スーサイド スクワッド 日本 人。 悪役好きにはたまらない!映画「スーサイド・スクワッド」の魅力

スーサイドスクワッドの日本人出演者は誰?キャストとネタバレ紹介

スーサイド スクワッド 日本 人

カタナの役を演じた福原かれんってどんな人? 福原かれんはアメリカ、カリフォルニア州出身の日系アメリカ人です。 英語はもちろん、日本語も話せるバイリンガルで、空手の経験があり、高校では大会でチャンピオンになったこともあるとアメリカのメディアでは伝えられています。 「弟が空手をやっていたために私もやるようになったのです。 弟は学校でも問題児だったんだから母親から弟の面倒を見るように言われていたんです。 今は(役をゲットできたので)それについて感謝していますが」。 無名の彼女が大役をゲットできたのは格闘技のスキルがものを言ったようです。 そのせいか福原かれんが演じたシーンのほとんどはスタントなしで、自分で挑戦しています。 そんな福原かれんの女優としての初仕事は、ディズニーチャンネルにおける、映画俳優たちをインタビューするレポーターのような仕事でした。 そこでいきなり「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップやキーラ・ナイトレイに直撃。 当時については「もしもう一度できるなら、もっとちゃんと彼らが言ったことを聞けるはず。 緊張しすぎてそれができなかった」と話しています。 ディズニーチャンネルでの仕事がきっかけで日本で過ごた高校時代、日本のTVにも出演するようになります。 ただ、そのときはまだ演技の勉強はせず、アメリカでカリフォルニア大学に進学するときでさえ社会学を専攻しています。 在学中、ディズニー・チャンネルで放映された「世界のディズニーリゾートへGO」やNHK「BSベストスポーツ」の現地リポーターとして出演したものの、まだまだ世間的には無名のタレント。 それだけ生活することはできず、福原かれんはバイトで日本語と英語の通訳や字幕の翻訳、さらに寿司屋でウエイトレスをしてなんとか生計を立てていたそうです。 ちなみにカタナの役が決まったときは、ニューヨークで日本人モデルの通訳をしていました。 カタナ役で世界的に知られるようになった今でも両親と同居しているという福原かれん。 周囲からは人生が変わったような言い方をされるものの仕事が終わったら実家に帰ってこれまでと同じように時間を過ごすそうです。 なお、父親は日系の会社で働くサラリーマン、母親はピアノの先生。 プレミア試写会では父親と一緒にレッドカーペットを歩くなど庶民的なところも人気の秘訣なのかもしれません。 スーサイド・スクワッドに出演したことがきっかけで福原かれんはアメリカの人気TV番組にも数多く出演するようになり、ハリウッドスターの仲間入りを果たしています。 愛する旦那をヤクザに殺害されてから彼女はアメリカに拠点を移し、悪人たちの監視人カタナとして活動します。 彼女が使う刀は斬った者の魂を封じ込めるパワーを持ちます。 実はこの刀はヤクザが彼女の旦那を殺害するときに使った刀でもあり、そこには旦那の魂はもちろん、その刀で切られた多くの人の魂が宿っているのです。 それゆえにその刀はソウルテイカー(魂を奪うもの)とも呼ばれています。 高い格闘技、剣術のスキルを持つ彼女はDCユニバースにおいてスーサイド・スクワッドのほかアウトサイダー、バーズ・オブ・プレイ、ジャスティスリーグなどのチームに参加します。 なによりも正義感の強いカタナはスーサイド・スクワッドにも自ら志願して参加するほどで、ミッションを遂行するかたわら刀に宿った旦那の魂を解放し、成仏させることを強く望んでいます。 そのため劇中こんな日本語のセリフがあります。 「ここで私の人生が終われば、やっとあなたと一緒になれる」 カタナは死んだ旦那の後を追うかのように危険なミッションに次々と参加しているのでした。 スーサイド・スクワッド公開後、DCユニバースの「ジャスティスリーグ」の公開が決まっていることを考えると、福原かれん演じるカタナが継続してスクリーンに登場することは想像に難しくないです。 スーサイド・スクワッドでは彼女の背景について軽く触れるだけで登場シーンも限られます。 しかし人気が急増すればカタナを主人公にした映画が製作される可能性もなきにしもあらずです。 福原かれんはそれについてこのように話しています。 「どこから来たのか、どんな訓練を積んだのかなどもっとカタナのことを掘り下げていきたいです。 もし主演の映画ができたら最高ですね。 特にスーサイド・スクワッドにつながる彼女の旦那の死についてはたくさんのストーリーがあるので、そういうったことをスクリーンで見せていきたいです」 >> 関連記事 >> >> >> >> >> >>.

