使い勝手 英語。 無料&商用利用可能なヴィンテージ英語デザインフォント一覧【アンティーク風】

「でも」「だが」「しかし」と英語で表現する上手な言い方

使い勝手 英語

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年1月) ユーザビリティ(: usability)あるいはで 使用性(しようせい)とは、使いやすさとか使い勝手といった意味合いで使われることが多い。 しかし、その語義は多様であり、関連学会においても合意された定義はまだ確立されていない。 によるISO 9241-11は「特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い」と定義し、有効性、効率、満足度を挙げる。 もコンピュータのインタフェースデザインにおいてこの問題に取り組んでいる。 ニールセンの『ユーザビリティエンジニアリング原論』 では、学習しやすさ、効率、エラー、満足が挙げられる。 ほかにISO 9126はソフトウェアの品質に関する規格で、理解性、修得性、操作性を挙げている。 定義 [ ] (使う)と (できる)から来ており「使えること」が元々の意味である。 ISO 9241-11 [ ] の 9241-11での定義。 ユーザビリティ usability : 特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い。 有効さ effectiveness : ユーザが指定された目標を達成する上での正確さ、完全性。 効率 efficiency : ユーザが目標を達成する際に、正確さと完全性に費やした資源。 満足度 satisfaction : 製品を使用する際の、不快感のなさ、および肯定的な態度。 利用状況 context of use : ユーザ、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境。 ニールセン [ ] 『ユーザビリティエンジニアリング原論』 1994年 は、インタフェースのユーザビリティとは、5つのユーザビリティ特性からなる多角的な構成要素を持つとしている。 学習しやすさ: システムは、ユーザがそれを使ってすぐ作業を始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない。 効率性: システムは、一度ユーザがそれについて学習すれば、後は高い生産性を上げられるよう、効率的な使用を可能にすべきである。 記憶しやすさ: システムは、不定期利用のユーザがしばらく使わなくても、再び使うときに覚え直さないで使えるよう、覚えやすくしなければならない。 エラー: システムはエラー発生率を低くし、ユーザがシステム使用中にエラーを起こしにくく、もしエラーが発生しても簡単に回復できるようにしなければならない。 また、致命的なエラーが起こってはいけない。 主観的満足度: システムは、ユーザが個人的に満足できるよう、また好きになるよう楽しく利用できるようにしなければならない。 違い [ ] ニールセンの定義するユーザビリティは、ISO 9241-11の定義よりも意味が若干限定的になっている。 ニールセンの定義では、ユーザが望む機能をが十分満たしているかどうか、といった事柄はユーティリティ(実用性)に含まれる内容である。 それと区別して、ユーザビリティは、その機能をユーザがどれくらい便利に使えるかという意味であるとされている。 一方、ISO 13407では、ニールセンがユーティリティと定義した内容も、ユーザビリティに含んでいる。 つまりニールセンが定義するユーザビリティは、ISO 13407が定義するユーザビリティに内包される形となる。 訳語 [ ] ユーザビリティに類する日本語は、以下に挙げるような用語が、多数にわたって存在している。 使い勝手 使い勝手とは、使いやすさの程度を表す言葉であり、一般には「使い勝手がいい、悪い」という形で使われている。 その意味合いはかなり広く、取り扱いが容易であること、操作が分かりやすいこと、便利な機能がついていること、などを意味している。 その意味で、後述の大きなユーザビリティ 英語: big usability やニールセンのユースフルネス 英語: usefulness に近い概念であり、したがって、またISO9241-11の定義におよそ対応すると言ってよい。 ただし、ユーザの利用状況や達成目標に適合している、というニュアンスまでは表現しえていないため、現在はユーザビリティというカタカナ語が一般的に使われている。 使いやすさ 使いやすさ 英語: ease of operation とは、一般的には取り扱いが容易であることを意味している。 前述のように使い勝手は使いやすさの程度をあらわす言葉であるが、使い勝手に比較すると使いやすさはその対象範囲が操作部位に限定される傾向がある。 また時代的には、マンマシンインタフェースが研究対象とされていた時期によく使われていた。 この意味で、操作性 英語: operability とも近い概念である。 