ホテル モントレ。 ホテルモントレ福岡

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート

ホテル モントレ

ホテルモントレ大阪はJR大阪駅(桜橋口)から徒歩5分の場所に位置しています。 ヨーロッパ風のお部屋(無料WiFi付)、フランス料理と和食のレストラン、24時間対応のフロントデスクを提供しています。 お部屋は柔らかいパステルカラーの壁で、ウィーンにあるシェーンブルン宮殿内のお部屋のようなデザインで、エアコン、薄型テレビ、ミニバー、バスルーム(バスタブ付)が備わります。 ホテルモントレ大阪から空中庭園のある梅田スカイビルまで徒歩15分、グランフロント大阪まで徒歩10分、象徴的な大阪城まで電車で15分、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで電車で20分、なんば・心斎橋エリアまで地下鉄で15分以内です。 ハービスOSAKAから関西国際空港、大阪国際空港行きのリムジンバスを利用できます。 伝統的な雰囲気の隨縁亭(レストラン)では高級日本料理を楽しめます。 毎日ビュッフェ式朝食も用意しています。 ドリンクの自動販売機もあります。 滞在中は、リラックスできるマッサージを楽しめます。 ランドリーサービス、会議室も利用可能です。 客室数: 8• Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の

ホテルモントレ横浜 建て替えで5月末閉館 コロナ禍、営業は実質終了

ホテル モントレ

ホテルモントレ株式会社 Hotel Monterey Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 〒556-0017 湊町1丁目2-3 設立 9月 事業内容 ホテル運営 代表者 代表取締役社長 山本 啓之 資本金 1億円 純利益 16億1539万円(2019年03月31日時点) 純資産 119億0930万1000円(2019年03月31日時点) 総資産 181億0837万円(2019年03月31日時点) 従業員数 1,536名(2018年1月1日現在) 支店舗数 19 主要株主 株式会社 外部リンク ホテルモントレ( Hotel Monterey)は、 ホテルモントレ株式会社がで展開、運営するホテルチェーン。 ホテルモントレ ラ・スール大阪(2012年11月) 親会社のマルイトが保有する建物(マルイトXXビル)に入居する形態で運営されているものが多い。 主に西洋各地の伝統的建築様式をヒントに内外装をデザインしたホテルを展開している(括弧内はイメージ・モデルとした世界各国の都市や街を示す)。 一部のホテルの名称にある「ラ・スール(:la soeur)」および「エルマーナ(:hermana)」はいずれも「姉妹」、すなわち姉妹館であることを意味するが、単独で展開している地区も存在する。 北海道• :1994年6月開業()• :2000年12月開業() 東北• :2004年4月開業()• :2010年10月開業() 関東• :2000年6月開業()• :2000年6月開業(パリ)• :2006年9月開業()• :2007年4月開業(ロンドン)• :2006年3月開業() 近畿• :2007年3月開業(英国・)• :2000年5月開業(ウィーン)• :2005年9月2日開業()• :2009年7月27日開業(英国・グラスミア)• ホテルモントレ姫路:2018年3月開業(・)• ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリー:2016年11月1日開業(ヨーロッパ)• ホテルモントレ ル・フレール大阪:2018年8月27日開業(日本) 九州・沖縄• ホテルモントレ長崎:1997年4月開業()• ホテルモントレ ラ・スール福岡:2003年6月開業()• ホテル モンテ エルマーナ福岡:2017年3月1日開業(フランス・)• ホテルモントレ福岡:2020年4月開業(博多) 営業を終了したホテル [ ]• ホテルモントレ グラスミアハウス:大阪市北区。 1996年4月開業、2009年3月31日閉館(英国・グラスミア) 後継ホテルとして「ホテルモントレ グラスミア大阪」が大阪市浪速区に開業。 建物は取り壊されたのち、上記の「ホテルモントレ ル・フレール大阪」が開業予定。 ホテルモントレ山王:東京都大田区。 1986年4月開業、2011年6月30日閉館() ホテルモントレの1号館だった。 建物は解体され、「ザ・山王タワー」が建設された。 ホテルモントレアマリー:兵庫県神戸市。 1992年7月開業、2015年3月31日閉館(デンマーク) 建て替えの上、上記の「ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリー」として再開業。 ホテルモントレ神戸:1989年10月開業、2017年12月31日閉館() 山王に次ぐ2号館として開業。 建物は解体され、隣接地にが2019年秋に開業予定。 関連項目 [ ]• - ルーツを同じくする企業 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ].

