ライン 浮気調査 パソコン。 LINEでの浮気調査を自分で行う!夫の浮気を見破る方法|旦那の浮気調査 研究所

実は簡単!? 自分でできる浮気調査の方法、15のテクニック

ライン 浮気調査 パソコン

浮気をしている疑いがある人が、パソコンをよく使う人の場合、浮気の痕跡がパソコンに残されていることもあります。 パソコンの履歴を調べて浮気をしていないかチェックしてみましょう。 浮気を調べるというと、スマホから浮気の証拠を探そうとする人も多いですが、スマホは常に手元に置く人が多いため、なかなかスマホから浮気の証拠を探すのは難しいです。 パソコンなら、自宅にパートナーが居ないときを見計らって調べることができ、ポイントを押さえれば、 パソコンの操作に慣れていない人でも、浮気の痕跡をパソコンから発見できる可能性があります。 パソコンの履歴から浮気をチェックする方法で、浮気の痕跡が見つかる可能性の高い方法をご紹介したいと思います。 インターネットブラウザの履歴をチェック• Chrome• Firefox• Opera など このブラウザの種類によって、細かな操作は若干違いますが、浮気をチェックする方法は共通します。 閲覧履歴をチェック インターネットブラウザには、閲覧履歴という過去に閲覧したサイトの情報を一時的に保存する機能があります。 基本的に 各ブラウザの設定画面から「閲覧履歴」や「履歴」という項目から、過去に閲覧したサイトの情報を見ることが出来ます。 この過去に閲覧したサイトの情報から、 「有料出会い系サイト」や「出会い系掲示板」などのサイトがないかチェックします。 また、ブラウザには「ブックマーク機能」が付いているので、 ブックマークされているサイトも一緒にチェックしてください。 検索履歴をチェック パソコンにメーラーソフトを使ってメールを受信している場合、そのメーラーソフトから過去のメール内容をチェックすることが出来ます。 メールから浮気につながる重要な情報を手に入れるチャンスですが、2つ注意点があります。 1.新規のメールを開いてはいけない(受信しない) メーラーソフトからメールをチェックする場合、 新着メールや新しいメールの受信を行わないようにしてください。 新しいメールを開くと、 パートナーがメーラーを開いたときに浮気チェックしたことを気付かれる可能性があります。 2.WEBメールサービスにはログインしない メーラーではなくWEBメールサービスを使ってメールの管理を行っている人もいます。 このWEBメールサービスはスマホのメールアプリと連動している可能性があるため、 メールを見たことが、スマホを持っている人に気付かれる危険があります。 メールの履歴をチェックしたい場合、この2つに注意して、過去のメールだけをチェックするようにしてください。 パソコン内のデータ履歴をチェック インターネットブラウザやメールよりも可能性は低くなりますが、他にもパソコンから浮気の痕跡を見つけることができる場所をいくつかご紹介します。 最近使ったファイルをチェック パソコンで最近使ったファイルの履歴が残っているはずです。 最近使ったファイルには、WEBサービスなどにログインするためのIDやパスワードから、浮気相手の連絡先を残したテキストが見つかるかもしれません。 削除されたファイルをチェック ここ最近で削除されたファイルを、パソコンのゴミ箱からチェックしましょう。 メールの書き損じテキストや写真や動画ファイルが見つけるかもしれません。 入力履歴をチェック パソコンにはユーザーの入力を補助してくれる予測変換機能というのがあります。 よく使う単語をパソコンが学習して記憶することで、入力スピードを早くする機能ですが、この機能を使い 浮気に関連するキーワードをテキストに入力して、変換候補をチェックします。 ソフトウェアをチェック パソコンにインストールされているソフトをチェックします。 チャットやSNS、ゲームのソフトなどから、浮気相手と連絡を取り合っていることもあるので、 どんなソフトがパソコンにインストールされているかチェックしてください。 このように、パソコンから浮気をチェックする方法はいくつかあります。 自宅のパソコンを操作することができるのなら、一度パソコンから浮気チェックを試してみてはいかがでしょうか。

