にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ。 にゃんこ大戦争 ダークヒーローズ ハヤブサについて

にゃんこ大戦争 ダークヒーローズの当たりランキング!ガチャは引くべき?|にゃんこ大戦争攻略ノート

にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ

天誅ハヤブサは育成するべき? 最優先ではないが早めに育成したい 「天誅ハヤブサ」は対メタルアタッカーとしてトップクラスの性能を持つだけでなく、進化させることで遠方範囲攻撃アタッカーとしても活躍してくれます。 射程が物足りないので最優先というほどではありませんが、ステージ周回の高速化にも貢献してくれる便利なキャラなので、早い段階で育成しておきたいキャラです。 天誅ハヤブサは進化するとどうなる? 第二、第三形態で攻撃力上昇 「天誅ハヤブサ」は第二、第三形態になると攻撃力が倍増(第二形態と第三形態は同ステータス)し、遠方範囲攻撃アタッカーとしての汎用性が格段にアップします。 進化する度に特性が変化する 「天誅ハヤブサ」は進化しても攻撃力以外のステータスが変化せず、形態ごとに異なる特性を持つようになります。 第二形態はエイリアン妨害キャラ 「天誅ハヤブサ」は第二形態になると特性が「エイリアンをふっとばして動きを遅くする」に変化し、エイリアン妨害キャラとして活躍できるようになります。 第三形態はゾンビ妨害キャラ 「天誅ハヤブサ」は第三形態になると特性が「ゾンビをふっとばして動きを遅くする」に変化し、ゾンビ妨害キャラとして活躍できるようになります。 メタルな敵のほとんどに射程勝ちしながら、高い攻撃頻度と遠方範囲攻撃による広い攻撃範囲を持ち合わせているので、メタルな敵に対してトップクラスの殲滅力を発揮します。 敵の「動きを遅くする」攻撃をものともせずに動けるので、「」のような強力な妨害キャラが立ちふさがるステージでも普段どおりの戦いができます。 敵に攻撃されてもすぐに後退することができるので、近くに攻撃できない遠方範囲攻撃の欠点を補ってくれます。 2枠の消費で強化量が【中】と効率がよく、自身も速攻キャラとして使用できるため、速攻・周回ステージのコンボ要員として優秀です。 1体でメタルな敵・エイリアン・ゾンビに対応できるため、活躍できる状況が非常に多い便利なキャラとなっています。 クリティカルが出ないときはとことん出ない程度の発動率なので、長期戦になっても大丈夫なように壁や妨害役を多めに編成することをおすすめします。 遠方範囲攻撃の性質上、近づきすぎると攻撃ができなくなるので、にゃんこ砲を撃つタイミングなどには注意が必要です。 天誅ハヤブサにキャッツアイは使うべき? メタルな敵の体力に応じて使おう 「天誅ハヤブサ」はクリティカル率は高い方ですが、安定して連発できるほどではないので、メタルな敵を倒すのに必要なクリティカル回数によって使い勝手が大幅に変わってきます。 ステージが進むほど高体力のメタルな敵が増えてくるので、クリティカルが出てもなかなか倒せない敵が出てきたらキャッツアイを使って火力を強化しましょう。 天誅ハヤブサのステータス・特性 天誅ハヤブサのステータス 攻撃頻度 再生産 ノックバック数 約4. 97秒 約108.