次の

【スーサイド・スクワッド】ハーレイクインが飛び込んだ液体はなに?落ちたタンクの中は薬物の硫酸?

スーサイド スクワッド 日本 人

2016年9月10日(土)、いよいよ映画『 』が日本公開となる。 アメリカでは8月5日に封切られていた本作。 当サイトではかねてよりポジ・ネガ含め様々な情報を伝えてきた。 振り返るといろいろな事があったように思うが、 ここに『スーサイド・スクワッド』が無事日本公開を迎える事を祝し、これまでTHE RIVERでお伝えしてきた主要なニュース、知っておくと(色んな意味で)楽しめる情報をまとめておこう。 情報は基本的に時系列順に紹介する。 それぞれ記事の要約や解説を掲載しておくので、気になる内容があればリンク先の記事にて確認されたい。 本作のキャスティングとそのビジュアルイメージが解禁された時、 いちばん注目を集めたのがマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインだった。 元は真面目な精神学者だったのに、ジョーカーに心酔してあんな体たらくになってしまったというキャラクターのバックストーリーも興味深いが、何よりピンクとブルーに染めたブロンドヘア、ピチピチ衣装に身を包んだセクシーな身体、そしてマーゴット・ロビーの笑顔がハーレイのキュートでポップなイメージとばっちり一致し、歓迎された。 ジャレッド・レト演じる新ジョーカーが賛否両論を起こす ジョーカーといえば、『ダークナイト』で故ヒース・レジャーが演じた伝説的なまでの怪演がまだまだ記憶に新しい。 『スーサイド・スクワッド』のジョーカーは当然ながら賛否両論を巻き起こした。 撮影現場からリークしたジョーカー姿のジャレッドは チンピラか歌舞伎町のホスト崩れのような出で立ち。 グリルズ(アクセサリーとしての銀歯)や全身に入れられたワザとらしいタトゥーは、本当にジョーカーに必要なのだろうか?発表当時は、 「こんなのジョーカーじゃない」という声の方が多かったように記憶している。 彼の詳しいバイオグラフィーや、ジョーカーという役を演じるにあたってのプレッシャーなどは上記記事にまとめてある。 また、新ジョーカーに対する期待と不安は、こちらの記事によくまとめられている。 コミコンにてスーサイド・スクワッドのグッズが発表されるも、 ハッピーセットのオマケみたいなクオリティの代物にファンからは失笑が漏れた。 彼女は、「アジア人」そして「女性」という立場を乗り越えこのビッグプロジェクトに大きく関与できたことを受け、上記事でこのように説いている。 「日本の文化では、自分よりも他人を優先する、という概念があるんですが、私は自分を落とすような事はしたくないなと思いました。 最近ではアジア人女性がスーパーヒーローとは斬新だ、なんて言われる事もありますが、これ、ひっかかるんですよね。 愛するもののために、そして自分のために、立ち上がりましょう!」 新予告編・新ビジュアルが解禁 多くのファンの期待を背負い、プレス向けに先行上映がなされると、不満の声が続出。 バラエティ誌が「 ジョーカー とハー レイ ・クインは当たり役だが、 ストーリーが雑だし無意味 」と評したほか、ヴァニティ・フェア誌は 「ひどい。 面白くない。 どうしようもない。 アーティストが果敢に挑んで失敗した結果だとか、そういうダメさでもない」 と記している。 タイム誌に至っては 「とっくに死んでる映画」 とバッサリ。 Rotten Tomatoesの評価もこの時はまさかの 31%と散々。 これに対し、 熱心なDCファンはこの評価を不当だとし同てサイトの閉鎖を訴え、1万7千人以上が署名に協力する騒動にまで発展した。 全米公開、明かされる裏事情 ついに全米公開がされると、その内容に様々な情報が飛び交うことになる。 なんと、 さんざん注目を浴びていたジョーカーを演じたジャレッド・レトが、撮影したシーンを大幅にカットされたと明かしたのだ。 全米公開から3日が経しその興行収入成績が判明すると、なんだかんだで絶好調だった事実が明らかになる。 アメリカの劇場4,255館で、8月5日(金)から7日(日)の 3日間に約1億3,500万ドルの興行収入を叩き出していたのだ。 これは 8月に公開された映画の歴代オープニング記録を更新する数字で、 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が持っていた 約9,400万ドルの最高記録をブッチ切りで更新。 アメリカだけでなく 世界中で好調なスタートを切っている事実も明らかになった。 