セルフ ホワイトニング 開業。 セルフホワイトニング機器の導入|初期費用や溶液は安い・高い?|開業におすすめ

ホワイトニングビジネス導入のメリット|開業に必要な準備について │ 業務用セルフホワイトニング機器のおすすめ|開業に最適なマシンを紹介!

セルフ ホワイトニング 開業

最近「アンチエイジング」という言葉も定着してきています。 ダイエット、美肌、美白など、従来からの女性の憧れは常に美容に対するものでした。 中でもここ数年の間「歯の美しさ」、特に「白さ」に対する美意識は、急速に高くなっています。 その背景には、雑誌やテレビで頻繁に目にする海外セレブの影響があります。 彼女たちの、太陽のように輝く笑顔からのぞかせる、キラキラした真っ白い歯には、誰もがあこがれを抱きます。 また世の中は、フリーランスなどひとり起業で、自分の得意な事を仕事とするライフスタイルに変化してきています。 つまり、セミナー講師の仕事、カウンセリングの仕事、教室の先生など人前に出る仕事に携わる人が増えたこともあるのではないでしょうか。 あるいは、営業の仕事や、婚活中で相手に好印象を持ってもらいたい。 など、人と接する時のマナーとして、白い歯が求められているという理由からかもしれません。 実際、歯科の臨床に携わっていても、ここ20年の間に患者さんの求める要求の変化は著しいものがあります。 20年前は 「歯医者に行くのは虫歯を治すため。 」 「痛くなってから治療に行く。 」 「当然保険の効く安い材料でやってもらいたい。 」 という考えが一般的でした。 しかし最近では、 「虫歯になる前に、予防とクリーニングのため定期的メンテナンスをしたい。 」 「ホワイトニングで歯を白くしたい。 」 「審美的に綺麗になるなら自費でもいい。 」 という要求が日に日に増えてきています。 戦後は「虫歯の洪水」と言われた時代でした。 当時は、とにかく保険で安いものを!という風潮だったようです。 しかし今は金属アレルギー、または重金属が問題視されています。 その影響もあり、 「金属ではなく健康に害がないものにしたい。 」 「セラミックを被せて綺麗にしたい!」 という要求に変わってきています。 そのような中、やはり「輝く白い歯を手に入れたい!」という要望も多く、ホワイトニングを希望される方が歯科医院をたくさん訪れるようになりました。 「白い歯」への憧れは、以前に比べ、どんどん高くなっています。 最近はメディアの影響もあり、より手軽に自分でできる材料が市場に出回り、たくさんの情報が氾濫しています。 しかし、ホワイトニングは、もともとは医療行為であり、安易な使い方は、歯や歯肉に元には戻らないダメージを与えてしまう可能性もあります。 また、一口に歯を「白くしたい」と言っても、歯の着色を取りたいのか、もともとの歯の色を白く漂白したいのかによっても、選ぶ材料が違います。 特に 歯科医師の診断がないセルフホワイトニングでは、自己責任により行われるため、正しい知識がなければ、組織にダメージを与えてしまうこともあります。 また、効果がないものにお金をつぎ込み散財してしまう可能性もあります。 商品や情報が溢れている今だからこそ、正しい知識を身につけ、的確に材料を選択し、的確な使い方をしましょう! 今回は、歯科医師の立場から、セルフホワイトニングを安全に、かつ効率的に行うための正しい知識と、方法をお伝えします。 いわゆる「着色」による黄ばみ・黒ずみが原因です。 これは、歯磨きが不十分、または着色しやすい食べ物や飲み物(カレー、コーヒー、赤ワインなど)を好む傾向、あるいはタバコの喫煙で、歯の表面に色がついてしまっている状態です。 このような着色は、表面の汚れを除去することで、白い歯になります。 歯科医院で行うPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)というクリーニング方法があります。 