ペット フード ストッカー。 ペットのフードストッカーの通販

ドッグフードの保存容器ランキング!安全でおしゃれなストッカーなど

ペット フード ストッカー

キャットフードを新鮮で美味しく保存するためには、保存方法がとても大切です。 せっかく良いフードを買っても、しっかりと良い状態で保存出来ていなければ、猫に必要な栄養素が失われ、栄養食としての意味がなくなってしまいます。 この酸化をなるべく防ぐためにも、保存容器を上手く活用することはとても大切です。 今回は、 キャットフードを適切に保管できる、おすすめの保存容器をご紹介したいと思います。 【関連記事】• [Photo by ] スポンサードリンク 1.おすすめペットフードストッカー まず最初に、ペット用で安心・安全・しっかり密閉保存ができる、おすすめフードストッカーを見ていきましょう。 袋ごと保管できる!密閉フードストッカー キャットフードの袋から入れ替えることなく、袋ごと密閉容器にしまえる便利なフードストッカー。 最近のキャットフードは、袋自体に日光の遮断効果などがあったりします。 そんなフードの袋を開封後に捨ててしまうのはもったいないですよね。 そして何よりもキャットフードを入れ替える作業も面倒なのが正直なところ。 この袋ごと保管できるフードストッカーを使えば、 袋とストッカーのダブルで密閉&日光遮断効果。 ペットを買っている方の多くが利用している方法です。 画像は、『アイリスオーヤマ』の密閉ストッカー。 フタの部分はパッキンとバックルでしっかりと密閉、さらにフタの裏側に除湿剤をセットできるので、除湿効果バッチリです。 専用のスコップ付きも嬉しいポイントですね。 中身の残量が一目でわかる!密閉フードストッカー 袋ごと保管できるのも良いですが、その一方で中身が見えないのでフードの減り具合がわからないのも事実。 一目見てフードの消費状況がわかる透明の密閉フードストッカーもおすすめです。 大容量のものでなければ、袋から出す作業もそこまで億劫ではないはず。 残量やフードの状態がわかりやすいのがポイントです。 こちらもフタの裏側に除湿剤をセットでき、さらにスコップも除湿剤の横にはめ込み式で収納できるので、とても衛生的。 取って付きで持ち運びラクラク。 密閉性も高く、機能性バッチリですが、見た目がザ・ペットフード!バケツ!という感じなので、外に出しておかず、キッチンの戸棚の中に収納しておくのが良いでしょう。 専用ポンプで完全真空!フードストッカー 専用ポンプ(別売り)を使って中身をしっかりと真空状態にできるフードストッカーです。 新鮮な状態をなるべく長くキープしたいなら、フタをしめている時は徹底して真空にしましょう。 これを使えば、フードをより長く良い状態で保存することができますが、完全に真空ではなく少しずつ空気が入っていくので、小まめにポンプを使って脱気するとより効果的です。 画像は、『ナチュラルハーベスト』から、専用ポンプを上下に動かすだけで脱気ができる、真空フードストッカー。 