次の

【にゃんこ大戦争】天誅ハヤブサの評価と使い道|ゲームエイト

にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ

1つ目に紹介する白い敵対策としてにゃんこ大戦争の最強キャラ強いランキング3位は、「ネコヴァルキリー」です。 それでは、白い敵対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングの「 ネコヴァルキリー」のステータスを紹介していきます。 ネコヴァルキリーは、天界より降臨した戦う女神です。 神様から授かった最強の槍ニャングリルは、敵をまとめて攻撃できます。 なお、対象は範囲攻撃です。 開放条件に関しては、日本編第2章「西表島」クリアになります。 特殊能力はありません。 日本編第2章クリアで入手できるEXキャラとして、人気でかつステージクリアだけで入手可能な大型キャラの一つでもあります。 また、超選抜祭ガチャ限定キャラとして、妹という設定のちびネコヴァルキリーが登場していますので、チェックしましょう。 また、白ミタマ第2形態と比較してみると、体力と攻撃力が上回っていて、感知射程が350から375と伸びています。 特性対象が白い敵となったことで、第2形態では3秒強の攻撃力半減も追加されています。 白ミタマが持っていた全妨害無効も引き継いでいるので有難いですね。 いうまでもなく、白い敵への妨害性能が素晴らしく、ダチョウやコアラなどには黒ガオウに匹敵する適性を持っています。 射程が375なので、クマ先生やカヲルさんなどの射程を超えます。 さらに、DPSは遠方範囲にも関わらず、Lv30で約5400です。 加えて、ガネーシャの攻撃力上昇後とほとんど変わりません。 攻撃発生が早い上に、次の攻撃までその場を動かないのです。 KB数も多いので非常に場持ちが良いのが特徴ですね。 1つ目に紹介する赤い敵対策としてにゃんこ大戦争の最強キャラ強いランキング3位は、「ネコアイス」です。 まずは、赤い敵対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングの「 ネコアイス」におけるステータスを紹介していきます。 ネコアイスは、氷の世界より降り立った少女に心を奪われたにゃんこのことです。 赤い敵の動きを稀にしばらく止める範囲攻撃を使用できます。 解放条件は、ガチャで超激ダイナマイツやレッドバスターズ、超ネコ祭、極ネコ祭、プラチナガチャを回すことです。 本能については、一定確率で一度だけ生き残ることをはじめ、動きを遅くする耐性や古代の呪い無効、基本体力上昇、基本攻撃力上昇などがあります。 3つ目に紹介する赤い敵対策としてにゃんこ大戦争の最強キャラ強いランキング1位は、「雷神のサンディア」です。 ここでは、赤い敵対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングの 「雷神のサンディア」におけるステータスを紹介していきます。 雷神のサンディアは、雷の力を操る電脳ギャルのキャラです。 また、遠距離から放たれる強いイカヅチは赤い敵に超ダメージを与える範囲攻撃になります。 開放条件としては、ガチャで電脳学園ギャラクシーギャルズやレッドバスターズ、超ネコ祭、極ネコ祭、プラチナガチャを回してください。 特殊能力は、赤い敵に与えるダメージが3倍になることです。 赤い敵対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングは以上になります。 1つ目に紹介する黒い敵対策としてにゃんこ大戦争の最強キャラ強いランキング3位は、「ネコフラワー」です。 まずは、黒い敵対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングの 「ネコフラワー」におけるステータスを紹介していきます。 お花が大好きなネコフラワーは、毎日の水やりはかかしません。 稀に黒い敵の動きを一瞬止めることができます。 開放条件は、メニュー画面のふすまを60秒以内に100回開けることです。 イベントでは、毎月2・22日開催している開眼のネコフラワー襲来!におけるネコフラワー進化への道 初級をクリアする必要があります。 なお、第3形態の場合です。 また、特殊能力は第1または第2形態黒い敵を20%の確率で2秒間動きを止めることです。 なお、第3形態では、黒い敵を100%の確率で2秒間動きを止めることができます。 2つ目に紹介する黒い敵対策としてにゃんこ大戦争の最強キャラ強いランキング2位は、「巴マミ」です。 次は、天使対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングの 「巴マミ」におけるステータスをお伝えします。 後輩の面倒見が良いと言われている先輩魔法少女のキャラです。 天使に超ダメージを与える遠方範囲攻撃に対応しています。 また、特殊能力は、天使に与えるダメージが3倍になることと、遠方範囲攻撃です。 1つ目に紹介する黒い敵対策としてにゃんこ大戦争の最強キャラ強いランキング3位は、「雷の精霊ボルト」です。 まずは、エイリアン対策として、にゃんこ大戦争における最強キャラ強いランキングの 「雷の精霊ボルト」におけるステータスを説明していきます。 この最強に強いキャラは、宇宙の果てからやって来た雷の精霊のことです。 また、このキャラは、降り立った星に雷の源を宿すと言われていて、稀にエイリアンの動きを止めてくれます。 開放条件は、ガチャで大精霊エレメンタルピクシーズ、超ネコ祭、極ネコ祭、プラチナガチャを回すことです。

