プリコネ イリヤ 弱い。 プリコネ声優一覧を軽く紹介

プリコネ ストーリー 09話 (シュテッヒパルム イリヤ) [ニコニコあっぷる]

プリコネ イリヤ 弱い

リセマラ終わりましたか?じゃあ次は 編成をしましょう とりあえずガチャで手に入れたキャラを使ってPTを組んでください。 なるべくレアリティの高いキャラで組むのがグッドです この時編成は 前衛を2人以上確保しておきましょう クエストを進める&ストーリーを読む まぁ最初はさくさくです。 プレイヤーレベルがキャラ強化などに直結しますので。 ここは運に頼りましょ!もし出なかったらやり直しもありっちゃあありです! ここまでにそれほど時間はかからないはずなので。 メインパーティを作る 今までのPTに加え先ほどのガチャで手に入れたキャラでPTを組みましょう。 何度もいうように前衛は2人、できれば3人にして残りを中衛、後衛に当てましょう。 画像見てくれると解るんですが、私は前衛ずっと1人でした。 だけどすぐ倒れちゃうんですよね。 なので2人以上いれば戦闘が安定します。 なるべくミヤコやジュンなどのタンクがおすすめです。

次の

【プリコネ】初心者向け!バトルアリーナ1000位を目指す【シャッフル前】

プリコネ イリヤ 弱い

低HP時にこだわらずUBを打ってもいい性能です。 ご了承ください。 0倍 45,732 1. 0倍 13,252 1. 25倍 57,240 約1. 28倍 17,088 約1. 0倍 87,000 約2. 2倍 99,240 約2. 19倍 29,052 約1. 8倍 15,329 Point! 検証の都合上、ジャバウォックに魔防デバフを一切かけずにダメージ検証しています。 自傷はHP割合ダメージ クリスマスイリヤは自傷スキルを持つが、通常イリヤなどと違い現在のHP割合に応じたダメージを受けるもの。 魔法攻撃力アップなどに影響を受けないので、比較的安定した運用が可能だ。 自傷クリティカルがあったとしてもいきなり倒れることはなさそうです。 UBを打てば打つほど火力を上げていくことが可能となっている。 敵の攻撃手段にあわせて、編成するかどうかを決める必要がある。 魔法パでは配置がネックとなる クリスマスイリヤ入りの魔法パを組もうとすると、必然的にイリヤが先頭配置になる。 相手によってはオーエドクウカなどのタンクを入れる必要があるため、編成の自由度が低くなりやすい。 回復手段がHP吸収のみ 通常イリヤと違い、 クリスマスイリヤは回復手段を持たない。 HP吸収でしか回復できないので、高い火力を出して回復量を増やすか、回復役などのサポートキャラを入れる必要がある。