開ける時は、PUSHボタンを押すだけ。 「シュー」という音がしなくなれば開きます。 こちらは、フタの緑の部分をワンプッシュすれば、電動で密封してくれるフードストッカー。 これならポンプを上下する必要もなく、簡単に密閉できますね。 自動的に内部の気圧を調節しフードの鮮度を保ってくれます。 密封性・真空性の高さにこだわるのなら、こちらもおすすめです。 フードを小分けでお手軽保存!ハンディーフードピッチャー 小さくてシンプルだけど、虫や湿気からしっかりとフードを守ってくれるフッドストッカー。 こちらは持ち運びも便利な小型タイプです。 画像のようにスコップを使わなくてもフードを出すことができますね。 そのままフードを入れてもいいのですが、おすすめは ジップロックなどで1回分の食事ごとに分けたものを、除湿剤と一緒に入れておく保管方法。 片手で持ち運べるし、形も可愛いのですが、やはりコレだけで保存するのは弱い気がします。 ジップロックなどのビニール袋で小分けに密封したものをさらに2重でフードストッカーに保存することで、密閉性も効率も一気にアップしますよ。 スポンサードリンク 2.ペット用以外でも有効活用!おすすめフードコンテナ キャットフードは必ずしもペットフード用の保存容器に保存しなければならないわけではありません。 ある程度、密封ができて湿気を防げれば、高価な保存容器を用意する必要はありません。 人間の食材を入れるものを、そのままペット用に使っても特に問題はありません。 キッチンの景観を大切にする人にとっては、容器のデザインも大事ですからね。 人間用の食材保存容器としても、キャットフード保存容器としても活用できるおすすめアイテムをいくつかご紹介したいと思います。 真ん中のボタンを押すだけで開き、そのままボタンをハンドルとして使え、閉める時もまたボタンを押すだけ。 また、スタッキング 積み重ねて収納 ができるので、キッチン収納もラクラク。 右の写真のように、大きさの違うものも重ねることができます。 小麦粉入れ、砂糖入れ、おやつ入れ、パスタ入れなど様々な用途で使えるので、まとめ買いもおすすめ。 機能性も品質もバッチリです。 キャットフードとして利用している人も多く、 密閉力と開け閉めの簡単さが魅力です。 フタの裏側に個包装の除湿剤を貼り付けて使うと良いでしょう。 ガラスジャー 見た目もオシャレに保管したい!そんなあなたには、ガラスジャーがおすすめ。 中身も見えるので、乾物用、米びつ、そしてペットフードの保存容器として人気です。 画像は5kgがたっぷり入る大容量のガラスジャー。 もちろん、フードの量によって大きさも変えると良いでしょう。 フタのゴムパッキンの部分がしっかり密閉。 インテリアとしても大活躍ですよ。 まとめ 以上、 キャットフードを適切に保管できる、おすすめの保存容器をご紹介しました。 猫が美味しく食べるのはもちろんですが、飼い主として保管がラクなのも大切です。 使いやすくて機能的なものが見つかるよう、参考にしてみてください!.

