国家総動員法 ブログ。 緊急事態条項は憲法に必要か(6) ~国家総動員法は軍部独走ではない~

マスコミ9条の会ブログ: 11245 「国家総動員法」を思わせないか

国家総動員法 ブログ

中国共産党政府が「支那」をNGワードに指定した。 それ以外にもFacebookは中国共産党政府から突きつけられた様々な規制条件に協力するらしい。 中国共産党政府が日本に注文を付けている。 しかし、 外国の「China」表記には文句をつけないらしい。 China=支那 ではないか。 だがしかし、 どれくらいの日本人が、 中国(支那)に「国防動員法」があり、 池袋のチャイナマフィアに代表されるような、 地下の中国人組織が動いていることを知っているだろうか? ここで2010年に成立した、 中国共産党政府の「国防動員法」について さらっとおさらいをしておきたい。 (2015. 「備蓄物資が国防動員の需要を延滞なく満たすことができなくなったときは民生用資源を徴用できる」。 「金融、交通運輸、郵政、電信、報道出版、ラジオ、映画テレビ、情報ネットワーク、エネルギーや水資源の供給、医薬衛生、食品と食糧の供給、商業貿易などの業種に管制を敷く」 とある。 最悪の場合は日系企業の中国の銀行口座凍結や金融資産接収のほか、売掛金放棄も考えられる。 ビジネスの基本であるカネが危ない。 今、日本国内に多くの中国人社長の企業があり、日本人が従業員として雇われている会社がありますが、 国防動員法が発令されれば、日本にある中国系企業もすべて、 中国軍のスパイ活動や食糧調達、軍備調達に協力する可能性があります。 日本人従業員が退職を願い出ても受理されない可能性がありますよね。 民主党政権が、いかに壊国政権だったかわかりますね。 ですから、元民主党、民進党議員は 国会に入れてはいけないのです。 さて、これを踏まえて中国人の本音の話に入っていきます。 先日、ネットで興味深い記事を見つけました。 詳しくはダイヤモンドオンラインに掲載されています。 先日、帰国したときも、東京の家電量販店では支付宝を使えばなんと15%引きだった。 これは大きい。 中国側で特定店のクーポンを発行している場合もあり、使えないと「損した!」気分になるのだろう。 日本の適正価格という感覚はわからないようです。 だから文句言うのよね。 しかも中国でペーパーレス化が進んでいるのは、偽札が横行しているから。 当然ですが中国の銀行は国営です。 その銀行のATMでお金を引き出したら偽札が紛れて出てきた。 偽札をもって銀行に苦情を言いに行ったら「そんなことはあり得ません」と頑として認めない。 出てきた偽札は預け入れもできない。 結果として偽札の分だけ自分が損をするとなれば、 そりゃあ電子マネーも普及するわなぁ。 「日本で発展したい」、「未来をかけたい」という言葉は、あまり聞かない。 黄河は対岸が見えないし、滝もナイアガラみたいなのがある。 小さいのがぽつんとあるだけ。 「わび・さび」がわかる人は少ない。 』)である。 映画は、壮大な景色の中で中国人たちがおりなす恋愛ドラマ。 登場人物らの旅資金はベンチャービジネスで当てたものであり、旅館の浴衣を着た彼らに、給仕の和服の日本人女性が正座で頭を床につくほど下げるシーンが出てくる。 幻滅するから。 日本で働くのはそんなに我慢しないとダメなのか。 日本人の昼と夜のあまりの違いに中国人は引いてしまう。 中国人は昼もワガママ、夜もワガママなので変化はない。 私だって在中日本人としていろいろ言われるが、お互いそういうことを乗り越えていくのが、グローバルかもしれない。 -------------- 一方、日本人の、中国人に対するビミョーな気持ちも彼らは感じ取っている。 先日、私が日本でホテルに泊まったときに、ふと中国での現住所を宿泊カードに書いたら、それまで笑顔だったフロント係の対応が突然変わり、怒り声で「パスポート、見せてください!! ……私は純ジャパニーズだって。 「 サベツはいけない」というインテリにも多く、私の姉は大学教授だが、中国に来る時は何度言っても冷蔵庫の期限切れ食品を抱えてくる。 でも中国人は世界中で差別されているから。 面子のないことするやつも多いし、しかたないよ」(30代、中国人男性)。 うち、おじいちゃん、手術せず死んだよ」「警官がこっちに道ゆずった!