次の

【プリコネ】初心者向け!バトルアリーナ1000位を目指す【シャッフル前】

プリコネ イリヤ 弱い

概要 ここではのスマートフォンRPG『』のキャラクターを解説する。 タグとしてはやなども使用されている。 人物 CV: 本作の主人公。 ユウキはであり、実際の名前はプレイヤーが自由に変更できる。 一人称は「僕」。 セリフは基本的に選択肢 無音 だが、アニメーションパートで掛け声を発している。 イベント『』以降は、はっきりとした音声付きのセリフをアニメパートにて発することが多くなっている。 また、ギャルゲーよろしく本人の姿 立ち絵 も基本的に表れず、一枚絵やアニメーションの他はのキャラストーリー第2話とのユニオンバースト、メインストーリーのごく一部のシーンでしか描かれない。 本人の戦闘力は皆無だが、代わりに 『』の力により他者の能力を大きく引き出すことができる。 各ヒロインがユニオンバーストを使えるのも、が大人の姿で戦えるのもこの力によるものである。 他人が困っている場合は首を突っ込まずにはいられない性分だが、弱いので大概返り討ちに遭い女の子に助けられるのはご愛敬。 …と、ここまでならよくあるギャルゲーの主人公にありがちな設定だが、ユウキには言葉を発しない主人公としては極めてブッ飛んだ設定がある。 それはであり、ゲーム冒頭でとの戦いに敗れ記憶を飛ばされるのだが、なんと 習慣や基礎知識を含む意味記憶まで喪失している。 この「 赤ちゃんみたい」というのは今作の主人公の重要なキーワードであり、そのような描写は枚挙に暇がない。 とはいえ物覚えも良く配達などの仕事をこなせるようになるなど人としての生活習慣の会得にはそれほど時間がかからなかった模様で、約1ヶ月間で%計算までできるようになっている。 その他事項 公式のビジュアルファンブックによると年齢は17歳で身長は165センチ。 日本の17歳男子の平均身長が170センチであるため、すこし小さい方とも言える。 ユーザーからは「」と呼ばれることが多い。 由来はが から 主人公のことを「騎士クン」と呼んでいることから。 ちなみに最初に「騎士くん」と呼び始めたのはである。 作中では言動もあってか同い年の少女(や、など)から年下かと思われることも多い。 成人の女性陣がハイヒールを履いていることもあるため、身長の近い相手でも見下ろされたり目線を合わせるのに背伸びをするといった描写もある。 エゴというものが無い為か、この手の主人公像を疎む層にも概ね寛容的に見られており、ユーザー達からも主に純粋な子供として扱われている事が多い。 自分以上に社会常識の無いの前では、普段ほとんど見せない常識人ぶりを発揮し、彼女に振り回されながらも社会常識や庶民の価値観をレクチャーしている。 ちなみにアキノからは毎度の如く騎士として勧誘されているが、いつも断っている。 前述の通り自身の戦闘力はかなり低いため女の子に助けられることが多いが、剣の指導者であるや戦闘の師匠ののおかげで、魔物を一人で撃破する場面もそこそこあり、ペコリーヌからの不意打ちも二度ほど捌いている。 知識が無いとはいえ機転は回るので、プリンセスナイトの力を逆利用してピンチを切り抜けるということもあった。 夏のストーリーに登場する際はパイナップル柄の水着を着用している。 この水着はが自身の水着と一緒に買ったものであり、では「お母さんが選んで買ってきた服をそのまま着ている感じ」であると語られている。 メインストーリー第2部では、によって精神が再び逆行、 更に幼い状態になってしまっている。 言葉はまともに発せず、なんでも口にしてしまうなど赤ちゃん化はより深刻なものとなった。 一方で、ペコリーヌが王宮の宝物庫から持ってきた水晶玉を誤って飲み込んだことがきっかけとなり、新たな能力を発現。 ペコリーヌとユイを という姿に変身させる力を身につけた。 また、プリンセスフォームの能力を使用する際は、一時的だが元の精神状態に戻っている。 名前は「ユウキ」。 第1話の時点で、狼型の魔物に引きずり回される、 お金を食べる(原作では紙幣だったが、アニメでは硬貨に変更されている)といった赤ちゃんぶりを披露したが、彼の持つ「プリンセスナイト」の力をここぞという場面で発揮し、窮地を乗り越えるといった主人公気質は健在である。 アニメ版では精神が幼い様子がわかりやすく描写されているため、薪割りの仕事など何かをこなすと視聴者から褒められるネタが定番となりつつある。 セリフもちゃんとあるがとても少なく、それもカタコト気味。 グランブルーファンタジー 同じCygamesによるゲームでは、召喚石「」として登場。 デフォルトでは彼の後ろ姿が描かれているのみ。 コラボストーリー「」の冒頭で行方不明になってしまうため、ストーリー中ではその姿はエンディングの一枚絵まで登場しない。 不遇である。 なお、召喚石の効果も女性キャラ限定で能力強化。 男性キャラでも能力強化はするが、女性キャラよりも上昇幅は少ない。 召喚石を装備する場合 特にメイン 、パーティー編成を考えよう。 Shadowverse 同じCygames製作の対戦型デジタルカードゲーム『』では、プリコネRがテーマの一つとなっているカードパック「アルティメットコロシアム」のアディショナルカードとして参戦した。 