これにはデヴィッド・エアー監督も、 「サンキューサンキューサンキュー!」と喜びのツイートをした。 ジョーカーの出番カット騒動が激化 オープニング成績が好調だったため一安心かと思いきや、めでたしめでたしとはいかない問題がまだ残っていた。 ジョーカーの出番カット問題だ。 徹底した役作りでジョーカーになりきり、全身全霊を込めて役を演じたジャレッド・レトが、出番カット問題に対してその胸の内を吐露。 「撮影したシーンがたくさんカットされたことは理解してるよ。 でも自分のシーンは、これまで出演した映画のなかでもお気に入りの仕事だった。 狂気をにじませるシーンすべてに貢献できたと思ってるんだ。 もっと(狂気を)足したいと思っていたしね。 (カットされたシーンは)ジョーカーの映画を作るのに十分な量だと思うよ。 もし明日僕が死んだら、きっとスタジオは映像を公開するんじゃないかな。 R指定、成人指定のシーンもあるけどね」 この騒動に怒ったファンは 「予告編詐欺だ!」としてまさかの訴訟の姿勢を見せた。 「『スーサイド・スクワッド』の予告編には お金を払いたくなるようなジョーカーのシーンが含まれていました。 だから私は、ワーナーとDCが宣伝に使っていたシーンのために映画を観に行ったんです。 でも そのシーンは映画にはありませんでした。 予告にあったシーンを観るべくロンドンまで300マイル運転したにもかかわらず、ワーナーとDCはそのシーンを私に観せなかったのです」 「このことは裁判沙汰にします。 私は払い戻しを求めたい。 映画代とスコットランドからロンドンまでの燃料費160ポンド、これを請求して裁判所から叩き出された私を指さして笑って、恥をかかせるといい」 「無意味なデタラメを止めましょう。 『デラックス・プレミアム・スペシャル・ディレクターズカット・ゴールド・エクステンデッド・エディション・完全版』などという無意味なものにお金を払わせないようにしましょう。 劇場で観られると宣伝されたものはきちんと劇場で観られるべきだし、人々は 宣伝で見たものを基準にお金を払っているのです」 出番カットについてはジョーカーだけの問題ではなかったことが、マーゴット・ロビーのインタビューで明らかになる。 彼女の説明によれば、各キャラクターのバックストーリーを描くフラッシュバック・シーンを撮影していたが、 そのほとんどがお蔵入りになってしまったようだ。 「多分私たち、 フラッシュバックの作りこみに熱を出しすぎたんですよね。 特にジャレッド・レト(=ジョーカー)、彼は役に深く入り込みすぎていたから、私たちもみんな徹底的にやったの。 デビッド・エアー(=監督)もキャラクター達と一緒にのめり込んでいって。 そうですね、たくさん撮影してたんですけど、 結局現在と過去のストーリーラインがごっちゃになって、意味をなさなくなってしまって。 」 ジャレッド・レト「ファック」発言 さてここまで、映画『スーサイド・スクワッド』をめぐってTHE RIVERでお伝えしてきた大小さまざまなニュースや情報を駆け足で振り返ってみた。 批評家から不満の声が挙がったり、ジョーカーの出番カット騒動があったりと様々な苦難を経験してきた同作だが、世界公開3週間も過ぎる頃には約6億ドルという十分満足できる興行収入を記録していた事が明らかとなった。 Rotten Tomatoesでは、批評家の好意的評価が全体の26%にとどまっているのに対し、観客のスコアは全体の68%に達している。 すなわち 批評家は4人に1人しか満足しなかったが、10人中7人の観客はある程度満足した ということだ。 世界的な大ヒットは権威あるレビューの効果ではなく、ただの観客がほかの観客を巻き込んだ結果とはいえないだろうか。 対するマーベルの現時点での最新作『キャプテン・アメリカ:シビルウォー』はである点と比較すると、少々心もとない部分は否めないものの、本国の批評家らもハーレイ・クインやデッドショットなどキャラクター描写には。 果たして、日本での評判はどうなるか。 世界公開から約一ヶ月、焦らしプレイを耐えぬいた日本ファンが劇場に押しかけるのはいよいよ 9月10日(土)。 今年は『シン・ゴジラ』と『君の名は。 』といった邦画が例年に無く盛り上がっているが、負けずに『スーサイド・スクワッド』を今後も盛り上げていきたい。 というわけで、THE RIVERはこれからも『スーサイド・スクワッド』を応援し続けます! 追記:9月10日(土)ついに日本公開 日本での一般公開が開始され、THE RIVERでもライターによるピュアレビューが到着した。