次の

LINE(ライン)があやしい場合の浮気調査|探偵はLINEの内容は見れません

ライン 浮気調査 パソコン

LINEにはトーク履歴を第三者に自動で送信する機能がついています。 ポイントはLINEのトークでの1つのメッセージのみを転送するのではなくて、それまでに保存されているトーク履歴全てをまとめて転送できる点です! このlineのトーク履歴の転送機能は、普段は簡単にタップできる場所にボタンがないので、あまり知られていません。 早速、どこにそのような機能があるのか?を説明しましょう。 LINEのトーク履歴の転送方法 条件としては、転送したいLINEのトーク履歴がある端末を操作する必要があります。 つまり、旦那さんの浮気をチェックしたいのであれば、こっそり旦那さんのスマホを操作しなくてはいけません。 なので、パートナーのスマホロック画面が解除できる前提で読んでください。 まずlineのトーク履歴を確認したいアカウント(浮気相手)を探します。 そして、その浮気相手と思われるアカウントとのトーク画面を開きます。 1、右上の三本線をタップ 2、右上の歯車をタップ 3、トーク履歴を送信を選択 そうすると、「メッセージ」「メール」「Twitter」「LINE」など送信できるツールのアイコンが表示されるので、使いたい送信先を選択します。 例えば、LINEを選択した場合は、次に送信先を選択する画面に変わるので、あとは自分宛に転送すればOKです。 転送先に送られてくる情報 Lineのトーク履歴の転送先で受け取れる情報は以下の通りです。 ・タイトル「〇〇とのトーク履歴」 ・保存日時(転送した日時) ・LINEトークの日時 ・トーク内容 ・スタンプ ただし、以下の情報までは見ることができません。 スタンプの画像 履歴には「スタンプ」とだけ表記されて、どんなスタンプかまでは分かりません。 ただし、文中の絵文字は閲覧する端末に互換性があれば、そのまま表示されます。 赤いハートなんて送り合っていたらバレバレです。 端末から消去されたトーク 手動で消去済のトークは履歴でも見れません。 ただし、パートナーが自分が送ったトークを「送信取り消し」した場合は、「送信取り消し」という文字が履歴に残っているので怪しいです。 (「送信取り消し」という表記自体も消去していたら見れません) とはいえ、lineのトーク履歴をまるまる読み進めていけば、ある程度の関係性は予測できますよね。 不自然に抜けているトークにも気がつくハズです。 このように、自分の端末にlineのトーク履歴を丸々転送して保存できることで、後からゆっくりチェックできることが浮気調査に向いています。 アカウントだけでは誰が怪しいか一見分からないので、とりあえず見覚えのないアカウントのトーク履歴を片っ端から自動転送するのもいいかもしれません。 さらに自分の端末に保存できることで、浮気の証拠として後から紙にプリントアウトすることだってできちゃいますよね。 lineのトーク履歴を転送した後の注意点 Lineのトーク履歴を他の端末に転送すると、パートナーの端末にトーク履歴として残ってしまいます! なので、必ずlineのトーク履歴を送信した履歴を消去するようにしてくださいね。 AirDropでもlineのトーク履歴を送信できる! さらに、LINEのトーク履歴は、iPhone同士であればAirDropでも送信できます。 そのためには、まず自分のスマホを、AirDropを受け入れできる設定にしておいてください。 その上で、LINEトーク履歴送信まで進むと、送信方法選択のところで受信可能な端末一覧が出てきます。 あとは自分のスマホを選択するだけです。 番外編~他の端末からパートナーのLINEにログインする方法 もう一つの手段として、パートナーのLINEログイン情報を知っていれば、他の端末から入り込むことができます。 がしかし、あまり賢明な方法ではありません。 まずは、他のスマホやタブレットからログインしようと思っても、パートナーの端末でログインしている時点で制限がかかってしまい不可能です。 一方、PCからであればログイン可能ですが、その場合もあらかじめパートナーのLINEにPCからのログインを許可する設定にしておかないといけません。 そのため、LINEのトーク履歴を転送するよりもリスクも高く、よほど手慣れた人ではないと後処理(元に戻すこと)でボロが出てしまいます。 まだ、パートナーが読んでいないlineのトークを開いてしまったら「既読」になってしまいますし、閲覧する時間にも限りがあるため、トーク履歴を自動転送する方がゆっくり浮気を精査するには向いています。 LINEのトーク履歴が転送できない時の原因と対処方法 前章の手順でやっても、LINEのトーク履歴がうまく送信できない時があります。 そのような時は以下の3つについてチェックしてみてください。 原因1~受信元のメールに文字制限がある 自分のLINEを送信先に選択すれば問題ないですが、キャリアメールを選択して送信した時に、文字制限に引っかかってしまうことがあります。 Lineのトーク履歴を丸々送信するとかなりの文字数になりますから、当然送信エラーになってしまします。 したがって、送信先はできれば自分のLINE宛か、文字制限のないメールアドレスを選択するようにしましょう。 メールであれば、宛先にアドレスを入力すれば送れます。 