ケイジとケンジ 視聴率。 【ケイジとケンジ】6話あらすじと視聴率!タイムカプセルに込めた未来への想い

『ケイジとケンジ』6話の視聴率と感想!あらすじともしも見逃したら?

ケイジとケンジ 視聴率

『ケイジとケンジ』6話のあらすじ 2月20日放送第6話のあらすじは… 女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。 ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。 女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。 そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。 仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。 その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。 捜査のやり直しを命じたのだ。 再捜査の指令を受け、ひかると目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。 主役の二人もいい感じだし、シリーズ化してほしいです。 他の方同様、「元々東出さんは好きでも嫌いでもなかった。 今回つい、意識してドラマを見つつ、東出さんのしゃべりや声の質感、演技にむしろ魅力を感じました。 そもそも演技が下手、などと人を悪く評価する人たちに問いたい。 「あんたは演技ができるんかえ?セリフ覚えられるんかえ?」って。 俳優さんなどはそれだけで別格だとリスペクトしている。 東出さんのプライベートの悪評も特段気にならないし、なるべく気にしないような人でいたい。 大騒ぎの世の中、怒りのパワーがどこから来ているのか不思議である。 芸能人のゴシップに感情的になりすぎるのは愚かだと思っている。 CMの降板も半分の2社くらいでよい。 先程初めてこのサイトにお邪魔してみて、このドラマに好意のある感想に多く触れ、とても嬉しかったです。 一緒にこのドラマを応援しましょう。 自分は元々東出さんは好きでも嫌いでもなかった。 棒読み的でも脚本や周りの演者さんによっては魅力があったと思う。 コンフィデンスマン面白かったし。 映画の地上波放映なくなっちゃんだろうなぁ。 このドラマが始まってからも特に違和感なかったし、この人はこういう演技をするんだろうなと思っていたし、面白いなと思って観ていた。 今も、このドラマの内容は面白い。 というか、報道後はもっと面白くなってきたと思う。 東出さんはおとなしくなっちゃって仕方ないと思うけど、周りの演者さんが頑張ってる感じ。 内容は面白い。 作品に罪はないと思う。 めちゃくちゃ面白いんですけど。 続編をあきらめないでほしいなあ。 でっくんもはまってるんだよなあ。。。 回を重ねるごとに面白くなって来てますよね。 打ち上げも出来ないらしいですが、最後まで体に気を付けて頑張ってくださいね。 241-26 tabasa おもしろい。 脇を固める方達が上手いですし。 私生活では東出さんのした事はひどいと思いますが、ドラマの上では私は気にならず。 上手いとは言えないですが、コンフィデンスマンのボクちゃんと同じく、東出さんならではの役だと思うし。 253-43 私 脚本の福田靖さんが東出さんのゴシップを、災い転じてって感じで書いている気がする。 せっかくの福田脚本なんだからシリーズ化してほしいけど、東出さんである必要は全く感じない。 観たいのに時間の都合がつかなかったり、録画を忘れたら… 『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』6話を見逃したら 『ケイジとケンジ』6話を見逃しても、動画配信サービス(VOD から観ることができます。 期間限定になりますのでご注意ください。 ヤフーの無料動画サービス《GYAO! ギャオ 》でも、『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』を無料で観れます。 こちらも期間限定になりますのでご注意ください。 テレビ朝日の動画配信サービス内《 テレ朝キャッチアップ 》でも、『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』を無料で観れます。 こちらも期間限定になりますのでご注意ください。 なお本ページの情報は2020年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 まとめ 『ケイジとケンジ』6話の視聴率と感想!あらすじともしも見逃したら? はいかがでしたか? ここでは、 『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』6話の視聴率 『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』6話のあらすじ 『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』6話の感想 『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』6話を見逃したら を紹介しました。 最後までお読みいただきありがとうございました。 少しでも興味が湧いたり面白かったら、 《下のバナー》をポチっとして頂けると嬉しいです。

次の

【ケイジとケンジ】7話の視聴率とネタバレ!東出ネタにはもう飽きた!?

