冴えないし 再放送。 17歳・水沢林太郎、吉川晃司主演『探偵・由利麟太郎』最終章で“冴えない新社会人役”に挑戦!「父が大ファン」

17歳・水沢林太郎、吉川晃司主演『探偵・由利麟太郎』最終章で“冴えない新社会人役”に挑戦!「父が大ファン」

冴えないし 再放送

「」より 2000年に放送された連続テレビドラマ『 やまとなでしこ』(フジテレビ系)が『20周年特別編』として、2週連続で再放送される。 7月6日21時からは第一夜「ずっと探してた人」、13日21時からは第二夜「いつか王子様が」という内容だ。 2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した超人気ドラマ。 今回の再放送は、4月クールの月9ドラマ『SUITS/スーツ2』が新型コロナウイルス感染拡大の影響で第3話以降の放送を延期したことに伴うものだが、フジも「伝説のラブストーリーが20年ぶりに月9で復活」と宣伝に余念がない。 特別編の放送にあたり、松嶋は「20年の時を経て、まさかゴールデンで総集編が放送されるとは想像もしていませんでした。 今でも多くの方々の記憶に残っていることに驚き、リクエストなどで『やまとなでしこ』を応援してくださったみなさんに感謝しております。 初めてごらんになる方は、愛よりお金をはっきりと口にする桜子に驚くかもしれませんが、ぜひ楽しんでごらんください」とコメントを発表している。 いまだに同作が松嶋の代表作といわれるゆえんでもあります。 松嶋は1996年に朝ドラ『ひまわり』(NHK)のヒロインに抜擢され、98年には『リング』で映画初主演、その後も『GTO』(フジテレビ系)、『魔女の条件』(TBS系)などの話題作に出演して、人気女優としての階段をのぼっていました。 また、同作は『ハケンの品格』(日本テレビ系)や『ドクターX』(テレビ朝日系)のシリーズでも知られる中園ミホ氏が脚本を務めており、同氏の代表作のひとつにも数えられています。 さらに、同作の魅力を高めているのが、主題歌であるMISIAの『Everything』。 感動的なバラードがドラマの内容とマッチし、同曲はミリオンセラーを達成しました」(週刊誌記者) しかし、そんな超人気ドラマも08年以降は再放送されることがなかったという。 「出演していた押尾学が09年8月にMDMAという薬物を服用し、逮捕されたためです。 しかも、押尾は愛人と言われたホステスと一緒で、彼女の容態が急変したにもかかわらず放置するなど、その悪質性が物議を醸しました。 結局、押尾は懲役2年6月の実刑判決を受けています。

次の

冴えない彼女の育てかた | BS11(イレブン)

冴えないし 再放送

モデルで俳優のが、7月7日、14日に放送される主演の5週連続特別ドラマ『』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の最終章「マーダー・バタフライ前後編」に、冴えない新社会人役で出演することがわかった。 同ドラマは、吉川演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助()とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む原作のホラーミステリー。 最終章で水沢が演じるのは、イケてない新社会人・雨宮順平。 雨宮は、演じるオペラ界のスター女優・原さくら率いる音楽団を陰で支える裏方であり、演じるさくらのメインマネージャー・土屋恭蔵の助手をしている。 ミスが多く、要領が悪いと、上司である土屋に厳しく叱責される役回りだ。 17歳の現役高校生で、「MEN'S NON-NO」の専属モデルも務める水沢からコメントが到着。 以下に紹介する。 僕は今17歳ですが、学生ではない社会人の役は初めてでした。 これまで演じてきた役は、僕自身が少しは経験したことのある部分が多かったので、最初いろいろとまどいました。 あと、雨宮順平は、新人でとても不器用な男性なので、それを表現するのも難しかったです。 見た目からやっていこうと思って。 父は、吉川さんのコピーバンドもやっていたみたいで、吉川さんにもこのお話をさせて頂きました。 今回共演できて、父が一番喜んでくれています。 あの存在感。 背中が大きい。 あの背中は、人の体じゃない! って思いました(笑)。 あんなに、大きい背中を見たのは、初めてでしたね。 あと、吉川さんにプロレス技をかけられたのが思い出深いです。 絶対作品に関係ないだろうというポーズをたくさんしました(笑)。 今回で2回目です。 土地勘もなかったのですが、何回か、一人で焼肉やラーメンを食べに行きました。 京都限定のものは、食べなかったですね(笑)。 父親がつけてくれたみたいです。 最初台本いただいた時、びっくりしました。 「由利麟太郎? え? 同じ名前だ!」って思いました。 とにかく、おもしろいです。 現場では、細かいところまで、すごく力をいれて撮影されているので、注目していただければなと思います。 僕の役は……ダメダメな男です。 何考えているか分からない役です。 そして、最後の最後には、とんでもないことが起こりますので、最後まで見ていただければと思います!.

次の

テレビが再放送をなかなか本格化できない事情 制約多く迷う間に「コロナチャンネル化」の一方

冴えないし 再放送

女優の仲間由紀恵が主演のドラマ『ごくせん』(日本テレビ)の第1シリーズの最終話が12日に放送され、感動のクライマックスを迎えるとネット上には「最終回、号泣」「最終回最高だった。 松潤の色気が半端ない」「再放送ありがとう」といった声が殺到した。 2002年、2005年、2008年と3シリーズに渡り放送され、2009年には映画化された。 再放送した第1シリーズには、嵐の松本潤のほか、小栗旬、石垣佑磨、成宮寛貴、上地雄輔、松山ケンイチ、ウエンツ瑛士、田中圭ら今となっては考えられないほど豪華なキャストが生徒役として出演していた。 彼女が務める白金学院高校では駆けつけたマスコミと3年D組の生徒たちが校門の前で衝突するトラブルも勃発。 理事長の猿渡憲太郎(平泉成)は、3年D組生徒全員の退学を匂わせながら、久美子が辞表を出せば生徒の処分を取り消すと告げる。 3年D組の面々を無事に卒業させるため、自分が身を退く決心をした久美子。 しかし事態の成り行きを知った3年D組の生徒たちは、久美子の退職を取り消させるために、教育シンポジウムでスピーチをする理事長の前に立ちふさがる。 生徒たちの行動を知った久美子は、その場に駆けつけて自らの気持ちにケジメをつけるように語り始める…。 感動的な最終回の放送終了後、ネット上には「こんなに愛の溢れる先生いないよ」「ヤンクミの言葉、ひとつひとつ心に響く」「何度見ても涙が出てくるシーン」とヤンクミの熱血さに感動する投稿が相次いだほか、さらにイケメン俳優たちの若き日の姿に「ごくせんの松潤ほんときゅんすぎてやばい」「松潤の色気が半端ない」「小栗旬がしてたカチューシャ懐かしすぎる」「成宮くんカッコよすぎて好き」といったコメントも殺到。 さらに「全話再放送ありがとうございましたーー!!!!やっぱ最高だったー!」「ごくせん15年以上経って見てもめちゃめちゃ面白かったのでこの調子で2の再放送もできませんか」「卒業式スペシャルも見たいよ」とシリーズ続編の再放送を望む声も多く集まっている。

次の