次の

【スーサイド・スクワッド】ハーレイクインが飛び込んだ液体はなに?落ちたタンクの中は薬物の硫酸?

スーサイド スクワッド 日本 人

デットショット/ウィル・スミス• ジョーカー/ジャレット・レト• ハーレイ・クイン/マーゴット・ロビー• リック・フッラグ/ジョエル・キナマン• キャプテン・ブーメラン/ジェイ・コートニー• ディアブロ/ジェイ・ヘルナンデス• キーラ ー・クロック/アドウェール・アキノエ=アグバエ• スリップノット/クリストファー・ワイス• 射撃の命中率は100%と言われるスナイパーで、愛娘のいる普通のお父さんの一面も持っています。 デッドショットは名狙撃手で、誰1人として信用しない『プロ中のプロ』なのですが、 娘のゾーイのこととなると感情的になるという人間的な部分も持っています。 そう、娘にくびったけ。 善と悪の間で心が揺れているので、やや普通の人より。 そんな複雑なデッドショットを演じたのは、ウィル・スミス。 俳優のみならず映画プロデューサーとしても活躍し、コメディからアクション、そしてシリアスな役までこなす、マルチなハリウッドスターです。 今までは正統派なヒーローを演じていたので、アンチヒーローをどのように案じるかとても興味がありますね! デッドショットの能力と武器 武器は『ライフル・マシンガン・銃全般』。 元マフィアの殺し屋なだけあり並外れた銃の腕前と豊富な知識を持っています。 6つもの銃を操ることもできる、抜群の身体能力の持ち主であるデッドショット。 自由奔放なメンバーたちをまとめるリーダーシップも持ち合わせています。 デッドショットの衣装 デッドショットのコスチュームはコミックの衣装を忠実に再現しています。 片目だけ赤く光る白いマスクも原作のままでしたね。 もう一つの特徴はアーム型の銃。 その銃にはデッドショットの信念とも言える 『I am the light, the way(俺が光、そして道だ)」というメッセージが彫られています。 ジョーカー:ジャレッド・レト 真っ白な肌に、緑色の髪、そして銀歯というエキセントリックな風貌が特徴のジョーカー。 性格はもちろん、サイコパス。 ジョーカーは『スーサイドスクワッド』の一員ではなく、 愛しのハーレイ・クインを救うために戦います。 今作でジョーカーを演じるのは、ジャレット・レト。 「ダラス・バイヤーズクラブ」では印象的なお芝居でアカデミー助演男優賞を受賞している実力派です。 多くの俳優がジョーカーを演じてきましたが、関係者・評論家の間では 歴代最高のジョーカーとの呼び声も高いそう! ジョーカーの能力と武器 武器は『存在』。 何をしでかすか分からないジョーカーは存在が武器です。 「ジョーカー・トキシン」という薬を使いこなす薬学の知識を持っています。 そしてナイフや銃、爆弾スキルも持ち合わせています。 スマートな戦闘スタイルは最悪最強のヴィランとは思えないほど。 行動は誰も予想できない、1番の危険人物。 でも、 『ハーレイ・クイン最愛の男』これこそが最大の武器に思えてなりません。 ジョーカーの衣装 グリーンの髪、真っ赤な唇に銀歯がトレードマーク。 今回は、 イブサンローランスタイルのスーツに重めのアクセサリーに裸足といった風貌で、新たなファッションリーダーに仕立て上げられています。 ハーレイ・クイン/マーゴット・ロビー 元精神科医。 しかし、ジョーカーに恋してニューヒロイン誕生となりました。 