チャンネルあき。 かんあきチャンネルの給料(年収・月収・収益性)は?稼いでいるから嫌われ者?|けせらせらトレンドニュース

かんあきチャンネルメンバーの本名や年齢は?プロフィールまとめ

チャンネルあき

かんあきチャンネルの年収はいくら? それでは、まずは人気キッズユーチューバー・かんあきチャンネルの年収について見ていきましょう。 YouTuberの平均年収は? 2019年には、8歳の少年が年収28億円を稼いだことでも話題となったユーチューバー。 最近では、芸能人の参入もあり、ますます人気職業として注目されていますよね。 気になるのは、そんなユーチューバーの年収ではないでしょうか。 YouTubeには、面白動画、レビュー、ゲーム実況など色々なジャンルがありますよね。 人気ユーチューバーのざっくりとした平均年収は、4000万円~7000万円だそうです。 夢がありますね。 YouTubeの広告収入は、だいたい1回の再生につき0. 05~0. 3円ほど。 ユーチューバーで高収入を得るのは、数十万~数百万人のチャンネル登録者とかなりの再生回数が必要になるそうです。 2020年で10周年 おもちゃの紹介動画などで人気となっている「かんあきチャンネル」は、2010年のチャンネル開設から、2020年で記念すべき10周年を迎えました。 現在の「かんあきチャンネル」の登録者数は、なんと驚異の約300万人。 先日はママが、ツイッターで、10周年の喜びと感謝のメッセージをツイートしています。 かんあきCHANNEL kannaakira 「かんあきチャンネル」が10年で積み重ねた総再生回数は、68億回以上です。 小さかった子供たちが成長したり、新しい家族が出来たりと、視聴者もかんあきチャンネルの歴史を動画で体感していることでしょう。 総収入は8億円以上 「かんあきチャンネル」の総再生回数は68億回以上ですが、総収入は約8億1000万円となっています。 ちょっと信じられない金額ですよね。 10年間で8億1000万円ということなので、かんあきチャンネルの年収は「約8100万円」と単純計算することができます(月収に換算すると約675万円)。 セレブですね。 皆さんがユーチューバーを目指すのも納得です。 2020年5月段階のかんあきチャンネルの情報もまとめておきましょう。 住まいは豪邸? 続いては、「かんあきチャンネル」の住まいについて見ていきたいと思います。 豪邸に住んでいるという噂もありますが、実際はどうなんでしょうか? これまでに引っ越し4回 かんあきチャンネルファミリーは、住吉一家です。 かんあきチャンネルメンバーの詳しいプロフィールなどは、こちらをどうぞ。 かんあきチャンネルメンバーこと住吉家は、熊本県に在住です。 そして、かんあきチャンネルファミリーは、ユーチューバーを開始してから、これまでに4回引っ越ししていることがわかっています。 ファンの方は、まだかんなちゃんとあきらちゃんが小さかった頃の家族の様子も知っていますよね。 質素などこにでもある家族の風景といった感じで、その自然体さが多くのチャンネル登録者を獲得する理由になりました。 かんあきチャンネルの人気が出ると共に、住吉ファミリーにも変化が。 住まいが変わったりという変化は、日々動画を見ているファンも気づいていたそうです。 引っ越し4回とありますが、熊本県では2016年に大地震もあり、色々と事情もあるのかもしれません。 ただ、いずれも引っ越し先は熊本県内となっています。 現在の住まいは豪邸? かんあきチャンネルの住吉ファミリーの最新の引っ越しは、2020年3月末でした。 引っ越し当日の様子はかんあきチャンネルの動画でも紹介されており、新居の様子もSNSにアップされました。 こうした動画やSNSを観たファンの間では、かんあきチャンネルファミリーの新居が豪邸ではないかと噂になっています。 かんあきチャンネルの新居まとめ• パパとママの部屋• 動画編集用の部屋• 動画撮影用の部屋• 階段がある• さらにキッチン、ダイニング、リビング これらの情報から、かんあきチャンネルファミリーの新居の間取りは、「5LDK」と分かりました。 パパの話によれば、 新居は「一軒家」だそうです。 だから、階段があったんですね。 新居はとてもきれいで、ベランダで食事をすることもできてしまいます。 これは、ファンが「豪邸ではないか」と噂するのも分かりますね。 やっぱり、年収8100万円ですから、気前よく購入したのかと思いますよね。 しかし、これもパパによれば、「賃貸」なんだそうです。 セレブになっても、堅実なまま。 こういう姿勢が、変わらずファンの心も掴み続けている秘密なのでしょう。 以上、今回は人気キッズユーチューバー・かんあきチャンネルの年収から、引っ越しは4回で住まいは豪邸という噂についてまとめました。

