検査 値 ck。 血液検査のCK(CPK)が高い場合と低い場合について基準値もチェック。

血液検査のCK値の基準値は?高い、低いと何が問題?

検査 値 ck

- 目次 -• ckとは ck(シー・ケー)はクレアチンキナーゼの略語で、CKと大文字で表記されることや、CPK(シー・ピー・ケー。 クレアチンホスホキナーゼ)と呼ばれることもあります。 ckは酵素で筋肉(骨格筋、心筋(心臓の筋肉です)、平滑筋)や脳、腸管などにある細胞に存在しており、エネルギー代謝にとても重要な働きをしています。 これらの組織・臓器が障害されると、細胞からckが血液中に漏れ出すために、血液検査でckの数値が異常に高くなります。 ckには3種類(この種類のことを専門用語でサブタイプと言います)が存在し、MM型(CK-MM)、MB型(CK-MB)、BB型(CK-BB)に分類されています。 それぞれに多く含まれる臓器や組織があり、MM型は骨格筋、MB型は心筋、BB型は脳や子宮、腸管に多く分布しています。 このことを利用して、異常高値となっているckがどの臓器や組織から漏れ出したものかを推定することが可能です。 なお通常の血液検査で測定されているckは、これら3種類の合計(総ck)であると考えていただくとよいでしょう。 この項では特にCK-MMが増加する病気について説明します。 なおCK-MBは心筋梗塞や心筋炎で上昇します。 特に心筋梗塞の診断やその重症度の判定について必須の検査となっていますが、これらの病気はほとんどが救急で対応することが多いので、この項では割愛させていただきます。 もうひとつのCK-BBは脳疾患(脳卒中(脳血管障害)や脳外傷)、胃がん・肝臓がん・前立腺がんなどの悪性腫瘍で増加することがありますが、医療現場ではほとんど利用されていません。 CK-MMが増加する代表的な病気 CK-MMは骨格筋に含まれるために、骨格筋が障害される病気で増加します。 横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)、進行性筋ジストロフィー、多発性筋炎が代表的な病気です。 横紋筋融解症は高温環境(熱中症など)や激しい運動、圧迫(意識を失って長時間一定の姿勢で倒れていた場合など)、薬剤などによって筋肉の細胞が壊れた結果、血液中のck値が異常に高くなる病気です。 総ck値が数千~数万IU/lにまで増加すると(総ckの正常値は50~200IU/l程度です)、急性腎不全を生じて血液透析を必要とする場合もあります。 進行性筋ジストロフィーは骨格筋の変性・壊死(えし)と筋力低下が徐々に進行していく遺伝性の病気で、重症化すると歩くことができなくなるなどの症状が出現し、さらには呼吸をするための筋肉も障害されるために死亡する場合もあります。 特にDuchenne(デュジェンヌ)型と呼ばれるタイプは進行が速いことが知られており、20歳前後で死亡します。 ただし3~6歳頃男児にのみ発症し、女性は保因者といって遺伝はしていますが発症はしません。 多発性筋炎は筋肉に炎症が起こる原因不明の病気で、立ち上がりにくい、階段を上がるのがつらい、などの症状で気付かれます。 成人では1:2に女性に多い病気です。 この病気はしばしば自己免疫疾患や膠原病、感染症に合併して発症します。 また悪性腫瘍(がん)を合併する頻度が健常者の約2倍であることから、多発性筋炎の診断が付いた時点で、全身にがんがないかをチェックすることが欠かせません。 カテゴリから探す•

