給付 金 倉敷 市。 【新型コロナ】 倉敷市事業継続支援金の申請スタート

倉敷市の中小企業・個人事業主は倉敷市事業継続支援金の申請を!持続化給付金よりもらえる可能性が高い!

給付 金 倉敷 市

約152万人の住民が暮らす神戸市では、対象となる世帯が76万4063件。 5月1日からオンライン申請、14日から郵送での申請書の送付を始め、5月18日に初めての振込を行った。 とはいえ、6月9日までの22日間で完了したのは、3万5988件に過ぎなかった。 ところが、6月10日、たった1日で7万4560件という大規模な振込を行った。 さらに、11日以降も1日約4万5000件のペースで振込を続けている。 このような大量の処理は、どのように実現したのか。 神戸市の特別定額給付金担当課長の浦川稔弘、給付金事務の委託先であるパーソルテンプスタッフの藤原理絵に、その舞台裏を聞いた。 給付金は、4月27日現在の住民基本台帳での世帯主に、その世帯の人数分が支給される規定となっている。 ところが、マイナンバーカードには世帯主か否か、何人の世帯かが記録されていないのだ。 そうなると、世帯主でない者が申請してきたり、住民票では世帯を分けている二世帯住宅に住む家族がまとめて申請してきたり、あるいは別居している高齢の両親の分まで一緒に申請してきたりするケースが続出した。 あまりに規定外でも申請できることから、浦川と藤原は、オンライン申請を「自由帳」と呼んでいる。 多くの自治体がオンラインを途中で中止したのは、これが理由だ。 間違った申請は、膨大な作業増加につながるのだ。 一方で、郵送申請は、世帯主にしか申請書が届かない。 さらに、住民基本台帳での世帯人数があらかじめ印刷されているので、間違えようがない。 5月1日にはじまった「自由帳」申請の実態を知った浦川は、一刻も早く、郵送申請をスタートするべきだと強く感じたという。 少し時間を巻き戻す。 4月20日の「特別定額給付金」の閣議決定から3日後に神戸市の特別定額給付金担当課長に指名された浦川は、事業を委託するパーソルテンプスタッフの藤原と話をした。 神戸市は2009年、国民1人当たり1万2000円(65歳以上と18歳以下は8000円を加算)を世帯単位に支給した「定額給付金」でも、同社と契約していた。 また、現在も神戸市の保育所の無償化申請などを委託している。 自治体が給付金支給のような業務を外部に委託するには、公募の競争入札で契約先を選ばなければならない。 だが、そんなことをしていれば契約まで1カ月以上はかかる。 今回の特別定額給付金では、緊急を要するという理由で、地方自治法施行令の規定により、任意に選んだ事業者と「随意契約」することが認められていた。 そこで神戸市は、11年前のノウハウを持ち、市の事情にも精通したパーソルテンプスタッフを選んだ。 「とにかく5月中に振込をはじめたい」という浦川のあまりにシンプルな指示に、藤原は驚いた。 すぐに、やるべきこととして、封筒と印刷機の確保、コールセンターの開設、振込データ作成システムの開発など、次々と藤原は提案した。 多くの自治体からの業務を任されている彼女だが「私の提案への回答の迅速さは、神戸市が群を抜いていた」と語る。 とにかく今回の作業では、郵送申請に必要となる封筒と印刷機をいち早く確保できたことが大きかった。 今年は、5年に1度の国勢調査の年であり、すぐに大量の封筒を手に入れるのが困難だったのだ。 しかも、大量の封筒や申請書に対応できる印刷機の数も限られている。 これらを押さえることに成功した神戸市は、5月14日に申請書の郵送を始めると、20日には全世帯への発送を終えた。 人口100万人以上の大都市の中で段違いの速さで、これがのちの大量給付への近道となった。 たちまち市民から返送されてきた膨大な数の申請書を見ると、不備がなく自動処理できる割合などから、全体の業務量やスケジュールが計算できるのだ。 郵送申請と並行して「振込データ作成システム」の開発を急いだ。 住民基本台帳の世帯主と世帯人数に、申請書に書かれた口座情報を統合し、銀行に送信するデータを作成する。 開発を進めながら、システムが稼働したときにデータを流し込んで処理できるように、申請書に書かれた口座情報は先行してエクセルシートに入力した。 6月1日、待ちに待ったシステムの試運転が始まる。 そして5日、神戸市の公金口座を管理する三井住友銀行に7万5000件を超える振込データが送られた。 「送信ボタンを押す指先が震えた」と浦川は語る。 銀行では口座情報に誤りがないかを念入りにチェックして、5日後の6月10日、一斉に振り込んだ。 こうして大量の振込が始まったのだ。 神戸市では6月22日現在で、52万4604件の支給を終え、全世帯に占める支給率は68. 7%に達した。 新型コロナウイルスの感染拡大への対応は、自治体に大きな負荷を与えた。 特別定額給付金の現場担当者ともなると、さぞかし苦労が大きかったことだろう。 ところが、そんなことは少しも口に出さず、自分たちの業務についてひたむきに語る2人の晴れやかな笑顔が印象的だった。 連載:地方発イノベーションの秘訣.