これは歯磨きだけでは取りにくい歯石や着色を、クリーニングする方法です。 歯科衛生士が、専門の器具で1本1本の歯を丁寧にクリーニングします。 最後に歯質にフッ素を塗ることで歯をコーティングします。 歯の表面がツルツルになるため、着色がつきにくくします。 遺伝的なものの場合は、もともとの歯の色が濃いので、歯の組織自体を漂白しなければ白くはなりません。 そのため、薬剤の力を使うホワイトニングをする必要があります。 ホワイトニングのやり方は、2通りあります。 オフィスホワイトニングは、シェードガイドという色の見本と照らし合わせながら、専用ジェルを歯の表面に塗り、光を照射して白くする方法です。 最近ホワイトニングコーディネーターの資格を持つ衛生士さんも増えています。 また、一般の歯科医院の他、ここ数年で「ホワイトエッセンス」という、ホワイトニングに特化した施設も増えています。 自宅でできる ホームホワイトニングは、マウスピースに専用ジェルを塗り、規定の時間装着する方法です。 自宅で2週間続けた後に来院し、色の変化を確認します。 この商品は、ハイドロキアパタイトをナノサイズまで小さくすることで、傷ついた歯の表面の傷や隙間に入り込んで修復する効果があります。 また、研磨剤の力で汚れを落とすのではなく、汚れを吸着させて落とすので、歯を傷つけません。 エナメル質と同じ成分で作られていて、フッ素を配合せずとも、食事で傷ついたエナメル質や初期虫歯に溶け込み、歯を再石灰化させて丈夫に、ツルツルにする働きがあります。 アパガードリナメルは電動ハブラシとの併用もおすすめです。 また、ホワイトニング用のマウスピースをお持ちであれば、歯磨き後、マウスピースにアパガードリナメルを入れて5分程度浸透させると、虫歯予防効果が高まります。 ただし、ホワイトニング中は、この方法をやらないほうが、ホワイトニング効果が高まります。 歯科医院ではPMTC後の着色予防にも使われている歯磨き粉です。 歯科用のフッ素は安全性が全世界でも認められている虫歯の薬ですが、どうしてもフッ素に抵抗がある方も、安心して使えます。 重曹は、ふくらまし粉として使われたり、掃除に使われたり、昔から私たちの生活になじみ深い材料です。 実は、市販のホワイトニング歯磨き粉の研磨剤としても添加されています。 ホワイトニングに使用する時は、「食品」として市販されている重曹を使います。 大さじ1杯の重曹に、硬めのペースト状になるように水を加え、着色が気になる部分に優しくこすりつけます。 (研磨効果があるため、無理にこすらないように気をつけましょう。 ) そのまま5分間待ちます。 その間に、歯の表面に付着した汚れが重曹と化学反応を起こして浮き上がります。 そのあと、研磨で傷ついた部分をコーティングする意味でも、フッ素やミネラル配合、またはナノアパタイト配合の歯磨き粉で磨くことをおすすめします。 最近話題にもなってきていて、第4世代のホワイトニングとも呼ばれているホワイトニング剤です。 ポリリン酸は、リン酸が結合したです。 その一種であるポリリン酸は、食品添加物の一つとして使用されています。 また、もともと体内にあるものでもあり、厚生労働省が安全性を認めているので、安全性には全く問題ないと言われています。 ポリリン酸には、着色を除去する作用があります。 実際歯を白くするのは、過酸化水素水の漂白効果によるものです。 しかし、高濃度の過酸化水素は劇薬であり、そのままでは歯や歯茎、さらには歯の神経にまで激痛を起こさせてしまいます。 そこでポリリン酸のジェルを混ぜることにより、過酸化水素水の濃度を低下させ、従来のホワイトニング剤より痛みを抑えることのできるホワイトニングシステムです。 また、ポリリン酸のコーティング効果により、ホワイトニング直後でも、コーヒーやカレーなど着色しやすい食品を控える必要がありません。 