利用性 利用性は利用のしやすさをあらわす言葉であり、「 usability」の訳語として利用することも可能ではあるが、特定の達成目標に依存した面があり、またあまり一般的ではない。 使用性 使用性はISO9241-11をJIS規格にする際に「 usability」の訳語として用いられた。 その意味ではユーザビリティと等価であるともいえるが、必ずしも一般的な用語ではないため、特別な技術的文脈でしか使われていない。 可用性 可用性はユーザビリティに近い概念であるが、厳密にいうと「 availability」の訳語であり、システムの壊れにくさを表すものである。 利用品質 利用品質は「 quality in use」または「 quality of use」の訳であり、英語においても「 usability」とほぼ等価な意味合いで用いられている。 ただ、この用語が使われるのは、品質 quality という観点で議論を行う文脈である場合が多く、品質保証や品質管理などに近い分野で使われることが多い。 ユーザーテスト ユーザテストは、製品テスト、設計テスト、ユーザビリティテスト、設計検証など多くの名前で知られています。 実際のシナリオで実際のユーザとデザインをテストする非常に重要なプロセスです。 ユーザーの懸念やユーザビリティの問題を深く理解すれば、その問題を解決することができます。 背景 [ ] シャッケル [ ] 人間工学の大家であったブライアン・シャッケル Brian Shackel は、1991年の著作『 Human Factors for Informatics Usability』の中で、ユーティリティ utility、必要な機能があるか とユーザビリティ usability、ユーザがうまく使えるか とライカビリティ likeability、ユーザが適切だと感じられるか という三つの側面の総和と、コスト 初期コストと運用コスト とのバランスを考慮し、前者の比率が高いものほどアクセプタビリティ バランスがとれており、購入するに最適である が高いといえる、という構図を提案している。 この考え方は、以後のユーザビリティ概念 たとえばニールセン、ISO9241-11 に影響を及ぼしたと考えられる。 ニールセン [ ] ウェブ・ユーザビリティの権威であるニールセンは、ユーザビリティに関して最初に出版された概論書『ユーザビリティエンジニアリング原論』 1994 において、ユーザビリティの概念を、彼の考えた階層的概念構造の中に位置づけて示した。 それによると、ユーザビリティは、学習しやすさ learnability 、効率 efficiency 、記憶しやすさ memorability 、エラー errors 、満足 satisfaction といった品質要素から構成される概念として示されている。 この定義は、いちおう人間工学、認知工学、感性工学的な側面を考慮したものになっているが、かならずしも網羅的、かつ相互排他的になっておらず、概念定義としては十分なものではない。 また、それぞれの品質要素は、学習のしやすさや効率などの諸側面において問題がないようにと考えられており、いわばマイナスでない特性の集合となっている。 いいかえれば、ニールセンにおけるユーザビリティは、そのような問題点のないことを意味しており、マイナスの側面を0レベルまで向上させるという意味合いを持っている。 彼がヒューリスティック評価という手法を提唱したのは、ユーザビリティテスト usability test、 usability testing による評価が全盛の時代であり、それはいいかえれば評価がユーザビリティ活動の中心となっていた時代でもあった。 ニールセンは、ユーザビリティと対比させてユーティリティ utility という概念を位置づけている。 これは機能や性能のように製品やシステムのポジティブな側面である。 いいかえれば、0レベルからプラスの方向に製品の魅力を増してゆくものである。 このように、彼の定義ではユーザビリティにはプラスの方向性は含まれておらず、その意味で、小さなユーザビリティ small usability と呼ばれることもある。 ニールセンは、ユーザビリティとユーティリティを合わせた概念として、ユースフルネス usefulness という上位概念を位置づけているが、これは後述するISO9241-11のユーザビリティ定義に近いものであり、大きなユーザビリティ big usability と呼ばれる概念に近い。 ISO [ ] こうした状況の中、ユーザビリティという概念にきちんとした定義を与えたのがISO規格であり、現在はこの定義が一般的に用いられている。 ISOの規格におけるユーザビリティの定義には、ISO 9126系のものとISO 9241-11系のものがある。 ISO 9126 [ ] は、ソフトウェアの品質に関する規格であり、品質特性を機能性 functionality 、信頼性 reliability 、使用性 usability 、効率性 efficiency 、保守性 maintenability 、移植性 portability に分けている。 その中でユーザビリティは使用性として、理解性 understandability 、習得性 learnability 、操作性 operability から構成される概念となっている。 