次の

CK−検査数値あれこれ−「ニュートンドクター」全国医療機関・病医院・歯科医院情報

検査 値 ck

それぞれ含まれている臓器が異なり、CK-BBは脳や平滑筋、CK-MBは心臓、CK-MMは骨格筋に多く存在しています。 タイプ別に考えられる病気は以下の通りです。 CK-BB:脳の病気 脳や、などの脳の病気が考えられます。 CK-MB:心臓の病気 やといった心臓の病気で上昇する傾向があります。 CK-MBは心筋梗塞を疑う際の指標となります。 CM-MM:筋肉に関わる病気 、、症や筋委縮症、けいれん直後などに増加することが多いとされています。 ほかに、も筋細胞に影響を与えるため、CK-MMが上昇する傾向にあります。 CK-MMは骨格筋に含まれているため、過度な運動、寒さによる震え、緊張によるこわばりなど、日常生活の中で起こりうる現象によって骨格筋にダメージが加わると上昇することがあります。 しかし、数値が高いうえにほかの症状があるときや、ほかの検査値にも問題があるときなどは何らかの病気である可能性が懸念される場合もあります。 医師から再検査や追加検査の指示がある場合は必ず従うようにしましょう。 そして、それぞれの臓器に適した検査が行われます。 CK-BB:頭部CTやMRI 脳の病気を考えて頭部CTやMRIを行います。 場合によっては、脳や脊髄の中を循環している脳脊髄液を採取するため、腰の辺りの脊椎に針を刺す検査を行うこともあります。 CK-MB:心電図や心臓超音波検査 現実的には、CKが異常値であった場合、まずはCK-MBの測定が行われます。 その値が総CKの10%を超えるときは急性やなどの病気が疑われ、より詳しい検査が必要になることもあります。 心臓の病気の可能性を考えて、まずは体への負担が少ない心電図や心臓超音波検査を行われます。 や心筋梗塞など、心臓に栄養を供給する血管である冠動脈の病気が考えられる場合は、心電図や心臓エコー検査を行い、必要であれば追加で心臓CT検査やを行います。 心筋炎などが疑われるときは、心臓MRIやSPECT検査など心筋の機能や血流を評価するための検査が追加して行われます。 CK-MM:筋電図検査や筋生検 まず、の可能性を考え、この病気を引き起こすような薬の使用や脱水、、けがなどがないか確認します。 特殊な状況として筋肉の病気が疑われるときは、筋電図検査や筋肉の組織を一部採取する筋生検と呼ばれる検査などが行われます。 など遺伝子の異常が関与していると考えられる場合は、必要に応じて遺伝子検査が行われることもあります。 また、ほかの身体的症状などからが疑われる場合は、甲状腺ホルモン値などを調べる血液検査や甲状腺の状態を確認するための超音波検査などを行います。