ここが従来のホワイトニング剤とは大きく違う点です。 効果は個人差がありますが、一回では効果が少ない場合も、回を重ねるごとに、キラキラした自然な白さになっていきます。 ポリリン酸は、効果が持続するので、ホワイトニングした日よりも数日経過した方が、効果が現れてきます。 ) 主成分は、NITEエクセル同様に過酸化尿素です。 この商品も幅広く使われています。 歯磨きの後、ジェルを入れたマウスピースを、就寝前に装着し、起床時に外します。 粘稠性が高く、マウスピースからはみ出しにくいので、就寝中にホワイトニングができる、取り扱いやすい商品です。 他の高濃度のジェルも、通販などで簡単に購入できてしまいます。 しかし使い方を間違えると、歯や歯肉に戻らないダメージを負う可能性があるので、装着時間を守り、慎重に扱いましょう。 最近おしゃれ女子に注目されている商品です。 植物やフルーツの成分が配合されていて、毎日の歯磨きに使用することで、着色や黄ばみの付着を防ぎます。 また天然のホワイトニング成分の力で、自然な白さを保てます。 主な成分は4つです。 成分ラウリル酸には抗菌、抗ウイルス作用があり、虫歯予防が期待できます。 さらに抗炎症作用がある事から、歯肉の炎症を抑えてピンク色の歯茎になる働きが期待できます。 また、カプリル酸は抗カンジダ作用がある事から、お口の中の常在菌であるカンジダをコントロールすることが期待されます。 さらに高い抗酸化力はアンチエイジンングにも役立つとされています。 酵素の力でタンパク質を分解することで、着色を除去することが期待できます。 以前、若いアメリカ人男性と話した時、こんなことを言っていました。 「日本人の女性は、みんな若いうちからブランドのバッグを持っているのに、なぜ歯を綺麗にしない人が多いの?」 「おしゃれで綺麗な人が多いのに、笑って歯が見えた瞬間に幻滅することが多いんだ。 」 「でも、これは世界共通の認識だよ、みんな日本人女性に対して、同じ意見だよ。 彼のお父さんは外交官で、彼自身小さい頃から様々な国で生活していました。 世界各国の友達との話題からの意見なのでしょう。 彼の意見が全てではないですが、外国人から見た日本人女性は、このように見られている一面もあるのは確かなのでしょう。 もちろん、日本人と、アメリカ人はもともとDNA的に歯の質や形体、色の違いはあります。 しかし、このように見られていることは、非常にもったいないことです。 グローバルな社会になればなるほど、世界に共通するプロトコールマナーが重要視されます。 それは、人が人種を超えて共通して持っているもの、歯、姿勢、声の3つです。 そのような理由で、白い歯は、エチケットとして欠かせないお手入れです。 ホワイトニングは今後ますます浸透していくことでしょう。 歯の黄ばみ、黒ずみには原因が2通りあります。 一つは、歯の表面に付着する着色で、もう一つはもともとの歯の色が濃いということです。 それぞれの原因によって、歯を白くする方法は異なります。 着色を取るには、着色除去効果のある歯磨き粉や、ステイン除去グッズを使うことで綺麗になります。 一方、着色ではなく、遺伝など、もともとの歯の色が濃い場合は、薬剤の力を使うホワイトニングが必要になります。 ホームホワイトニングは、安全に正しく使うことにより、かなり効果が期待できる商品です。 しかし使い方を間違えると歯にダメージを与えてしまいます。 もし何か心配があれば、歯科医院で相談することをおすすめします。 ホワイトニングで綺麗な白い歯を手に入れても、生活習慣や嗜好品によっては、少しずつ後戻りすることもあります。 普段のお手入れには、ホワイトニングを長持ちさせるケア用品を使うことで、綺麗な白い歯を保つことができます。 キレイな白い歯を手に入れて他人から良い印象を持たれるようにしていきましょう。 きっとそのおかげで良いことがあるはずです。