威張っていないんだね」 「不正や賄賂が少ない。 まじめ。 民度の高さも認める。 ストレス強そうで、人と人との関係が冷たそう」 中国の内陸の安徽省に西逓・宏村という有名な観光地がある。 昔栄えた村で、中国らしくなく、古い建築がそのまま保存されている。 水もきれいで汚染されていない。 交通が隔絶されており、閉じた社会で人々は非常に善良で騙す人がいない。 しかし老人ばかりで、たまにいる若者は足抜けできず不機嫌そうである。 取り残され物価も安い。 ここに発展に疲れた都市部の中国人たちが、近年のひなびた田舎観光ブームで観光バスを仕立てて大挙して押し寄せている。 そして短時間のうちにバーっと消費し、帰っていく。 「いいね、いいね」と言いながら。 中国の桃源郷と呼ばれるここ、私は日本に重なるのだが、どうだろうか。 しかし、国という視点で考えた場合、勘違いをしているように私には見える。 利便性と言う点ではたしかに電子マネーが有利だろう。 しかし、その普及に貢献したのは中国国内で流通する人民元の偽札である。 ご存知の通り、 貨幣と言うのは国が管理し、責任を持つツールの一つである。 そこに偽札が混じっている。 そしてそれを放置というのは、 既に中国が国としての信用を失っていると思うのだが、 J-CASTニュースの記事ではそれを知らぬ顔で官も民もやり過ごしている様子が描かれている。 今はこんな地方の金券ショップでも人民元をよく見かけるが、それは本当に真札だろうか? 「騙したもん勝ち」の弱肉強食の文化で、それがまかり通っているのなら 私達は彼の国と付き合ううえで、自衛の手段として 入国ビザの強化や、あらゆる警戒と規制をしなければならないと思うのだが、どうだろう。 文中の羽田近くのホテル従業員の対応は私は非常に納得できる。 彼らは非常識なことを自分ルールでやらかす。 例えば宿泊施設では1室あたりの宿泊人数が決められていることが多いが、 彼らは平気でそれを破る。 2人でツインの部屋をとって5人で泊まる(ベッドに2人ずつとソファーに1人)。 そこには宿泊施設に対する敬意はない。 ただ自分たちの都合だけだ。 その時さえ良ければ、その時さえ凌げればそれでいい。 と言う本音が垣間見える。 旅館も商売だ。 営業に差し障ると思えば断ることはできない。 そういう弱みにつけこんで、無理難題をねじ込んできたのが中国だ。 結果、どんどん中国人に侵食される。 アパホテルの様に毅然と断ってもいいではないか。 宿泊施設はそこを利用するすべての人に責任がある。 そのために宿泊約款があるのだから。 日本に住んで現体制を批判する中国人だって、 国防動員法が施行されれば日本人を襲うのだろう? だったら、彼らにとやかく言われる筋合いはない。 日本は日本のやり方でいいし、文句を言われたら、 「これが日本のやり方だ。 不満なら帰ってください。 」と言えばよい。 「日本人て、なぜあんなにすぐに初対面の人を信じるの? バカなんじゃないの? 人も思いきって騙せない。 自分と家族とその親戚だけが得をすれば、あとはどうでもよい。 その代わり自分の権利、得をすることには石にかじりついてでも主張してきます。 正直さ、高信頼社会に価値を見出す私達とは全く違う性質だということを 私達は肝に銘じておかねばなりません。 外国人に人道的配慮とかいいますが、 憲法違反の生活保護費も1円たりとも出す必要はありません。 憲法は国の最高法。 そこに、配慮や婉曲した解釈は不要です。 むしろ、国の最高法律に「どうとでも解釈できる」というような穴があってはいけないのです。 なんで日本が譲歩しなければいけない? その必要はない。 日本は日本人の利益を第一として動けばよいのです。 国防動員法を知ったうえで中国に支社を置くなら、それは企業の自己責任だろうし 駐在員の安全を考慮するのは企業の経営者の責任です。 いつの間に日本はこんなに弱くなった? それは日本の歴史をきちんと学ばなくなったからです。 国に対して誇りを持たなくなったからです。 歴史を知らないから国も自分の存在も肯定できないのではないですか? どうか、このブログをご覧の皆さまが 学校で学んだ以外の日本の歴史を学び直ししてくださいますように。 そして家で家族で忌憚なく社会問題の話ができますように。 一人でも多くの人が自分が生きている社会に興味を持ってくれることを願っています。