そのヒロインは美人でセクシー、そしてユーモアに溢れ、その上狂気に満ちた破天荒な人。 ジョーカーに恋してしまったがため、精神まで破壊してしまいました。 それでもジョーカーを愛し続けるハーレイ・クイン、恋は盲目なんですね。 そのハーレイ・クインを演じるのはオーストラリア出身の女優のマーゴット・ロビー。 数々の映画でヒロインを演じてきましたが、今回はヴィランなのにキュートなアンチヒロインを好演。 ファンになった人も多いのでは? ハーレイ・クインの能力と武器 武器は『バット』。 特殊な能力は持っていないハーレイ・クインですが、 ジョーカーと一緒にいたため多大な影響受けています。 映画ではバットだけでなく銃も使用しています。 特にバットはスタッズが付いていたりカラフルだったりと、用途を考えなければ女の子らしさがあり可愛いですよね。 スタイル抜群の 「マーゴット・ロビーだから」のコスチュームはとても可愛いです! またブーツは履くのに20分かかり、ブレスレットはつけているだけで腕が傷だらけになったそう。 リック・フッラグ/ジョエル・キナマン 『スーサイドスクワッド 』のリーダーとなる、軍人リック・フラッグ大佐。 アマンダ・ウォーラーの命令に従う忠誠心の強い性格の持ち主です。 軍人で正義感が強いので、悪党たちとチームを組むことに反対しますが、 絶対服従のアマンダの命令に従い、しぶしぶとミッションに参加。 リーダー格であるデッドショットとぶつかることが多いのですが、何度も命を助けられます。 スウェーデン人俳優のジョエル・キナマンがリック・フラッグを演じています。 「ロボコップ」のリメイク版で主演を演じ、これから活躍が期待されています! リック・フラッグの能力と武器 武器『銃・司令塔』。 戦闘技術にたけたエリート軍人ですが、なぜか危機一髪の命の危険にさらされることがしばしば。 その都度「スーサイドスクワッド 」メンバーから 「大佐を守れ」と言われてしまいます。 確かにこのメンバーの中では非力に見えてしまいますが、『スーサイドスクワッド 」を率いるリーダーです。 大佐がいなければ私利私欲に走るので、いなくてはならない人ですよね。 リック・フラッグの衣装 陸軍特殊部隊の大佐なので 戦闘用のユニフォームを着ています。 『スーサイドスクワッド 』のメンバーの中にいると、なんだか地味に見えてしまいますね。 キャプテン・ブーメラン/ジェイ・コートニー その名の通りブーメランの使い手キャプテン・ブーメランはオーストラリアの奥地で生まれた荒くれ者。 体が大きくマッチョ、ボサボサの頭とひげ、金色の前歯なのですが、 ピンク色のペガサスのぬいぐるみを大事にしています。 キャプテン・ブーメランを演じるのはオーストラリア人俳優のジェイ・コートニーです。 キャプテン・ブーメラン/ジェイ・コートニーの能力と武器 武器は『ブーメラン』。 サーカスでブーメラン使いとして働いたキャプテン・ブーメラン。 確かなブーメランの腕前とワイルドさを持ち合わせ、自作のブーメランで激しい戦いを繰り広げます。 様々なものが入っている分厚いコートに、 ベースボールのミット・肉屋の鎖網で出来たというグローブ・そしてベルトにはビールも備え付けてあるそう。 なんだか重そうな衣装ですね。 ディアブロ/ジェイヘルナンデス 今作の涙を誘うアンチヒーローです。 LAの元ギャングメンバーで、炎の使い手の全身タトゥーだらけのディアブロ。 