次の

検査値K(カリウム)とは

検査 値 ck

・CK(クレアチンキナーゼ)とは? (注)CKは、医療機関によってCPKと記載されたりしますが、一緒ですのでご安心下さい。 CKは逸脱酵素という性質があり、 存在している組織が損傷すると血液中に離脱してくるものです。 主に、 筋肉(特に心臓)系の検査という認識の方が多くいらっしゃると思います。 その通り、正解です! 毎年の健康診断で多少馴染みがある項目かもしれませんが、診断の補助項目として非常に有用とされています。 さらに、CKは筋肉系(心臓、平滑筋、骨格筋など)に対して特異性(筋肉以外にほとんど存在しない)が高く、 身体の様々な筋肉の状態を反映している項目といえます。 CKの「意外と知られていない」生理学的変動や検査による要因 <異常値を示したとしても、 病気!とは限らず日常生活や検査をする過程で起こり得る様々な要因によって検査値が変動すること>をいいます。 CKは 日内変動(採血するタイミング、朝夕などで検査値が変わる)の影響はないものの、 性差(元来、男女で検査値に差がある)や加齢による影響は存在します。 *性差:男性>女性 *新生児は成人の2倍程度、老齢期には減少傾向 生化学的検査は、採血後に高速で遠心して固形成分(赤血球や血小板など)と液体成分(血清や血漿など)に分離します。 検査で用いるのは液体成分の方です。 では、CKが異常高値を示した場合。。。 筋肉系の障害が考えられ、 心筋梗塞、先天性筋ジストロフィー、筋炎、筋硬直症など、の疑いがあります。 しかしながら、別の可能性として、、、 (例)検査前日、久しぶりの運動会で全力疾走で大はしゃぎ!全身筋肉痛・・・ といった、 体のどこかに障害があるわけではなく、筋肉(特に普段運動していない方の激しい運動後)の状態などで、見かけ上異常高値を示す場合もあります。 訪問者 筋肉の どの部分に障害があるかは、CKのみでは判断が難しく、 他の検査項目を一緒に測定して総合的に解釈 します。 ・CK検査の目的と関連項目 詳しい病状や部位を知るために関連項目である<、、など >と一緒に検査します。 (注)心臓や筋肉系の障害が認められた場合は原因を特定するために、以下のような追加検査をすることがあります。 CKアイソザイム(MM型、MB型、BB型)や心筋マーカー(MYO、CK-MB、TnTなど)など。 ・臨床検査技師の視点でCKを解説 CKは身体の筋肉組織が壊されて血液中に離脱してきます。 筋肉組織には 随意筋(自らの意思で動かすことのできる筋肉:手足など)と 不随意筋(自らの意思で動かすことのできない筋肉:心臓など)があり、常に動いているため不足しても多すぎても良いことはありません。 ですので、病院での血液検査では、心臓や筋肉系の検査(どこかに異常がないかどうかチェック)として用いられます。 多くは 心筋梗塞などの心臓疾患を疑いますが、他の筋肉疾患の可能性もあると思います。 CK値が上昇した場合、単独の場合と他の検査値も変動(上昇)している場合があると考えます。 CKとAST・LDともに異常高値であった場合・・・ 心臓疾患(心筋梗塞)の可能性があります。 ASTとLDは心筋組織にも存在しているため検査値は同じ動き(CKとともに上昇)をすることが多く、 さらに CKアイソザイム(下の方で説明します)で MB型が上昇していれば確定となります。 ASTが500以上でLDおよびCKが数千であった場合は卒倒の可能性があるため、パニック値(早急に処置の必要性あり)として検査室から医師へ連絡します。 ただし、血液検体が溶血していないことが前提になりますのでご留意下さい。 (AST、LD、Kが赤血球からの逸脱で偽高値となり診断の補助には使えないため) <心筋梗塞のおける生化学的検査の留意点> ・上記のCK、CKMBなどは発症後数時間から上昇し始めるため 、 心筋梗塞の超急性期(発症30分以内)では見つけることができません。 胸痛など持続的な鋭痛がある場合は早急に医療機関で受診して下さい。 CKは異常高値、他は正常値であった場合・・・ 心臓や筋肉系疾患の可能性もありますが、と同時に、 激しい運動後など生理学的変動も視野に入れなくてはなりません。 筋肉痛などがあれば、数日後再検査して低下していることを確認しましょう。 自覚症状のない場合は、念のため、他の検査項目(CKアイソザイムや心筋マーカーなど)を測定してみる必要があります。 <CKアイソザイム> 少しややこしいですが、CKアイソザイムについて書いておきます。 アイソザイムとは「酵素の活性は同じだが、構成するアミノ酸配列が異なるので蛋白質分子としては別種」です。 簡単にいうと、 「 どこから逸脱してきたCKか」、が分かるということですね。 (全てではありませんが、、、) CK値が上昇してきたらアイソザイムを測定して「どこから逸脱してきたのか」確かめます。 CK アイソザイムは MM(骨格筋由来)、MB(心筋由来)、BB型(脳由来)の3種類があり、以下のような解釈をすることが多いですね。 代表的なものを記載しておきます。 MM型が多い:骨格筋疾患、激しい運動後、など MB型が多い:急性心筋梗塞、心筋炎、筋ジストロフィー、など BB型が多い:悪性腫瘍、急性脳障害、など (注)アイソザイム検査は非常に特殊な方法を用いているため、大きな病院でしか行なわれていません。 測定誤差範囲なので大丈夫ですよ ここからは現場の方の苦労を。。。 血液検査を専門としている臨床検査技師が最も大変なのは・・・血液検体と会話できないことです! 何を言っているんだ。。。 と思うかもしれませんが 目の前に患者さんがいるわけではないので、今どの程度具合が悪いのか、熱がありそうなのか、顔色はどうなのか、など観察できないのです。 検査データを報告する際は、患者さん個別の前回値(前回の採血結果)や診療録を参照しながら、病態をイメージしています。 病気が進化するとともに治療も進化していきますので、分析に用いる検査試薬や方法も古いものは使えなくなっていきます。 そのためには 幅広い知識と豊富な経験が必須となり、日々進化し続ける病気や進歩し続ける検査法、両方に対応しなければならないのです。 TAK はじめまして。 TAKです。 ブログを読んで頂きありがとうございます。 当サイトは 「医療・健康・話題」を中心に最新情報などを掲載しています。 「臨床検査技師」取得後、大学病院勤務はや20年。。 月日は早いものですね 笑 血液(採血)検体検査専門。 学会発表・論文投稿・専門の資格取得など多数。 今はネット環境も整い何でも調べられますが、実際に現場での経験とは違うなぁ・・・というものが残念ながらあります。 今後、ますます(少子)高齢化社会が加速し医療は不可欠です。。 ご本人・ご家族・身近な人など病気と血液検査(採血)はセットです。 そこで、私の経験を少しでも参考にしてもらいたく記事にしていこうと始めました。 医療の正しい知識を共有して健康寿命を延ばしていきましょう! また、今後は他分野の話題にも触れていきたいと思います。

次の