原因2~ラインのバージョンが更新されていない Lineのトーク履歴を送信する方も受信する方も、ラインが最新版にバージョンアップされていないとうまく送信できない時があります。 稀なケースではありますが、極端に両者のlineのバージョンに新旧の開きがあると、転送ファイルに互換性がありません。 このような時は、どちらか新しい方に合わせてlineのバージョンを更新する必要があります。 が、もしもlineのバージョンアップをパートナーの端末で行わないといけない場合は、勝手にバージョンアップしたことがバレてしまうリスクもありますね。 原因3~AirDropの受信設定がされていない AirDropがうまくできない(そもそも選択画面に自分の端末が出てこない)時は、受信設定が済んでいるかを確認しましょう。 ホーム画面を下から上にスライドすると、管理画面が出てきますね。 左上にある飛行機マークなどがある黒い枠を長押しすると、AirDropのアイコンが出てくるので受信できる設定に切り替えてください。 (通常は受信できない設定になっています) 消したlineのトーク履歴を復元する方法 では、肝心のlineのトーク履歴をパートナーが用心深く消去していたらどうでしょうか? この場合は、削除したlineのトーク履歴を復元してから転送する必要があります。 ただし、専用クラウドにバックアップをとっているlineのトーク履歴しか復元することはできません。 iPhoneのlineのトーク履歴の復元方法 1、LINEのアプリをアンインストールする 2、再度LINEアプリをインストールする 3、ログインに必要な個人情報を入力する 4、トーク履歴の復元画面から「トーク履歴をバックアップから復元」をタップする アンドロイドの復元方法 1、LINEアプリの「友達」画面から「設定」を選択 2、「トーク」から「トーク履歴のバックアップ&復元」を選択 3、「復元する」をタップする 機種変更したことがある人は、やったことがある作業かもしれません。 パソコンと接続しなくても、アイクラウドやグーグルドライブにサインインできれば動作が可能です。 (そのためにはLINEログイン情報以外に、端末の持ち主のクラウドログイン情報も知っていないといけません!) また、iPhoneの場合はアンドロイドと違って、一度LINEアプリをアンインストールする必要があります。 なぜなら、同じ端末でバックアップしていたトーク履歴を復活させるためには、再インストールしてからではないと復元画面が出ないような仕様になっているためです。 こうなるとそれなりの時間もかかり、その端末をパートナーが見た時に異変に気が付かれないようにするためには、バックアップする前の状況に戻しておく手間もかかってしまいますね。 バックアップする前に消去したlineのトーク履歴は戻らない くどいようですがここまで労力を使っても、パートナーの端末にバックアップの設定がされていなければ全く意味がありません。 ここまでのリスクを背負って、本当にやる意味があるかどうかを考えてみてください。 さらにバックアップしていない履歴を復元するには、トークを行った相手に依頼して「トーク履歴の送信」を行ってもらう方法もあります・・・が、浮気相手と思われる人に依頼するのは、現実的ではないですね。 iPhoneのアプリでlineのトーク履歴を復元させる方法 バックアップをとっていないLINEのトーク履歴を復元できるアプリも販売されています。 代表的なツールは「PhoneRescue」という名称です。 このツールを使えば、バックアップした内容をスマホの端末ではなくPC画面で確認することができます。 ただしパソコンとケーブルでつなぐ必要があることと、有料なことがネックです。 100%全てのデータが復元するという保障もありません。 したがってバックアップに力を注ぐよりも、端末に保存されている履歴だけを転送することに力を注いだ方が安全だと思います! LINEのトーク履歴を盗み見するのは不正アクセス禁止法に抵触する恐れあり さらにLINEのトーク履歴を転送するには、もう一つの注意点があります。 それは本人の許可なく、他の人とのメッセージ内容を盗み見ることは法に触れてしまうことがあるのです。 もちろん、「どうぞ」と快く見せてくれる人はいませんよね・・・。 ほとんどはパートナーに内緒でこっそり操作することが目的なハズです。 しかし、これはどんなに親しい仲でも(たとえ夫婦でも!)、個人情報や不正アクセスなどの罪に問われてしまいます。 さすがに警察に捕まることまではないですが、もしも離婚裁判などで浮気の証拠してLINEのトーク履歴を提出した時に、相手側の弁護士からその入手方法を指摘されてしまったら勝ち目は全くありません。 どんなに決定的な浮気の証拠だったとしても、違法に盗み見たものは無効になってしまうので、知り得た情報は「浮気の証拠」として使うのではなく「事実確認」までに留めておきましょう。 パートナーのLINEのトーク履歴を転送する方法まとめ~決定的な証拠が欲しいなら探偵事務所へ! LINEのトーク履歴を自分の端末に転送する方法を紹介してきました。 パートナーのスマホを操作する必要があるので、なかなか簡単にはできない人も多いかもしれませんね。 また、たとえできたとしても、lineのトーク履歴自体は浮気の証拠としては通用しないこともお分かりいただけたと思います。