次の

【楽天市場】フードストッカー 密閉 ペットフードストッカー ドッグフードストッカー ストッカー 日本製 ドッグフード 米 お米 餌入れ エサ入れ 犬 猫 米びつ 保存容器 計量カップ ふた付 2重蓋 臭い防止 10kg 収納 スリム おしゃれ:LikeAiインテリア家具と雑貨

ペット フード ストッカー

フードごとの保存方法 ドッグフードの商品にはドライタイプの商品とウェットタイプの商品があります。 それぞれのタイプについて軽くご説明したいと思います。 ドライタイプは密閉し涼しい場所で保存 ドライタイプの商品は水分がほとんどないので長期保存が可能なフードです。 販売されている量も多く、価格も比較的安いのでほとんどの家庭で使っているのではないかと思います。 長期保存ができるのは利点でもありながら、あまり長い時間が経過してしまうと 湿気を含むと風味が落ちるだけでなく、細菌が繁殖し食中毒を起こす危険があるので、封を開けたら湿気から守るように保存し一ヶ月以内には食べきりましょう。 フードの保存方法は封を開けたら専用のストッカーに移し替えてなるべく空気に触れないようにし湿気から守るだけでなく酸化を遅らせるのがよいです。 直射日光の当たらない涼しい場所で保管するのがおすすめです。 ウェットタイプは数日で使い切ろう 缶詰やレトルトパックに入っているウェットフードの商品は水分量が多いので日持ちしません。 基本的に使いきりと思っておいた方がよいです。 しかし、フードの内容量と犬の一回分の食事量が必ず一緒という事はないので、開封後は、密封できる容器に入れ冷蔵庫で保管し2・3日で使いきりましょう。 保存容器の機能と選び方 ドッグフードの保存容器は、新鮮さを保つために密閉性の高いものや真空に出来るものがあり、また、フードをお皿に注ぎやすいように片手で持てるタイプもあれば、インテリアの1つとしてリビングに置きたくなるようなお洒落なものまであります。 様々な形・形態の物がある中で、これだけは押さえておきたいポイントが3つあります。 密閉できるのはマストの条件 ドライフードは空気に触れることによる酸化と湿気により痛みやすくなります。 それなのでしっかり密閉する事により、それらを防ぎ新鮮な状態を保たせます。 真空にできるものも良いです。 ウェットタイプも空気にあまり触れないように密閉できる商品を選びましょう。 フタが大きく開きにくいものがおすすめ 当たり前ですが愛犬にフードを毎日与えますよね。 毎日の作業なので、フードを取り出しやすいというのは重要なポイントになります。 また、フードを補充する際もフタが大きくないと補充しにくいので、なるべく大きなものを選びましょう。 またワンちゃんは好奇心旺盛でいたずら好き、そして食べるのが大好き。 フードの保存容器のフタが簡単に開くものではワンちゃんにいたずらされて中身をばらまかれてしまいます。 ワンちゃんが絶対に開けられない物を選びましょう。 コンパクトなサイズ感のもの 商品は、サイズ感に注目することも大切です。 非常に使い勝手の良い商品であっても、そのサイズ感の大きさから、部屋の邪魔になるなんてこともあります。 しっかりと購入前にサイズ感を確認するようにしてください。 また、サイズ感が小さすぎて商品が入りきらないなんて場合もありますよね。 特にウェットタイプの商品を愛用している方は、小さめサイズの商品を買ってしまって入りきらないなんてこともあります。 タイプに限らず、ご自身が普段愛犬に与えているドッグフードのサイズ感、そしてお部屋にマッチするサイズ感の商品かどうかを確認してから商品を選ぶというのも大切かもしれません。 実際のお部屋に購入を考えている商品を置く場所はどこか、しっかりとサイズ感を把握したうえで商品選びをしてほしいなと思います。 この時の選ぶ基準は、普段購入するドッグフードがひと袋すべて入るかということです。 ドッグフードの封を開け、それが全部入らなければ残ったドッグフードを別に保管しなければいけなくなってしまします。 飼い主さんによって何日分のドッグフードを購入するのか違うので一概にこの量ということは言えませんが、大型犬でしたらドッグフード10kgより多く入っている商品を購入する方が多いと思いますので、40L以上をオススメします。 中型犬や小型犬の場合は3kg前後のドッグフードが多いので、10Lくらいの保存容器が便利です。 使いやすさ・手入れのしやすさで選ぶ ドッグフードの保存容器は、犬の食事の時に毎日使うものです。 それなので、使いやすさとお手入れのしやすさが大事です。 ドッグフードをお皿に盛るときどのような手順があるのか購入時に確認しましょう。 