品質特性は定量的に把握できることを重視されるため、ここでのユーザビリティは概念定義として十分なものにはなっていない。 つまり、ISO 9126はについて、その多様な側面を網羅したものになっているが、ユーザビリティの定義は必ずしも厳密ではなく、現在は次に述べるISO 9241-11の定義の方が一般的に利用されている。 ISO 9241-11 [ ] 1998年に成立したISO 9241-11は、JIS Z8521として1999年にJIS化されており、ここではユーザビリティに関するかなり厳密な定義が行われている。 すなわち、ユーザビリティとは、「ある製品が、指定された利用者によって、指定された利用の状況下で、指定された目標を達成するために用いられる際の有効さ、効率及び満足度の度合い」として定義されている。 さらに、有効さ effectiveness については「ユーザが、指定された目標を達成する上での正確さと完全さ」、効率 efficiency については「ユーザが、目標を達成する際に正確さと完全さに費やした資源」、満足度 satisfaction については「不快さのないこと、及び製品使用に対しての肯定的な態度」という定義が与えられている。 有効さと効率という二つの概念は、相互排他性が明確であり、またこの規格以前にも、品質を表現する際にしばしば用いられているため了解性が高いといえる。 なお、満足度については、部分的に有効さと効率に従属する側面を持っている。 つまり、有効であり効率的であれば、それによって満足感がもたらされるからである。 ただし、より感性的な、たとえば審美的な側面などは満足度固有の側面であり、その点では他の二つの概念から独立したものといえる。 ISO 9241-11のユーザビリティの定義は、Nielsenの定義と比較してポジティブな側面を含んだ幅広いものになっており、その意味で大きなユーザビリティ big usability と呼ばれることもある。 このISO9241-11のユーザビリティの定義は、その後、ISO 13407やISO 20282、CIF ISO 25062 などの各種の規格においても用いられることになり、ユーザビリティに関する現在の標準的定義であるといえる。 ただ、有効さと効率が相互排他的な概念であるのに対し、満足度はそれらに従属する側面もあり、また価格やデザインなどユーザビリティ以外の要因によっても影響されるため、は、ユーザビリティの下位概念を有効さと効率の二つに限定している。 やの分野では、ユーザビリティの定義に様々な解釈がある。 例えば、ユーザビリティに関するプロセスを定めた国際規格として、6月に、により制定されたがある。 ユーザにとっての利用品質の確保と向上を目指す設計プロセスを確立することを基本的な目的に、のプロセスを規格化したものであり、設計プロセスそのものを人間中心にすることで、ユーザビリティの向上を図るものである。 また、ISO 13407に関連した規格として、がある。 これは、ユーザビリティの定義と、ユーザビリティをユーザの行動と満足度を尺度に規定または評価する場合に考慮しなければならない情報の認識方法を説明した国際規格であり、ISO 13407はこの定義を用いて制定されている。 なお、ISO 13407は2009年現在改訂中であり、番号がISO 9241-210と変更されることになっている。 出典 [ ]• 参考文献 [ ]• Shackel, B. 、 Richardson, S. 1991 「 Human Factors for Informatics Usability」 Cambridge University Press• Nielsen, J. 「 Usability Engineering」 Morgan Kaufmann 1994 、「ユーザビリティエンジニアリング原論-ユーザーのためのインタフェースデザイン」 東京電機大学出版会、第二版 2002• ISO9241-11 「 Ergonomic requirements for office work with visual display terminals. 」 Part 11: Guidance on Usability 1998 JIS Z 8521: 人間工学-視覚表示装置を用いるオフィス作業-使用性の手引き• ISO13407 「 Human-centred design processes for interactive systems」 1999 JIS Z-8530: インタラクティブシステムのための人間中心設計プロセス 2000• 、伊東昌子、時津倫子 「ユーザ工学入門-使い勝手を考える・ISO13407への具体的アプローチ」 共立出版 1999• ユーザビリティハンドブック編集委員会 「ユーザビリティハンドブック」 共立出版 2007 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語) ユーザビリティの第一人者ヤコブ・ニールセンによる記事、「ニールセン博士のAlertbox」の翻訳記事が掲載される。 ほかユーザビリティに関する記事が掲載されている。