カード名 プリンセスナイト 種類 フォロワー クラス ニュートラル レアリティ ゴールドレア コスト 3 進化前 攻撃力:3 体力:2 能力 ファンファーレ 「 ファンファーレ を持つフォロワー( プリンセスナイトを除く)」をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 進化後 攻撃力:5 体力:4 能力 進化時 自分のPPを1回復。 自分の手札の「 ユニオンバースト を持つフォロワー」すべての ユニオンバースト を-2する。 手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。 名義で参戦。 ファンファーレ能力でファンファーレ持ちのフォロワーを手札に加えるという一風変わった能力と、『プリンセスナイト』としての力を再現した、ユニオンバースト能力をサポートする進化時能力を持つ。 進化時能力の都合上、やはり進化を活用したデッキで使用することになるだろう。 進化時が使えない状況でも、ファンファーレによるサーチ能力もあるため無駄になりにくい。 構築は難しいが、ファンファーレ持ちのフォロワーを絞った確定サーチのデッキ構築を行うことも可能。 主に、ユニオンバーストが強力なを確定にしてユニオンバーストを連発するデッキを組まれることが多い。 …居候先。 …においての中の人繋がり。 …中の人繋がりで、同じく記憶喪失となっているキャラ。 あとやたらと女の子にフラグを立てるところも同じ(ただし上条さんの場合、男性の知り合いもかなり多い)。 …2019年版においては、身体的欠損が原作以上に深く心理的な未熟さをもたらし、年下であるはずのどろろに世話を焼かれており、見た目は青年であるにもかかわらずメンタルが赤ん坊に近かったが、不器用ながらもストーリーの進行に伴い徐々に成長していく点が共通。 :中の人が同じで記憶喪失な主人公という共通点がある。 ユウキには騎士くんという通称があるが、何の因果か彼の苗字にも『岸 きし 』が入っている。 ちなみに、ともプリコネにいたりする。 …幼児退行後のあまりの奇行の数々をこの一文で表されることも。 前作において 以下、前作及びRe:Diveの一部分のネタバレ注意 前作『』では、によってVRゲーム『 レジェンド・オブ・アストルム』に引き込まれ、になってしまったという経緯を持つ。 人間関係 都立椿ケ丘高校に通っておりと、、とはクラスメイト、、は後輩。 は自称姉、は妹分。 は幼馴染ではクラスの担任という現実の人間関係を持つ。 主に優衣・・の3人と行動を共にしており、Re:Diveの序章でもそれが反映されている。 Re:Diveでは前作の人間関係がリセットされているが、一部の登場人物は彼との記憶を覚えており、との幼馴染としての関係も薄らとボカされているが、引き継がれた形となっている。 プリンセスナイト プリンセスナイト自体のジョブ能力として味方の強化能力を持つ他、彼のみの固有能力として、敵勢力である『』 セブンクラウンズ やプリンセスナイトを専用の剣で攻撃すると、ダメージ量の増加と対象プレイヤーへの肉体的苦痛の増大、 七冠とプリンセスナイトの固有能力の封印が出来る。 更にそれによって敵七冠や敵プリンセスナイトを倒した場合、 そのアカウントは削除される。 ただし、 いくら強化しても自身はちっとも強くならないというあんまりなデメリットも抱えている。 Re:Diveのメインストーリー第15章では、の介入により、ロックされていた本来の『プリンセスナイト』の力を取り戻したものの、早い話みたいな状態になった。 その影響により、 いつ自分自身が消滅してもおかしくない状態となっている。 上述した精神が更に幼くなった症状の原因の一つはこれによるものである。 鈍感 Re:Diveと同様、基本的に困ってる人は放ってはおけないが色恋沙汰には鈍感で、さらにギャルゲ主人公にはありがちな騒動に巻き込まれることもしばしば。 のストーリーで扱いされたり、のストーリーでは変な人扱いされることも。 さらに、アストルム内ではたくさんの女の子と出会う割に、リアルでも会う際は 向こうから明かされるまで本人と気づかないという勘の鈍さまで持っている(作中に登場するVRデバイス「mimi」の仕様上、アバターは現実の姿がベースとなっている)。 アイドルに関してもそれほど関心は無いらしく、と出会ってもすぐにアイドルの望と認識できなかった模様(他にも理由があるが、それ理由で望から一方的な好意を寄せられる事となる)。 ちなみに女の子どころかからにまでフラグを立てていた。 前作のクライマックス 最終的には、崩壊するアストルムからのログアウトが遅れの再起動及び『世界の再構築』に巻き込まれてしまい、記憶や意識といったデータが失われ意識不明の状態となってしまう。 その後復活した主人公は、ミネルヴァがそれまでの残存している行動データなどから再構築した物であり、約99. その後の生活に支障を生じることは無く、アストルムへのログインにも支障は起きなかった。 そこでと出会って、プリンセスコネクト!の物語は終わった。 そして、 残りの0. また、「一度消失してから再構築された」という点で見れば、本作にて赤ちゃんと呼ばれるのもあながち間違いでもないのかもしれない。 ちなみに、前作の主人公は記憶喪失ではなく途中で記憶を吹っ飛ばされることも無いので、無印版にコッコロはいないとはいえ、幼女の世話になるという事態は起きなかった。 ただ、ギャルゲの男友達みたいなノリの軽いイマドキ男子といったキャラ付けがされており、ギャルゲの主人公としてはアクが強い性格なので好き嫌いが分かれるキャラではあった。 関連記事 親記事.

次の