次の

セルフホワイトニング徹底検証!おすすめの自宅で簡単に歯を白くする製品も紹介!

セルフ ホワイトニング 開業

これまで歯のホワイトニングは、以下の2つの方法が主流でした。 1つめは、歯の表面に付着した歯垢や歯石、ステインを専用の道具で擦り落としていく、 PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング と呼ばれるホワイトニングです。 もう1つは、歯のエナメル質の中に薬品を浸透させて、エナメル質の結晶の隙間に入り込んだ色素を漂白し、 結晶の形を変えることによって光の乱反射を利用し白く見せる方法です。 このやり方は刺激性のある薬品を使い、さらに薬をエナメル質に浸透させるために強い光を当てなければいけません。 場合によっては歯に痛みを感じたり、歯茎を火傷したり、歯科医師による厳密な管理と安全への配慮が求められるという問題があります。 以上2つの方法は、患者様の状態によって施術ができない場合もあり、また費用と時間がかかるため患者様にとっては大きな負担となっていました。 しかし、KOBEホワイトニングのセルフホワイトニングシステムは、従来の擦って汚れを落とすクリーニングと漂白するホワイトニングの間に位置し、 良いとこどりを実現システムです。 食品や歯磨き剤に含まれているようなとても安全な素材を使用していて、歯の表面のエナメル質を傷つけることなく汚れや黄ばみを浮かせ取り除きます。 痛みが出たり歯茎を傷つける心配はまったくありません。 このシステムを、SCTC(セルフ・ケミカル・トゥース・クリーニング)といいます。 SCTCは、ご自身でホワイトニング溶液を歯の表面に塗り、光を当てるだけです。 これだけで、エナメル質の表面にこびり付いた汚れや黄ばみなどが表面から浮き上がり、うがいをすれば歯の表面の汚れが取れるという、とてもシンプルで画期的なシステムです。 歯が自然に白く、綺麗にになるだけでなく、歯の表面の汚れ防止効果がありますので歯に汚れが付きにくくなる効果も期待できます。 歯の汚れや白さでお悩みの方はKOBEホワイトニングのセルフホワイトニングシステムをお試しください。

