息を絶ったアムロ・レイを捜すカイ・シデンがシャングリラコロニーを訪れ、騒動に巻き込まれるという話です。 この漫画にはシャングリラチルドレンのメンバーやゲモン・バジャックなどZZのキャラクターが登場し、ジュドーも最終回でZZガンダムに乗って活躍します。 『 機動戦士ガンダム ムーンクライシス』 こちらは松浦まさふみ氏の漫画です。 舞台は宇宙世紀0099年。 ジュドーはルー・ルカらしき人物と共に木星船団の仕事をしており、地球に帰還します。 その際にビーチャ・オーレグらしき人物と再会した描写がありました。 『 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』• 『 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』• 『 機動戦士Vガンダム外伝』 この3作品は『逆襲のギガンティス』を描いた長谷川祐一氏の漫画です。 この3作に兆通して『木星じいさん』と名乗る『 グレイ・ストーク』という人物が登場しますが、 それがジュドーのその後の姿ではないかと噂されています。 『スカルハート』では自前のMSガンプに乗って、 主人公トビア・アロナクスと共にアムロ・レイの戦闘データをコピーしたバイオ脳が搭載されたMSアマクサを撃破しました。 『鋼鉄の7人』ではトビア達から神の雷計画を聞かされ、自分を欺いていた木星帝国に怒りを見せる一コマのみの登場でした。 『Vガンダム外伝』では戦乱が続く地球圏に嫌気が指し、同志たちと共にコロニーを2基連結させた冬眠船ダンディ・ライオンを建造し、太陽系外への脱出を計画していました。 作中では明言されていないものの、グレイ・ストーク=ジュドーのその後説の判断材料として、• グレイ・ストークの語る経歴が(16歳から木星船団で働いていた)ZZ本編その後のジュドーの経歴に酷似している。 ニュータイプであり、パイロットとしての技量もエースパイロット顔負けの高さを持つ。 MSガンプの頭部の外装の下にはZZに酷似した頭部があり、ハイ・メガキャノンを使用できる上、ダブルビームライフルに酷似した武装を持つ。 ゲーム作品では声優がジュドーと同じ矢尾一樹さんで、『ガンダムウォー』ではジュドーと同じ場に出せないという制限がある。 など、ジュドーと同一人物であることを示唆する証拠がちらほらあります。 しかし、実際は作中で誕生日を迎えていたので、正しくは13~14歳とのことです。 ZZ本編最後にジュドーはルー・ルカと共に木星船団の一員として木星へと旅立ちます。 ジュドーのその後はTV・OVAなどの映像作品を正史とするならば記されてはいませんが、幾つかの漫画などでその後を描かれていました。 特に、クロスボーン・ガンダムに出てくるグレイ・ストーク=ジュドー説が一番有力な説と考えられています。 14歳という若さで過酷な戦場を経験しながらも持ち前のバイタリティとメンタルの強さで乗り越えたジュドーならば、グレイ・ストークのような元気な老人になってもおかしくありませんね。

次の