次の

商工課/倉敷市

給付 金 倉敷 市

つきましては,お忙しいところ恐縮ですが,回答にご協力お願いいたします。 なおこのアンケートの回答は、アンケート期間を 6月30日まで延長して行うものですので、6月9日までにご回答いただいた方は再度ご回答いただく必要はありません。 回答はこちら( )からお願いします。 商工会議所や会場への電話では予約できませんので、必ず 電話予約の場合は 0120 -835-130へおかけください。 雇用保険法で規定する被保険者数が21人以上である事業者に対し、一人あたり2万円が支援されます。 ただし、上限は1千万円です。 相談員派遣は、当該年度内に4回(合計8時間)まで無料で相談することができます。 もちろん秘密厳守ですので、お気軽にご活用ください。 市内の商工会議所・商工会に設けた専門窓口で事前相談の上、専門窓口を通じてお申込いただけます。 雇用調整助成金等臨時専用相談窓口について 倉敷市では事業主の助成金申請を支援するため、 社会保険労務士による「雇用調整助成金等臨時専用相談窓口」を設置しました。 (労働政策課) セーフティネット4号・5号の認定について 新型コロナウイルス感染症により、倉敷市はセーフティネット保証4号の指定地域になりました。 制度のご利用を希望する中小企業者の方は、事前に金融機関とご相談の上、次により、市の認定を受けた後、保証付き融資の申し込みを行ってください。 新型コロナウイルス感染症により、特に重大な影響が生じている業種が、緊急的に追加指定されました。 新型コロナウイルス感染症に係る危機関連保証の認定について 新型コロナウイルス感染症により危機関連保証が発動されました。 制度のご利用を希望する中小企業者の方は、事前に金融機関とご相談の上、市の認定を受けた後、保証付き融資の申し込みを行ってください。 小規模事業者持続化補助金に係る売上減少証明について(新型コロナウイルス感染症関連) 令和2年3月13日より、小規模事業者持続化補助金の公募受付が開始されます。 このたびの公募では、新型コロナウイルス感染症による影響を受けている事業者に対しては、加点措置による優先的な支援が予定されています。 雇用調整助成金の特例について 新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、雇用調整助成金の特例対象を拡大して実施しています。 その他支援は (厚生労働省HP) オンライン経営相談窓口について 中小企業庁) 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小・小規模事業者からの当面の資金繰りの安定化をはじめとした経営課題に対応するための、企業経営・中小企業施策等の専門家による経営相談です。 くわしくは 中小企業・小規模事業者向け相談窓口 中小企業・小規模事業者の経営、資金繰り等について相談を受け付けています。 受付期間 令和 2 年 3 月 6 日( 金 )から 6月30 日(火 )の 土・日・祝日を除く 受付時間 平日13時~ 16時【 要予約 】 【岡山県社会保険労務士会】新型コロナウイルス関係の無料労働相談窓口(岡山県社会保険労務士会HP) 各種融資制度 資金相談特設サイト 経済産業省HP 日本政策金融公庫や商工組合中央金庫等の各政府系金融機関の融資等の申し込みを検討されている事業者の皆様向けに、申込・相談の方法や問合せ先をまとめた特設サイトです。 セーフティネット保証4号、セーフティネット保証5号または危機関連保証の認定を受ける必要がありますので、これらの手続を含め、取扱金融機関へご相談ください。 (岡山県HP ) なお、都道府県等の制度融資について、民間金融機関においても、実質無利子・無担保・据置最大5年・保証料減免の融資が受けられることになりました。 業種別支援策リーフレットについて(経済産業省) 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける、業種別支援策リーフレットについては 新型コロナウイルス感染症支援策について(経済産業省) 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援策のパンフレットについては 最新) (経済産業省HP) テレワーク導入に関する費用についてお悩みの事業者の皆様へIT導入補助金の「特別枠」について内容を分かりやすくまとめたパンフレットについては (経済産業省HP) その他経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連支援策については 持続化給付金について(経済産業省) 感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給します。 詳しくは下記特設ページをご確認ください 在宅勤務の推進について(経済産業省) 通勤削減や人と人との接触削減のために、中小企業・小規模事業者の皆様が直ちに取り組める内容や支援策を分かりやすくまとめたパンフレットを作成しました。 ご協力をお願いいたします。 新型コロナウイルス感染症対応について(厚生労働省) 職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリストについては 職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(事業主向け) 労働者を休ませる場合の措置や、テレワークや時差出勤など感染防止に向けた柔軟な働き方、 コロナウイルス感染症に関するQ&Aなどについては (厚生労働省HP) その他、感染症対策を含む最新情報は (厚生労働省HP) 食品産業事業者の皆様へ(農林水産省)• 新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドライン• 関連リンク (内閣官房).

次の

商工課/倉敷市

給付 金 倉敷 市

新型コロナウイルス対策で全国民に一律10万円が支給される「特別定額給付金」。 倉敷市では市民からの申請書類の返送が殺到し、職員が対応に追われている。 普段はコンサートなどに使われる市芸文館(同市中央)のステージに、大量の封筒が入ったケースが積まれている。 市は先行してひとり親世帯の手続きを行い、22日から約20万9千世帯に対して申請書類を郵送。 25~27日の3日間で半数を超える約11万通の返送があった。 当初は民間業者に全ての業務を委託する予定だったが、事務量の急激な増加を受け、職員も急きょ対応することにした。 芸文館では4人1組の職員が開封後、記入事項や申請書類を確認。 申請には本人確認書類と通帳やキャッシュカードの写しも必要だが、1割ほどに不備があるといい、気の抜けない状況が続く。 28日からは、会場を2カ所にして人員も100人に倍増させた。 土日も作業を行うという。 市は「これだけ申請が集中すれば人海戦術でやるしかない。 少しでも早く届けられるよう取り組みたい」としている。

次の