次の

天誅ハヤブサ

にゃんこ大戦争 天誅ハヤブサ

???「今日も疲れたな。 さっさと家に帰るか。 」 にゃんこ軍とわんこ軍との戦いを終え、夜の道を歩いているのは、銀色の鎧、首にマフラーのようなものを巻いていて、 手には日本刀をもっている、1人の忍者『天誅ハヤブサ』である。 まあ立ち止まってしまうのも無理はないだろう。 なぜなら、ハヤブサの目の前には… 目が大量にある、紫色の空間の裂け目があったからだ。 ハヤブサ これはなんだ?入っていいものなのか?ひとまず、ここは遠回りして家に帰るか そんな事を考えていると、段々裂け目の方え引っ張られていく気がした ハヤブサ「は?え?ちょっ、おい!う、うわあああああああ!」 ハヤブサは裂け目に吸い込まれ、とある森のような場所に落下した。 ハヤブサ「あだっ!?くっそ…ここは何処だ。 」 全く見覚えのない景色を見て、ハヤブサはそう思う。 すると、近くの茂みから気配が した。 ハヤブサ「何者だ!!」 ???「おわっ!?」 ハヤブサが刀を突きつけると同時に、エプロンスカートを履いた金髪の少女が出てきた。 ???「なんだよ!脅かすなよ!」 ハヤブサ「初対面の者になんだとは失礼だな。 」 ???「そういえば見ない奴だな。 アンタ誰だ?」 ハヤブサ「おっと、挨拶が遅れたな。 私の名は天誅ハヤブサ。 普通にハヤブサとでも呼んでくれ。 」 ???「私は『霧雨魔理沙』普通に魔法使いだぜ!」 ハヤブサ「挨拶早々申し訳ないが、いろいろ聞きたいことがある。 まず、此処はどこだ?」 魔理沙「その言い分だと、アンタ外から来たっぽいな。 」 ハヤブサ「外だと?此処も外だろう。 」 魔理沙「あー…そういう意味の外じゃないんだよなあ…」 ハヤブサ「?どういう事だ。 」 魔理沙「まず、此処は『幻想郷』という場所だ。 外の世界から幻想郷に来る事を私たち『幻想入り』 って言ってる。 そして、アンタ達が元々住んでいた場所を幻想郷では『外の世界』とか 『現代』って言ってるんだ。 」 ハヤブサ「なるほどな、つまり此処は私から見てここは異世界という事になるのか。 」 魔理沙「まあそういうことだな。 というかアンタ変わった格好してるな。 人間じゃないのか?」 ハヤブサ「何を言っている。 私は人間だ。 」 魔理沙「じゃあ何でそんな奇抜な格好なんだよ。 」 魔理沙が不思議そうな顔で見つめる。 ハヤブサ「私は外の世界では忍者だったからな。 」 魔理沙「あーなるほど。 道理で刀とか持ってるわけだ。 」 ハヤブサ「というか、お前さっき私が奇抜な格好をしていると言ったな?) 魔理沙「ああ、いったぜ。 もしかして言っちゃダメだったか?」 ハヤブサ「お前も十分奇抜な格好だと思うんだが。 」 魔理沙「ハハハハハ!細かいことは気にすんなって!」 確かに魔理沙は黒いエプロンスカートにとんがり帽子を被り、さらに箒まで持っている。 傍から見たらかなり奇抜な格好だ。 しかし魔理沙は笑って誤魔化している。 魔理沙「あ、そうだ!折角来たんなら、博麗神社にも行こうぜ!」 ハヤブサ「博麗神社ってなんだ。 」 そう言うと魔理沙は手に持っていた箒にまたがる。 ハヤブサ「…何やってんだ?」 魔理沙「あ、そうか。 お前来たばっかだから空飛べないのか。 私の後ろに掴まってていいぜ。 もう1人分スペースあるからな。 」 そういうと、ハヤブサは恐る恐る箒にまたがった。 魔理沙「それじゃ,しっかり掴まってろよ!」 そういった途端なんと2人が乗っている箒が浮かび出した。 ハヤブサ「はあ!?お前、何をした!」 