次の

緊急事態条項は憲法に必要か(6) ~国家総動員法は軍部独走ではない~

国家総動員法 ブログ

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 国家総動員法 (こっかそうどういんほう)は、 ( 13 年) によって第 73 議会に提出され、制定された。 総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる( )旨を規定したもの。 の敗戦によって名目を失い、同年 に公布された国家総動員法及戦時緊急措置法廃止法律(昭和 20 年法律第 44 号)に基づいて をもって廃止された。 背景と影響 [ ] 徴兵制と総動員の概念は、非 (徴兵された大衆)でも多くの役割を担える歩兵主体から、通信兵・砲兵・衛生兵・工兵・空兵といった(平時からスペシャリストとして訓練を受けている)職業軍人でなければ役割を担うのが難しい特殊兵科要員に軍の需要が移り替わっていたため、空疎化しつつあったが、永田はこの種の を理解していなかった。 この種の近代化を主唱したのは、 、 などの であったとされている。 この法案は や らの指揮の下、当時 を中心とした と呼ばれた軍官僚・経済官僚グループによって策定された。 概要は、企業に対し、国家が需要を提供し生産に集中させ、それを法律によって強制することで、生産効率を上昇させ、軍需物資の増産を達成し、また、国家が生産の円滑化に責任を持つことで企業の倒産を防ぐことを目的とした。 成立後の 7 月には、第 6 条により労働者の雇用、解雇、賃金、労働時間などが統制され、他の条項も全面的に発動された。 物資動員計画では、重要物資は軍需、官需、輸出需要、民需と区別して配当された。 しかし、軍需が優先され、民需は最低限まで切り詰められた。 例えば、鉄鋼、銅、亜鉛、鉛、ゴム、羊毛などの民需使用は禁止された。 しかし、この法案は総動員体制の樹立を助けた一方で、 的であり、 の計画経済の影響を受けていた。 のちに、この法案を成立させた の後に首相となった を中心とした右翼・反共主義者の重鎮により、企画院において秘密裡に の研究がなされていたとして、 が引き起こされた。 内容 [ ] 同法によって国家統制の対象とされたものは、以下の 6 点に大別できる。 労働問題一般 - 国民の産業への徴用、総動員業務への服務協力、雇用・解雇・賃金等の労働条件、労働争議の予防あるいは解消• 物資統制 - 物資の生産、配給、使用、消費、所持、移動• 金融・資本統制 - 会社の合併・分割、資本政策一般(増減資・配当)、社債募集、企業経理、金融機関の余資運用• カルテル - 協定の締結、産業団体・同業組合の結成、組合への強制加入• 価格一般 - 商品価格、運賃、賃貸料、保険料率• 言論出版 - 新聞・出版物の掲載制限 川田稔『昭和陸軍の軌跡』(中公新書、2011年) ただ、注意をひくのは、以前の永田の議論から一つの変化がみられることである。 それは、「国家総動員的国防観」から「近代的国防観」への転換が主張されている点である。 前者は、世界大戦後の国家総力戦対応への要請から、戦時における人的物的資源の国家総動員を実現するため、平時にその準備と計画を整えておこうとするものであった。 このような考え方は、従来の永田の構想とほぼ同様である。 だが、パンフレットによれば、近年、国際連盟がその「無力」を暴露し、「ブロック対立」の状況となることによって、世界は「国際的争覇戦時代」となった。 そのもとで「平時の生存競争」である不断の「経済戦」が戦われている。 「国際的生存競争」は白熱状態となり、「平時状態」において「国家の全活力を総合統制」しなければ、「国際競争そのものの落伍者」となる。 そのような認識から、後者(「近代的国防観」)においては、平時においても「国家の全活力を総合統制」すること、すなわち一種の国家総動員的な国家統制が必要とされるのである。 その意味で、国家統制の論理が、戦時のみならず平時をも貫徹し、「国防」の観念も国家の「平時の生存競争たる戦争」を含むものであり、戦時・平時を問わず規定的なものとして要請される。 これは軽視しえない点である。 前述したように、かつて永田は、国家総動員のための国家統制は戦時のために考えられており、平時はそのための 準備と計画が必要だとしていた。 だが、この時点では、戦時のみならず、平時においても国家の全活力の総合統制、すなわち国家統制による国家総動員の 実施が要請されているのである。 (引用者註:原文で傍点のところを下線で記載) 法制化された「総動員」は、内閣直属の「企画院」と呼ばれる機関で「革新官僚」と呼ばれる人たちによって日本社会に浸透していきます。 陸軍省も企画院に影響力を行使したようですが、特に素人の軍部よりも予算や法に通じ・駆使する専門家たる「革新官僚」が主導したと言われます。 これに加え、第一次近衛内閣によって行われた「国民 精神総動員運動」と呼ばれる運動によって、政治や経済だけでなく、国民の心までが管理されるようになります。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 国民精神総動員 (こくみんせいしんそうどういん)は、 が ( 12 年)年 9 月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神( )を推進した」運動。 