次の

AKIBACCANO!(涼宮あつき)

チャンネルあき

かんあきチャンネルの年収は? youtube 気になるかんあきチャンネルの年収について見ていきましょう。 2020年5月現在で 登録者数300万人を記録し、 日本の youtuber全体で24位となっています。 かんあきチャンネルの上を行くチャンネルが23個しかないというのでどれだけすごいか分かりますよね? 総再生回数はなんと67億回です。 すごすぎますね 笑 2010年5月からyoutubeチャンネルを開設しているので10年間の蓄積された回数となりますが、それにしてもものすごい回数です。 気になる推定平均年収は8181万円です。 youtubeで8億円を既に稼いでいる計算になるのでyoutubeがどれだけ夢のある職業なのか分かりますね。 tuber-town. html また、 かんあきチャンネルにはサブチャンネルの「kougeisha」もあります。 このチャンネルはかんあきチャンネルを始める前の2007年にお父さんが経営する看板屋のPR用に作られたチャンネルです。 このチャンネルがきっかけで長女のかんなちゃんがyoutubeに興味を持った為かんあきチャンネルが誕生したようですよ。 とはいえこのチャンネルも今やかんあきチャンネルと同じように料理やお出かけの配信を行っているので、仕事用のチャンネルとしては使っていないようですね。 2007年から開設しているので2020年で13年目を記録します。 登録者数は204万人で推定平均年収は2367万円です。 サブチャンネルでも結構稼いでいるようですね。 tuber-town. html メインチャンネルとサブチャンネルの収入を合わせると1億円を超えます。 またお父さんは看板屋を経営しているのでそちらの収入もあることを考えると余裕で1億円以上稼いでいることが分かりますね。 1年で1億円ですからね。 日本のサラリーマンの平均年収は500万円なので、比較すると サラリーマンの20年分の給料を1年で稼いでいることになります。 夢のある職業です。 1か月分の給料でサラリーマンの平均年収を超えるところがさすがトップyoutuberです。 サブチャンネルの平均月収が200万円なので、 両方合わせると880万円ほど月に稼いでいるようです。 これだけ稼いでいれば数百万円もする高額な賃貸マンションにも余裕で住めますね。 実際かんあきチャンネルは4回も引っ越しをしているので、高級賃貸マンションを様々に住んで楽しんでいるんでしょうね。 tuber-town. html 実はかんあきチャンネルは 2018年の嫌いなyoutuberランキングで3位を獲得しています。 社会風刺的内容でもなく、 嫌なキャラクターとして出演している訳ではないのに何故・・・? と思うかもしれませんが理由は 「子どもを金儲けのだしに使っている親が気に食わない」 だそうです。 たしかにこれだけ稼いでいれば「子どもを金儲けのだしに使っている」とも捉えかねませんね。 確かに子ども達が大人になってから後悔したり、これから思春期を迎えるにあたって難しい対応が予想されますよね。 ただ、 お金を稼ぐことで子ども達の豊かな生活に繋がっていることは間違いないので必ずしも子どもにとってマイナスという訳ではありませんよね。 (事実かんなちゃんもあきらちゃんも多くの習い事をしています) また、楽しんでやっているようにも見えるのでこれはこれでありなんじゃないかとも思いますがどうなのでしょうか。

次の

かんあきチャンネルの年収はいくら?引っ越しは4回で住まいは豪邸との噂も

チャンネルあき

そしておうち時間が増えた今、お父さん、お母さんの育児の手助けになれば良いなと思い、YouTubeでの読み聞かせにチャレンジしてみました。 —【おめめパチクリこ】の紹介・見どころは? 元々は娘のちっちがおめめが特徴的なイラストを描いていたので、勝手に「パチクリこ」と名付けました。 そして、パチクリこが冒険に出発する様子を描きました。 見どころは、1人で何役も声色を使い分けているので、そこもあわせて楽しんでもらいたいです。 —意気込み・メッセージをお願いします! 「素直な思いで人間の原点に立ち返る」 そんな気持ちを感じることが出来たら嬉しい限りです。 人生はいたってシンプルですから。 舞台で見せる顔とはまた一味違う浅香あき恵による、不思議な、それでいてホッコリする世界をぜひお楽しみください。 本人による読み聞かせをぜひお楽しみください。 詳しくはからチェック! 浅香あき恵公式YouTubeチャンネルはからチェックしてみて下さいね。 吉本新喜劇の公式SNSではユニーク企画展開中! 吉本新喜劇の公式SNSではほかにもユニークな企画が公開されています。 ぜひチェックしてみて下さいね。 吉本新喜劇動画リレー.

次の