次の

ホテルモントレ京都で結婚式

ホテル モントレ

Check In 「ホテルモントレ長崎」へは長崎駅からタクシーで10分ほど。 路面電車の場合は「大浦海岸通り」が最寄りの停留所となります。 ビジネス街や空港リムジンバスの停留所からは少し離れているものの、大浦天主堂やオランダ坂、グラバー園、中華街といった観光スポットは徒歩圏内です。 いかにもモントレな特徴ある外観。 当ホテルは長崎と縁のあるポルトガルをイメージしたとのことです。 車寄せやゴージャスなエントランスは無く、路地のような暗い石畳の通路が待ち構えています。 その通路を進むと二股に分かれ、一方はレトロなデザインのロビー、もう一方はパティオに繋がっています。 チェックイン時の対応は丁寧な言葉遣いでしたが、事前にお願いしていた貸出リクエストについては確認されませんでした。 宿泊代金は前払い制にも関わらず、「領収書はチェックアウト時にお渡しします」という対応をされると、モントレはやっぱりビジネスホテルなんだと実感します。 エレベーターはセキュリティ機構つき。 2基あるカゴのデザインは館内のインテリアと統一感があって、タイルやレトロな照明を使用するなど洒落ています。 階数を表示するインジケーターは半円形で時計のようなデザイン。 東京・銀座一丁目にある「奧野ビル」の手動扉式エレベーターを思い起こさせます。 ただし、当ホテルのものは電動式なのでモーター音が聞こえてきてちょっと興ざめ。 ここは客室階のエレベーターホール。 テラコッタタイル敷きです。 照明が格好良い。 建物はL字型をしており、客室はその両サイドに並んでいます。 廊下は暗い上に暖房が効いていなくてとても寒かった。 各部屋の入り口には段差があって、コテージのようです。 Room 今回利用したのは、館内で一室だけの「デラックスコーナーツイン」。 面積は36. 4㎡で、スイートを持たない当ホテルでは最もハイグレードな客室となります。 ドアを開けると約4mにも及ぶ細長い廊下があります。 せめて壁にアートを飾れば良いのに、何も無くて殺風景。 少しもったいないスペースに感じます。 廊下を抜けた居室は左側がリビングスペース、ラグの上に置かれたテーブルセットを挟んで右側がベッドスペースになっています。 室内の床はテラコッタタイル敷き、壁はすべて真っ白な塗り壁。 エキゾチックな雰囲気を醸し出しています。 天井高は高いところで2. 56m、入り口付近は2. 15mとかなり低め。 室内は暗く、特にライティングデスクはスタンドライトを借りないと仕事にならない程に暗い。 ベッドサイドに設けられたクローゼットの中も真っ暗です。 しかも照明のスイッチはそれぞれ分かれているので一括コントロールはできません。 インターネット接続は下り1. 9M、上り22. 7Mbpsと低速です。 テレビはユニデン製の「TL32DX22」という安価なモデル。 テレビの下は空っぽの冷蔵庫。 リビングルーム中央にはテーブルセット。 このキャビネットはインテリア。 開けることはできません。 ティーセットはホテルオリジナルの緑茶が4つだけと寂しい。 寝心地はそれなりだけど、シーツの肌触りは今ひとつ。 ナイトテーブルは中央に小さなものが一つ。 コンセントとUSBジャックがついていて便利です。 壁際のベッドサイドには別のテーブルがあり、ナイトランプが置かれていますが、パワーはとても弱いです。 なお、窓際のベッド付近の床には何かを固定するような金具のプレートがあり、眠気まなこでぶつけてケガをしそうなので要注意です。 室内にチェストは見当たらず、収納はクローゼットのみなので、長期滞在時はちょっと不便。 いまどきビニールスリッパしか無いのは残念すぎます。 Bath Room バスルームはミニマムサイズ。 床・壁共にタイル張りで、壁の上部には太陽が描かれています。 丸い窓は「横浜ロイヤルパークホテル」のデラックスルームみたいですが、当ホテルの窓は磨りガラスなので外を見ることはできません。 シンクは非常に小さい。 私物を置くスペースは上部の小さな棚しか無く、かなり不便です。 だからドライヤーもここではなく、ライティングデスクの上に置いてあります。 アメニティは必要最低限で、ブラシはコームタイプのみ。 女性客を強く意識しているホテルなんだから基礎化粧品くらいは用意した方が良いと思います。 シャンプー類はPOLA製の大ボトル。 バスタブはコンパクトで浅いもの。 シャワーカーテンのレールは「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」並の安っぽさ。 カランの水圧は問題無いけれど、シャワーのそれはやや弱い。 Breakfast 朝食はパティオに面したイタリアンレストラン「アマリアサロン」での和洋ビュッフェ。 店内は「ポルトガルの宮殿をイメージした」というゴージャスな内装。 しかし、席数は少なく、4人卓ばかりなので1~2人での利用は相席か窓際のカウンター席に誘導されます(窓際といっても外は見えない)。 また、ビュッフェ台が置かれるスペースも狭いため混雑しがち。 インテリアとは大きく異なり、優雅にくつろぐことはできません。 ビュッフェ台には豚まん、ハトシ、皿うどんなど長崎名物料理が並び、カステラまでありました。 しかし、洋食メニューの品揃えは貧弱で、ハムやオムレツ、スモークサーモンといったビュッフェの定番料理は見かけません。 ポテトとスクランブルエッグはしょっぱすぎ。 ベーコンは柔らかいタイプ、ハムは無い。 小さなクロワッサンはバターの風味控え目だけど柔らかくて美味。 朝食ならば、近所の「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」をオススメしたい。

次の