魔理沙「聞いてなかったかのか?私は魔法使いだぜ!」 魔理沙がそういうとすぐに箒が飛んだ。 外の世界で飛んだことがないハヤブサにとっては、 この感覚は初めてだろう。 理解が追いつかないうちに博麗神社についた。 魔理沙「着いたぜ、ここだ。 」 ハヤブサ「なんかやけに人気がないな。 」 魔理沙「……まあいつものことだから気にすんなよ。 」 そんな事を言っていると、神社の裏から1人の巫女姿の女性と…明らかに見覚えのある白い物体が 縄で縛られていた。 ???「あら、魔理沙じゃない。 今日も遊びにきたの?あと、隣にいるのは誰?」 魔理沙「ああ、こいつは今日幻想入りしたハヤブサって奴だぜ. ハヤブサ「私は天誅ハヤブサだ。 よろしく。 」 霊夢「私は『博麗 霊夢』、この博麗神社の巫女をやってるわ。 よろしく。 」 魔理沙「で、お前が手に持ってるその白いのは?」 霊夢「ああ、偶然神社の裏で見つけたから、取り敢えず焼いてみようかなって。 」 ネコ「はっ!その声はハヤブサ!?おーい!ちょっと助けてくれにゃーー!」 霊夢「ハヤブサ………だったっけ?アンタこの子の知り合い?」 ハヤブサ「ああ。 ちょっとそのほどいてもらえないか。 そいつには死んでもらっては困る いろんな意味で。 」 霊夢「動いて喋る以上…お餅って訳ではなさそうね。 分かったわ。 」 そういうと、霊夢はネコを縛っていた縄をほどいた。 ネコ「ふうう〜!助かったにゃー。 」 魔理沙「色々理解が追いつかなくなってスルーしそうになったが、お前誰なんだぜ?」 ネコ「僕は『ネコ』。 にゃんこ軍団の一員にゃ。 」 霊&魔「「にゃんこ軍団?」」 ネコ「にゃんこ軍団は主に日本各地の支配…というか侵略をしているにゃ。 」 霊夢「え、それって結構危ない軍団なんじゃないの?」 ハヤブサ「でもまあ,向こうの世界には同じく日本侵略を目的としている軍団もいるわけだ。 」 ネコ「僕たちはそのもう一つの軍団の勢力を抑える役割もあるんだにゃ。 」 魔理沙「なるほど、大体分かったぜ。 」 ハヤブサ「その『紫』ってやつは誰なんだ。 」 霊夢「紫はこの幻想郷の創設者よ。 あいつは外来人を連れてくる時…意外にも使うけど、スキマって言う目が大量についた空間を使うのよ。 ネコ「にゃあ、それ、僕がこの世界に来る前に見たにゃ。 」 ハヤブサ「私もだ。 …ん?ちょっと待てよ……」 突如、ハヤブサの頭に嫌な予感が走る。 ネコ「どうしたにゃ?」 ハヤブサ「ネコ、お前もそのスキマって物に飲み込まれてきたんだよな?」 ネコ「にゃ」 ハヤブサ「お前、私よりにゃんこ城を出たの遅かったよな?」 ネコ「そうだけど?」 ハヤブサ「お前、スキマに飲まれたのどこら辺だったか覚えてるか?」 ネコ「確かわんこ城の近くだったはず。 」 ハヤブサ「その時、わんこ達はどこにいた?」 ネコ「大半はわんこ城の周りに居たにゃ………はっ!」 ネコもその嫌の予感に気付いたような声を上げる。 霊夢「ちょ、ちょっとどうしたのよ急に。 」 ハヤブサ「我々の予想が正しければ………『アイツら』も幻想郷に来てるかもしれない…!!」 魔理沙「あ…あいつらって一体だr…」 魔理沙が言い終わらないうちに、ドカーン!という爆発音が聞こえた。 魔理沙「うおっ!?なんなんだぜ!?」 ネコ「ハヤブサ、マズいにゃ!もしかしたらアイツらかもしれないにゃ!」 ハヤブサ「分かっている!」 霊夢「だからアイツらって誰なのよ!」 ハヤブサ「それは後で話す!今は現場に急ぐぞ!」 こうして、初めての幻想郷での大戦争が幕を開けた。

次の