次の

ホワイトニングサービス│レンタルサービス事業│株式会社ダーウィン

セルフ ホワイトニング 開業

セルフホワイトニング機器を徹底比較!おすすめマシンはどれ? セルフホワイトニング機器を徹底比較!おすすめマシンはどれ? 大きな盛り上がりを見せるホワイトニング市場。 口元の美しさが重視されるようになった現在、ホワイトニングの需要はかなり高くなっています。 店舗の空きスペースの活用、または事業拡大などを目的としてセルフホワイトニングを導入するためには、 開業に相応しいホワイトニング機器の選択が必要です。 ・セルフホワイトニング機器にはどのような種類があるのか ・それぞれの価格はどれくらいか ・導入することで得られるメリットとは 以上の要素を踏まえ、おすすめの業務用ホワイトニング機器の情報を比較してみましょう。 セルフホワイトニング導入に最適な機器一覧 日本国内で手に入る業務用セルフホワイトニング機器は様々です。 ただ、 セルフホワイトニングの仕組み自体に大きな違いはありません。 現在は特殊なジェルを塗布した歯にLEDライトを照射し、光触媒を発生させて歯の表面に付着した汚れ(ステイン等)を浮かせる方法が一般的です。 「それならどの機器を選んでも同じなのでは?」と考えるかもしれませんが、 初めての事業を成功させるためにも、導入する機器をしっかり選ばなければいけません。 これから紹介する機器は 開業という観点からおすすめできるもの。 それぞれの特徴をご確認ください。 集客に関するサポートも充実しており、困ったことがあればコールセンターやLINEで相談することも可能です。 また、 機器代にはその他の備品(ホワイト溶液やマウスオープナー、歯ブラシなど)がスタートパックとして含まれています。 開業に必要となるアイテム一式をまとめて揃えられる点は魅力的です。 歯に塗布する溶液は 酸化チタンを主成分とするスプレー式の国産ジェル。 食品として認められた酸化チタンを含むため、飲み込んでも問題ないほどの安全性を誇ります。 スプレー式なので塗布に手間がかかりません。 Magic White(マジックホワイト) 機器の情報 電力 36W 照射時間 21分 保証期間 記載なし 買取/レンタル 買取 支払い方法 記載なし 定価 365,000円 海外製のホワイトニングLED機器、その名も マジックホワイト。 希望であれば導入講習を受けられます。 日本での取扱店舗はそこまで多くないものの、初期投資が少額というメリットが特長です。 マジックホワイトのLED機器はパーツ分解できて、付属品である専用のキャリーケースに入れれば出張ホワイトニングが可能になります。 60回分の備品(ホワイト溶液など)も定価に含まれているのでお得です。 ベルギー産のホワイト溶液は、 オーガニックの炭酸水素ナトリウム(ベーキングソーダ)を含んでいます。 歯に優しい成分で安全性が高く、かつ歯の汚れを浮かせる効果にも優れています。 初期費用として198,000円が発生しますが、 80名分のホワイトニングキットとマシンの1年保証、そして施術研修などが開業スタートパックとして提供されます。 そしてレンタル月額料は19,800円。 2年間の契約期間後は1年間の自動契約更新となります。 歯に塗布する溶液は 真珠と珊瑚由来の成分を含み、天然のカルシウムを用いたホワイトニングが可能です。 機器代は0円で好みのタイプを選べます。 初期費用として必要になるのは、定期パック代2ヶ月分と初回優待パック代です。 有料の出張研修(関東エリア限定)に対応しているため、機器の使用法などで困ったことがあっても安心です。 使用する専用ジェルは 酸化チタンと酸化タングステンを独自配合したもの。 光の波長を選ばずに光触媒を発生させられるため、高いホワイトニング効果が期待できます。 ホワイトニング機器の賢い選び方 せっかく機器を導入しても、売上が伸びなければ利益に繋がりません。 かといって安い機器を購入すればいいわけではなく、 顧客獲得を目指すなら効果にもこだわりたいところ。 そこで セルフホワイトニング機器を選ぶ上で重視すべき3つのポイントを紹介します。 利益に繋がるホワイトニング機器を求めているなら、ビジネスを成功させるために以下のポイントをしっかりと確認しましょう。 機器の性能をチェック セルフホワイトニングで使用するLED機器を選ぶ際、 パワー出力(ワット)に注目してみましょう。 ワット数が高いほど光触媒作用は大きくなります。 ただしワット数が高すぎると熱を感じたりする恐れがあるため、 セルフホワイトニング用であれば50~55W程度が最適です。 サロンで利用されているLED機器のほとんどは青色の光を発します。 紫外線が含まれていると日焼けなどのリスクがあるため、安全性が保証されたものを選択しましょう。 支払い方法をチェック 一括で支払える額は人によって異なるものですが、導入費用を抑えたいと考えた場合、分割払いに対応していると安心です。 レンタル品もまた初期費用を抑えられます。 しかしレンタル期間が長くなるにつれて総額は大きくなるため、 分割払いによる購入が結果的に負担は少なくなるでしょう。 そして 施術に必要な備品は使い捨てが基本。 備品の金額にも注目しておきたいところです。 サポートの充実度をチェック 3つのポイントの中で最も重要なもの、それが サポート体制です。 セルフホワイトニング機器の販売だけではなく、開業支援を行ってくれるメーカーを選ぶことで、開業から運営までがかなりスムーズになります。 セルフホワイトニングの開業において特に必要な資格などはありませんが、経営に関するノウハウを学ぶことは不可欠です。 導入後まで丁寧にサポートしてくれるメーカーが理想的でしょう。 導入するならホワイトニングLED55がおすすめ! 株式会社シャリオンが運営するサービス、 ホワイトニングネット。 加盟店は47都道府県すべてに存在しており、全国で約2000店舗を超えます。 そのホワイトニングネットのオリジナルブランドこそが ホワイトLED55です。 ホワイトLED55は55Wという高出力でありながら、安全性に関するエビデンスを取得しています。 使用されている青色LEDは紫外線を発生させず、安全な施術が可能です。 また、ホワイト溶液には食品添加物としても使用される酸化チタンが含まれています。 光触媒作用をより高めるための配合で、ホワイトニング効果も十分です。 そして何よりの魅力はメーカーによるサポートの充実度。 全国のセルフホワイトニングサロンの8割以上がホワイトニングネットに加盟しているため、その実績の高さは折り紙付き。 新たな事業展開をしっかりとサポートしてくれます。 セルフホワイトニング事業はローリスクで始められるというメリットがありますが、 開業後にどう集客し、どう売上を伸ばしていくのかが重要なポイントです。 ホワイトLED55は性能の高さだけでなくメーカーの対応力も魅力的。 強力なビジネスパートナーになってくれるでしょう。

次の