概要 [ ] 特別高等警察は、高等警察の機能を持つ組織である。 高等警察とは、「国家組織の根本を危うくする行為を除去するための警察作用」と定義される。 いわゆる や のことである。 戦前の日本では、 、 、 などに基づいて、この種の警察作用が行われた。 特別高等警察では、このうち特に、 運動、 、 などの の政治運動や、 の 運動などを取り締まった。 被疑者の を引き出すために暴力を伴う過酷な尋問、 を加えた記録が数多く残されるなど、当時から「特高」は畏怖の対象であった。 満州の利益を国民に還元するという方針の下、政・財・官・軍の優秀な人材が、場合によっては互いの領域をまたいで満蒙問題に取り組んだのです。 「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介・第56-57代内閣総理大臣(1896 - 1987)は、戦前より官僚として、満州の国務院高官として「満州産業開発五カ年計画」、そして政治家として、当時の総動員体制にあらゆる面で関わり、戦後にA級戦犯として逮捕されながら、その後は、自身が内閣総理大臣になり、その後の国政にも影響を与えました。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 陸軍・大蔵・商工各省の影響下にあり、各省は優秀な者らを送り、彼らは所謂「 」として、 前後の戦時統制計画の立案を担ったが、「 」の牙城として、初期には、 、 、 らが参画、その後は、初代総裁に を頂いていた 傘下 を経由した官僚として、経済将校として鳴らした と組んだ 、 、 の経済体制造りに関わった者の中からは、 ( )、 ( )、 ( )、 ( )、 ( )らがいる。 他に、 ( )、 ( )、 ( )、 ( )、 ( )、 ( )らが、民間からは企画院参与(勅任官)として らがいた。 更に 、 、 、 らの軍人の関わりも指摘されている。 こうした総動員体制における問題は、一つは「」でも述べたように、総動員体制を担った人達に、満蒙の領有を前提とした「一夕会」と呼ばれるグループに関わる人が何人もいたこと、そしてもう一つは、国民の言論などを力によって抑えようとしたことです。 特に、内務省の下部組織「特高警察」は思想犯・政治犯を逮捕しました。 「」で述べたように、在郷軍人会、国粋主義者による言論弾圧は、軍部との関連が考えられます。 そうした統制は、生活の隅々にまで目を光らせ、それが戦前の日本社会の人間関係などに重大な影響を及ぼしたと考えられます。 こうした上からの統制により、戦争をすることが正義であり、それを否定する者はもちろん、少しでも消極的と見られただけでも、「非国民」として、当人ばかりでなく、その家族すら凄まじい差別の対象とされました。 特に資料などはありませんが、政府・軍部などが「非国民」なる差別語を広めた可能性もあると私は思っています。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 や など戦時色が濃厚になると、 事務・ を所管に加えたほか、 運動などの国民運動の中心ともなった。 1 月 11 日には外局であった衛生・社会両局が として分離されたが、当時の人事は内務省と一体のものとして運用されていた。 5 月 12 日に が制定されると、 の元締として、思想犯や政治犯の取り締まりを行い、網の目のような監視体制を日本全土に構築した。 1930 年代に が台頭すると、それと結んだ が政党の影響力を排除した法改正を行うなど、独自の政治力を持つようになる。 一方、軍部が地方行政や警察への介入を図ったために、双方の間で権限争いも生じた( など)。 戦前の ・ ・ 、各 の は内務省の下部組織であった。 戦争に反対する人は、非国民だ、国賊だといってまわりの人間がよってたかって いじめ抜いた。 日本人なら絶対に戦争反対と言ってはいけないという風潮だったのです。 僕の親父はそうしたなか、非国民と呼ばれたのです。 しかし、それが及ぼす影響は、政治犯に留まるものではなく、国民全体に対する威嚇へとつながります。 当時は、特高警察に目を付けられて、徴兵されると、生きて帰って来られないという話があったのです。 前にも見てきたとおり、日本軍は、特に負け戦において、近代の戦争では考えられないような戦死者を出しました。 (司馬氏によると、西洋では3分の1が死傷すれば司令官の命令なしで退却できるのがルール、日本では太平洋戦争時には、死者が9割もしくはそれ以上に及ぶことも少なくなかった。 )配属された部隊や戦地によって、徴兵された人の運命は大きく左右されます。 以前、向田邦子氏原作の戦時ドラマが数多く放送されていました。 母に付き合って見ていた頃は、正直こうした番組があまり好きではありませんでした。 あくまでドラマであり、どれほど当時を正確に表しているのかは判然としないところがありますが、今では、私にとって「暗い昭和」をイメージする際の、ベースの1つになっています。 徴兵の問題を考えるとき、私が見た向田邦子氏の代表作が思い出されます。 raaq. htm 『あ・うん』1989年に映画化され、2000年には正月スペシャルドラマとしてTBSで放送された。 