次の

使い勝手の良い・お得意・お気に入りの「副詞」を教えて下さい。

使い勝手 英語

今回は、ホンダ フリードプラスのラゲッジルームの広さや使い勝手についてご紹介します。 レジャーやキャンプなどで多くの荷物を積む機会が多いユーザーには、とても魅力的なクルマになっているように感じました。 文・PBKK フリードプラスのラゲッジルームは上下2段。 荷室ユーティリティボードによって、広いラゲッジをさらに有効活用することができます。 食品を買い物した時には上段には買い物袋、下段にはレインブーツや折り畳み傘などの常備品を分けて収納できるのが嬉しいポイントです。 下段も高さがあるので、背が低めの観葉植物くらいなら入りそうです。 さらに、上段のユーティリティーボードは、水や汚れに強いワイパブル仕様になっているので、プールや海での水遊びの際、お子さんの着替えにも便利に使えます。 また、耐荷重も200kgまで可能なので、安心してたくさん荷物を載せることができます。 そして、リアシート 後部座席 をたたむと、このような感じに。 大人2人程度なら窮屈感を感じることなく横になれます。 リアシートを1番前にした時の奥行きも十分なサイズを確保しているのでとっても快適。 私はラゲッジ側に頭を向けて横になったのですが、足がでっぱっている2列目シートの部分に全く触れる事はなく、窮屈さは微塵も感じられませんでした。 アクセサリーソケットやフックなどの便利機能が装備されたラゲッジルームはシートアレンジを施すことで、車中泊にぴったりな広大なスペースをつくることができます。 荷室ユーティリティボードがあることで普段使いはもちろん、しまっておきたい荷物を下段にスッキリ収納して冗談にマットを広げてのびのび過ごすなど、車中泊でも大活躍しそうです。 キャンプやレジャー、アウトドアの良き相棒になってくれることまちがいなしです。