愛する家族を自らの手で殺してしまったという辛い経験があり、炎のパワーを封印しています。 戦いを嫌っており、刑務所からでたい気持ちもなく、 いわば 償う気持ちから『スーサイドスクワッド 」の一員になりました。 しかし ディアブロの持つ炎の破壊力はすさまじく、ボスキャラとの戦いで大活躍し、メンバー1の活躍したキャラかもしれません。 エル・ディアブロを演じるのはメキシコ系アメリカ人俳優のジェイ・ヘルナンデス。 見るのに勇気のいるホラー映画「ホステル」シリーズなどでは主演を務めました。 ディアブロの能力と武器 武器『炎』。 炎を自在に操ることができるので、他の武器は不要。 見た目とは裏腹に心やさしいヴィランです。 ディアブロの衣装 顔まで及ぶタトゥーに目がいってしまって、衣装はなんだった?と思い出せない。 とにかく夢に出てきそうなタトゥーがディアブロです。 このタトゥーを描くのに4時間、落とすだけなのに45分もかかったそう!! キーラ ー・クロック/アドウェール・アキノエ=アグバエ 人間と爬虫類の特徴をもち、持久力、スピード、力は超人並みなキーラー・クロック。 爬虫類の肌をして皮膚が固いことから 銃弾も跳ね返し、攻撃力だけでなく防御力もメンバー内でも上位に入ります。 このような容姿から人々や実の叔母からも疎ましがられ、ほとんどの時間を深い深い下水道で暮らしています。 まるで忍者を思わせるコスチュームには、どんな戦いでも対戦できるように多数の縄が備えつけられています。 カタナ/福島かれん 日本刀を操り武術の達人でもある、白いマスクの女カタナ。 日本で幸せな生活を送っていましたが、 夫と息子を殺されアメリカに渡りました。 同じような犠牲者を出さないために悪と戦うと誓い、『スーサイドスクワッド 』のメンバーになり フラッグ大佐のボディーガードとなります。 忠誠心がとても強く、なぜかセリフは日本語。 ある意味、一番ミステリアスなキャラクターかもしれません。 カタナ/福島かれんの能力と武器 武器『日本刀』 高い武術、そして 高度な剣術がカタナの武器です。 その刀には魂が宿っています。 また武術に長けているので、身のこなしもくノ一のようです。 日本刀で切り落とした首からは魂を吸い取ります。 (鬼武者かw) カタナ/福島かれんの 衣装 日の丸仮面が印象的なカタナ。 また忍者のような衣装で、日本らしらを感じますね。 その衣装の帯には 「彼を想って泣く」という言葉が刻まれていて、カタナ の深い悲しみ記されています。 エンチャントレス(ジューン・ムーン)/カーラ・デルヴィーニュ 考古学者ジューン・ムーン博士と、ジューン博士にとりついた魔女・エンチャントレスの2役をカーラ・デルヴィーニが演じました。 古代の邪悪な力を持つエンチャントレスはリック・フラッグ大佐の恋人ジューン・ムーン博士にとりついてしまいました。 『スーサイド・スクワッド』の最大の敵であり、本作のラスボス。 エンチャントレス(ジューン・ムーン)/カーラ・デルヴィーニュの能力と武器 武器『邪悪な魔法』。 魔法は魔法でも『邪悪』な魔法です。 格闘技や瞬間移動も可能とし、予測不可能な力を出します。 魔法なので、なんでもできるということですかね。 エンチャントレス(ジューン・ムーン)/カーラ・デルヴィーニュの衣装 モデル出身のカーラ・デルヴィーニュだからこそのセクシー衣装。

次の