あらすじ 門倉夫婦と水田夫婦は、夫同士が親友で、とくに門倉は、水田家によく出入りし、家族ぐるみつきあいがあった。 門倉 高倉健 は、水田 板東英二 の妻 富司純子 に好意をもっていた。 妻も門倉が好きだった。 水田には年頃の娘の聡子 富田靖子 がいた。 見合いさせた青年に門倉さんと母のとこを言うと「それは北村透谷の小説にでてくるプラトニック・ラブ 精神的恋愛 だ」と言われた。 この映画のテーマは、既婚の男女のプラトニック・ラブである。 この映画の隠されたもう一つのテーマは、戦争だった。 門倉は、会社社長として成功しているが、軍需品をつくる会社としてその浮沈は戦争経済に依存していた。 聡子と見合いした青年の俊彦は、喫茶店でデートした時、警察に注意され、「恋愛は個人の自由だ」と主張した。 そのために「自由主義のアカめ」とにらまれるようになり、ついに青年は特高警察につかまった。 時は、1937年、日本軍が中国の南京を陥落させたと世の中が浮かれている時であった。 俊彦に赤紙 兵士としての招集令状 がきた。 門倉は、「特高ににらまれて戦争にいったら生きてもどってこれない。 聡子ちゃん俊彦君を追いなさい。 今夜はもどってこなくていいよ」といって、聡子を送り出す。 (註:下線引用者) また、太平洋戦争において、東條総理大臣が懲罰的な徴兵を行ったという話があります。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 懲罰召集や敵対者迫害との批判 [ ] では 記者(当時 37 歳)を として召集し へ送ろうとしたとされる。 新名が 1944 年(昭和 19 年) 2 月 23 日 朝刊に「竹槍では勝てない、飛行機だ。 海軍飛行機だ」と海軍を支持する記事を書いたためであった。 当時、陸海軍は航空機の配分を巡って激しく争っており、新名は海軍の肩を持つ記事を書いたために陸軍の反感を買っていた。 また、 工務局長 を 待遇だったにもかかわらず 42 歳(徴召集の年限上限は 40 歳であったが、昭和 18 年 11 月 1 日法律第 110 号で改正された で、上限が 45 歳に引き上げられた。 この改正にあたっての審議日数はわずか三日であった )で として召集し、南方に送った。 松前が、技術者を集めて日米の生産力に圧倒的な差があることを綿密に調査し、この結果を軍令部や近衛らに広めて東條退陣を期したためであったとされる。 先ほど見たように、『日本人はなぜ戦争へと向かったのか』では、新聞に対する言論弾圧の例が取り上げられていましたが、それ以外にも、大学における、国粋主義者による言論弾圧が竹内洋『丸山真男の時代』(中公新書、2005年)で紹介されています。 この書籍にも、「激戦地送り」を思わせる、特高警察による脅しが紹介されています。 竹内洋『丸山眞男の時代』(中公新書、2005年) 丸山が第一高等学校に入学したときに、一高寮内で「民族主義と国際主義」の講演会を聞き、満州事変後、時代の空気が大きく変わったことを知る。 一高三年生(一九三三年)になったばかりの四月一〇日、そんな時代の急変を身をもって知る。 本郷仏教青年会館で唯物論研究会創立記念第二回講演会に出席した。 丸山の父幹治の親友で、丸山にとっては、南原とならんでもう一人の師である長谷川如是閑(はせがわにょぜかん)(一八七五-一九六九)が挨拶を始めると、本富士警察署長から解散を命ぜられる。 聴衆の一人にしかすぎなかった丸山は検挙・勾留される。 特高刑事が「なんで会に入った」と訊くので「会長さんの長谷川さんと子どもの時代から……」というと、ビンタを食らう。 「如是閑なんて戦争が始まったら真っ先に殺される人間なんだ」といわれて目の前が真っ暗になる。 この年、日本共産党幹部の佐野学と鍋山貞親が獄中転向声明を発表した。 日本共産党は中央委員の逮捕などによって壊滅状態となった。 (註:下線引用者) 唯物論とは、マルクス主義における重要概念のひとつですから、丸山真男氏が参加したのは左翼思想の講演会ということになります。 実際、そうとしか思えない死亡事例が、当時いくつもあったようです。 左翼思想に触れることで暴力を受け、その先に死が待っているかのような脅し方をされれば、普通の人は恐れてその思想から離れていくでしょう。 ものを言おうとする国民に対して激戦地における死をちらつかせることは、軍や政治家が、自分たちの意志を通すのに大きな効果があったと思われます。 そして、こうしたことが、インパール作戦や特攻作戦などのように、これまでの戦史では考えられないような兵士を使い捨てにするような軍の運用を許容する原因となったと考えられます。 そもそも、戦場を自国民に対する脅迫に利用したことは、戦場に向かったすべての兵士に対する侮辱になるのではないでしょうか。 他国の徴兵においてもこんなことはあったのでしょうか?こうした徴兵についての問題は、意外に論じられることが少ないように思います。 (正確には少し前から始めていました。 ) 表題とは、少しずれたテーマが先行しているように見えるかもしれませんが(W杯とか)、自分の中では「平和」について論考する一部をなすと考えて書いています。 ブログ記事の中には、このサイトのページと関係あるところには、本サイトの該当ページのリンクが貼ってあります。 興味ある方は、本論とあわせてご覧ください。