次の

「でも」「だが」「しかし」と英語で表現する上手な言い方

使い勝手 英語

DMM英会話のあるテキストの使い勝手が良くて勉強が捗る件 DMMオンライン英会話の教材は誰でも見て使うことができます。 会員登録も何もいりません。 そしてのレッスンの教材にすると、絶大な威力発揮します。 をクリックして、無料体験レッスンはこちらというボタンから「教材」をクリックしてください。 下の画像を参考にどうぞ DMM英会話の教材で選ぶべき教材 すると、教材リストが見れると思います。 かなりの数の教材があります。 ここで、好きな教材を選ぶことができます。 もちろん無料で見れるとともに、 のレッスンではここにある教材をどれでも使うことができます。 何故かその左のデイリーニュースという教材が人気No1だそうですが、初心者が英会話を学ぶうえでは「会話」の教材一択で良いと思います。 それほどまでにクオリティが高いです。 DMM英会話の会話の教材もたくさんある 会話のボタンをクリックしたら、次は会話の中から教材を選ぶことになります。 100以上のテキストがあるので、好きなタイトルの教材を選べばよいです。 タイトルの右端にあるBeginnerという言葉や数字がテキストのレベルを表しています。 DMM英会話の会話の教材が優れている理由 の会話の教材は以下のパートに分かれています。 新しい単語、熟語、イディオムを覚える• 会話形式での講師とのスピーキングレッスン• 会話形式のレッスンに対する講師からの質問• 講師が読む文章のリスニングレッスン• 今回のテキストの題に関して更にお題が与えられるので講師と議論 それぞれで学ぶべきポイントもわかりやすいので、明確に英語のスキルを伸ばすことができます。 新しい単語、熟語、イディオムを覚えることができる 基本的には講師が単語を読み自分達がリピートをする、単語の説明を読みリピートする、例文を読みリピートするという流れになります。 講師の発音を聞くことができるので、新しい単語に発音と同時に触れることができます。 この写真はかなり初心者向けのテキストですが、テキストのレベルを上げていくと単語や熟語のレベルも上がっていきます。 このワードのチョイスもかなり良く、実用的で便利な単語やイディオムが多く紹介されています。 会話形式での講師とのスピーキングレッスン 次に会話のロールプレイによるスピーキングレッスンです。 講師の会話の形式に沿ってロールプレイをしていきます。 英語の発音に慣れることができますし、上で新しく習った単語の実用的な使い方も理解することができます。 また様々な場面でのロールプレイが設定されているので、 このレッスンを多く練習するだけで、日常英会話では困らなくなるくらいの経験が積めます。 会話形式のレッスンに対する講師からの質問 次に上でロールプレイした会話に対しての質問があります。 よくある会話のロールプレイでのレッスンの間違いとして、ただ読んで内容を理解していないという人が多くいます。 しかしDMM絵会話の会話のレッスンでは、ロールプレイのあとに質問されることによりロールプレイの内容をしっかり理解する必要が出てきます。 これが非常に大切で、ただ読むだけでなく英文から会話の内容を理解しようとする力がつくのです。 そのため、 実際の英会話でも英語での会話についていけるようになります。 またここでは自分で考えて英文を作る必要があります。 自分の考えを英文でアウトプットする非常に良い場です。 講師が読む文章のリスニングレッスン よく学校のリスニングテストなんかで、英文が読まれたあとに質問に答える問題がありませんでしたか?あれです。 日本文の訳もないので、講師の英語をしっかりと聞き取って理解する必要があります。 これがかなりリスニングの練習になります。 希望したら講師は何回でも読んでくれますし、どうしてもわからなければ英文も送ってくれます。 そのため、自分が聞き取れなかった単語なども発見することができる非常に良いレッスンです。 講師との議論【超スピーキング】 最後にテーマを絞って講師と色々話をします。 上の画像では単発の質問で終わっているように見えますが、そこから講師が色々と話を膨らませてくれます。 そのため、英語でどんどん議論をすることになります。 まさに日常英会話です。 実際に英文を準備していない状態からどんどん英語を話すので、かなりのスピーキング練習になります。 DMM英会話には教材はかなり豊富 上で紹介した「会話」の教材は初心者にはかなりおすすめです。 リスニング、スピーキング、リーディング、単語やイディオムなど、英会話のスキルを高めるために必要なレッスンがすべて入っています。 しかも「会話」以外のレッスンでも工夫された教材が多々あります。 「会話」の教材に飽きたら他の教材にチャレンジしてみるということができるのも での英語の勉強のメリットの1つです。 ほとんどの教材が無料で使えます。 英語の勉強の教材に困っているなら是非使ってみてください。 最後に:英語を話せるようになりたいならオンライン一択 実践に勝るものはないですからね。 オンライン英会話で講師と毎日でも話すことが英語が話せるようになる1番の近道です。 下の記事でオンライン英会話のスクールで紹介しています。 またDMMの英語の教材は無料で使えますが、オンラインレッスンと組み合わせることで効果は更に高まります。 DMMオンライン英会話の無料体験の申し込みは下のボタンから行えます。

次の