次の

LINE(ライン)があやしい場合の浮気調査|探偵はLINEの内容は見れません

ライン 浮気調査 パソコン

相手の行動から浮気の兆候が見られる場合、 そんなときはラインを調べてみましょう。 「以前はスマホを全然気にしなかったのに、 浮気相手から連絡が来ていないか気になって見てしまう」 「トイレやお風呂などスマホをいつも手放さなくなった」 これは浮気をしているときに見られる代表的な兆候ですが、浮気をしているときはスマホ相手に見られたくないという心理が働くので、 ついスマホ画面を隠してしたりなどうっかりいつもと違う行動をとってしまいがちです。 さらにその疑いはラインの設定を見るだけでも、 浮気をしているかどうか確信を持つことが出来ます。 ラインはとても便利な機能をそなえているので、 浮気を隠すためにその機能を利用している人もたくさんいます。 そこで、浮気を隠すために行なった設定を逆に利用して、相手の浮気を追求していきましょう。 LINEの設定から浮気を確かめる 1. パスコードロックをしているか確認する ラインには4ケタの数字で、 パスコードロックができる機能があります。 最近のスマホの指紋認証や顔認証は、感度がとても良いので利用している人もいますが、ラインのパスコードまでロックしている人はなかないません。 ラインにパスコードロックがかけられている、もしくは お風呂など入るときだけパスコードロックがかっているようであれば、相手の浮気度はかなり高いかもしれません。 通知を非表示にしているか確認する ラインにはメッセージが届いたときの通知を非表示にする機能がありますが、 この設定をしているということは あなたに見られたくないやり取りをしているという 証拠です。 通常ラインはメッセージがきたときに、画面中央に相手から届いたメッセージが表示されますが、浮気相手からメッセージが届いたときに タイミング悪く横から覗かれるかもしれません。 もし、あなたのパートナーがメッセージを非表示にしていた場合、 それは浮気隠しのために行なっている行為かもしれません。 トーク履歴・友達・タイムラインを非表示にしているか確認する 浮気相手はトーク履歴や友達一覧、 タイムラインからも特定がされるおそれがあるので、LINEにはそれ自体を非表示にして隠す機能があります。 非表示にしている友達を探すには「設定」>「友達」>「非表示リスト」を 選択すると非表示にしている友達一覧の確認ができます。 非表示のトーク履歴を表示させるには、非表示の友達を再表示させて「トーク」を選択すると非表示になっていたトーク履歴を見ることができます。 同様にタイムラインも 「設定」>「タイムライン」>「タイムライン非表示リスト」を選択することでタイムラインの非表示リストを確認できます。 不自然に非表示にされている人物がいれば、 それが浮気相手と疑ったほうが良いかもしれません。 名前の表示を変更しているか確認する LINEはその友達のトップ画面から、 「鉛筆アイコン」をタッチするだけで、 友達の名前の表示名を簡単に変えることができます。 これは友達のトップ画面を開いたときに、 「変更後の名前」と「変更前の名前」の2つが表示されているか確認する事で暴くことができます。 変更されていなければ名前は1つしか表示されていませんが、この名前が不自然に変更されていれば、この相手は怪しいと言えます。 スマホ・携帯電話に関する記事•

次の