次の

国民精神総動員運動を簡単にわかりやすく!背景の世界恐慌や標語のまとめも。

国家総動員法 ブログ

全然説得力ないよな!一国の カビのマスク首相が「たとえ、家族であってもGWは旅行にいかないように・・」だと、おっかちゃんは勝手に大分の宇佐神社に参拝ツアーしたのに、よく云うよな~あ。 それにしても地元山梨といい、、群馬、茨城や湘南といい。 これだけ騒がれ、騒いでもなおドライブ、ツーリング、潮干狩りに車の渋滞に密集、混雑。 地方では、他県ナンバーの車だらけで駐車場は満車だ。 しかも、 昭和インター前の回転すしの 「」なんかバイトの従業員がチンコロが陽性がであっても閉店したのが当日の半日だけで翌日から営業再開で、家族連れでで満卓だわ。 しかもこれって、 保健所にお伺い立て同所が 「再開も問題なし」とお墨付きを与えたから問題は続く。 それを地元ニュースで流れるや地元は大騒ぎになったが、駅前のパチンコ屋や居酒屋も相変わらず普段どおりのご営業のノー天気。 の「ラ」は休業しているが、アウトレットは通常営業。 これでは、尻抜け、だ。 まあ緊急事態宣言を出したところで府県の首長は未だに反対、大いに結構と反応は様々。 長崎知事なんかは財務官僚上がりだから所詮、よそ者、週一勤務の雇われマダム。 宣言の記者会見は、しどろもどろに不敵な笑み 「これがわが故郷の知事かよ!」とも云いたくもなる。 なんで 山梨なのに長崎なの?これって、二階の仕業かよ!! 相も変わらず、馬鹿野党は強制力をもった「網掛け」は、国家統制だ、戦時下だと猛反対。 まあ思想が蔓延している 国家部族が跋扈している「ニッポン」だから、主役の正国民は不在のままだ。 なんでも反対、反対、マスク国民配布反対、布製マスクの品質劣化を指摘する、このマスク配る方も配る方だが、これに異を唱える方もこのお粗末。 さて、本日のシメは 「」について語る。 1938年(昭和13年)第1次近江内閣によって制定された法律。 ()の長期化による総力戦の遂行のため、国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したものだ。 正式には、「」。 戦時の長期化による総力戦の遂行の為国家の全ての人的物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定した。 ぼつ、ボツ これを発動しないと、 「いかんじゃケン、ノウ!!!だがに!」、「懲りない奴らほど、騒ぎはそれほどにヒドイ!!」、お主、 「いつまでそんなことに甘んじてる!!」かのう?典明。 は、写真家だったぜよ!! koushuya.

次の