大きく分けると、蓋を開けスコップなどを使う物、ボタン一つでドッグフードをお皿に盛りつけられる物の2種類になります。 前者は蓋を開ける手間がありますが、複雑な形状の容器ではないので、お手入れがしやすいです。 後者は指1本の作業なので簡単にドッグフードを取り出すことができますが、お手入れのしにくさがあります。 私は毎日の事を考え、ボタン一つでドッグフードをお皿に盛りつけられるタイプを使い続けていますが、お手入れの頻度が多い方は蓋を開けスコップなどを使う物の方が便利かもしれません。 レバーを回すと容器の下からフードが出てくるトップ詰め替えデザインなので、フードが少なくなってきて補充する時、全部使い切らなくてもよいのでとても便利です。 そして、1回量が150gと決められた量が出てくるので食事量をきちんと把握することができ健康管理に役立てられます。 蓋を開けてフードを取り出すわけではないので、保存容器内の状態はよく長期間の密閉保管が可能です。 価格は4500円ほどしますが、消耗品ではないので決して高くない価格だと思います。 第4位 Pssopp ドッグフード収納ボックス 容量:3. 5kgのフードを保存できます。 250ccのカップ付き。 ポリプロピレン製なので690gと本体自体が軽く、ドッグフードを入れても移動するのに便利です。 そして、蓋にはパッキンがついているので匂いもれと湿気を防ぐ事ができます。 ピンクの容器で可愛らしさがありますが、ポリプロピレン製なのでチープさは否めません。 しかし、価格は2000円ほどと低価格なので密閉効果がある事を考慮するとお得な商品だと思います。 【こちらの商品もおすすめ!】 リッチェル 犬用缶詰のフタ こちらの商品はフードストッカーではありませんが、ウェットタイプのフードの多くは缶詰です。 そのウェットタイプ商品の缶詰のフタになります。 直径約7. 5cm のウェットタイプ缶詰のフタとして使えます。 ウェットタイプのドッグフードを缶詰から保存容器に移し替える手間がないので1つ持っているとても便利な商品です。 商品の価格は約700円です。 こちらの商品を使えば、いちいちフードストッカーを洗って殺菌する手間がかからないので非常に便利だということが言えますね。 ウェットタイプのフードを愛犬に与えていて、フードストッカーの管理をするのが面倒という方はこちらの商品を一度試されることをおすすめします! 第9位 パール金属 キープロック 最後にご紹介するのがこちらの商品。 こちらの商品はウェットタイプのフードを保存するのに便利な容器で、内容量450mlです。 耐熱ガラスなので、煮沸消毒もできいつまでも衛生的に保てます。 どうしても衛星管理に手間のかかるウェットタイプの商品でも、しっかりと管理することができますね。 こちらの商品の価格は約1500円です。 ウェットタイプのドッグフード保存容器おすすめランキングTOP3 ウェットタイプのドッグフードは、缶詰やアルミパックに密封状態で入っているので開封をしなければ長期保存する事ができますが、一度開封してしまうと水分を多く含んでいるので日持ちしません。 開封後はなるべく早くに食べた方がよいフードですが、きちんと密閉し冷蔵庫や冷凍庫で保存する事で2・3日は持つので毎食無理に食べきる必要はありません。 ウェットフードを保存するのに便利に容器をご紹介します。 溝が2つ付いているので、直径が6. 35センチ・7. 3センチ・7. 95センチの缶で使うことができます。 それらのサイズは販売されているほとんどの缶詰に適応するサイズなので、どの缶詰でも使用する事ができると思います。 また、シリカゲルなので、軽く柔軟に折り曲げる事ができそして洗いやすく乾きやすいのでお手入れにも保管にも便利な商品です。 ドッグフード保存容器の人気売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、ドッグフード保存容器の人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 大切な愛犬のごはんだから。 フードストッカーの商品についてご紹介しましたが、どれかお好みの商品はありましたでしょうか?犬へフードを与えるのは毎日の事なので、見えるところに置いて取り出しやすいと餌遣りが楽になります。 その為には商品のデザインにこだわるのも良いと思います。 もちろん、密閉できたり機能性に優れている点を1番に考えて商品選びをするのも良いと思います。 様々な形の商品やデザイン力のある商品、機能性に優れている商品があるのでご家族全員でお好みの商品を選んでてみはいかかがでしょうか。 大切な愛犬のために、とっておきの商品を探してみてくださいね。