ケイジとケンジ 視聴率

俳優・とがW主演するドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の第6話が2月20日に放送され、平均視聴率は0. 6ポイントアップの9. 9%と二桁視聴率まで、あとわずかのところまで回復している。 「初回視聴率12. 0%と好スタートを切った同ドラマですが、東出の不貞騒動発覚後の第4話は8. 3%と最低を記録。 それが、第5話9. 3%、第6話9. 9%と順調に戻しています。 元高校教師の熱血刑事・仲井戸豪太(桐谷)と東大出身のエリート検事・真島修平(東出)が異色のコンビを組むという設定の面白さもさることながら、ヒットメーカー福田靖氏脚本の東出をイジるようなセリフが大ウケしていますね」(女性誌記者) 真島検事が思いを寄せる事務官・仲井戸みなみ()に「真島さんはもっと女性に優しいのかと思ってました」と詰め寄られた真島は「優しいですよ、僕は。 僕は基本、フェミニストなんです」と答えるセリフには《(女性に)優しいんだ!》といった失笑コメントが躍り、さらに、なかなか振り向いてくれないみなみに「仕事で気を引くしかない」と呟く場面もお茶の間を苦笑させている。 こうした脚本の妙もあり、バッシングされ続けてきた東出を取り巻く環境にも変化が現れているという。 「ネット上には『棒演技だなんてdisられてるけど、どん底のメンタルでもコミカルな演技できるあたり、やっぱりプロの役者じゃん!』『東出さんの演技結構好きなので、俳優として消えないで欲しい』『東出くんの演技、クセになる。 シリーズ化希望』といった応援の声が徐々にですが散見されはじめましたね」(前出・女性誌記者) 2月19日の「バイキング」(フジテレビ系)では、ゲストのコラムニスト・山田美保子氏がドラマ「ケイジとケンジ」のクランクアップを待って、今月末か来月頭に東出自身の謝罪会見が行われるのではないかと予想。 その時期は同ドラマが大詰めを迎える微妙なころでもある。 「テレビ局としては逆にこれに期待しているかもしれません。 東出にはドラマ放送中にスキャンダルが発覚したという局や共演者への負い目がありますし、自分のせいで視聴率を落としたという引け目もある。 会見を強く促されれば断れないでしょう。 (窪田史朗).

次の

『ケイジとケンジ』6話の視聴率と感想!あらすじともしも見逃したら?

ケイジとケンジ 視聴率

「ケイジとケンジ」4話視聴率 「ケンジとケンジ」4話が放送されました。 気になる視聴率は、 8. 3%でした!前回より2ポイントもダウン、厳しい視聴率になりました。 脚本・福田靖さんは、海猿やHIROを手掛けた方です。 昨年は、NHKの朝ドラ「まんぷく」の脚本も担当しました。 「ケイジとケンジ」4話あらすじ 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。 刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。 そんなとき、 仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。 ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。 取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。 豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・ 真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。 しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。 そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。 器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…! 出展: 犯罪者が抱える闇 みなみの元カレ・太郎丸直樹が事件に巻き込まれる。 みなみは担当を外されてしまう。 太郎丸の元彼女・貴理子は、罪を認めていた。 「別れよう俺たち、いや貴理は何にも悪くないんだよ。 ただ俺が自分の気持ち分かってなかったって言うか。 俺が全部悪いんだよ。 」 そう言って直樹は貴理子と別れていた。 その直後、マンションを出ると植木鉢が落ちて来た。 みなみは、貴理子と廊下ですれ違う。 その姿に恐怖を感じた。 真島は、貴理子を調べるように豪太に依頼する。 貴理子には、ホストクラブに連絡した履歴が残っていた。 「復讐してやったぜ。 私を捨てた罰に。 7階のベランダから植木鉢落としてやった。 見事命中。 」 昨年の夏、貴理子は美容室のお客・林原と付き合っていた。 別れ話をした直後に植木鉢が落ちて来た。 林原は結婚していた。 「あの時、別れてなきゃバレてましたよ。 彼女は1日に何十回もメールしてくるし。 家にいるときに電話してくることも。 」 悪いのは君じゃない、僕だから。 そう言って林原は別れていた。 豪太は、納得できない気持ちでいた。 豪太は、真島を家に呼ぶ。 「人が住んでいて燃え移るかも知れないと分かっていて、火をつけた場合。 現住建造物等放火罪。 懲役5年以上20年以下。 もし人が死んでいたら、無期懲役か死刑。 」 優しい別れ方は罪 みなみが戻ってくる。 女として会話に加わることになった。 真島は、貴理子に同情の余地はないとした。 「石田貴理子も理由をハッキリ言ってくれた方が。 そりゃあ傷つくかもしれないけど。 何が悪かったのか分からないんじゃ、もう恋愛なんか出来ないもん。 」 俺たちの仕事は、貴理子を捕まえて罰を与えればいい。 それだけではない。 再犯の防止、このままでは同じことを繰り返す。 「石田貴理子さん、あなたを起訴します。 罪名は、現住建造物等放火罪未遂罪。 」 真島は、豪太とみなみの意見を代弁した。 「たとえば心から打ち解け本音を語れる同棲の友だちを作ってはどうでしょう。 メールや電話もほどほどに。 恋の駆け引きを楽しむぐらいの余裕をもって下さい。 それから、もう部屋には植木鉢は置かない。 」 「すいませんでした。 申し訳ありませんでした。 検事さん。 」 貴理子は、泣いてしまう。 「ケイジトケンジ」4話感想 不倫の代償は大きい、東出の問題がなければもっと面白くなったのに。 世の中の女性は、きっと杏ちゃんに見方だと思う。 一時は見続けるのやめようか迷ったこのドラマで今別の楽しみ方をしているのは私だけじゃないはず… しかもこれ報道前の撮影なら奇跡だと思うわ。

次の