次の

ドッグフードの収納・保存方法のコツとおすすめ容器8選

ペット フード ストッカー

ストッカーを使って得られるメリット• 新鮮な状態で品質を保つことができる• 保管が簡単• きちんと密閉することができる• 乾燥状態を保つことができる• 虫や汚れが入らない• 光を遮断することができる• 匂いが漏れない ストッカーを使って得られるメリットはたくさんあります。 まずは、キャットフードを 新鮮な状態で保つことができるので品質が落ちずに保管することができます。 また、真空状態にして酸化を抑えたり、湿気から避ける効果もあるのでキャットフードの香りが落ちたりカビが生える心配もしなくて済みます。 きちんと密閉してくれるので飼い主さんにとってもキャットフードの匂いをいちいち気にすることもなくなり、ストレスもかかりません。 操作も簡単で、 袋のまま入れられるものもあれば ワンタッチで真空状態にできたりと手間もかからないので忙しい方でもキャットフードをしっかり保管することができます。 】キャットフードを酸化しないように保管することができるストッカー3選 商品名 真空キャニスター プラスチックジャー 2L リッチェル ハンディペットフードピッチャー S グリーン アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー MFS-10 グリーン 商品画像 価格 3,024円 378円 1,773円 特徴• ワンプッシュで真空状態に• 自動で脱気が始まり一定気圧に保つ• 取っ手がついていて簡単に扱うことができる• 片手で操作可能• 袋のまま入れられる• 酸化や湿気から守ることができるので、品質をしっかりと保ったままキャットフードを使い切ることができます。 操作もワンタッチで簡単なのでとっても楽に保管できます。 2.リッチェル ハンディペットフードピッチャー S グリーン 商品名 リッチェル ハンディペットフードピッチャー S グリーン オススメ度 価格 378円 容量 1. 6L 対応フード ドライフード こちらは取っ手がついていて片手で操作することができるストッカーです。 真空状態にはできませんが、きちんと密閉することができるので湿気や光を避けることができます。 価格もお手頃なのでコスパを求める方におすすめです。 3.アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー MFS-10 グリーン 商品名 アイリスオーヤマ 密閉フードストッカー MFS-10 グリーン オススメ度 価格 1,773円 容量 4L 対応フード ドライフード こちらはシンプルなデザインのストッカーです。 キャットフードを袋のまま入れることができ、容量も4Lと大量に購入した場合でもきちんと保管することができます。 開閉しやすく、フタの裏に除湿剤を入れられるような仕組みになっているので湿気からもきちんと守ることができます。 ストッカーを利用している人の口コミ・評判をまとめてみた キャットフードのストッカーに関する口コミ• Twitter(ツイッター)の口コミ• Instagram(インスタグラム)の口コミ• Yahoo! 知恵袋の口コミ それでは、 実際にストッカーを利用している人の口コミや感想をまとめてみました。 1つずつ確認していきましょう! Twitter(ツイッター)の口コミ 前回シェアした分をペロリと食べたのでまたコストコで買ってきた。 キャットフード11. 飽きない事を祈る。 つまみぐいしないで下さい。 知恵袋の口コミ 【質問】 猫のドライフード保管について・・・ ドライフードは、数種類食べさせているのですが 箱に小袋で入っているものや ヒルズの500gの袋の物もあります。 一匹なので小袋でもすぐになくなりません。 小袋はクリップで留めまとめてジップロックに入れ保管しています。 出来るだけ風通しの良いところに置いていますが 気温も高く、湿気も多いので心配です。 小袋のままジップロックで保管しても腐る事はないのでしょうか? ジップロックに入れず、フードストッカーに袋ごと入れて 保管した方が良いのでしょうか? 【回答】 我が家でも1匹なのでなかなか減らないのですが2㌔入りのフードを買っています。 子袋には入っていないので、フードストッカーに入れて乾燥材を入れています。 この時期は気を付けないと湿気を吸ってしまいますよね。 引用: やはりキャットフードをお得に買うために1回で数kg購入するような飼い主さんは、しっかりと保管するためにストッカーを購入する方が多いようですね。 ただし、頭の良いねこちゃんはフードストッカーの開け方を覚えてしまう場合もあるので、食べ過ぎにならないように注意しましょう。 まとめ• ストッカーとは、キャットフードを保管するためのもの• ストッカーはキャットフードを酸化や湿気から守る• 真空状態にできるものもある• デザインや機能性はいろいろあるので目的にあったものを選ぶ ストッカーは絶対に必要なものではありませんが、あると非常に便利です。 種類や価格が幅広くあるので、いろいろ探してみてはいかがでしょうか。

次の